すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

平成二十八年、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
表具額装とギャラリーの数寄和です。
手漉きの紙や絹。描くことで、お困りのことがありましたら、ぜひ気楽に
数寄和へご相談ください。
ご集印軸やご集印帳の額装などもさせていただきます。
f0203477_1445246.jpg

正月三が日たいへんよいお天気でしたね。
今年も、伊勢お神楽の笛が響く中、元旦は、近江一宮建部大社様へ、初詣に。
たくさんの方々がお詣りでした。
2日、3日と、伏見稲荷や、京都えびす神社や、、、。
吉田神社へもお詣りさせていただきました。
八百万の神様に感謝から、今年も始まり、その事にも、感謝です。
元気で神社へと足を運べること。またいつも通りに伊勢お神楽が楽しめること。
ほんとうに有り難いことです。
どうぞ、皆々様にとっても、元気で、笑顔多い一年となりますよう。
ギャラリーにて、ご縁ある皆々様のお越しをお待ちしております。
ぜひ、よい時間を過ごしに、お越しください。
f0203477_13464832.jpg

f0203477_13472039.jpg

f0203477_13473656.jpg
f0203477_13481111.jpg
f0203477_13483033.jpg

表具額装とギャラリーの数寄和本社ホームページ
http://www.sukiwa.net/

数寄和大津(瀬田の唐橋東詰と建部大社の中間の白黒の建物です。)
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa,net(☆をアットマークにかえてくださいね)
f0203477_13503966.jpg

ゆきが、
こんこん、
ふっています。
よるふるゆきはおもいゆき。
なかなかったひとたちの、 なみだが、
なくなることはなく、
いつしか、あふれ、
すがたを、あらわします。

まっくらのそらから、
ひとつ、すぅー、
またひとつ、
すぅーと
じめんへと
こごえたなみだが、
雪のすがたとなって
じめんへと、
おちてゆくのです。

雪の朝がやってきました。
夜中に積もった雪を見て、
こどもたちは、大はしゃぎ。
こんなに積もった雪をみると、子どもたちは、雪合戦だけではなく、
いつも、雪だるまを作り出すのです。
雪だるまが、すくっと、顔を出しました。
街の、其処此処に、
笑顔の雪だるまが、立っています。
少しさびしげなお顔の雪だるまもありますが、
だいたい笑顔なのです。
まるで作りながら、ゲラゲラ笑いだしていた、その子どもの顔のよう。
その子どものお母さんの顔のよう。
少しさびしげな顔の雪だるまは、どうして、さびしげに見えるのかしら。
雪という、いつか溶けるその存在をおもって、
作った子どもは、少しさびしくなるのかも知れません。
ひとつの雪だるまとなった、そのなかで、
ゆきたちが、なみだの訳を言い合い、分かち合います。
どの雪だるまも、そのなかで、おはなししているのです。
しばらくして、雪だるまは、もう溶け始めていました。
空のうえから、お日様が、雪だるまを、やさしく暖めます。
なみだでできていたはずの雪だるまは、
やがて水となり、
そして、だんだん軽くなり、
ふたたび、空へとのぼっていきました。
流されなかった涙の持ち主の、心も、お日様が、あたためているのでしょう。

子どもたちは、お日様のもと、元気に、遊んでいます。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2016-01-04 14:06 | ふるさと | Comments(0)
<< 七草 新年は、1月4日より、営業いた... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧