すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

如何お過ごしですか。

数寄和大津では、常設展示中です。
今朝、虹をみました。
虹をみると、こころにも、なないろの光が、すぅーっと、射し込んでくるように思います。
f0203477_14593145.jpg


暖冬の日々が続いておりましたが、
昨日は、朝、窓を開けると、雪が積もっていました。
雪の上を歩きながら、あるく人をおもいました。
現代は、雪といえば、タクシーに乗ろうか?なんて、すぐ思ってしまうのですが、
雪の美しさは、あの、サクサクと、一歩一歩に、音で応える、その姿にもあります。
ただ白いだけではなく、つめたくて、寒くて、、、、
さくさくと、音がして、雪のひとつぶひとつぶが、寒い空から、冷たい地面へと、
落ち着く場所を風に飛ばされながら、探していて、ちょうど、そこへと舞い降りたと思ったら、
また、寒い空から、降りてきた雪がふんわりと重なって。
そこを、人が、歩きます。
雪たちは、自分たちの、ふんわりと重なった上を人が歩くたびに、サクサクと、音がすることを、どんな風に感じているでしょう?
人があるき、お日様が出てきて、雪は姿をどんどん変えて、来た道を、雪は、昇っていきます。
その雪から、教えられることは、人も、また姿をかえ、空へと昇っていくってこと。
(・・・空から来たかな??)
人だけではなく、さまざまないのちは、カタチを変えながら、、、、。
いのちは、とどまることを知らず、動いています。
植物も、あるきはしませんが、とどまることなく、変化しながら、、、、。
地球の上では、さまざまなものが、姿かたちをかえ、この瞬間に存在します。
素晴らしいことですね♪
f0203477_1501693.jpg
f0203477_1503792.jpg

毎年、今頃は、西教寺へとおまいりに。
不断念仏。
おさるさんとも、ご縁深いお寺は、
ご存知のように明智光秀ともご縁の深いお寺であります。
ガラシャの御父上の明智光秀。
すさまじい人生だったのだと、思います。
明智光秀の辞世の句
「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」
順逆二門に無し 大道心源に徹す
五十五年の夢 覚め来れば  一元に帰す

坂の上にあるご本堂。
お寺の境内から、琵琶湖がみえます。
それから、近江富士。
美しい風景をみると、その昔も、人が、この風景をみて、ほんの一瞬でも、
明るい心持ちになったことが、嬉しく感じられます。
f0203477_1512160.jpg

f0203477_1514687.jpg
f0203477_152080.jpg

表具・額装とギャラリーの数寄和
http://www.sukiwa.net/

数寄和大津は、瀬田の唐橋と建部大社の間あたりにあります。
ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。
現在は、常設展示中です。
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa.net(星をアットマークにかえてくださいませ)
f0203477_1524332.jpg

松江利恵展 「星霜のかさね」

数寄和   1/30(土)-2/11(木祝) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 2/27(土)-3/6(月) 11:00-18:00 火休

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「 ギャラリーへ行こう 」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。

今展は2014年 数寄和賞の松江利恵の個展です。
「生き物が生じてから還るまで―それぞれの違う時間軸が交錯する様を、
水面に広がる波紋が重なり合う様に描きたいと思っています。」
―松江利恵
[PR]
by 555sukiwa | 2016-01-21 15:04 | ふるさと | Comments(0)
<< 立春 七草 >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧