すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

桜の標本と、寒蘭の鑑賞。

京都の植物園へ寒蘭を観に出向いた。
秋の青空が広がり鴨川も清らかな流れ。
樹齢80年の桜の標本では、桜の根をしっかりと観ることができる。
根は大事。絵もやはり根が大事なんだとおもう。
f0203477_17185850.jpg

古い神社へ行くと、大きな木々がある。
そこでは根の全体は見えないけれど、根が見えていて、
この長生きの、いのちを支えているものをおもう。

絵でも、根は大事。
根のように、絵のいのちを支えているものがあって、
それは表面には、はっきりと現われてはいないのだけれど、
根のある絵は、生き生きとしている・・・と思う。
絵の根は、なにか。
f0203477_17194669.jpg

葉っぱが美しく、花の名が気になった、一鉢の寒蘭を買って、
母の誕生日プレゼントにしようと思ったのだが、
花が咲くのは4年先ぐらいだろうか?と首をかしげられて、
既に咲いた花の鉢を選びなおして、購入した。
目の前にある今年のお誕生日のプレゼントには、この方が適しているだろうと考えた。
それにしても、青々とした葉っぱの、あの鉢は、いつ花をつけるだろうか。
絵描きと話をしながら、作品が生まれることを想像するときに似ているような気持ちになった。
公募展ギャラリーへ行こう展で、若手作家の卵さんの作品を拝見しながら、その作家のこれからを思う時にも似ていた。
よい絵が生まれますように☆と思うときの、ワクワクとした、気持ちに似ていた。
誰も約束はしていない4年後・・・でも葉っぱも名も美しい。
今年の9月の展覧会は、ギャラリーへ行こう2013展で、数寄和賞を受賞された飴本崇久さんの「囲い庭」展。
ランを描く若手作家・・・という印象がある。
大事に花を育て描いておられる。
いのちと関わることで、根が見えてくるのだろう・・・
購入した寒蘭の鉢を渡されるときに、ぜったい凍らせてはいけないと念押しされた。
東洋ランだから、後はあんまり心配しなくても、意外に大丈夫なんだと付け加えられた。
育ててみないと、一緒に暮らしてみないと、いのちには、触れられない。
顔だけではなく、姿勢が美しいほうが、人も美しいように、
この花も、花のところだけに、美しさはない。
暮らしのなかで、いのちは、光っている。
この花の、いのちの、在り方が、絵になる。
絵を描く人は、絵の魅力を、絵によって、伝えたい。
ギャラリーに居るわたしは、絵を描く人の魅力と、職人の魅力を、何によって、伝えるか?
わたしの仕事の根がしっかり水を吸い上げるよう・・・
しばし、寒蘭をながめていよう。
台風によって、日曜日に足を運んでいただきにくかった展覧会は、
少し延びながらの展示であった。
ご覧いただいた方々の中には、写真みたいに精巧な絵ですね。ともおっしゃった。
人の作品を褒める言葉は、難しい。
写真みたいではなく、まさしくこの作品は絵であり、絵で表現したい何かがあって、飴本崇久さんは、
絵を描いておられる。
絵とは、何か。
絵とは、3次元に生きる私たちが、二次元平面に表したい何か。二次元平面に観たい何か。
さて、何かを観に、数寄和ギャラリーへ足をお運びくださいませ。
どうぞ、宜しくお願いいたします。(数寄和あさだ)
f0203477_1722684.jpg

飴本崇久さんの作品「Paphiopedilum rothschildianum」

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_17233093.jpg

f0203477_17241610.jpg現在開催中の展覧会は、秋の調べ展。
15日午後2時より、山名しおりさんがおいでです。
16日午後2じより、梶岡百江さんと山名しおりさんがおいでです。
「秋の調べ  梶岡百江 斉藤佳代 関田比佐子 山名しおり 」

数寄和大津 11/1(土)-11/16(日) 11:00-18:00 火休
数寄和    11/22(土)-11/30(日) 11:00-19:00 無休


身近なモチーフを題材とし、激しい時代の変化に流されず、
自分のペースで制作を続けている作家四名の日本画展です。
ぜひご高覧ください。
展覧会の詳細は、
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1647
f0203477_17245976.jpg
「WATER-光と影の親和- 岸田尚子・野上徹」

数寄和大津 11/20(木)-12/7(日) 11:00-18:00 火休
数寄和    1/10(土)-1/18(日) 11:00-19:00 無休

岸田尚子と野上徹の展覧会を開催いたします。

刻一刻と変化する光と影と対峙する事で自然の生命や宇宙を感じとり広がりゆく波紋を描く。
そこは、青く深く暗く眩しい世界。

ぜひご高覧ください。
展覧会の詳細は、
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1664

皆様のお越しを、お待ちしております。(すきわ おおつ)
f0203477_17252913.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2014-11-14 17:27 | すきわ日和 | Comments(0)
<< WATER-光と影の親和- 岸... クリスマスプレゼントに、心に届... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧