すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

芸術の秋。数寄和大津では、秋韻(しゅういん)開催中です。

絵画展 秋韻(しゅういん)を、観に来た人は、
絵を観るって、こういうことなんだな♪と頷かれます。
実りの秋です。豊かな展覧会です。
ぜひ、足をお運びください。
25日は午後9時まで営業します。
f0203477_16343615.jpg

朝から、フェイスブックであげた、三年前にいった熊野の画像。
緑が美しい、この国である。
自然のなかに、大きな木の、その太い線。
その枝の、ちょっとしなやかに、伸びていく線。
さっきから、実は、岸本吉弘先生の、ファイルを拝見していて、
わ!岸本先生、書もされていたんだ。。。と、嬉しくそして恥ずかしくなった。

わたしが、書くのは、言葉だけれど、
それは、線である。
それは、やわらかな線。
それは、骨太の線。
それは、さまざまな線である。
真っ直ぐだったり、曲がっていたり。
木をみていると、ある、さまざまな線がある。
そして、点、点、点。

緑の豊かなこの国の自然。
その風景が、目の前にひろがり、いっぱいの線がある。
ゆたかな緑の色がある。
緑があるって、、、おひさまがあって、みどりがあるってことの、ふしぎさ。

岸本吉弘先生の絵の豊かな緑。

絵って、すてきだなとおもう。
絵の魅力をいっぱい感じる展覧会。

みなさま、ぜひお越しください。
f0203477_1635677.jpg
f0203477_16351328.jpg

吉川民仁先生の作品を拝見しながら、、、
風がいっぱい吹いている。
秋風もふいている。
秋の色が、画面いっぱいに広がっている。
秋って、なんて豊かなんだろう。
風は、どうして留まらないのだろう?
いや、この絵のなかには、風が、あるから・・・
風は、ここに留まっているのかも知れない。

そんな事を考えていたら、
絵の好きな方がおふたりおいでになった。
展覧会を楽しみながらも、抽象画は、解らないと仰るので、
緊急、プレイベント開始!!
少しの時間、いっしょに鑑賞をしました。
鑑賞会をすると、その人のモノの見え方が解って、
その人に近づく。
絵をいっしょに観れることの、、、
そういうと、人って、二足歩行になって、モノを見て、
絵を描いて、絵を観て、、、
人って、そうひとって、そう。

絵をみると、
人と作品、
人とひとも、仲良しになりますね♪

ぜひ、展覧会へ足をお運びいただき、絵を好きになってください。

絵画展 「秋韻」


Ⅰ期 河村正之 細川貴司

 数寄和    9/11(金)-9/20(日) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/3(土)-10/12(月) 11:00-18:00 火休

Ⅱ期 岸本吉弘 吉川民仁

 数寄和    9/22(火)-10/1(木) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/17(土)-10/26(月) 11:00-18:00 火休

詳細は、表具と額装 ギャラリーの数寄和ホームページ
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1952


25日日曜日は、午後9時まで営業しております。
ぜひ♪
f0203477_1636154.jpg

次回展のお知らせもさせていただきます。

髙田学 展 -湖国を描く-

■ 数寄和    10/17(土)-25(日) 11:00-19:00 無休

数寄和大津 10/31(土)-11/16(月) 11:00-18:00 火休

         10/31(土)、11/15(日)14時~対話型鑑賞


日本画家・髙田学の新作10数点を発表します。ぜひご高覧ください。


皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-22 16:36 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 線よ、天に届け!!!!! 絵画展 秋韻 二期 岸本吉弘 ... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧