すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

軸装のご依頼、承ります。(表具・額装とギャラリーの数寄和です!)

f0203477_1351739.jpg

御軸が、三幅。
美しいですね。と、ギャラリーへ初めて、訪れた若いカップルのお客様。
この美しさが、解るだなんて!と、ちょっと、驚くようになってしまっている私がいます。どうしてでしょうか。
中学生に掛軸を一年に一度、お見せする機会をいただいていて、
そこでも、「きれい!!」という声が上がります。
こんな瞬間があると、やはり、未来の方々に、この日本の美を残しお伝えしていこう!と思います。
ほんとうに、美しいです。日本の掛軸。
だからこそ、日本の文化の、茶道や、書道や絵や歌や、、、さまざまな掛物が、今も、ちゃんと、観れるのでしょう。日本のこころ、そのもののように思います。
掛軸を持つなら、高価なものがよい。と、思います。
自分の懐の範囲で、ちょっと無理した方が、よい。と思うのです。
不味い!と、お箸を置くこともある、一回こっきりの食べ物ではないですからね。
何度と楽しむには、ちょっと無理した甲斐があったな。と観るたびに肯けるものがよいと思うのです。
千年持つ手漉きの紙と、パルプの紙の価格が違うように、用途に合わせて考えていただけたらよいかと思います。
仏表具は、やはり、高価となります。ご自分の書作品を表装しようかな。というと、もう少し気楽に考えていただいたらよいと思います。
裂の美しさは、糸そのものの美しさであり、当然、よい裂を使った御軸は高価になるし、よい腕の職人さんの仕事だからこそ、その味わいが出ます。
f0203477_1320073.jpg

ちいさな画像で解りにくいですが、この裂は紬で、光によって変化します。うちは紬をよく使います。
額装にも使います。たいへん美しい裂だと思います。
数寄和は、裂をいっぱい織っていっぱい持っているのが自慢の会社です。
「よいものを、安く、ご提案させていただきます!」の姿勢で仕事させていただいておりますし、
それが使命だと思っています。
どうぞ気楽な気持ちで安心して見積もりさせてください。
見積もりは無料でいつもでさせていただいております。
出来たら実際に表具させていただきたいですが、ご都合もおありでしょう。
見積もりで終わっても文句は言いません。
ただ出来るだけ豊かな時間となりますように、どうぞ宜しくお願いいたします。
同じ内容でも、デザインや裂が変わることで、また、違う味わいとなります。
お家にあった軸装となるよう、
喜んでいただけるよう、
精進いたします。
宜しくお願いいたします。

今年は、西国三十三所草創1300年。
ぜひ、軸装、額装、数寄和へ、宜しくお願いいたします。
f0203477_1326742.jpg

f0203477_15375618.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-05-24 13:38 | すきわ日和 | Comments(0)
<< 瀬田の唐橋を渡り、石山寺へ♪ かみ >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧