すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

公募展ギャラリーへ行こう2016の作品締切まで後ひと月です。

数寄和では、2010年より、夏の公募展ギャラリーへ行こうを開催してきました。
今年も公募展「ギャラリーへ行こう」を開催します。
その前に「ギャラリーへ49よく行こう」展を、西荻にて開催します。
f0203477_1525994.jpg

ギャラリーへ行こうを毎年行うなかでの繋がるご縁に感謝を込めて、
ギャラリーへ行こう受賞者展を開催した年もありました。
今年は、素描展を開催します。残念ながら、西荻のみの開催としますが、
今までご出品いただいた関西在住の作家さんも何人もご参加いただいております。
ぜひ、みなさん、ご覧くださいね。

公募展「ギャラリーへ行こう」に参加いただいた49名の皆さんによる色紙・葉書サイズの作品展です。
素描、スケッチ、ドローイング等いつもとちがう趣の絵が並びます。
足取り軽やかに、ぜひお出掛けください

数寄和   7/9 (土)-7/18 (月祝) 11:00-19:00 無休
f0203477_15263517.jpg


これは、昨年のDMです。さて、今年は、どのようなDMになりますでしょうか。

まずは、公募展「ギャラリーへ行こう2016」に、どうぞ応募してください。

ギャラリーへ行こう2016 作品募集


応募受付期間 7/21(木) – 23(土)必着

数寄和は東京都杉並区西荻窪と滋賀県大津市にギャラリー店舗を持つ表具・額装店です。

作家の卵が活動を続けていくためには、ギャラリーがまだ価値の定まっていない作品に

発表の機会を作ること、多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、

双方が必要だと考えています。

制作者と鑑賞者をつなぐ公募展「ギャラリーへ行こう」は今夏で7回目となります。

さらに活気ある展覧会となるよう、魅力的な作品をお待ちしています。

http://sukiwa.net/wordpress/archives/2045
f0203477_15272054.jpg

数寄和大津では、「ギャラリーへ行こう2016」の前には、額セールを開催しております。

数寄和大津 6/20(月)-7/20(水) 13:00-18:00

休み 火曜日

   6/25(金)

   7/3(日) 4(月) 10(日) 14(木)



数寄和大津にて額縁セールをいたします。

油画、日本画、水彩画、版画、写真、葉書、色紙などの額縁、

作品に合わせた額縁のオーダーメイドを、

お手頃な価格でお求めいただけます。

ぜひお越しください。

また、お電話やメールでのお問い合わせもお気軽にどうぞ。
077-547-3209
otsu☆sukiwa.net(☆を@に変換してください。)
f0203477_19432819.jpg

数寄和大津では、「ギャラリーへ行こう2016」の次には、
絹と遊ぶ展・職人尽くし展を開催します。

「絹と遊ぶ展・職人尽くし展」
数寄和大津 9/2(金)-9/11(日) 12:00-19:00 火休

艶、透、うつくしい絵絹に魅力を感じた京都市立芸術大学院日本画専攻修了の8人による展覧会を開催します。

作品が出来るには作家の仕事だけではなく職人の力も必要です。

職人尽くし展では、人々のくらしと共にあるさまざまな職人を描きました。

ぜひご高覧ください。

出品作家

井手本貴子、魚住侑子、織田涼子、滝村彩子、直海かおり、前田恭子、森桃子、吉岡佐知
f0203477_15281897.jpg

絹は、紙よりも、古くからあります。
紙という字のへんは、糸。
古代の文字の糸へん。これは、お湯の中の繭から糸を取り出している、そのカタチ。
植物からつくる紙が発明されるまで、絵は何に描かれいたと思います。仏画を思い浮かべて下さい。今でもご集印軸は、絹本ですね。
たいへん美しい絹は、いったい、いつ頃出来たのでしょうか
紀元前3000年ごろ中国の黄帝の王妃が絹糸の発見したとの説、またカイコを育てて繭をとることを養蚕といいますが、紀元前5000年ごろには始まっていたという説もあります。
中国の黄河や揚子江流域で野生のクワコを家畜化し、
織物となり、それから、シルクロードもできました。
日本への養蚕技術が伝わったのは紀元前200年、弥生時代には絹の製法は伝わっており、律令制では納税のための絹織物の生産が盛んになっていたようです。
日本画は、和紙に描くことが一般的となった今では驚かれるかもしれませんが、大正以前、日本画基底材は絵絹が主流でした。
日本画の素地に使用するための糸密度を均整で緻密に織られた絹織物を絵絹といいますが、時代によって密度や織り幅に特徴がみられます。
ヨーロッパでは支持体としての絹の用例はほとんどないようですが、逆に極東ではごくありふれたもので、その歴史も中国の唐代にまで遡るといわれており、日本では、平安時代以降ようです。
画像は、数寄和の織った絵絹です。
ぜひ、「絹と遊ぶ展・職人尽くし展」へ、足をお運びください。
f0203477_15284895.jpg

暑い日が、これから秋彼岸までと続きます。

ぜひ数寄和大津へと足をお運びいただき、楽しい時間をお過ごしください。
筆あそびワークも、随時開催しております。20分1000円となっております。
こちらもお気軽にどうぞ。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_15292059.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-06-26 15:29 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 本日は七夕ですね。明日は、ラジ... 額セール開催中・スタッフ募集中... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧