すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

大古事記展へ。獅子と狛犬展へ。遊亀と靫彦展へ。・・・展覧会へ足を運ぼう♪

どうしても見たくて、何とか時間をつくり足を運んだ美術館の展覧会。企画された展覧会はそれぞれ魅力満載♪ご存じのように数寄和ギャラリーは現代作家の作品の企画展を開催し続けさせていただいてます。現在常設展を開催中の数寄和大津です。どうしても観たかった作品は常設展で、どうぞ♪和紙も在庫しております♪
f0203477_17172490.jpg
f0203477_1718120.jpg

奈良の町を歩きながら、空を見上げると、天照さまが現れた。
どうしても来たかった大古事記展は、そこへ行く前から
ワクワクとした気分になっている。
現代作家の作品のなかには、参加型のものがあって、参加させてもらった。
安田靫彦の描いた古事記。この作品の魅力について古事記編纂1300年の折に、
友だちが話してくれたのを、ふと思い出しながら、安田靫彦の描く、神様たちをみる。
この作家の描く良寛さんの衣の黒は、何度見ても、うっとりするのだが、この作家の描いた絵のなかのそれぞれの人物も神像も何と品格があって美しいのだろうか。
滋賀県近代美術館で靫彦さんの作品をいっぱい観れて、また、昨日の大古事記展で拝見できて、たいへん嬉しい。
狛犬の画像ばかり撮っている私である。阿吽の狛犬の、それぞれのお顔をみながら、またお姿を観るにつけ、ワクワクしている。そんな私ですから、狛犬展には、どうしても行きたかったのだった。
その頃、数寄和で展覧会中で、関東から来ておられた作家のおふたりにも、おススメしたところ、狛犬展をたいへん楽しんで帰って来られた。
作家のおひとりは、以前、一緒に日吉大社の狛犬を観に行って、絵に描かれたこともあったりして、展覧会のおはなしを伺いながら、滋賀には、大きな大きな狛犬が居ります♪と、
話が盛り上がる。
f0203477_17185167.jpg

現在、数寄和大津は、常設展へ。
画像は、海老洋「湖の町ー島」
観た人も、観たかったけれど、観れなかったひとに、ぜひ、足を運んでいただこうと、
今回の常設に、展示することにしました。
海老洋先生の個展「鳰海心象」・・・おもいでばなしを、ひとつ。
お若い新聞社の方が、鳰海って、どういう意味ですか?と訊かれた。
鳰は、かいつぶりのことです。
びわ湖の古称を、鳰海というのです。と、お応えした。
滋賀の県鳥は、かいつぶり。
すでに知っている人もいれば、知らない人もいた。また、居るだろう。
古事記にしても、日本の神様たちにしても、すでに知っている人もいれば、
あまり知らないひともいる。
知らないことは、恥ずかしい事ではない。知らないままより、訊きなさい。と、幼いころ、何度となく父に言われた。
知らないままでいいと居直ることは、限りある人生では、さびしい事ではないだろうか。
美術館へ足を運ぼう。ギャラリーへ足を運ぼう。絵をみるだけのようで、そうではない様々な出会いがある場所です。
知らなかったと思っていたことや、実は、観ていたつもりだったけれど、気づかなかったな。と、いうようなことが、いっぱいありますね。
例をひとつ。竹生島は、観る角度で違ったかたちの島です!!ねっ、観ているつもりで、気づかないことっていっぱいありますでしょう♪(笑)
f0203477_17193757.jpg

WATER-光と影の親和- 岸田尚子・野上徹


数寄和大津 11/20(木)-12/7(日) 11:00-18:00 火休 こちらは、終了いたしました!(大津展)
数寄和    1/10(土)-1/18(日) 11:00-19:00 無休
         (在廊予定日 1月10日、11日、17日、18日)

岸田尚子と野上徹の展覧会を開催いたします。

刻一刻と変化する光と影と対峙する事で自然の生命や宇宙を感じとり広がりゆく波紋を描く。
そこは、青く深く暗く眩しい世界。

ぜひご高覧ください。

http://sukiwa.net/wordpress/archives/1664
関西を中心にご活躍の若手日本画家のお二人の展覧会開催中の数寄和です。
現在は、大津展を終了し、年明けには、西荻の数寄和にて展覧会を開催します。
10日、11日、17日、18日と、作家が関西より出向きます。
どうぞ、宜しくお願いいたします。(数寄和 あさだ)
f0203477_17202334.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_17204981.jpg
f0203477_17212626.jpg

瀬田の唐橋東詰のイルミネーション。
クリスマスの頃まであります!!
数寄和大津は常設展開催中期間も、額装や軸装のご相談を随時しております。
すてきな賞状額などもございます。
それから、それから、和紙をご覧になりたい方、ぜひお越しくださいね♪
(ユネスコで、無形文化遺産に登録された和紙♪♪素敵です♪数寄和で、どうぞ♪♪)
f0203477_1722647.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2014-12-14 17:22 | ふるさと | Comments(0)
<< 師走も追い込みです!いよいよ2... WATER-光と影の親和-岸田... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧