すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

線よ、天に届け!!!!!

今朝、フェイスブックで、岸本吉弘さんの、この言葉に出会う。
今年であった言葉のなかで、いのいち、心に響く。
吉川民仁さんが、・・・内から外に目を向けて絵を描く言葉を探したいと思う。と書いておられる、展覧会の記録があり、、、
言葉と絵について、考えてみた。
f0203477_1649384.jpg

さきほど、若手の作家がやってきて、
今展のことを話しながら、ワクワクしている、私がいた。
後3日になりましたが、
絵画展 秋韻 二期、ぜひ、足をお運びください。

明日25日は午後9時まで営業しております。
明後日26日午後6時で、この展覧会は終了いたします。

ぜひ。
f0203477_16501297.jpg
f0203477_1650193.jpg

風。
吉川民仁さんの御作品を拝見しながら、
風をおもう。
風って、筆を持って書くと、さまざまな風がかける。
春風や、そよかぜ。それから、突風や台風。
風が、空を舞う。
風が、やさしく頬をなでる。
風と、生きてきた長さだけ関わりながら、風という絵を描いたことはなかった。
風がみえている絵描きさんがいたことに感動する。
吉川民仁さんは、風を描く。
今展、秋韻では、秋の風もある。
実りの秋に吹く風が、みるわたしに幸福感をくれる。

みなさんにも、ぜひご覧いただきたいな。

岸本吉弘さんの線。
小品も、やはり、、、線よ、天まで届け。との声が聴こえてくる。
あー、ジャック(ジャックと豆の木の・・・)は、この線をみたら、また天へと登るだろう。
岸本吉弘さんの、線は、延々とつづく。
天までつづく。
ぜひ、線をみて、いきた線を、感じて下さい。

生きた言葉は、生きた線から生まれる。と、筆を持つ、わたしは私にいいきかせます。
みなさまのお越しをお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_1659057.jpg

次回展は、10月31日より、開催の
高田学展ー湖国を描くーです。
10月31日初日午後2時より、対話型鑑賞会をします。
ぜひ、お越しください。

数寄和大津 10/31(土)-11/16(月) 11:00-18:00 火休

         10/31(土)、11/15(日)14時~対話型鑑賞


日本画家・髙田学の新作10数点を発表します。ぜひご高覧ください。
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-24 16:52 | ふるさと | Comments(0)
<< 絵画展 秋韻 二期 岸本吉弘 ... 芸術の秋。数寄和大津では、秋韻... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧