すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

Cincin!乾杯♪展はじまります!!・・・海、清し 会心の友の 涙かな

f0203477_1333351.jpg

2年ぶりにシルバさんが、日本にやってきました。
この間、お越しになったときは、やはり、冬で、いままで観たことがないような、
雪の日々でした。
5年たったら、きっと、帰ってくる。と言い、本当に、ブラジルから来ました。
ほんとうに来て、数寄和の前に立って、いま、夢見ているみたいと言いました。
また、五年たったら来る!といい、はやくも2年後の今年、シルバさんが、やって来ました。

人とひとの出会いは不思議です。
生きているなかで、この広い地球、会う人もいれば、会わないひともいるのです。
日本のなかでも、この大津のなかでも、やはり京都のなかでも、いるのです。
けれども、地球の、お互い裏にあたる、日本とブラジルを、数年に一度、行ったり来たりし、
数寄和に顔を出し、
お蕎麦を美味しそうに食べ、白いごはんにお漬物、善哉や、甘酒や、、、
それから、お抹茶を飲み、筆を持ち、
そんな、和の時間を過ごす、シルバさんがいはる。
シルバさんから、学ぶことは、多いです。
新年に、わたしが、おもうこと。
信頼。敬意。感謝。

今回最後に合った、1月7日には、瀬田の唐橋を、いっしょに、観ながら、思いました。
びわ湖から流れる唯一の川、瀬田川。この川は、遠いブラジルにも、繋がっています。
その昔、瀬田の唐橋の上では、戦いがありました。
瀬田の唐橋の西詰には、大友皇子を祀った、御霊神社があります。
かといって、こちらの東詰には、建部大社はあります。こちらの東側に、建部大社が、あります。
壬申の乱で敗れた、大友皇子。
伊吹山でイノシシの神様に倒れた、ヤマトタケル。
さまざまな、人生の、出会いがあって、
いま、この時に、さまざまな一期一会があるのだと、最近感じます。

今年の書初。
「会心の友」っていうのは、気心のしれた友という意味です。
シルバさんがブラジルから来るのならと、新幹線を使ってやってくる仲間たち。
最初の五年後を約束したときは、みんなで、どんな自分になっているか、夢、目標を話しました。
今回、そんな約束はしなかったけれど、
わたしは、こっそりと、自分に約束しておくことにいたします。
一歩、一歩、前へ、進みますよ♪~
なんたって一番残りの人生が短いのだし!ふぁいと、おっ!
会える日を、たのしみに、たのしみに♪
f0203477_1415539.jpg

さて、
数寄和大津では、Cincin!展を、1月14日より正午より開催します。
なんたって、乾杯!というこの展覧会は、新年にバッチリです。
どうぞ、みなさま、お運びいただきますよう、宜しくお願いいたします。
f0203477_1474592.jpg

f0203477_1461316.jpg

海、清し 会心の友の 涙かな。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2017-01-08 14:09 | すきわ日和 | Comments(0)
<< Cincin!乾杯♪展を開催中... CINCIN!乾杯です♪♪ >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧