すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

あたたかなバレンタインデーですね。

庭の梅が、いつしか、満開。
このあたたかな日は、いったい、どういうわけでしょうか。
バレンタインデーだからでしょうか?
2月27日からは、展覧会で、絵のあたたかさを味わっていただこうと思います。
ぜひ♪
f0203477_16432181.jpg
f0203477_16433491.jpg
f0203477_16435357.jpg

松江利恵展 「星霜のかさね」

■ 今展は2014年 数寄和賞の松江利恵の個展です。

「生き物が生じてから還るまで―それぞれの違う時間軸が交錯する様を、
水面に広がる波紋が重なり合う様に描きたいと思っています。」―松江利恵

数寄和大津 2/27(土)-3/6(月) 11:00-18:00 火休  
大津市神領3-2-1  
077-547-3209

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「 ギャラリーへ行こう 」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
[PR]
by 555sukiwa | 2016-02-14 16:44 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 2月27日午後2時より、対話型... 今日は、旧暦のお正月、そして新月。 >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧