すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

詩ハ志ノ之ク所ナリ(詩経の序文より)

数寄和大津の休廊の昨日、母校の中学へ自転車で。
「木」の詩を三つ。印刷されたその詩と、筆で書かれたその詩を、皆で観た。
好きな木を筆で書いてもらった帰りの自転車で、
心に在ったものが、心から外に飛び出して歌われたのなら、筆で書きたくなるやんな♪と頷くのだった。
f0203477_16235182.jpg

「詩は人の志(こころざし)の発露したものである。人の心に在るのが志で、それが言葉にあらわされて詩となる。心中に感情が動けば、自然と言葉にあらわれる。言葉にあらわしただけでは足らず、これを磋嘆(さたん)し、それでも足らずに、さらにながく声を引いて歌い、そのように歌っても足らず、ついに歌に合わせて手が舞い、足がリズムを踏むにいたる。…(略)… 」
f0203477_1624392.jpg

大きな木があった。
f0203477_16245447.jpg

f0203477_16262066.jpg
大きな木が一本、
一本と、
姿をあらわした。

書かれた木は、
ひとつとして同じものはなく、
教室が、
森になった。

森になった教室
クラスメートの書いた、
おおきな木、おおきな木、おおきな木があって
みなが森を見渡していた。
f0203477_1628355.jpg

f0203477_16272981.jpg

書かれた、小さな木。
まっしろな一枚の半紙に
大きな木を書いて、
それから、
やっぱり
まっしろな一枚の半紙に
ちいさな木を書いた
それからというと・・・
好きな「木」を書きましょう♪と、申し上げました。
「ぼく」って書いていい??と尋ねられました。
「ぼく」は、三つの木の詩のなかに、あった「ぼく」。
私にも覚えがあります。英語を習い始めた中学一年の頃、「わたし」という意識の大切さ。
筆をもって、「ぼく」と書くこと。
ぼくは?だけでは無く、さくらは?かえでは?と質問が飛んできます。
これは、今日の最初に、三つの木の詩をみんなで観る前に、
まずは導入に、滋賀の木を知っていますか?大津の木を知っていますか?と
おはなしした時に、出てきた木です。
その木が好き。ということで、心がうごき、その気持ちで、書いていただきたいと思っていました♪♪~
はい!どうぞ♪
真っ白だった一枚の半紙には、
謎と書かれていたり、
愛と書かれていたり
木といっても樹のほうが書かれていたり
山桜や、いちょうもあったり
へぇ~♪そうか!!と、観ながら、たいへんワクワクと楽しくなります。
おそらく、どの人も、友だちの書いた「好きな木」や「木の詩のすきなところ」が
気になり観て、へぇ~♪と思ったことでしょう。
f0203477_16291376.jpg

f0203477_16301625.jpg
f0203477_16302542.jpg
f0203477_16304918.jpg

あ!
みなさんに、お見せするのを、忘れていた!!と、気づいたのですが、
丁度、チャイムが鳴りましたので、此処にどんな筆を使ったか、
画像を載せておきましょう。
f0203477_16313674.jpg

f0203477_1632928.jpg

とても楽しい一時間でした!!
よい時間をご一緒できて、ほんとうに有難うございます。

詩ハ志ノ之ク所ナリ。
うたいたい気持ちを大切に、これからも筆を持ちたいと思います!
f0203477_16332671.jpg

数寄和からのお知らせです。

「WATER-光と影の親和- 岸田尚子・野上徹 」展開催中です。

数寄和大津 11/20(木)-12/7(日) 11:00-18:00 火休
数寄和    1/10(土)-1/18(日) 11:00-19:00 無休

岸田尚子と野上徹の展覧会を開催いたします。

刻一刻と変化する光と影と対峙する事で自然の生命や宇宙を感じとり広がりゆく波紋を描く。
そこは、青く深く暗く眩しい世界。

ぜひご高覧ください。

作家の略歴などは、数寄和本社のホームページをご覧くださいませ。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1664

在廊日予定日は下記です
 岸田尚子 11/23、24、29、30、12/6、7
 野上徹  11/22、23、29、30、12/6

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_16335649.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2014-12-03 16:35 | ふるさと | Comments(0)
<< WATER-光と影の親和-岸田... 木をおもいながら・・・WATE... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧