すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

歩く詩人 ワーズワスと芭蕉展 柿衛文庫にて開催中

f0203477_14253920.jpg

伊丹にある、柿衛文庫さんでは、9月17日から11月3日まで、
歩く詩人 ワーズワスと芭蕉展を開催されておられます。
展覧会中には、さまざまなイベントも開催されて、
9月25日、この展覧会へご出品中の斉藤典彦先生、斉藤佳代先生が、お話されるということで、
拝聴しに向かいました。
阪急伊丹駅から、徒歩10分。
町なみは、はじめてこの町に来て、歩いて目的地を探すひとにも、魅力のあるお店やホールがつづき、
大きなお寺が隣接している柿衛文庫さんにも、あっという間に到着いたします。
講演会が始まる前に、まずは、展覧会を鑑賞させていただきましょう。
f0203477_14333626.jpg

いつも数寄和の壁面に素晴らしい作品を発表してくださっている、斉藤典彦先生と、佳代先生です。
柿衛文庫さんの素敵な空間で、拝見する、御作品。(もちろん軸装は、数寄和です♪)
とても楽しく拝見させていただきました!
今回は、先生方の作品と響き合う・・・ほんのかたちということで、書庫での展示。
ずっと前に、斉藤典彦先生が、どこかに書かれていた一文に、幼いころ、お母様のお気に入りの画集を眺めていた。という文章をふと思い出すような空間です。
また、佳代先生のお母様が文学がお好きだったことも、今展で、ふつふつと思い出しながら、展示を拝見させていただきました。
そのほんのかたちの、画集のような、、、作品には、
お二人のイギリス時代の作品が片面にはあります。
お二人の日本での生活のなかで制作された作品が、片面にあります。
佳代先生の作品の変化に興味を持ったのは、
女性であること、出産育児という時間を、共有して、作品を拝見するからでしょうか。
しかしながら、最近拝見する絵とは違い、この赤ちゃんのカラダのなかに、骨があるんだ!というようなしっかりとした存在感のある赤ちゃんの絵からはじまるイギリスの面。
日本と外国のひとの、カラダの捉え方の違いを、佳代先生の絵からも、感じるとは、思ってもいませんでした。

このほんのかたちの、一冊目は、斉藤典彦先生の絵が並んだ、ほんのかたち。。。(斉藤典彦先生と、佳代先生のお二人のほんのかたちは、典彦先生にとっては2冊目です。)
典彦先生の選ばれた日本の作家の日本語が書かれた片面は和紙に絵があります。
その裏面には、英訳された言葉とアクリルによって、そうですね、日本の障子と、外国の窓ガラスを
意識した、それぞれの風景があるように感じます。

日本の風景と日本語を使った文学だけではない、現代作家の観る風景があることに気づきます。
作家だけではなく、観る私たちの、窓ガラスのなかの、暮らしがあります。
英語があります。
コミュニケーションが大切だと皆がいいます。
日本では、和と言う言葉で、よいのかしら?
一つのモノがあって、それを、日本語ではこういう。英語ではこういう。となると、まだ解りやすいですが、
ココロを通して表現した言葉は、その文化圏を離れて、共通する言葉が見つからないようです。

そのほんのかたちのなかの、一枚の作品は、芭蕉です。
芭蕉は、江戸時代にいき、新しみは俳諧の花という言葉をもって、
俳句という世界を創った人でした。
いま、芭蕉が生きていたら、地球の山々を渡り歩きながら、日本の裏にある例えばブラジルで観る月の俳句なんかも作ったかも知れません。
地球を半周、、、ブラジルまでは、何で、行かれたことでしょうか?
やはり、舟でしょうか。
それとも、飛行機??
飛行機に乗りながら、俳句では、イルカの背中にまたがって地球を半周たら、日本とおなじ、だいだい色の
おおきなお月様がある!なんていう事を吟じたやも知れません。

書かれた言葉は、読む人の心に届き、その風景を描き、まるで、本当にあったような、そんな気がしてきます。

文学は人を描きます。
中国最古の詩経に、「詩は志の之(ゆ)く所なり」とありますように、
詩と絵は、似ているところがあるようです。
ココロが、現われたのが詩であり、絵であるように思います。

俳句は、5・7・5でありますが、小さな世界を表現するのではなく、大きな空間を掴みます。
平面で表現する絵も、三次元だけではなく、深く描きます。
ひとのこころのなかにある時間、そして世界は果てしないのです。

斉藤典彦先生、佳代先生、それから、大久保英治先生、戸田勝久先生の四人のご出品作家の先生方、司会に徳島県立近代美術館の森芳功先生と、たいへん内容の濃い講演会に参加させていただき、
改めておもうことは、
やはり、たくさんの人に、展覧会へとお運びいただきたく思います。
ぜひぜひ宜しくお願いいたします。
f0203477_15232641.jpg

f0203477_1523533.jpg

これから、芸術の秋です。
数寄和大津も、秋の常設展示となります。
さて、どの絵をみなさまにご覧いただきましょうか。
数寄和大津へも、ぜひ遊びにいらしてください。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_16114378.jpg

The Daffodils
              William Wordsworth

I wander'd lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils,
Beside the lake, beneath the trees
Fluttering and dancing in the breeze.

Continuous as the stars that shine
And twinkle on the milky way,
They stretched in never-ending line
Along the margin of a bay:
Ten thousand saw I at a glance
Tossing their heads in sprightly dance.

The waves beside them danced, but they
Out-did the sparkling waves in glee:
A poet could not be but gay In such a jocund company!
I gazed - and gazed - but little thought
What wealth the show to me had brought.

For oft, when on my couch I lie
In vacant or in pensive mood,
They flash upon that inward eye
Which is the bliss of solitude;
And then my heart with pleasure fills
And dances with the daffodils.



水 仙
            ウィリアム・ワーズワース(田部重治訳)

谷また丘のうえ高く漂う雲のごと、
われひとりさ迷い行けば、
折りしも見出でたる一群の
黄金(こがね)色に輝く水仙の花、
湖のほとり、木立の下に、
微風に翻りつつ、はた、踊りつつ。

天の河(あまのがわ)に輝やきまたたく
星のごとくに打ちつづき、
彼らは入江の岸に沿うて、
はてしなき一列となりてのびぬ。
一目にはいる百千(ももち)の花は、
たのしげなる踊りに頭をふる。

ほとりなる波は踊れど、
嬉しさは花こそまされ。
かくも快よき仲間の間には、
詩人(うたびと)の心も自ら浮き立つ。
われ飽かず見入りぬ──されど、
そはわれに富をもたらせしことには気付かざりし。

心うつろに、或いは物思いに沈みて、
われ長椅子に横たわるとき、
独り居(ひとりい)の喜びなる胸の内に、
水仙の花、しばしば、ひらめく。
わが心は喜びに満ちあふれ、
水仙とともに踊る。
f0203477_17161537.jpg

A Rainbow William Wordsworth


My heart leaps up when I behold
  A rainbow in the sky:
So was it when my life began,
So is it now I am a man,
So be it when I shall grow old,
  Or let me die!
The child is father of the Man:
And I could wish my days to be
Bound each to each by natural piety.

虹 ワーズワース

空に虹を眺めるとき
  わたしの心は弾む。
生まれた頃はそうであった、
大人となった今もそうである、
年をとってもそうだろう、
  さもなければわれに死を!
子どもは大人の父である。
私の人生の日々が
自然への敬愛により結ばれますよう。
[PR]
by 555sukiwa | 2016-09-26 16:12 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 10月1日より、常設展示をして... 絹と遊ぶ展、職人尽くし展開催中... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧