すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

カテゴリ:すきわ日和( 231 )

ギャラリーへ行こう2017展開催中です!秋のお知らせです♪

毎年ながら、暑い夏の日々、残暑厳しい日々が続いております。
みなさん、如何お過ごしですか。
絵を観る楽しさを、味わいに、どうぞ、ギャラリーへ行こう2017展後期展へとお運びください。
今回は、滋賀出身の作家の方々と、メールでやり取りしたりしながら、
故郷に展示される想いをお聴きしたりして、
わたしにとって、たいへん有り難く心に残る展覧会です。
f0203477_1661471.jpg

さて、これから9月10月とあって、秋がやってきます。
そこで、この実りの秋にぴったりの展覧会のお知らせをさせていただきます。
f0203477_1675352.jpg

いのりの象(かたち)展

10月29日正午から11月12日午後6時までの展覧会です。
今展では日本画と滋賀の素材を使った彫刻を展示します。
風景や仏様など「いのりの象(かたち)」となった作品から、日本の美を感じていただきたいと思います。

会期中、出品作家によるワークショップやギャラリートークを開催いたします。
数寄和大津最後の展覧会へ、ぜひお運びください。

出品作家

内田 あぐり

河田 喜代治

斉藤 典彦

清水 豊

髙田 学

近持 イオリ

ベリー マキコ

山本 真由美


さて、今展では、ご出品いただく作家の方々のワークショップが、3つもあるのです!
ぜひ、参加ご予約を!お早目に宜しくお願いいたします!

「石の瀬田しじみ作り」
展覧会期間中、近持先生の作品の一部に石で制作された瀬田しじみを展示します。その中身を、オニキスという石でモザイクしてみましょう。モザイクとは、石の小さな断片等を敷き詰めた装飾のことです。完成した作品は会期間中展示して、展覧会最終日 11/12(日)にお渡しいたします。

日時 2017/11/4(土)
講師 近持イオリ(彫刻家)
参加費 3,000円
定員 約15名(幼稚園生から大人まで)

「写仏」
写仏とは、仏様のお姿を写し描くことです。願いを込めながら丁寧に描き写すことで、その功徳をいただきます。このワークショップでは、写経にもよく用いられる紺紙(藍で染めた和紙)に金泥で仏様を写します。

日時 2017/11/5(日)
講師 山本真由美(日本画家)
参加費 3,500円
定員 約10名(小学校高学年から大人まで対象)

「ムービングドローイング」
伝三F氏のパントマイムを鑑賞しながら、ムービングドローイングをします。ムービングドローイングとは、動いている人体・モデルをドローイングすることです。ゆっくりと動く人体のフォルムを良く観察し、自由にドローイングしましょう。このワークショップの目的は、上手く描くことではなく、人間の瞬間の美しさを自身の目で見つめることです。マイムや動きを自分の体で感じながら描くことで、人間の肉体の素晴らしさを発見するでしょう。

日時 2017/11/11(土) 14:00 – 16:00 ※途中休憩(10分)を3回はさみます。
講師 内田あぐり(日本画家・武蔵野美術大学教授)
モデル 伝三F氏(パントマイミスト)
参加費 4,000円
定員 約15名(小学生高学年から大人まで対象)
用意するもの
・スケッチブック(F6~8号サイズ)
・鉛筆(HB〜4B)
・消しゴム・練消し等
その他、コンテ、墨汁、アクリル絵の具、水彩絵の具一式など自分の使いたいものを自由に各自持参してください。

※ワークショップ内で、和紙にドローイングをする予定です。使用する和紙は数寄和大津にて販売いたします。

「ご予約・お問い合わせ」

ご予約の際は、お電話、またはメールにて下記お知らせください。
1.ご予約者氏名
2.当日連絡の取れる連絡先(電話番号・メールアドレス)
3.参加ご希望のワークショップ名
4.参加人数
5.その他・備考

連絡先 数寄和大津
Tel 077-547-3209
Mail otsu☆sukiwa.net ( ☆を@に変換していただきますよう、宜しくお願いいたします。)


「対話型鑑賞会・ギャラリートーク」

対話型鑑賞会とギャラリートークを同時開催いたします。

対話型鑑賞とは、ファシリテーターや他の参加者たちと対話をしながら作品を鑑賞することです。
美術の専門知識がなくても、大丈夫です。
他の人の視点や感覚に触れて、作品の見方が広がり深まる愉しさを体験しにいらっしゃいませんか。

対話型鑑賞会ファシリテーター 麻田有代(数寄和大津・店長)

第一回

日時 2017/10/29(日) 14:00 –
ゲスト 近持イオリ(彫刻家)


第二回

抽象画と具象画、素材に関する話を中心にトークしていただきます。

日時 2017/11/3(金祝) 14:00 –
ゲスト 斉藤典彦(日本画家・東京藝術大学教授)
清水豊(日本画家・嵯峨美術短期大学講師)
高田学(日本画家・成安造形大学講師)



第三回

日時 2017/11/12(日) 14:00 –
ゲスト 未定


・・・どうですか!
実りの秋にぴったりの、展覧会ですよね♪
ご出品いただく作家の方々は、現在、この残暑厳しい中で、みなさんの心に残るよう、
みなさんの心に届くよう、、、御作品を制作してくださっております!
いのりの象となった、それぞれの作品を楽しみに、どうぞ、お運びいただきますよう、宜しくお願いいたします。
f0203477_16192882.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-08-25 16:20 | すきわ日和 | Comments(0)

7月30日から、ギャラリーへ行こう2017がはじまります!

あつい、あつい、夏です。
どうぞ、ギャラリーへ涼みにお越しください。そして、絵を楽しんでください。
皆様のお越しをお待ちしております!
f0203477_20561660.jpg

ギャラリーへ行こう2017
数寄和・数寄和大津 同時開催 (前期・後期で展示作品入れ替え)
前期
2017/7/30(日) – 8/10(木)
数寄和大津 火曜休廊
後期
2017/8/19(土) – 8/28(月)
数寄和 8/20(日)休廊
数寄和大津 火曜休廊

今年で第8回となる公募展「ギャラリーへ行こう」を開催いたします。

数寄和では未来ある作家の卵たちの作品発表に取り組んでいます。
全国から絵画・版画の小品を募り入選作を5万円までで販売します。
お気に入りの1点を見つけに、ぜひギャラリーへお出かけください。

開催イベント
トーク  美術評論家・大倉宏
美術表現を紹介する活動を続けてこられた立場から、貴重なお話を伺います。
日時: 2017/8/25(金) 19:00 –
会場: 数寄和 東京本社

対話型鑑賞会
対話型鑑賞とは、ファシリテーターや他の参加者たちと対話をしながら作品を鑑賞することです。
他の人の視点や感覚に触れて、作品の見方が広がったり深まったりします。
第1回: 2017/7/30(日) 14:00 –
第2回: 2017/8/19(土) 14:00 –
会場: 数寄和大津
f0203477_20554861.jpg

https://sukiwagallery.net/archives/5351
[PR]
by 555sukiwa | 2017-07-22 21:01 | すきわ日和 | Comments(0)

太陽と地球と、それから?(フルムーン♪)

梅雨ですね。
夕立も多い今日この頃。
昨日は、文月満月アロマワークショップを、数寄和大津で初めて開催することができました。
講師の岡本美帆子さんの、柔らかなお声は、アロマのように、触れたひとが、優しい気持ちになります。
が、しかし、当日、お声が出ないということで、妹のなほこさんが登場。
岡本姉妹による、アロマワークショップとなり、素晴らしい!が倍増いたしました。
お茶には、フルムーンティーを振舞っていただき、お菓子は満月。
至れりつくせりのこの時間。
もちろん、皆、ギャラリー空間に飾っております、軸装作品を拝見されて。
その昔、きっと、高貴な方々は、おそらくこのように、
香りで鼻を満たし、
美しい絵で目を満たし、
そうそう音楽も流していただいたこの時間ですし耳も満たし
、美味しいお菓子とお茶で口も満たし、
お風呂に入れてね♪と美帆子先生からプレゼントされて、バスソルトで、
もう、まさしく、五感全部が、満月のように、満ち満ち満ち足りましたのでした。
その昔、お朔日は新月。15夜お月さん満月。朔日と15日のそのときに、神社へご挨拶にいく日本の風習。
お月様の、その存在の大きなこと。大きなこと!
本日のアロマワークで改めて、お月様の存在に、気づくことも出来ました。
新月には、どうぞ、自分の願いを書いてみてください。
そして、満月には、どうぞ、その願いを叶えておいてください。
ちなみに、私は、新月に、字が上手くなりますように!とか書いてみます。(笑)15日には、ちょっと上手くなっているような気持ちで、ちょっとだけですが、満ちております!
・・・一昨日書いたフェイスブックにアップした半紙を、昨日、お客様が見ておられるので、お土産にお渡ししました。
・・橋のような、ひとの心に言葉を届けることが出来るように、なりたいです。
太陽だけでは、地球のいのちは、育ちません。
そもそも、太陽だけでは、いのちは、育ちません。
いのちの星、地球。。。
その一部なんだな。みんな♪
そんな事にも、気づくことが出来ました。
9月にもう一度、岡本美帆子さんが、アロマワークショップをしてくださると思います!
ぜひ、お運びください。
f0203477_1528253.jpg

7月30日より、始まります展覧会は、ギャラリーへ行こう!

「ギャラリーヘ行こう2017 」
数寄和・数寄和大津 同時開催 (前期・後期で展示作品入れ替え)
前期
2017/7/30(日) – 8/10(木)
数寄和大津 火曜休廊
後期
2017/8/19(土) – 8/28(月)
数寄和 8/20(日)休廊
数寄和大津 火曜休廊

今年で第8回となる公募展「ギャラリーへ行こう」を開催いたします。
数寄和では未来ある作家の卵たちの作品発表に取り組んでいます。
全国から絵画・版画の小品を募り入選作を5万円までで販売します。
お気に入りの1点を見つけに、ぜひギャラリーへお出かけください。
[PR]
by 555sukiwa | 2017-07-10 15:33 | すきわ日和 | Comments(0)

軸装のご依頼、承ります。(表具・額装とギャラリーの数寄和です!)

f0203477_1351739.jpg

御軸が、三幅。
美しいですね。と、ギャラリーへ初めて、訪れた若いカップルのお客様。
この美しさが、解るだなんて!と、ちょっと、驚くようになってしまっている私がいます。どうしてでしょうか。
中学生に掛軸を一年に一度、お見せする機会をいただいていて、
そこでも、「きれい!!」という声が上がります。
こんな瞬間があると、やはり、未来の方々に、この日本の美を残しお伝えしていこう!と思います。
ほんとうに、美しいです。日本の掛軸。
だからこそ、日本の文化の、茶道や、書道や絵や歌や、、、さまざまな掛物が、今も、ちゃんと、観れるのでしょう。日本のこころ、そのもののように思います。
掛軸を持つなら、高価なものがよい。と、思います。
自分の懐の範囲で、ちょっと無理した方が、よい。と思うのです。
不味い!と、お箸を置くこともある、一回こっきりの食べ物ではないですからね。
何度と楽しむには、ちょっと無理した甲斐があったな。と観るたびに肯けるものがよいと思うのです。
千年持つ手漉きの紙と、パルプの紙の価格が違うように、用途に合わせて考えていただけたらよいかと思います。
仏表具は、やはり、高価となります。ご自分の書作品を表装しようかな。というと、もう少し気楽に考えていただいたらよいと思います。
裂の美しさは、糸そのものの美しさであり、当然、よい裂を使った御軸は高価になるし、よい腕の職人さんの仕事だからこそ、その味わいが出ます。
f0203477_1320073.jpg

ちいさな画像で解りにくいですが、この裂は紬で、光によって変化します。うちは紬をよく使います。
額装にも使います。たいへん美しい裂だと思います。
数寄和は、裂をいっぱい織っていっぱい持っているのが自慢の会社です。
「よいものを、安く、ご提案させていただきます!」の姿勢で仕事させていただいておりますし、
それが使命だと思っています。
どうぞ気楽な気持ちで安心して見積もりさせてください。
見積もりは無料でいつもでさせていただいております。
出来たら実際に表具させていただきたいですが、ご都合もおありでしょう。
見積もりで終わっても文句は言いません。
ただ出来るだけ豊かな時間となりますように、どうぞ宜しくお願いいたします。
同じ内容でも、デザインや裂が変わることで、また、違う味わいとなります。
お家にあった軸装となるよう、
喜んでいただけるよう、
精進いたします。
宜しくお願いいたします。

今年は、西国三十三所草創1300年。
ぜひ、軸装、額装、数寄和へ、宜しくお願いいたします。
f0203477_1326742.jpg

f0203477_15375618.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-05-24 13:38 | すきわ日和 | Comments(0)

数寄和の公募展、ギャラリーへ行こう!今年は7月3日です!

若手作家の応援として、毎年、開催しております、公募展「ギャラリーへ行こう」
今年も開催いたします。
ただ、毎年よりも、作品応募日が、少し早いですから、気をつけて、お送りくださいね。
力作を楽しみに待っておりますよ。
公募展「ギャラリーへ行こう2017」 作品募集のご案内
受付期間 2017/7/3(月)・4(火)必着
数寄和は東京都杉並区西荻窪と滋賀県大津市にギャラリーを持つ表具・額装店です。
作家の卵が活動を続けていくためには、ギャラリーがまだ価値の定まっていない作品に発表の場をつくること、多くの人が自分の目で絵を楽しみ気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
公募展「ギャラリーへ行こう」は今夏で8回目の開催です。今年も魅力的な作品をお待ちしています。

詳細は、数寄和ホームページをどうぞ。
https://sukiwagallery.net/archives/4538
f0203477_1626196.jpg

さて、数寄和大津では、5月21日に、外国人の方のワークショップを開催いたします。
ぜひ、お越しください。
f0203477_16234515.jpg
f0203477_1624091.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-05-08 16:24 | すきわ日和 | Comments(0)

杉原伸子ー御岳ー展、開催中です。5月21日、墨と筆あそびのワークをします!

いよいよ明日から五月。
お休み中は、何処へおでかけでしょうか。
数寄和大津では、杉原伸子ー御岳ー展を開催しております。
4月29日より始まりました、この展覧会。
山の絵があります。
緑の山。
しっとりした山。
きらきらした山。
青梅の御岳山っていう山があるそうです。
御岳山のそれぞれの季節。それぞれの表情があることに、この展覧会で気づきます。
さて。
初日、作家の杉原伸子さんもご参加いただき、対話型鑑賞会を致しました。
今展の作品のなか、「山笑う」「雨あがり」「赤い山と雨のあと」という三作品の鑑賞を皆でしました。
そこで、鑑賞しながら、山の表情がはっきりとしてきます。
紅葉の山の美しさ。雨あがりの、光が、すーっと入ってくる、山の表情。
春の山のワクワクした感じ。
山笑うというのは、俳句の季語で、皆さんもご存知かと思いますが、
若い人にもお伝えしたくて、この作品を選びました。
作家の先生も、この言葉の美しさに惹かれて、このタイトルをつけたとの事でした。
「山笑ふ」「山粧ふ」「山眠る」・・・それぞれ、どんな山か、想像してみてください。
春の山、秋の山、そして冬の山の姿が浮かびますか。
山笑う、この言葉は北宋の画家・郭煕(かくき、約1023年—約1085年)という北宋の山水画家の言葉だそうです。
どうぞ、絵を観に、展覧会を味わいに、お運びください。
f0203477_18365645.jpg

f0203477_18372037.jpg
f0203477_18375114.jpg
f0203477_1838568.jpg
f0203477_18381891.jpg
f0203477_18383845.jpg

杉原伸子ー御岳ー
2017/4/29(土祝) – 5/7(日)
数寄和大津(すきわおおつ)大津市神領3-2-1
077-547-3209
公募展「ギャラリーへ行こう 2015」で数寄和賞を受賞した杉原伸子による個展を開催いたします。

弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
『山間に暮らしていると、自然と自分との境界が曖昧になるときがある。
 雨上りに立ち昇る山霧に包まれたとき、森の入口から動物の鳴き声が響いてきたとき、
 風が身体を吹き抜けていくとき、夜明けの光や夕闇の中にいるとき。
 そんなときに感じた気配を描きたいと思う。』
f0203477_18431051.jpg

5月21日、数寄和大津では、
日本文化に触れたい外国人の方々対象に
墨と筆遊びのワークを開催します。
楽しい時間をご一緒致しましょう!
       ♪
5月21日日曜日
①午前の部 午前11時はじまり。90分
②午後の部 午後3時はじまり。90分
大人3000YEN 子ども2500YEN

Let't enjoy the world of Fude (ink brush)and Sumi (ink) with us!
We have Japanese tea and sweets.
You don't need to bring ink brush with you.
You need little Japanese skill and enjoyment only!
カタコトの日本語で充分です。
日本が好き。日本の文化に触れてみたい。
そんな方々、ぜひ、筆と墨のワークへ、どうぞ。
お茶とお菓子もございます!
筆などはお貸しいたします。
          ♪
お申し込みは、数寄和大津まで077−547−3209
申し込み締め切り5月15日までただし申し込み人数が多い場合は締め切り日が早まります。
f0203477_18455311.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-04-30 18:46 | すきわ日和 | Comments(0)

日本画のこれから展、終了いたしました。(数寄和・数寄和大津)

日本画のこれから展終了いたしました。
ご覧になった方々は、小さなサイズに広がる世界を楽しんでくださいました。
さまざまな作品がありました。
どの人にも身近な、美味しそうな豆大福。
美しい花。空の風景。ほとけさま、猫・・・
壁面に並ぶ、その作品を観るお客様のお顔や、ぽつり、と、仰る言葉をききながら、
私も、毎日、楽しませていただきました。
展覧会の終了時間、数寄和大津においでの方々と記念撮影を撮りました。
たいへん、豊かな時間を過ごさせていただいた、展覧会でした。
作家の先生方、有難うございました!
お運びいただきました方々、有難うございました。
そして、気にして、応援して下さっている方々にも、御礼申し上げます!
絵を愉しんでくださるお方にお知らせいただきました方々、本当に有難うございました。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
(すぐ29日より、展覧会が始まります!どうぞ宜しくお願いいたします!)
絵を愉しみに、展覧会を愉しみに、数寄和へお運びください。
宜しくお願いいたします。
f0203477_18594983.jpg
f0203477_191710.jpg

次回展は、杉原伸子ー御岳ーです。

公募展「ギャラリーへ行こう 2015」で数寄和賞を受賞した杉原伸子による個展を開催いたします。

弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
f0203477_193844.jpg

『山間に暮らしていると、自然と自分との境界が曖昧になるときがある。
 雨上りに立ち昇る山霧に包まれたとき、森の入口から動物の鳴き声が響いてきたとき、
 風が身体を吹き抜けていくとき、夜明けの光や夕闇の中にいるとき。
 そんなときに感じた気配を描きたいと思う。』
初日29日は、作家の杉原伸子さんとともに、対話型鑑賞会を午後2時より開催します。
午後1時45分を目指して、お集まりくださいませ。
気楽な鑑賞会です。お子様も、どうぞ。
お問い合わせは、数寄和大津まで。07-547-3209
f0203477_1954091.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-04-26 19:06 | すきわ日和 | Comments(0)

日本画のこれから展はじまりました!

f0203477_21281380.jpg

f0203477_21334370.jpg

「日本画のこれから」
数寄和大津
2017/4/16(日) – 4/26(水) 火休
これから日本画がどのように存在するのか考えたとき
活動から目が離せない制作者にご参加いただきました。
みなさまのお越しをお待ちしております。
f0203477_21311648.jpg

f0203477_21314220.jpg

出品作家(五十音順)

石原孟
石股昭
岩田壮平
岩永てるみ
植田一穂
大沢拓也
大竹寛子
大野俊明
岸野香
清水豊
髙島圭史
洞谷亜里佐
戸塚和郎
中神敬子
中村寿生
長谷川雅也
濱田樹里
林百合子
間島秀徳
三瀬夏之介
山本直彰
山本浩之
山本真由美
米谷清和
和田雄一
[PR]
by 555sukiwa | 2017-04-16 21:34 | すきわ日和 | Comments(0)

朝日聡子展「光束」開催中です。10日には朝日さん♪

朝日聡子展」光束」開催中の数寄和大津です。
この展覧会は、公募展「ギャラリーへ行こう 2014」で数寄和賞を受賞した朝日聡子による個展です!
見ごたえある作品が、数寄和大津の壁面に並んでおります。
ぜひ、お運びください。
f0203477_17205534.jpg

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
数寄和大津 2017/3/2 (木) – 3/12(日) 12:00 – 18:00 火休
f0203477_17223142.jpg

f0203477_17224666.jpg

会心の友って、言葉をしっていますか。
気心しれた間の友を、会心の友といいます♪
むかし、トムとジェリーという漫画がありましたが、会心の友って、きっと、あんな感じでしょうか。
さて、本日、知ったのですが、インドネシアで教科書にも載っていたという、五輪真弓さんの歌「心の友」。
みなさん、知っていますか。聴く機会があれば、ぜひ!
f0203477_1727911.jpg
f0203477_17272467.jpg

だんだん暖かくなってきましたね。
瀬田川に浮かぶ鳥たちも、のんびりとしています。
3月25日は、幼い人たち向けの、ワークショップを開催することにしております。
もうすぐ、締切りです。
お茶とお菓子と、お筆を楽しんでいただこう。和を味わってもらおうと思っております。
筆で書く線は、堂々と力強く太かったり、心細いひょろひょろだったりします。
筆で書く丸は?
幼い子供がよく描く丸。筆で書くと・・・線といっしょで、いろんな丸を楽しんで描いていただこうと思います。
3月25日午前10時から正午まで。おといあわせ、お申込みは、数寄和大津まで、077-547-3209
f0203477_17321045.jpg

f0203477_17294594.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-03-05 17:34 | すきわ日和 | Comments(0)

京都市立芸大卒の仲間たち(西荻の数寄和にて開催中!)

f0203477_16164880.jpg

f0203477_16174838.jpg
f0203477_16182021.jpg

絹に描かれた、作品が、現在、西荻の数寄和の壁面に並んでおります。
絹は、織物ですから、経糸、緯糸があります。
その絹に描く魅力は?ときかれますと、
光沢があり、線か利いていたり、色の浸み込みが美しかったり、、、
絹の魅力はいっぱいあるのだと思います。
その絹に魅力を感じ、昨秋9月には数寄和大津で展覧会。
それまでには、勉強会もいたしました。
いま、西荻の数寄和で開催しております。
絹の作品の魅力も、ぜひ、ご覧いただきたいのですが、
手漉きの紙に描かれた、職人さんの奥深い世界があります。
こちらも、ぜひ、ご覧いただきたいです。
また、小作品も、それぞれの作家の個性が光っております。
ぜひ、展覧会へと足をお運びくださいますよう、どうか宜しくお願いいたします。
f0203477_16254031.jpg

京都市立芸大卒の仲間たち展

数寄和 2017/2/12(日) – 2/19(日) 11:00 – 19:00

艶、透、美しい絵絹に魅力を感じた8 名によるグループ展です。
絹本作品を中心に手すきの紙に描いた作品、小さな作品を発表します。
ぜひご覧ください。
f0203477_16275428.jpg

さて、数寄和大津の展覧会のお知らせです!

朝日聡子展 『光束』

数寄和大津 2017/3/2 (木) – 3/12(日) 12:00 – 18:00 火休

公募展「ギャラリーへ行こう 2014」で数寄和賞を受賞した朝日聡子による個展を開催いたします。

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
f0203477_16292630.jpg

2月19日は、数寄和大津ではー
お出かけミュージアム イン 数寄和大津
ということで、滋賀県立近代美術館の学芸員の方が、
小倉遊亀さんと滋賀にゆかりの画家さんたちについてのお話をお聞かせいただきます。
午後2時から午後4時。
お問い合わせは数寄和大津077-547-3209(あさだ)まで。

絵をいっしょに楽しみましょう!
それから、、、
数寄和大津では筆あそびワークをご希望の方に開催いたします。
ぜひ、筆をもって、楽しい時間を過ごしましょう。
[PR]
by 555sukiwa | 2017-02-15 16:33 | すきわ日和 | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧