すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

西宮のえびすさま。貧を書いた、井上有一さんの狼涙忌の白黒展。

・・・ずっと前、誰かが言っていた。
井上有一の貧っていう字が、すごいって。
だれだっただろう・・・
その人は、いま、貧しいかな?豊かかな?って、ぼんやりと考えてみた。
それにしても、わたし、わかっているのかな?
貧しいって、どういうこと?豊かって??
わたしは、あのころ、、、、
絶対に、貧乏は、嫌だ!!と思っていたのだとおもう。
どう生きて行ったら、貧乏にならずに、それでいて自分らしく生きていけるのか?
不安だったんだとおもう。
f0203477_172957100.jpg

西宮にあるギャラリーでの展覧会のDMを、書家の本城先生が持ってきてくれた。
そこには、松谷武判さんの御名前もあり・・・
井上有一の作品も観ることができるとあり、
必ずいこうとチェックしていた展覧会。
f0203477_17321961.jpg

ギャラリーのオーナーの方は、たいへん素敵な方だった。
憧れるひとができること。有り難い。
井上有一の展覧会図録など、時間が許す限り、拝見。
もちろん、松谷さんの御作品も、本城先生の御作品も、拝見させていただく。
井上有一の臨書を観ながら、図録にある「貧」をみながら、わくわくしてきた。
書はおもしろい。
と、井上有一の書から伝わってくる。
この豊かな線は、なんだろう。
貧という字も、豊かである。
そういうと、此処は、西宮えびす神社のほん近くでもある。
西宮神社にお詣りに行こうと駅名からおもった。
一年ほどまえに、この神社へは、神社おそうじ隊でご挨拶にきた。
みんなでくると楽しい。
そして一人で足を運び、亀に餌をやったり、ミニたいやきを食べたりと自分らしく過ごすこの瞬間も
やはりたいへん楽しい。
さすがは、えびすさん♪だなとおもう。
ここでは、みんなが、笑顔で恵比寿顔なのである。
寄り道ができる豊かな人生♪そんなことをおもう。
貧っていう字、わたしも、いっぺん書いてみよう。とも思った。
ゆたかな線で書いてみよう。
f0203477_17425879.jpg

f0203477_17423250.jpg

f0203477_174397.jpg

今日は、ブログすきわ草子を三回アップしましたので、
よかったら、そちらの記事もお読みいただけると嬉しいです♪
ブログタイトル「吉田神社で聴く、仏教伝来と笙の音、そして、能管の音色へとつづく・・・」
http://sukiwaotsu.exblog.jp/24112780/
ブログタイトル「日本画で描かれる。カタチとなるもの。」
http://sukiwaotsu.exblog.jp/24112973/
さて、数寄和からのお知らせです。
数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近い(14分ぐらい)です。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」、
それから、「数寄和大津」のページもございます。
どちらも、どうぞ、いいね!を宜しくお願いいたします!!
f0203477_1894430.jpg

数寄和大津の展覧会のお知らせです。
6月からの展覧会は、「木村まどか 後藤吉晃 二人展 うつろい 」です。
数寄和大津 6/13 (土)-27(土) 11:00-18:00 火休(20日はイベント開催のため、午後2じより)
日常の中で出会った風景や草花に美しいものを探し、表現しようとしています。
京都造形芸術大学で日本画を学んだ二人の新作展をぜひご覧ください。
f0203477_17533677.jpg

7月の展覧会は、シーズプログラム「社本奈美×山本真澄-それぞれの変容-」展
7月5日~7月12日(火曜定休日 11時から18時 最終日は午後5時までです)
さて。このお二人も昨年、ギャラリーへ行こう2014展へ、応募してくださいました!!
ギャラリーへ行こう2015展へ、どうぞ、応募してください。
「ギャラリーへ行こう2015」
東京・大津同時開催
 前期 2015/8/1(土) – 8/10(月)
 後期 2015/8/21(金) – 8/30(日)
今年の夏もギャラリーへ行こう♪を開催します。
どうぞ、若手作家の卵のみなさま、数寄和へと、作品をお送りください!
詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
(ギャラリーへ行こう!は、数寄和の公募展の名称です!)
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1841
f0203477_17553383.jpg

f0203477_17595323.jpg

ぜひぜひ♪♪
[PR]
by 555sukiwa | 2015-06-08 18:13 | かたち | Comments(0)
<< 展覧会「うつろい」より、絵をみ... 日本画で描かれる。カタチとなるもの。 >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧