すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

石のセタシジミ

f0203477_18381139.jpg
f0203477_18440885.jpg
f0203477_18425427.jpg
f0203477_18295450.jpg
びわ湖から、流れる唯一の川の瀬田川。この川は、京都、大阪を流れ、大阪湾へ。海と繋がっていて、世界とも、もちろん繋がっている。地球には、海にいるイルカだけではなく、カワイルカがいると聴く。
ピンクのイルカの、カワイルカ。一度、ぜひ会ってみたい。
太古から、瀬田川では、セタシジミが採れた。日本には、マシジミ、ヤマトシジミ、そしてセタシジミがあった。
瀬田川を勢多と書いたころ、川の流れは、速かったようだ。
11月19日、いのりの象かたち展の、石の彫刻家の近持イオリさんに作ってもらった、特製、石のセタシジミに、モザイクした、ピンクのイルカを持って出かけた。神様に観て貰いたく♪
いつの日か、今は、減った、セタシジミが、いっぱい採れる瀬田川でありますように。
今は、まだ誰も、この瀬田川では観たことのない、ピンクのイルカが、現われますように。
そう、琵琶湖に虹が現れるように。
そう、作家が、心をカタチにするように。
そう、いつの日にか。
そう、いつの日にか。
ピンクのイルカも、いる、そんな瀬田川であるように。
遠い昔の戦いの、その赤ではなく、夕陽の、、、、そう、その川から、空へ、ピンクのイルカが、ジャンプするのを夢見よう。
ひとのこころにある、ありがとう!が、カタチになるように。
いっぱいの有難う!で、満ち満ちた海と、そこに向かう川が、おいしい水で、かつて、そうであったように、
豊かに満ち満ちて。
その水鏡に満月をうつすように。
その水鏡にわたしの願いをうつすように。
意宣ります。
いのります。

いつか、また、お会いしましょう。

ありがとうございました!(数寄和大津 麻田有代)

今後とも、「数寄和すきわ」をどうぞ宜しくお願いいたします!!
軸装額装とギャラリー 紙や絹もございます!
「数寄和」

11:00-19:00   会期中無休


〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-42-17
ツインハイツ1F

TEL 03-3390-1155


[PR]
by 555sukiwa | 2017-11-20 19:05 | すきわ日和 | Comments(0)
いのりの象かたち展へお運びいた... >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧