すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

実りの秋がやってきた。

秋のお彼岸。ようやく涼しくなりましたね。
10月1日より仏画展は西荻の数寄和で。ギャラリーへ行こう2013展で数寄和賞受賞の飴本崇久展「囲い庭」が数寄和大津にて始まります。
11月1日よりは、「秋の調べ」展が、数寄和大津、それから西荻へ。
盛りだくさんの展覧会。実りの秋ですね♪♪
f0203477_13214471.jpg

秋季彼岸ということで、今朝はお墓参りに。
お寺のお庭では、相変わらず美しい水蓮が咲いています。
今朝咲いたお花の色はすごく落ち着いた色でした。
きらきらの陽射しのなかで、葉っぱも輝いていて、写真を撮ろうとすると、
お日様が、わたしも、入ると、現われました!!(笑)
最近、急に寒くなったので、風邪気味であったりして、体調がいまいちのようにも感じて、
病院に行くべきか?と思いつつ、まずは今日こそはお墓参りに行かなきゃ!!!!!と、病院へ行くのはやめました。
気合いが入ると、なんだか、体調が、よい方向へ向き始めました。
病は気からとはよく言ったもので、ギャラリーへ行こうから、仏画展へと、暑さに負けずに頑張れて、
ようやくひと段落したと気をゆるめたら、風邪気味となりました。
健康がやっぱり一番ですね。
仏画展では、無事と書かれた色紙が色紙額に入れ展示してましたので、
お越しいただいた方々には、その書作品もご覧いただきました。
無事が一番。つまり、いちふじ、にたか、さんなす。
別の漢字に置き換えたのであれば
一無事、二高い、三成す(生すであったりも)。
何事もないのが一番よい。そして、その後で、高いことや成すことがあるわけです。
無理をせず、何事も無いをことを一番として、なお、高いや成すことを目指す。
長い人生のなかで、まずは、無事を思う事は、大切なことだと思います。
このような、大切なことを、教えて下さっている書は、天台寺門宗管長 福家英明猊下の書です。
仏画展では、天台寺門宗管長 福家英明猊下の書より、仏様の教えを伝えていただいております。
絵に描かれた仏様の存在感とともに、仏様の教えの有り難いこと・・・。
仏教が日本に伝来し、仏画や、仏様の教えや、さまざまな物事が、日本のそれぞれの地で
大切にされてきました。
お彼岸に、お墓参りにいき、ご先祖様とのご縁を感じることも、
日本に続いてきた文化です。
お寺の御池にある水蓮は、水のなかより、いのちが水上へと伸び、花が美しく咲いております。見え方は、ひとによって違いますでしょうか、
まず、お花が美しく咲いている事に気づきますが、その花が咲くには、その花の茎や根があるということ、花が根付く場があること、その事を見えているでしょうか。
観音さまは、人が観えないことを観え、聴こえないことを聴こえる仏様だと先日お書きしました。
観ることで気づくことが人にはあります。
絵を描かれる方々(作家)は、描くものを観ておられます。
お寺で厳しい修行をされた方々。見ているからこそ言葉を書かれ説法されます。
二足歩行になることを望んだひと。そこから生まれたたくさんの文化があります。
芸術があります。
人は、みることを、手を使えることを、心から、望んだのだろうなとおもいます。
ぜひぜひ現代に息づくそれぞれの作品をご覧くださいませ。
ぜひぜひ手を使いましょう。
(下記画像・・・。模写をすることで、観ることが、さらに深まります。実りの秋、皆様も、絵をみること、えがくこと、ぜひ楽しんでくださいませ♪)
f0203477_13222460.jpg

数寄和へと、足をお運びいただきますよう、どうぞ宜しくお願いいたします!!
では、秋の展覧会のお知らせです!!
数寄和(西荻)10/1(水)-10/15(水) 11:00-19:00 無休
この度念願の仏画展を開催いたします。
日本の仏教絵画は非常に質の高い技術、材料をもって制作され、篤い信仰心により護り伝えられてきました。
平成の現在、古に学び研鑽を積む人たちがおられます。
その中の若い三人にお願いした仏画を表装し展示いたします。
ぜひご高覧ください。
f0203477_132319.jpg

飴本崇久展 「囲い庭」

数寄和(西荻) 9/17(水)-9/26(金) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 10/1(水)-10/13(月祝) 11:00-18:00 火休

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展「ギャラリーへ行こう」を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
今展は2013年数寄和賞の飴本崇久の個展です。

作家は今展について次のように思い、制作しています。

「植物を栽培しながら制作をしています。
我々が抱く自然観の外側にあるような姿形のものを描くことが多いです。
多様な存在への認知や、繊細な差異への心の留め置きがより進むことを求めています。」

ぜひご高覧ください。
f0203477_13235038.jpg

秋の調べ  梶岡百江 斉藤佳代 関田比佐子 山名しおり

数寄和大津 11/1(土)-11/16(日) 11:00-18:00 火休
数寄和    11/22(土)-11/30(日) 11:00-19:00 無休

身近なモチーフを題材とし、激しい時代の変化に流されず、
自分のペースで制作を続けている作家四名の日本画展です。
ぜひご高覧ください。
展覧会の詳細は、http://sukiwa.net/wordpress/archives/1647
どうぞ、宜しくお願いいたします。
f0203477_1325496.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
☆耳よりなお知らせです!!
西荻の数寄和では、「詩」を味わい楽しむイベントを開催しております。
詳細は、数寄和HPまで、宜しくお願いいたします。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
・10月19日開催「勢多唐橋東西大綱引合戦」http://www.seta-karahashi.com/#sponsor
f0203477_13263857.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2014-09-22 13:26 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 線をおもう。絵をおもう。平面作... 仏画展は、10月1日より、西荻... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧