すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

対話型鑑賞会と筆あそびの夜

ギャラリーへ行こう2016後期展がはじまり、3日目。
対話型鑑賞会をギャラリーでするのは、珍しいと数年前にお聴きしたこともあるが、
対話型鑑賞会を、何年も、細々ながら、続けてきて、おもうこと。
絵を観るのは、たのしい。
一人でも楽しい。
誰かといっしょに観るのも、やはり、楽しい。
本日、沖縄から作家が来るというので、いつもよりも人がいっぱいの方が楽しいかな?と
お声をかけてみた。
お忙しいところ、急なお誘いのお声をかける。
それって、どうなんだろう?とも思うけれど、
絵を一緒に観ることも、
本日、もし宜しければ、来ませんか。とお声をかけるのも、
たいせつなコミュニケーションの一歩なのだろうとおもう。
お返事いただきました方、気にして下さったかた、有難うございます。
対話型鑑賞会では、絵をいっしょに観ながら、会話が始まる。
絵は、光があること。絵を観る人がいること。それでもって、絵の存在があきらかになる。
これって、自分の顔は明るさがあるなかで鏡でしか見れない、つまり、実際には観れないこととも似ているようにおもう。
絵の存在は不思議な存在だ。
頭のなかにある、もやもやした何かが、色となる。そして絵となり存在する。
そのような抽象画がある。(また別の抽象画もある。)
自分の頭のなかと、制作した作家の頭のなかが、作品を観ることで、響き合ったりする。
いっしょに絵を観ることで、響き合ったりする。

ギャラリーへ行こう2016後期展数寄和大津展の対話型鑑賞会は8月27日午後6時からが最期です。
気楽に、ご参加くださいますよう宜しくお願いします。
みなさまのお越しをお待ちしております。
f0203477_21562633.jpg

f0203477_21563842.jpg
f0203477_21565067.jpg
f0203477_2157128.jpg

沖縄からやってきた、山岸遼士くんの見るなか、筆あそびワークもいたしました。
20分1000円。
なかなか内容の濃い遊びです♪
f0203477_13342448.jpg

皆様も、こちらも、お気軽に、どうぞ♪
9月2日より、絹とあそぶ・職人尽くし展を開催します。
どうぞ、宜しくお願いいたします。
それから、数寄和大津のホームページは、数寄和と一本化することになりましたので、展覧会のお知らせは、ぜひ、数寄和ホームページでご確認ください。宜しくお願いいたします。
http://www.sukiwa.net/
夏の行事地蔵盆。瀬田の唐橋東詰においでになる、おじぞうさまたち。
f0203477_13364782.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-08-22 22:07 | かたち | Comments(0)
<< 絹と遊ぶ展・職人尽くし展2日よ... 近江一宮建部大社の船幸祭とご神事 >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧