すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

ヤマトタケルと、筑波山と、さくら。そして建部大社。

桜染の和紙は・・・
花ではなく、花咲く木から、さくら色は、生まれます。
・・・ヤマトタケルの連歌の・・・筑波山・・・
f0203477_183196.jpg

近江一宮建部大社のご祭神は、ヤマトタケルさま。
白鳥になり、ヤマトを目指したヤマトタケルさまの御歌。
倭は 國のまほろば たたなづく 青垣 山隱れる 倭しうるわし
命の 全けむ人は 疊薦 平群の山の 熊白檮が葉を うずに挿せ その子
愛しけやし 我家の方よ 雲居立ち来も
嬢子の 床の辺に 我が置きし 劔の大刀 その大刀はや
f0203477_1833829.jpg

画像は、雨引観音に咲く、桜の枝えだのあいだより、みえる、筑波山。
先にお詣りにいった、筑波山神社には、ヤマトタケルの像があった。
古事記には、ヤマトタケル(日本武尊)の詠まれた歌。
足柄から甲斐に出たとき酒折宮にて。
   新治(にいはり)、筑波を過ぎて、幾夜か宿(ね)つる。と歌われた。
すると御火焼の老人が、
ヤマトタケルさまの御歌に続けて
   かがなべて、夜に九夜、日には十日を。
と歌ったという。
これが、連歌の、はじまりとなった。
f0203477_1844062.jpg

お宮参りや、七五三。
学校帰りに遊んだ建部大社境内の公園。
懐かしい景色が、建部大社である私。
大人になって、ヤマトタケルさんの御歌に、あらためて、魅力を感じた。
伊能知能 麻多祁牟比登波 多多美許母 幣具理能夜麻能 久麻加志賀波袁 宇受爾佐勢 曾能古
いのちの またけむひとは たたみこも へぐりのやまの くまかしがはを うずにさせ そのこ命の 全けむ人は 疊薦 平群の山の 熊白檮が葉を うずに挿せ その子
(命の完全な人は、平群の山の熊樫の葉を髪に挿せ(挿して、命を謳歌せよ)、その人々よ)

白鳥になり、ヤマトへと、飛んで戻ろうとした魂や、精神や・・・
ヤマトタケルの、うたうこころ。
筑波山は、頂上がふたつある。
ひとつには、イザナギさまが祀られていて、
ひとつには、イザナミさまが祀られている。
茨城のあちらこちらから見える、その山の山上は、
みる場所によって、重なって見えたり、
片方は、吹雪いているのか見えにくかったり・・・
さまざまな表情をみせてくれる山であり、
現代に生きるわたしたちには、コミュニケーションについても、感じさせてくれるようにもおもう。

ただただ愛情をもって相手を見ていると、そこで何が起こっているのか、わかる。
必要な分だけ、はなす。
ちょうどよい分の会話について、おもう。
ちょうどよい量の、言葉をつかって、うたおう。(あ)
f0203477_1854229.jpg

f0203477_186134.jpg

数寄和大津では、春の常設展を開催。
海老洋先生、梶岡百江先生、斉藤佳代先生、清野圭一先生、高田学先生、前田恭子先生、森桃子先生の
御作品を、ご覧いただけます。
どうぞ、お越しください。

また、この期間、桜染の和紙を使ったイベントもします。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

4月6日~4月20日
7,9,14やすみ
12時から18時
f0203477_1863376.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」、
それから、「数寄和大津」のページもございます。
どちらも、どうぞ、いいね!を宜しくお願いいたします。
f0203477_1871867.jpg

画像は、 「こまやま―なつ」斉藤典彦先生の御作品です!
斉藤典彦展 「こまやま―浮遊の景色」 本社より、開催しております!宜しくお願いいたします。
数寄和    4/1(水)-4/19(日) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 4/25(土)-5/6(水祝) 11:00-18:00 火休

数寄和大津では、対話型鑑賞会も開催します。4月25日午後2時、5月1日午後7時半、申込み、お問い合わせは、数寄和大津まで、どうぞ、宜しくお願いいたします。(数寄和大津 あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-04-05 18:09 | ふるさと | Comments(0)
<< さくらのうたが♪ 4月6日より、春の常設展を開催... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧