すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

かみとあそぶでしょ♪あさだありよてん!

f0203477_21301254.jpg

f0203477_21185052.jpg

わたしの作ったおはなしを、書きました。
原稿は、全部、ひらがな。
漢字を混ぜながら、書く作業。
大きな紙を使える喜びと、2枚使うのは、絶対、だめ。と思う緊張。筆を持つのは、やはり緊張するのですが、紙を替えて、何枚か、書く、いつもと違う緊張でした。

お運びくださった、友人のブログの紹介文が、とてもとても嬉しかったです!
http://nakayuu13.hatenablog.jp/entry/2017/10/20/202147

急遽、決めた展覧会で、まず、イメージしたのは、桜染の紙で、櫻の花びらを、白い壁面になびかせたかったのです。
創作童話のおとうちゃんを1Fに展示してしまったので、
2Fとなりますと、大きな櫻の木をつくって、文学の木(桜を歌った作品を紹介しながら)として、
お運びくださる方にお花見していただきたかった。
f0203477_21315255.jpg

今展では、特別ご参加の、山岸遼士くんの、御作品「みどりのとちへ」
この絵をみながら、櫻の木をうけながら、ひとつのお話を、数寄和のおとに、書いてみたかったのです。

それから、特別、ご参加に、絹の勉強会を始めたときに、まず、皆で、楽しみながら作った作品も、芳名帳の前に置いておきました。

愉しい展覧会でした。
お運びくださった方々、本当に有難うございます!
今展で、みなさまの、お話をおききしながら、今度は、童話の冊子を制作することになりました。
ご興味ある方、ぜひ、一冊、お買い求めくださいますと、有り難いです。来年の夏に出来上がる予定です。

展覧会中は、筆あそびワークをしておりました。
もうひとりの友人がフェイスブックで、このような記事を書いてくださっております。
「語りと文字と言葉の関係】

先日、友人が個展をするというので観に行ってまいりました。
ご本人はもともと書家であり、表具屋であり、ギャラリーの店主をやってるのですが。
昔から「自分の作った物語を書きたい」という想いを持っていらして、たまたま「だったら自分の字で書いてみたらええんちゃう」と言った私です。
で、自分の作った物語や、アーティストの言葉などを書にして展示されているのです。

で、展示してある作品で、特に私の目を惹いたのが「いろは歌」と「木花咲耶姫(さくやこのはひめ)」の言い伝えを描いた作品です。
「いろは歌」は昔から仮名の手習いで書く歌ですが、この意味は仏教用語であることから諸行無常の教えを説いているともいわれています。
そして天皇家の祖となる「木花咲耶姫(さくやこのはひめ)」の物語がうまい具合にコラボレーションしていまして、「有」と「無」についてのイメージが伝わる作品となっています。

先日書いた記事で、日本人には格言やモットーを想い描くことは難しいのではないかと書きましたが、それは少し違うと感じました。
いつの頃からか、教育の場から「言葉の意味」や「文字の意味」、「昔からの言い伝え」「昔話」などが失われつつあるのだと気づきました。
日本人が日本人らしく在る文化の伝承が忘れられつつあるのだなと思います。

ギャラリーで作品鑑賞のあと「筆あそびワークショップ」を体験させていただきました。私は2回目の参加です。
自分の好きな言葉を筆で文字にして自由に描くワークショップです。
ここで店主の友人は、文字の謂れをいくつか紹介してくれます。
漢字ひとつ、仮名ひとつにも、元々は何かを伝えるために、何かを例えた形から、今の文字になったと教えてくれます。
そーゆー文字の集まりが、人の想いを経て物語になり、その物語を人が語ることによってイメージが広がる。
考えたら、近代日本の文学作品などは、古典や仏典からの引用を使った語りも多いんですよね。
それを現在を生きる私たちに触れる機会が少なくなっているんだと実感しました。

「温故知新」・・・古きを尋ね新しきを知る。
日本という国は自然が豊かで、どこでもすぐ飲める水がある。その代わりに自然の力で人々の営みがあっという間になくなってしまう。
それでも何もない大地から新しいものを生み出す力を持っている。
そういったものを伝えられるといいのかもなあと思った作品展でした。」
f0203477_2132931.jpg

明日は火曜日でお休みではありますが、
皆様への告知、それから、台風でお運びできず、ちょっと心残りの方が万が一おいでかも??と、、もう一日、皆様のお越しをお待ちしております!

そして、
いよいよ、
いのりの象(かたち)展へ。10月29日より始まります。
素晴らしい御作品が並びます。
ぜひ、お運びください。
https://sukiwagallery.net/archives/5507
ワークショップも、ぜひ!どうか宜しくお願いいたします。 数寄和大津 麻田有代
[PR]
by 555sukiwa | 2017-10-23 21:37 | ふるさと | Comments(0)
<< いのりの象(かたち)展、明日1... セタシジミをご覧ください!(い... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧