すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

木村まどか・後藤吉晃 二人展「うつろい」開催中

対話型鑑賞会で、
絵を観る楽しさを、味わってください。
f0203477_1593559.jpg
f0203477_15101371.jpg

6月20日は、朝から、淡海生涯カレッジ大津校の約30名の方々が、数寄和大津へ。
現在開催中の作品をご覧いただき、また、和紙についてのはなし、
それから、一枚のはがきに墨流しと、一言を書くことをしていただきました。
絵を楽しむ時間約40分ぐらいでしたでしょうか。
みなさん、素直な・・・子どものようなお心で、絵をみて、こんな風に見えるとおはなしくださいます。
ひとりの人が、当たり前のように、おはなしいただくと、他のひとも、自分の見え方、感じ方を、応えてくださいます。
絵をみることの楽しさを味わっていただいたように思います。

また、21日は午後1時から、対話型鑑賞会を、木村まどかさんと、後藤吉晃さんと、それから、
今回参加してくださるとお聞きした、お二人と、私と、、、なぜか、5名という参加ではありましたが、
人数が少ない時に、感想として出るのは、人数が少なかったから、
よけいに丁寧に観れたし、話せたということ。
20日の朝と、21日の午後の、鑑賞会は、たしかに、違った鑑賞会で、それぞれに、良い所があったように思います。
いっぱいで観ることで、いろんな見え方を聴くことが出来る。
少人数で観ることで、見える内容を深めることができるし、また、親しくなる。
ほらね、朝から、記念写真も届いたり・・・

ギャラリーだからできること、数寄和大津だから出来ることが、ありますね♪
f0203477_15114141.jpg

展覧会は、27日までです。
最終日は、後藤吉晃さんが、夕方おいでです。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-06-22 15:13 | 美観 | Comments(0)
<< 三井寺の魅力。三井寺のべんべん... 展覧会「うつろい」より、絵をみ... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧