すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

森の気 細川貴司展、終了いたしました。

西荻の数寄和からはじまり、数寄和大津へ。
緑が目にまぶしい五月が終わる頃、この展覧会も終わります。
森の気 細川貴司展、お越しくださった皆様、有難うございます。
f0203477_17333068.jpg
f0203477_17333931.jpg
f0203477_17335023.jpg
f0203477_1733584.jpg


季節に合った、木々が伸び、花が咲き、果実が実ります。
数寄和大津の植え込みの花や木。
展覧会中は、あんまり、ゆっくりと見ていなかったら、
いつの間にか、
いっぱい花がついています。
花好きの母が、今日、何々が咲いたね。とか、言ってくれることで
気づくこと。
人って、ひとりで生きていませんね。
展覧会中でも、お越しくださる方が、時々、この木何の木ですか?とお尋ねいただくことがあり、
これは、エゴノキ、これは、、、とか、お話しながら、あらためて、木や花を観ている事もあります。

絵もやはり。
絵を観る方とおはなししながら、改めて、観ています。
そう観えはるんやな。とか、そうそう。とか、、、。

今展は森の気。
まるで、森の中にいるような時間をすごしていたようにも思います。
f0203477_17353385.jpg
f0203477_17354983.jpg

薔薇二曲(北原白秋)
一  
薔薇ノ木ニ
薔薇ノ花咲ク。

ナニゴトノ不思議ナケレド。

二  
薔薇ノ花。
ナニゴトノ不思議ナケレド。

照リ極マレバ木ヨリコボルル。
光リコボルル。

一昨年、細川貴司先生の、御作品を拝見させていただいた時には、
薔薇の花がギャラリー内にいっぱいに咲いていました。
なんて、ロマンティックな御作品だろう♪と思いながら拝見しておりました。
片隅には、宝石箱か、宝箱のような、箱も展示していました。

それから2年たちました。
絵を描く人は、おさなごのような成長をされるようです。
たった2年の間に、
作家のなかに森が育っていました。
制作された森の絵。
森の気が、絵を観る人たちに、訪れます。
絵をみて、元気なひとが、話されます。
「よい時間を過ごさせていただきました」
「素晴らしい絵ですね」

絵を観ることの、この豊かさ。
森の絵をみて、森の気を感じれるシアワセ。


展覧会に足をお運びいただきました方々、どうも有難うございました。

素晴らしい御作品を、細川貴司先生、有難うございました。
f0203477_17363911.jpg

今夏も、ギャラリーへ行こう!を開催いたします!
まずは、
「ギャラリーへ行こう2016 作品募集」
応募受付期間 7/21(木) – 23(土)必着

数寄和は東京都杉並区西荻窪と滋賀県大津市にギャラリー店舗を持つ表具・額装店です。

作家の卵が活動を続けていくためには、ギャラリーがまだ価値の定まっていない作品に

発表の機会を作ること、多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、

双方が必要だと考えています。

制作者と鑑賞者をつなぐ公募展「ギャラリーへ行こう」は今夏で7回目となります。

さらに活気ある展覧会となるよう、魅力的な作品をお待ちしています。


詳細は、表具・額装とギャラリーの数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2016-05-28 17:37 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 神領わ丁目しんぶんより♪ 森の気 細川貴司展 はじまりま... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧