すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

善光寺御開帳♪♪見えない存在を見る目を養い,感謝する心を持つ。

・・・・・よしみつ、よしみつ、よしみつ・・・
今年の春に、祖父の50回忌法要あり、それ以前に予定していた、善光寺御開帳への旅がいよいよ楽しみになった、お経。
馬にひかれて善光寺まいり。というのは聞いたことのある人は多い事だと思う。
本田善光という人の名が、このお寺の名前だと知っている人は意外に少ないかもしれない。
難波から仏様を自分の生まれ育った信濃国へと、本田善光の旅があった。
そして御開帳のいま、この秘仏である阿弥陀如来像の前立本尊を拝める・・・
善光寺の御本尊である一光三尊阿弥陀如来さまは
インドから朝鮮半島百済国へとお渡りになり、
欽明天皇十三年(552年)、仏教伝来の折りに百済から日本へ伝えられた日本最古の仏さまであり、
誰もその姿を拝むことができない秘仏という。
その前におられる、前立本尊の厨子の扉を7年(数えで)に1度開け、一般の人がお参りできるのが
善光寺の御開帳である。
この御開帳中は、回向柱が本堂前の参道に立てられる。
前立本尊の手に結ばれた金の糸が、五色の糸、白布となり、回向柱に繋がっているのであって、
回向柱に触れると、前立本尊に直接触れるのと同じ功徳が得られるという・・・
f0203477_16244970.jpg

善光寺の境内は広く、青空が、その上に広がる。
目にみえるもの。
目にみえないもの・・・。
造られ、目に見える仏様は、
目に見えない仏様より、生まれてきた。
お日様の光がある青空も、夜空や、雨天から、変化し、生まれ、また、変化し続ける。
この、いまを、支える全てがあり、
この今とつながる、すべてがあり・・・
目に見える父母の向こうに、祖父がいて、祖父のおかげで、楽しくお詣りさせていただいた、善光寺御開帳があった。
「ありがとうございます。」
もちろん、目には見えない秘仏の阿弥陀様にも、手を合わさせていただいた。
そして、50年あっていない、おじいちゃんに。あのひとに、このひとに、手を合わさせていただいた。
それから、いま、ご縁ある、みなさんに「ありがとうございます。」
この旅で、わたしのなかで、むくむくと、感謝の心が育ったようにおもう。(あ)
f0203477_1626712.jpg
f0203477_16263569.jpg
f0203477_16273665.jpg
f0203477_16274812.jpg

さて。数寄和からのお知らせです。
「木村まどか 後藤吉晃 二人展 うつろい 」
数寄和大津 6/13 (土)-27(土) 11:00-18:00 火休(20日はイベント開催のため、午後2じより)
数寄和    7/4(土)-12(日) 11:00-19:00 無休

日常の中で出会った風景や草花に美しいものを探し、表現しようとしています。
京都造形芸術大学で日本画を学んだ二人の新作展をぜひご覧ください。
展覧会中に、対話型鑑賞会を2回開催します。
①6月21日午後1時より。今展の作家のおふたりもおいでです。
②6月22日午後1時より。作家はおいででない回です。
③ほかの日でも、平日の月曜日、木曜日、金曜日の午後7時半で、お仲間三人で申し込んでくだされば、対話型鑑賞会を開けます。
詳細のお問い合わせ、申し込みは、数寄和大津あさだまで。
f0203477_1636424.jpg

「社本奈美 山本真澄 2人展 (シーズプログラム)」
 大津展 2015/7/5(日) – 7/12(日)

「ギャラリーへ行こう2015」
東京・大津同時開催
 前期 2015/8/1(土) – 8/10(月)
 後期 2015/8/21(金) – 8/30(日)
さてさて、今年の夏もギャラリーへ行こう♪を開催します。
どうぞ、若手作家の卵のみなさま、数寄和へと、作品をお送りください!
詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
(ギャラリーへ行こう!は、数寄和の公募展の名称です!)
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1841
f0203477_163754.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近い(14分ぐらい)です。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」、
それから、「数寄和大津」のページもございます。
どちらも、どうぞ、いいね!を宜しくお願いいたします!!
f0203477_1640023.jpg

ほとけさまと、ひとびとを繋げてくれた回向柱も、いつか、土にかえる。
新しい回向柱が、ほとけさまと、ひとびとを、つなぐ。
[PR]
by 555sukiwa | 2015-05-28 16:43 | 美観 | Comments(0)
<< 五月晴れの今日。明日から六月で... 今日という日は♪(天赦日であり... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧