すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

カテゴリ:すきわ日和( 215 )

ギャラリーへ行こう2015前期展、終了いたしました。後期は20日からです。

足をお運びいただきました皆様、有難うございました。
お気にして下さった皆様、有難うございます。
後期展は20日~30日です。
21日、24日にも対話型鑑賞会をします。
f0203477_1845529.jpg
f0203477_18451636.jpg
f0203477_18452436.jpg

広島から、今展の入選作家の大庭孝文さんがお越しくださると連絡をいただき・・・
前期の三日目の暑い暑い日に、予定していた対話型鑑賞会へお越しいただき、
私と二人鑑賞会だった常連のSさんに、ぜひ、お越しくださいませ♪と連絡しておきましたら・・・
本日は、入選作家の若林静香さんもお越しくださり、また、常連のMさんもお越しくださり・・・
対話型鑑賞会を5人で、急に、開催しました♪
作家のお二人は、なんだか、とても楽しそうでした。
ギャラリーで行こうのよいところは、
この展覧会だからある、一期一会があること。
はじめましてから始まる作家さん同士の会話ですが、
対話型鑑賞会での、発言をきき、
おふたりとも、自分の絵をこんな風にみてもらった。と嬉しくなられたご様子。
ご参加いただきました皆、和気あいあいの鑑賞後・・・
対話型鑑賞会は、やはり、コミュニケーション力もつきますね♪

・・・そういうと、前に、日ごろ、よく知っている作家が、
展覧会へ足を運び、作品について、メールをしますと、
最近、出会えていないのに、作品と私が会っていて、
そのことについて、メールが来るのが、不思議であり、嬉しい。と言っておられました。

絵は、絵描きの方にとっては、その時の、精一杯の、表現であり。。。
その時期は、毎日、毎日、そういつもいつも、、、
その作品と向き合いながらの日々。
そのような日々の後、発表があり、その絵を観て貰える。。。それだけで、とても嬉しいことなんだと思います。

前期展に足をお運びいただきました方々、
また行こうかどうか、悩みながらも、
暑すぎて、また忙しい日々で、お越しいただくことは叶いませんでしたが
気にしていてくださった方々がいっぱいおられると、いつも思います。
有難うございます。
心より、お礼申し上げます。

ぜひ、後期展も、足をお運びください。
また、ぜひ応援してください。
たとえばー、
「こんな展覧会があるようだよ。」と、
御一人にでも、お声をおかけいただけると、たいへん有り難いです。
厚かましいお願い事ではございますが、
ぜひ、数寄和のギャラリーへ行こうの趣旨をご理解いただき、
若い作家の卵の方々の作品を
一人でもたくさんの方々にご覧いただけますと幸いです。

後期展は、8月20日より開始いたします。
お盆休みに西荻と大津の展示を入れ替え致します。
宜しくお願いいたします。

ギャラリーへ行こう2015

前期  8/1(土) ‐ 8/10(月)
後期  8/20(木) ‐8/30(日)

・数寄和・数寄和大津 同時開催

・前期・後期で展示作品を入れ替えます。


会場  数寄和 11:00 ‐19:00 無休
     8/22(土)は16:00閉廊 17:00開場 17:30開演 「詩人の聲」出演 建畠晢
     数寄和大津 11:00 ‐18:00 火休
     8/1(土)、3(月)、21(金)、24(月) 各日13:00- 対話型鑑賞会

今年で第6回となる公募展「ギャラリーへ行こう」を開催いたします。
数寄和では、未来ある作家たちの作品発表に取り組んでいます。

絵画・版画の小品を全国から募り入選作を5万円までで販売します。

お気に入りの1点を見つけに、ぜひギャラリーへお出かけください。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1874  

ギャラリーへ行こう2015後期展の、対話型鑑賞会のお知らせです。
8月21日、24日、午後1時より、開催します。
どちらも予定ではございますが、
おそらく入選作家の笠井遥さんそれから不確定ではございますが山岸遼士さんがおいでかと思います。
暦の上では、少し暑さもやわらいでおります。
皆様の、ご参加を、お待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_18461693.jpg

入選作家の大庭孝文さんと作品「山道」です。
さまざまな対話が生まれる作品です。

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。JRで、14分ぐらいです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_1846541.jpg

まるい、まるい、おひさまのひかり、、、

そういうと、まるい、まるい、ひかり・・・ありました!
f0203477_18471892.jpg

20日からの後期展で、みなさまとの、一期一会を楽しみにしております。(数寄和大津あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-08-10 18:47 | すきわ日和 | Comments(0)

あと二日となった、ギャラリーへ行こう2015前期展です!ぜひ♪

いのち・・・
絵にも、書にも、詩にも、音楽にも、、、人が作品を生みだすときには、
息を吹き込んで、吹き込んで、手から心臓の鼓動も伝えて・・・
生きた、作品が、ここに、あるって、いうことの、素晴らしさ。
f0203477_1340416.jpg

本日も、陽射しの厳しい、一日です。
お変わりございませんか。

さて。
いよいよ、ギャラリーへ行こう2015前期展が、明日で終了となります。

絵を描くということについて、制作するっていうことについて、
生きていく、生活していく、、、ということ、、、
さまざまな事に悩みながら、
自分なりに答えを求めながら、
今のいま、絵描きの卵だと、自負して、絵筆を持っている方々がいて、
数寄和の公募展、ギャラリーへ行こう展も、今年で6年目となりました。
・・・そうだ!ギャラリーへ行こうへ応募してみよう!とおもった、今のいま、生きておられる若い作家の卵の方々いて、
入選して展示されている作品が、いま、此処にあります。
当たり前のようですが、これも、ご縁だなと思い、有り難くおもいます。

絵を描くということは・・・
幼児の好きな、塗り絵でもなく、線をかくだけでもなく・・・
もっと違う何か、表現したい何かがあり・・・
その絵を描くひとの、描こうとする何かが、そこにあって、
海が描いてあるから、海の絵だというだけではなく、
ひまわりが描いてあるから、ひまわりの絵だというだけではなく、、、
山が描いてあるから、山の絵だというだけではなく・・・

海を毎日みていると、見える海が違うように、
また描かれた海も、日々、違って見えたり、、、

絵は鏡ではないのですが、
太陽との会話を、そこに見たり、
自分の部屋のあかりとの、会話を、そこに見たり・・・
自分の心の在り方を、そこに見たり・・・
さまざまな見え方があり、
だから、絵って、面白いのだと思います。

その絵は、紙に描かれていたり、織物に描かれていたり、木に描かれていたり、l、
そこに色があり、線があり、色々があり・・・

絵と仲良くなるには、まずは絵を観ることが大切だと思います。

ギャラリーへ行こう2015前期展の、それぞれの作品が、とても魅力的です。
気楽に遊びにきてください。

明日18時までです。

さて。折角ですから、少しずつ、アップしておりました、展示風景を、またまたアップしておきます!!
f0203477_1340519.jpg
f0203477_1341756.jpg

f0203477_13412045.jpg
f0203477_1341389.jpg

ギャラリーへ行こう2015

前期  8/1(土) ‐ 8/10(月)
後期  8/20(木) ‐8/30(日)

・数寄和・数寄和大津 同時開催

・前期・後期で展示作品を入れ替えます。


会場  数寄和 11:00 ‐19:00 無休
     8/22(土)は16:00閉廊 17:00開場 17:30開演 「詩人の聲」出演 建畠晢
     数寄和大津 11:00 ‐18:00 火休
     8/1(土)、3(月)、21(金)、24(月) 各日13:00- 対話型鑑賞会



今年で第6回となる公募展「ギャラリーへ行こう」を開催いたします。


数寄和では、未来ある作家たちの作品発表に取り組んでいます。

絵画・版画の小品を全国から募り入選作を5万円までで販売します。

お気に入りの1点を見つけに、ぜひギャラリーへお出かけください。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1874  

昨夜は、午後8時まで営業ということで、入選作家の松野木さんが、お越しくださいました。
制作についての話を、お聴きする中、あっという間に、、、時計をみると、凄い時間に。

絵を、どうぞ、観に来てくださいね。
みなさまのお越しを心より、お待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_13421931.jpg

昨日は、入選作家の松野木さんが、お越しくださいました。
制作についての話を、お聴きする中、あっという間に、、、時計をみると、凄い時間に。
絵を、どうぞ、観に来てくださいね。
みなさまのお越しを心より、お待ちしております。(数寄和大津 あさだ)

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。JRで、14分ぐらいです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_13433024.jpg

ギャラリーへ行こう2015後期展の、対話型鑑賞会のお知らせです。
8月21日、24日、午後1時より、開催します。
少し暑さがやわらいでいるとよいですね。
皆様の、ご参加を、お待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-08-09 13:44 | すきわ日和 | Comments(0)

今日も、明日も、ギャラリーへ行こう♪~2015展です♪数寄和・数寄和大津

朝から近江一宮建部大社さまのご神事に。
風が、社を、通ります。
たくさん奉納された風鈴、、、願いの音色が涼しげです。
ギャラリーへ行こう展前期も、あと4日となりました。
f0203477_13262765.jpg
f0203477_13263968.jpg

本日は、入選作家の中村早希さんがお越しくださいました。
実は、お顔を存じ上げていながら、、、
、、、お顔は知っているのですが、お名前は?と挨拶してしまいました。
なかなかお名前を覚えきれずに、ごめんなさいです。
少し前に、知人の若手作家さんが、お友だちを連れてきてくれて、その中のおひとりの中村さん。
その時に、ギャラリーへ行こうについてお話させていただき、今日、こんな風に、来てくださる。
ご縁に感謝します。
絵を通して、作家も、ギャラリーで働くわたしも、ご縁が広がる。
有り難い事ですね。
作品タイトルは、「片隅にて」
ぜひ、実際に、作品をご覧いただけたらな。と思います。
どうぞ、お越しください。
f0203477_13282845.jpg

ギャラリーに、いると、
絵が、わたしへと、語りかける。
うみのさざなみが、
その上にある、空の青さが、
わたしに、語りかける。
もしも・・・
そう、歳をとって、視力が少しずつ、弱くなっても、
絵の海は、
わたしの、心の眼が澄んでいると、
見えてくる。
聴こえてくる。
さざなみが、
遠くから、
遠い異国にあった、その波が、
いま、ここに、やってくる。
今日の夕日が、夕焼けが、
明日の、朝陽が、朝焼けが、
海の絵をみているとー。
(ギャラリーへ行こう2015より)

えへへ♪朝から詩人気分です♪
昨日は、ちょこちょこお越しくださっていた、お若いお客様が、
東京へ引っ越しする・・・とのお話をおききしました。
また、此方の方へ来るときは、寄りますね。と。。。
ぜひ、西荻の数寄和へ展覧会を観に行ってくださるように申しました。
前に、大津絵を、掛軸にしてください。とお話があり。。。
若い人の生活空間に、掛物がある!!
とても、嬉しい、ご注文でした。

さまざまな方と、ここで、ご縁があり、、、
いろんなお話を聴かせていただきます。
この方は、このような絵がお好き。と、解ることもあり、、、
ギャラリーは、面白いところだと、つくづく思います。
f0203477_132915.jpg

ギャラリーへ行こう2015

前期  8/1(土) ‐ 8/10(月)
後期  8/20(木) ‐8/30(日)

・数寄和・数寄和大津 同時開催

・前期・後期で展示作品を入れ替えます。


会場  数寄和 11:00 ‐19:00 無休
     8/22(土)は16:00閉廊 17:00開場 17:30開演 「詩人の聲」出演 建畠晢
     数寄和大津 11:00 ‐18:00 火休
     8/1(土)、3(月)、21(金)、24(月) 各日13:00- 対話型鑑賞会



今年で第6回となる公募展「ギャラリーへ行こう」を開催いたします。


数寄和では、未来ある作家たちの作品発表に取り組んでいます。

絵画・版画の小品を全国から募り入選作を5万円までで販売します。

お気に入りの1点を見つけに、ぜひギャラリーへお出かけください。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1874  

明日、土曜日は、午後8時まで営業。数寄和大津にて、お待ちしております。 
f0203477_13295029.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。JRで、14分ぐらいです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_13301963.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-08-07 13:31 | すきわ日和 | Comments(0)

暑中お見舞い、申し上げます。(ギャラリーへ行こう2015を開催しております、数寄和大津♪)

暑い中、若林静香さんが、お越しくださいました。
本日、対話型鑑賞会、瀬田の唐橋を渡ってお越しくださる常連さん。
その方のお声かけで、つい先ほど、お越しくださった方々。
有難うございます。暑中お見舞い、申し上げます。
f0203477_1810525.jpg

暑い暑い毎日ですね。
京都のギャラリーは、たいがい、今頃は、夏休み。
凍結が心配な滋賀は、冬に、お休みされる美術館があって、、、
暑さ寒さがあり、それぞれの季節ならではの美しい風景が広がります。
今日も、いつもお越しいただいております、常連の方が、楽しみに対話型鑑賞会へ。
けれども、他には、どなたも、お越しくださらず・・・
暑い時間に設定したことを、反省しております。
ギャラリーへ行こう2015の前期展は、10日まで。
夕方こそ、足を運びたい!とお考えの方、ぜひ♪ご家族で、お友だちと、
ぜひ、足をお運びくださいね。対話型鑑賞会も、よろしければ。

展覧会では、金魚が、泳いでいたり・・・
ひまわりが咲いていたり・・・
今日、常連の方と、一緒に、拝見した作品は、「夢に向かって~ギフト~」という作品。
それに、「地下の水Ⅰ」
小さな作品のなかに、いっぱいのお話できる内容があります。
今日は、わたしも、鑑賞者になって、ふたりで、ワイワイ作品を楽しみました。
ギャラリーへ行こう2015の魅力は、ポートフォリオがいっぱいあることも魅力です。
入選作家の数だけ、ポートフォリオがあり、まだお会いしたことのない方の制作に対する思い、
それから、画像ではありますが、どのような作品を描いて来られたのか・・・
拝見する時間は、たいへん豊かな時間であります。

常連の方が、DMを数枚もちながら、瀬田の唐橋を渡って帰られました。
すると、少しして、電話が鳴りだし、、、
「すみません。Sさんに、おききして、今、そちらに、向かっているのですが、
どこかしら?迷っています。」
お越しいただいた方々、来られてから、「いつも、この前を通っているのに、気づかないなんて。」
と、恥ずかしそうに、照れ笑いされます。
数寄和大津は、解りやすい場所です。二回目からは、絶対に、間違わない場所です。
けれども、はじめての場所は、結構、目の前でも、気づかないことが多くあります。
遠慮せず、お電話くださいね。宜しくお願いいたします。

展覧会は、前期が、10日まで。
詳細です。

ギャラリーへ行こう2015


前期  8/1(土) ‐ 8/10(月)
後期  8/20(木) ‐8/30(日)

・数寄和・数寄和大津 同時開催

・前期・後期で展示作品を入れ替えます。


会場  数寄和 11:00 ‐19:00 無休
     8/22(土)は16:00閉廊 17:00開場 17:30開演 「詩人の聲」出演 建畠晢
     数寄和大津 11:00 ‐18:00 火休
     8/1(土)、3(月)、21(金)、24(月) 各日13:00- 対話型鑑賞会



今年で第6回となる公募展「ギャラリーへ行こう」を開催いたします。


数寄和では、未来ある作家たちの作品発表に取り組んでいます。

絵画・版画の小品を全国から募り入選作を5万円までで販売します。

お気に入りの1点を見つけに、ぜひギャラリーへお出かけください。
f0203477_18122990.jpg

昨日は、入選作家の若林静香さんが在廊してくださいました。
入選とともに、展示の様子をみて、たいへん喜んでくださいました。
ステキな作品が、並んでいます。
涼を感じる作品の、数々です。
何かを感じ、味わうことがいっぱいある、作品です。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1874   (数寄和大津 あさだ)
f0203477_18132950.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。JRで、14分ぐらいです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_18135365.jpg

画像は、西荻の数寄和の展示風景です。
f0203477_18144156.jpg

数寄和大津の表です。神領の信号より、すぐです。(077-547-3209)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-08-03 18:15 | すきわ日和 | Comments(0)

ギャラリーへ行こう2015 はじまりました。八朔の日。

昨夜は、美しいブルームーンを拝見。
本日より、ギャラリーへ行こう2015開催です。
見応えのある、作品が並びます。
f0203477_2049939.jpg

人物を描かれる、原田有希さん。
初日の今日、ご持参いただいた、ポートフォリオを一緒に拝見しながら、
作品について、制作について、お話をします。

絵を描く人は、
はてさて・・・、自分の描くように、人がみるのか、どう感じられるのか、不安があります。

展覧会は、作家の制作された作品の発表の場であり、観るひととお話できる機会でもあります。

さてさて、皆さんにご質問です。
好きな、現代の作家を教えてください。
応援している、作家の方を教えてください。
もちろん、複数で、よいです。

もしもー、
ピカソや若冲は、もちろん観に行くけれど、
現代の作家の作品をギャラリーに観に行ったことは、未だないし、これからも、たぶん、行かないとおもう。
知らない作家のわけの分からない作品をみるのは、
なんだかな~。なんて、おもっておられる方、、、
それは、思い込みかも知れません。
気軽に、気楽に、数寄和で開催しています、ギャラリーへ行こうへ、足をお運びいただきたいと思います。
絵をみていると、なんだか、いつもとは、違ったモノの見え方ができて、
なんだか、いつもと違った時間を過ごせて、
それで、お気に入りの作家、そう、今、生きている、現代の作家がいる!って、なんだか、ステキな気分になるもんです。
うきうき、わくわく、してくるもんですよ。

展覧会の日程のお知らせです。

ギャラリーへ行こう2015


前期  8/1(土) ‐8/10(月)
後期  8/20(木) ‐ 8/30(日)

・数寄和・数寄和大津 同時開催

・前期・後期で展示作品を入れ替えます。


会場  数寄和 11:00 ‐19:00 無休
     8/22(土)は16:00閉廊 17:00開場 17:30開演 「詩人の聲」出演 建畠晢
     数寄和大津 11:00 -18:00 火休
     8/1(土)、3(月)、21(金)、24(月) 各日13:00- 対話型鑑賞会



今年で第6回となる公募展「ギャラリーへ行こう」を開催いたします。


数寄和では、未来ある作家たちの作品発表に取り組んでいます。

絵画・版画の小品を全国から募り入選作を5万円までで販売します。

お気に入りの1点を見つけに、ぜひギャラリーへお出かけください。


http://sukiwa.net/wordpress/archives/1874
f0203477_20502452.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。JRで、14分ぐらいです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_20505277.jpg

ことだま
こと
こと
こころのなかで
ここ
ここ
こんなふうに
ころんだりしながら
こころのなかを
ころ
ころ
ゴロゴロ
ことばになって
ことだま
ことばになるよ
ことばがあるよ
f0203477_2051202.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-08-01 20:51 | すきわ日和 | Comments(0)

斉藤美紗子・田嶋健太郎ふたり展、開催中です。

展覧会は、26日までです。
8月1日からは、ギャラリーへ行こう2015展です。
どうぞ、どちらも宜しくお願いいたします。




17日より、はじまりました、斉藤美紗子・田嶋健太郎二人展も、
残すところ、4日になっていることに、気づいて・・・
足をお運びいただこうと思っていて下さった方々、天気が悪くて、
足元が悪く・・・

できましたら、ぜひ、お越しください。
ドアを開けると、展覧会が、絵が、目の前に、あります。
f0203477_1644384.jpg

斉藤美紗子さんの絵を観る人たちは、
その描かれたモノへの溢れるばかりのあたたかな目を感じられます。

今回のDMにも載っている作品「シルエット」
カタチあるモノが、丁寧に、描かれています。
器。そのなかの、模様。
絵の半分には、目に見えない世界・・・シルエットが、これも、丁寧に描かれてあります。
それらの要素が、一枚の絵の世界の広がりへとなっています。
このシルエットは、いったい誰なのか?
対話型鑑賞会で、神のような、ほとけさまのような、存在かな?という話がでました。
作家の斉藤美紗子さんからは、器も、それぞれ、使っていた人があって、その人から、私へと、伝わったもの・・・
と、話していただきました。
その器を大切にしてきた、誰かがいて、目の前にある、作家もお気に入りの、器。
その器と、作家との、暮らしがあります。

やわらかな色で描かれた作品「シルエット」
あたたかな気持ちになります。
ぜひ、実際にご覧いただきたい作品です。
f0203477_165765.jpg

今展は、二人展です。
田嶋健太郎さんは、人物を描かれます。
人。
一番、大きな作品のタイトルは、人。
睡蓮とともに、描かれている、ひと・・・
ひと?
何とも優しい、慈愛のある表情を拝見していると・・・、ひょっとしたら、ほとけさまでしょうか?
睡蓮の葉や華は、水面から、出ており、その水面の下に、茎が、みえます。

作家の田嶋さんが、この睡蓮、そのものが、人なのだとおききして、
この作家の、人への思いを、あらためて、考えました。

それぞれの作品で描かれた人物の表情は、例えば、無表情に見える、その人には、手から、たいへん温かな表情がみえてきたり・・・
でも、けっして、定まった、ひとつの、表情ではありません。
哀しみもあり、温かさもあり・・・微笑みもあり・・・。
観る人が、その絵のひとに、気持ちを、のせることが、できる、、、
そのような絵です。

DMの作品のタイトルは「音」
さて、どのような絵なのでしょうか。

作家は、岩絵の具が好きで、日本画を描いていると言います。

日本画の、自然光のなかで、見えてくる、何か。
その作品が、どんな風に観えるか、
どうぞ、足をお運びいただけますよう、宜しくお願いいたします。

展覧会は、26日までです。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津 麻田有代)
f0203477_1652971.jpg

・ギャラリーへ行こう2015
 東京・大津同時開催
 前期 2015/8/1(土) -8/10(月)
 後期 2015/8/20(木) -8/30(日)

数寄和大津では、対話型鑑賞会を開催します。
8月1日、3日、21日、24日の午後1時より。
お問い合わせ、お申し込みは、数寄和大津まで(077-547-3209)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-07-22 16:06 | すきわ日和 | Comments(0)

対話型鑑賞会を、おもう。(斉藤美紗子・田嶋健太郎 二人展開催中です♪)

一年に五回、対話型鑑賞会に参加しませんか。(数寄和大津ギャラリー)
と、呼びかけをしつつ、対話型鑑賞会をしつつ、半年がたちました。
展覧会ごとに開催しておりますので、ぜひ、ぜひ、どうぞ♪
f0203477_1494980.jpg

台風がやってくるという日に、搬入をして、
次の日は、展覧会がはじまるというので、お疲れ気味の
母と二人で、カラダをリフレッシュ。
仕事はじめに、ラジオ体操をする。という日課のない、わたし。
細く長く、アレクサンダーテクニークのグループレッスンへ。
対話型鑑賞会に、展覧会に、お誘いした、一緒に対話型鑑賞法を、学んで、
岸信くんから、朗報があって、展覧会がはじまる時間の前に、
ピラティスで、リフレッシュしてみますか??
と連絡があった。
筋力やバランス、それから呼吸を、意識する。
その為に、ボールを使って、日ごろ怠けていて、硬くなっている、筋肉を刺激する。
アレクサンダーテクニークは、自分のクセに気づいて、手放すことを学ぶ。
数年前の2日間にわたるアレクサンダーテクニークで、ストレスとどう関わるか。関係をどう作るか?というようなことも含めて、
自分を大切にすることについてのレッスンを受けた。
日本語では、自分を愛するとは、なかなか言わないし、自分を大切にするで、よいのだろうと思う。

自分をたいせつにしていると、
見えてくることがある。
聴こえてくることがある。

心しずかに・・・、この心静かにには、深い呼吸が大きく関わっているように感じる。

家族と話す。
近所の人と、挨拶する。
心しずかに、呼吸が深いと、出来る。
自分を、よく知っていてくれる人と、楽しい会話が出来る。
はじめて、会う人と、親しげに、話すことが、出来る。
自分を、大切にするって、心を、カラダを、ゆったりとできること。
深く呼吸できること。
ゆっくりと、味わうこと。
好きなものが、いっぱいあること。

ピラティスでも、アレクサンダーテクニークでも、整体でも、合気道でも、
自分に合った、相性のよいやり方で、自分のカラダを知る機会があって、自分をたいせつに出来るのであれば、よいのだろうと思う。

さて。
カラダのはなしを、少しして、、、、
では、対話型鑑賞会を、おもう。という、ブログタイトルへ。
と、その前に、岸信君の、グループレッスンが、8月31日午後7時半からありますから、
興味のある方は、ぜひ。
http://ameblo.jp/start-801/entry-12031166646.html

では、今回の対話型鑑賞会で、気づいたことです。
f0203477_14104423.jpg

二日間の電車のみだれが収まり、
はてさて、対話型鑑賞会に何人きてくださるんだろう?と、思いつつ。
朝がやってきた。
少しまえに、DMを配りながら、19日に作家ふたりが来ますよ♪と宣伝していた時は、
たくさんの人が、笑顔であった。
しかし・・・である。
天気に影響されるのが、人であり、人の毎日である。
被害にあわれた方もおいでであって、来てきて。とは、言いにくい。
でも、せっかく、東京の方から、作家が、悪天候のなか、来てくれる・・・はず!だから、ふたりぐらいの参加では、ちょっと、嫌だな。
と思いつつ。(対話型鑑賞会は、3人以上の参加者がいれば、できます。作家おふたりと、参加者おふたりでしたら、鑑賞会は、成り立ちます♪)

明日、作家ふたりが来てくれるので、ぜひ。と、もう一度お声をかけてみた人が足を運んでくれた。
それで、昨日は、二回対話型鑑賞会をした。
もう一度、お声かけをしようと連絡したときに、すごく残念そうに、明日は仕事があってと・・・、また、今度参加させてください。と
お返事いただいたひと、明日の予定を調整して、後で、お返事しますね。と、晩に、残念そうに、電話してきてくれた人・・・ありがたい、関わりが、そこここに、育っていた。
・・・実は確信していた。
連絡をしたら、10人ぐらいは、来てくださるって、思っていた。
案の定、10人ぐらいのひとが参加して下さった。
ご参加いただいた方々、有難うございます!!
楽しんでいただいたご様子に、やはり、人って、人と豊かな会話ができるのが、とても好きなんだな。
社会的動物なんだなと、あらためて、思いました。

前回、経験済みの、斉藤美紗子さんは、もちろん、
今回、はじめての、対話型鑑賞会だった、田嶋健太郎さんが、この鑑賞会をたいへん喜んだくださった。
当日はじまるまで、実はとてもとても心配されていたようである。
なぜ、喜んでくださったかと申しますと・・・、作家が昨日呟かれていた言葉を振り返りますと、
天から与えられた実際の赤ん坊ではなく、絵描きである自分の絵を描いた心、作品を制作してきた心を、
観ているひとが、そのまま受け取ってくださっていることに感動されたようです。
対話型鑑賞会で、一緒にみるなかで、皆が、そのことに、気づき、触れられて、
自分の絵を、ちゃんと観て貰ったと感じられた・・・ということだと思います。
ギャラリートークもしていただきました。
作家の方がご参加いただくことで、制作についてのお話もお聴き出来て、
参加者の方々も、さらの豊かな時間となったようでした。
斉藤美紗子さん、田嶋健太郎さん、遠方よりお越しいただき、ほんとうに有難うございました。
自分ひとりだと、こう描いたが、ひとには、どう観えるんだろう?と、作り手としては、考えることでもあるようでしょうし、また、観るひとは、作家は、どうして、こう表現したのだろう?と考えるところでしょう。
やはり、会話できる場を提供するってたいせつなんだと感じます。
・・・そういうと、前回の、対話型鑑賞会で、こんなに長く丁寧に自分の作品を観て貰ったことが無かったように思うと作家が呟いたのを聴いて、やはり、対話型鑑賞会は、素晴らしい鑑賞法だと思いました。
10年前には作り手がそうであるように、観る人にも、真剣に観て欲しいよね。と感じていた私ですから、ACOPに出会ったのです。

対話型鑑賞を教えてくださった、福のり子先生と、フィリップ先生に、感謝しつつ。
この学びでは、観るということから、人のココロのありようも一緒に学んだんだとおもうのです。
福先生が、一番、はじめに、教えてくださったことは、
キャッチボール(相手が投げたボールの受け方)についてでした。

絵を好きな人同士が、数寄和大津ギャラリーで、話す機会があれば、その会話は、かならず、豊かである。
観る人同士、描く人同士、観る人と描く人、それぞれに繋がりがあって、その繋がっていることを、たいせつに、たいせつに、此処で働くわたしが出来ると・・・
自信をもって、対話型鑑賞会を、自分の仕事を、やっていこう♪
関わりが、育っていくのを、楽しんでいこうと思います。
絵の好きな人が、いっぱいいっぱいになるって、信じて、対話型鑑賞会に取り組んで行こうと思います。
魅力的な絵を描く、絵描きとの出会いも、また、いっぱおいっぱいあるって、信じて、この仕事を楽しみたいと思います。

絵を描く人も、絵を観る人も、絵を扱う仕事をしているわたしたちも、
立場は違いますが、絵を好きである仲間です。
数寄和・・・和を広げていきたいと思います。
ご参加宜しくお願いいたします。
f0203477_14271038.jpg

f0203477_14272247.jpg
f0203477_14273144.jpg

斉藤美紗子 田嶋健太郎 二人展

数寄和大津  7/17(金)-7/26(日) 11:00-18:00 火休

関東で活動する若手作家二人の日本画展です。

斉藤はものを描き、人の気配を探る。田嶋は人を描き、事ものを想う。

慈しむことを互いの視点で捉えた作品を展示します。
f0203477_14281014.jpg

http://sukiwa.net/wordpress/archives/1841

・「ギャラリーへ行こう2015」
 東京・大津同時開催
 前期 2015/8/1(土)- 8/10(月)
 後期 2015/8/20(木)-8/30(日)


☆8月の対話型鑑賞会は、「ギャラリーへ行こう2015」展の作品で行います。
前期 2015/8/1(土) ‐8/10(月)
①8月1日土曜日午後1時より。
②8月3日月曜日午後1時より。
③・・・もし、平日(月曜日、木曜日、金曜日)の午後7時半から、仲間(家族、仕事仲間、趣味仲間)でご参加したい方は、3人以上で、お申込みくださいませ。
後期 2015/8/21(金) ‐8/30(日)
①8月21日金曜日午後1時より。
②8月24日月曜日午後1時より。
③・・・もし、平日(月曜日、木曜日、金曜日)の午後7時半から、仲間(家族、仕事仲間、趣味仲間)でご参加したい方は、3人以上で、お申込みくださいませ。

みなさまのご参加をお待ちしております。
夏休みです。どうぞ、お子様といっしょに絵を楽しみましょう。展覧会を楽しみましょう。

お問い合わせお申込みは、数寄和大津(077-547-3209)まで、
どうぞ、宜しくお願いいたします。(数寄和大津 麻田有代)
f0203477_14293757.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-07-20 14:30 | すきわ日和 | Comments(0)

7月が、はじまりました。展覧会へ、どうぞ♪

7月は、ふたつの展覧会。
5日より、社本奈美・山本真澄ふたり展。
17日より、斉藤美紗子・田嶋健太郎二人展。
どちらも、日本画の若手作家の方々です。
どうぞ、宜しくお願いいたします。
f0203477_17564425.jpg

つい最近、山形のさくらんぼの話を、数寄和大津でしていました。
そう、山形ご出身の若手作家の後藤吉晃さんと、山形のさくらんぼの美味しさを、
ずっと食べ続けてひとから聴くと、あー、食べたいな♪とおもうのは、私だけではないでしょう♪
すると・・・何故だか友だちから連絡があり、送ってきたばかりの山形のさくらんぼを届けてくれました!
美味しい。
欲しいなと思うものが、口のなかに、はいっていく。
心のなかにも、はいっていく。
後藤吉晃さんのおはなしも、思い出となって、入っていくから、
来年から、さくらんぼを食べるたびに、
後藤さんは、そういうと、山形生まれだったよなーと思い出すことでしょう♪

その土地の、美味しいものを、いただくと、その人に親しみがいっそう湧きます。

近江には、いっぱい美味しいものがあります♪

・・・4日からは、その後藤吉晃さんと、すてきな木村まどかさんの展覧会が
西荻の数寄和で・・・
ぜひ。
「木村まどか 後藤吉晃 二人展 うつろい 」

数寄和大津 6/13 (土)-27(土) 11:00-18:00 火休 無事終了いたしました!足をお運びいただきました方々、有難うございました。

数寄和    7/4(土)-12(日) 11:00-19:00 無休

日常の中で出会った風景や草花に美しいものを探し、表現しようとしています。
京都造形芸術大学で日本画を学んだ二人の新作展をぜひご覧ください。

ぜひ♪
f0203477_17572012.jpg

f0203477_17574313.jpg

「茅の輪くぐり」
茅(ち=かや)とは、茅萱(ちがや)菅(すげ)薄(すすき)などの総称のようです。
昔、素盞鳴尊が旅の途中で、蘇民将来(そみんしょうらい)巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟のところで宿を求められました。
弟の巨旦将来は、豊かな生活をしていたのにそれを断りました。
兄の蘇民将来は貧しい暮らしをしていましたが、素盞鳴尊をお泊めして、厚いもてなしをしました。

素盞鳴尊は「もし悪い病気が流行することがあったら、茅で輪を作って、腰につけていれば病気にかからないですむでしょう」 とお教えになりました。
茅の輪も、最初は人々が腰につけるほどの小さなものでしたが、時代がたつにつれて大きくなり、これをくぐって罪やけがれを取り除くようになりました。
f0203477_17581184.jpg

本日は、半夏生満月。
梅雨明け前の半夏生の頃は、雨も多く降ります。
今日は、お月様のお顔を拝見できるでしょうか。

・・・今年は、御開帳の善光寺へ、お詣りに。それから、一昨日に、春日大社へお詣りで、
御前立大黒天さまを拝見。
そこで、やはり、観ることで、逢えたと思う私がいますし、
御前立の神様、仏様と御逢いすると、その向こうの、お会いできない存在とも繋がっているように感じます。

満月を観ると、宇宙そのものを感じるのでは、ないでしょうか。

さて。
7月の展覧会のお知らせです。
絵を観ると・・・
さまざまなことを、感じます。
絵を観ることで、さまざまな、ものごとと繋がり、世界が広がります。
ぜひ、お越しください。
f0203477_1759085.jpg

シーズプログラム大津 第4回
社本奈美×山本真澄 ーそれぞれの変容 -

数寄和大津 7/5(日)-7/12(日) 11:00-18:00 火休
         最終日のみ17:00まで

表現や感性はどのように「変容」していくのか…。
学生時代に描き上げた作品から新作を併せて展示いたします。
f0203477_17595014.jpg

「斉藤美紗子 田嶋健太郎 二人展 」
数寄和大津  7/17(金)-7/26(日) 11:00-18:00 火休

関東で活動する若手作家二人の日本画展です。

斉藤はものを描き、人の気配を探る。田嶋は人を描き、事ものを想う。

慈しむことを互いの視点で捉えた作品を展示します。

7月19日午後2時より。
作家ふたりといっしょに、絵を楽しみたいと思います。
対話型鑑賞会とギャラリートークを開催します。
気楽にご参加ください。
だいたい40分から一時間の予定でおります。
お問い合わせお申込みは数寄和大津あさだまで。
皆様のお越しをお待ちしております!
f0203477_1844932.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-07-02 18:05 | すきわ日和 | Comments(0)

日本画で描かれる。カタチとなるもの。

f0203477_13521436.jpg

6月からの展覧会は、
「木村まどか 後藤吉晃 二人展 うつろい 」

数寄和大津 6/13 (土)-27(土) 11:00-18:00 火休(20日はイベント開催のため、午後2じより)
数寄和    7/4(土)-12(日) 11:00-19:00 無休

日常の中で出会った風景や草花に美しいものを探し、表現しようとしています。
京都造形芸術大学で日本画を学んだ二人の新作展をぜひご覧ください。

ということで、ご縁できた、後藤吉晃さんが出品しますとご案内いただいていた、Gen2015絵になる最初展、兵庫県立美術館へと出かけました。
f0203477_13572026.jpg

6月の展覧会のDMでも、後藤さんは、桜の絵。
桜と言えば、日本の花。
そして、二人展の相棒の木村まどかさんのDMの絵は、教会です。
日本画で描く、さまざまなものがあります。
f0203477_1419733.jpg

ちょうど神戸まで足を運びましたので、夙川カトリック教会へといきました。
午後5時ちょうどに行くと、教会の鐘の音が鳴りだしました。フランス製の鐘だとおききしたと思います。
その音色は、正午と午後5時にきくことが出来るようです。
ここの建築は、真四角ではなく、前面が丸くなって出ていて、そこにもステンドクラスがあり、
片方には、この教会の守護天使さんが描かれているようです。
そこに、昨日は、ちょうど、光が射し込んだ時間をいっぱい味わうことができました。
このステンドグラスを作った方や、この教会をつくった方々に、感謝です。
こんなに美しい時間を持つことができること・・・
たいへん美しい光が射し込む作りなのです。
祈りや、祈るこころを、カタチにする技術、、、。
黄色のステンドグラスのところから、光が射し込んできて、光が、より美しく見えます。
見ているわたしの心にも、光が射し込み、光に包まれているのです。

日本のお寺もそうですが、教会も、室内の暗さが、より射し込んでくる光を引き立てるようです。
美しいな。と、ステンドグラスから差し込む光に包まれながらの時間は、自分の生にも感謝する時間でもあるように思いました。

何かをつくる。
日本画で、何かを、表現する。
どうぞ、木村まどかさんの描かれた教会、それから、後藤吉晃さんの描かれた絵を見に、数寄和の展覧会へを足をお運びください。
作家の在廊日(予定)をお知らせしておきます。
木村まどかさん
6/20
6/21
後藤吉晃さん
6/13 終日
6/14 終日
6/19 11:00〜15:00
6/21 終日
6/26 15:00〜
6/27 15:00〜

展覧会中に、対話型鑑賞会を2回開催します。
①6月21日午後1時より。今展の作家のおふたりもおいでです。
②6月22日午後1時より。作家はおいででない回です。
③ほかの日でも、平日の月曜日、木曜日、金曜日の午後7時半で、お仲間三人で申し込んでくだされば、対話型鑑賞会を開けます。
詳細のお問い合わせ、申し込みは、数寄和大津あさだまで。
f0203477_14194443.jpg

兵庫県立美術館で開催されていたGen2015展には、7月開催のシーズプログラムの二人展のおひとり、山本真澄さんも、ご出品でした。
描かれた鶏は、昨年の「ギャラリーへ行こう2014」展でも拝見し、
山本真澄さんに、どうして鶏を描くのか、尋ねてみました。
古事記にでてくる、天照さまが、天の岩戸に隠れたときに、先ず鳴く、鳥。
それまで、山本さんは、抽象的な絵を描いていたそうです。
現われたカタチはー。
7月の展覧会が、今から、楽しみです。
どうぞ、皆様も、展覧会へと足をお運びくださいますよう、宜しくお願いいたします。
社本奈美×山本真澄
それぞれの変容展
7月5日~7月12日(火曜定休日 11時から18時 最終日は午後5時までです)
f0203477_14284276.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近い(14分ぐらい)です。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」、
それから、「数寄和大津」のページもございます。
どちらも、どうぞ、いいね!を宜しくお願いいたします!!
f0203477_14295121.jpg

「ギャラリーへ行こう2015」
東京・大津同時開催
 前期 2015/8/1(土) – 8/10(月)
 後期 2015/8/21(金) – 8/30(日)
さてさて、今年の夏もギャラリーへ行こう♪を開催します。
どうぞ、若手作家の卵のみなさま、数寄和へと、作品をお送りください!
詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
(ギャラリーへ行こう!は、数寄和の公募展の名称です!)
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1841
f0203477_14325749.jpg
f0203477_1433924.jpg

ぜひ♪
[PR]
by 555sukiwa | 2015-06-08 14:33 | すきわ日和 | Comments(0)

五月晴れの今日。明日から六月ですね♪お知らせがいっぱいあります♪

今年は、お正月から、いっぱいいっぱい雪が降り、雨がふり、、、、
けれども、やはり、五月は、青空が広がった。
明日から、6月。
どんなひと月になるかしら・・・
6月13日からは、企画展がはじまります。
対話型鑑賞会も開催します。
こころばれのひと月のはじまり、はじまり♪
f0203477_1422783.jpg

「木村まどか 後藤吉晃 二人展 うつろい 」
数寄和大津 6/13 (土)-27(土) 11:00-18:00 火休(20日はイベント開催のため、午後2じより)
数寄和    7/4(土)-12(日) 11:00-19:00 無休

日常の中で出会った風景や草花に美しいものを探し、表現しようとしています。
京都造形芸術大学で日本画を学んだ二人の新作展をぜひご覧ください。
展覧会中に、対話型鑑賞会を2回開催します。
①6月21日午後1時より。今展の作家のおふたりもおいでです。
②6月22日午後1時より。作家はおいででない回です。
③ほかの日でも、平日の月曜日、木曜日、金曜日の午後7時半で、お仲間三人で申し込んでくだされば、対話型鑑賞会を開けます。
詳細のお問い合わせ、申し込みは、数寄和大津あさだまで。
f0203477_1461090.jpg

懐かしい写真とともに、♪
数寄和大津の、6月、7月、8月の対話型鑑賞会のお知らせです!!
「一年に五回、数寄和大津の対話型鑑賞会に参加して、絵をすきになりましょう。もっと、もっと、絵を楽しみましょう♪」
☆6月の対話型鑑賞会「木村まどか 後藤吉晃 二人展 うつろい」
(数寄和大津 6/13 (土)-27(土) 11:00-18:00 火休)
①21日日曜日午後1時より。作家お二人もご参加してくださいます。
②22日月曜日午後1時より。作家はおられませんが、平日に開催してみることにしました!
③・・・もし、平日(月曜日、木曜日、金曜日)の午後7時半から、仲間三人以上で、ぜひ対話型鑑賞会やってみたいという方は、お知らせください。相談の上、開催します!

☆7月の対話型鑑賞会は常設展(予定、軸装作品)での対話型鑑賞会です。
また、常設展の折には、手すきの紙のイベントもしておりますので、どうぞおいでください。(7月2日3日両日手漉きの紙のイベントを開催します。材料費を頂戴します。)
①7月2日木曜日午後1時より。
②7月2日木曜日午後7時半より。

☆8月の対話型鑑賞会は、「ギャラリーへ行こう2015」
前期 2015/8/1(土) – 8/10(月)
①8月1日土曜日午後1時より。
②8月3日月曜日午後1時より。
③・・・もし、平日(月曜日、木曜日、金曜日)の午後7時半から、仲間(家族、仕事仲間、趣味仲間)でご参加したい方は、3人以上で、お申込みくださいませ。
後期 2015/8/21(金) – 8/30(日)
①8月21日金曜日午後1時より。
②8月24日月曜日午後1時より。
③・・・もし、平日(月曜日、木曜日、金曜日)の午後7時半から、仲間(家族、仕事仲間、趣味仲間)でご参加したい方は、3人以上で、お申込みくださいませ。

みなさまのご参加をお待ちしております。
お問い合わせお申込みは、数寄和大津まで、
どうぞ、宜しくお願いいたします。(数寄和大津 麻田有代)
f0203477_1482192.jpg

対話型鑑賞会のお知らせだけではなく、展覧会のお知らせも・・・
7月8月の展覧会のお知らせです!
「社本奈美 山本真澄 2人展 (シーズプログラム)」
 大津展 2015/7/5(日) – 7/12(日)

「ギャラリーへ行こう2015」
東京・大津同時開催
 前期 2015/8/1(土) – 8/10(月)
 後期 2015/8/21(金) – 8/30(日)
さてさて、今年の夏もギャラリーへ行こう♪を開催します。
どうぞ、若手作家の卵のみなさま、数寄和へと、作品をお送りください!
詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
(ギャラリーへ行こう!は、数寄和の公募展の名称です!)
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1841
f0203477_14104256.jpg

数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近い(14分ぐらい)です。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」、
それから、「数寄和大津」のページもございます。
どちらも、どうぞ、いいね!を宜しくお願いいたします!!
f0203477_14112146.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-05-31 14:12 | すきわ日和 | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧