すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

杉原伸子ー御岳ー展、開催中です。5月21日、墨と筆あそびのワークをします!

いよいよ明日から五月。
お休み中は、何処へおでかけでしょうか。
数寄和大津では、杉原伸子ー御岳ー展を開催しております。
4月29日より始まりました、この展覧会。
山の絵があります。
緑の山。
しっとりした山。
きらきらした山。
青梅の御岳山っていう山があるそうです。
御岳山のそれぞれの季節。それぞれの表情があることに、この展覧会で気づきます。
さて。
初日、作家の杉原伸子さんもご参加いただき、対話型鑑賞会を致しました。
今展の作品のなか、「山笑う」「雨あがり」「赤い山と雨のあと」という三作品の鑑賞を皆でしました。
そこで、鑑賞しながら、山の表情がはっきりとしてきます。
紅葉の山の美しさ。雨あがりの、光が、すーっと入ってくる、山の表情。
春の山のワクワクした感じ。
山笑うというのは、俳句の季語で、皆さんもご存知かと思いますが、
若い人にもお伝えしたくて、この作品を選びました。
作家の先生も、この言葉の美しさに惹かれて、このタイトルをつけたとの事でした。
「山笑ふ」「山粧ふ」「山眠る」・・・それぞれ、どんな山か、想像してみてください。
春の山、秋の山、そして冬の山の姿が浮かびますか。
山笑う、この言葉は北宋の画家・郭煕(かくき、約1023年—約1085年)という北宋の山水画家の言葉だそうです。
どうぞ、絵を観に、展覧会を味わいに、お運びください。
f0203477_18365645.jpg

f0203477_18372037.jpg
f0203477_18375114.jpg
f0203477_1838568.jpg
f0203477_18381891.jpg
f0203477_18383845.jpg

杉原伸子ー御岳ー
2017/4/29(土祝) – 5/7(日)
数寄和大津(すきわおおつ)大津市神領3-2-1
077-547-3209
公募展「ギャラリーへ行こう 2015」で数寄和賞を受賞した杉原伸子による個展を開催いたします。

弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
『山間に暮らしていると、自然と自分との境界が曖昧になるときがある。
 雨上りに立ち昇る山霧に包まれたとき、森の入口から動物の鳴き声が響いてきたとき、
 風が身体を吹き抜けていくとき、夜明けの光や夕闇の中にいるとき。
 そんなときに感じた気配を描きたいと思う。』
f0203477_18431051.jpg

5月21日、数寄和大津では、
日本文化に触れたい外国人の方々対象に
墨と筆遊びのワークを開催します。
楽しい時間をご一緒致しましょう!
       ♪
5月21日日曜日
①午前の部 午前11時はじまり。90分
②午後の部 午後3時はじまり。90分
大人3000YEN 子ども2500YEN

Let't enjoy the world of Fude (ink brush)and Sumi (ink) with us!
We have Japanese tea and sweets.
You don't need to bring ink brush with you.
You need little Japanese skill and enjoyment only!
カタコトの日本語で充分です。
日本が好き。日本の文化に触れてみたい。
そんな方々、ぜひ、筆と墨のワークへ、どうぞ。
お茶とお菓子もございます!
筆などはお貸しいたします。
          ♪
お申し込みは、数寄和大津まで077−547−3209
申し込み締め切り5月15日までただし申し込み人数が多い場合は締め切り日が早まります。
f0203477_18455311.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-04-30 18:46 | すきわ日和 | Comments(0)
<< Let't enjoy... 日本画のこれから展、終了いたし... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧