すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

カテゴリ:ふるさと( 179 )

如何お過ごしですか。

数寄和大津では、常設展示中です。
今朝、虹をみました。
虹をみると、こころにも、なないろの光が、すぅーっと、射し込んでくるように思います。
f0203477_14593145.jpg


暖冬の日々が続いておりましたが、
昨日は、朝、窓を開けると、雪が積もっていました。
雪の上を歩きながら、あるく人をおもいました。
現代は、雪といえば、タクシーに乗ろうか?なんて、すぐ思ってしまうのですが、
雪の美しさは、あの、サクサクと、一歩一歩に、音で応える、その姿にもあります。
ただ白いだけではなく、つめたくて、寒くて、、、、
さくさくと、音がして、雪のひとつぶひとつぶが、寒い空から、冷たい地面へと、
落ち着く場所を風に飛ばされながら、探していて、ちょうど、そこへと舞い降りたと思ったら、
また、寒い空から、降りてきた雪がふんわりと重なって。
そこを、人が、歩きます。
雪たちは、自分たちの、ふんわりと重なった上を人が歩くたびに、サクサクと、音がすることを、どんな風に感じているでしょう?
人があるき、お日様が出てきて、雪は姿をどんどん変えて、来た道を、雪は、昇っていきます。
その雪から、教えられることは、人も、また姿をかえ、空へと昇っていくってこと。
(・・・空から来たかな??)
人だけではなく、さまざまないのちは、カタチを変えながら、、、、。
いのちは、とどまることを知らず、動いています。
植物も、あるきはしませんが、とどまることなく、変化しながら、、、、。
地球の上では、さまざまなものが、姿かたちをかえ、この瞬間に存在します。
素晴らしいことですね♪
f0203477_1501693.jpg
f0203477_1503792.jpg

毎年、今頃は、西教寺へとおまいりに。
不断念仏。
おさるさんとも、ご縁深いお寺は、
ご存知のように明智光秀ともご縁の深いお寺であります。
ガラシャの御父上の明智光秀。
すさまじい人生だったのだと、思います。
明智光秀の辞世の句
「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」
順逆二門に無し 大道心源に徹す
五十五年の夢 覚め来れば  一元に帰す

坂の上にあるご本堂。
お寺の境内から、琵琶湖がみえます。
それから、近江富士。
美しい風景をみると、その昔も、人が、この風景をみて、ほんの一瞬でも、
明るい心持ちになったことが、嬉しく感じられます。
f0203477_1512160.jpg

f0203477_1514687.jpg
f0203477_152080.jpg

表具・額装とギャラリーの数寄和
http://www.sukiwa.net/

数寄和大津は、瀬田の唐橋と建部大社の間あたりにあります。
ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。
現在は、常設展示中です。
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa.net(星をアットマークにかえてくださいませ)
f0203477_1524332.jpg

松江利恵展 「星霜のかさね」

数寄和   1/30(土)-2/11(木祝) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 2/27(土)-3/6(月) 11:00-18:00 火休

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「 ギャラリーへ行こう 」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。

今展は2014年 数寄和賞の松江利恵の個展です。
「生き物が生じてから還るまで―それぞれの違う時間軸が交錯する様を、
水面に広がる波紋が重なり合う様に描きたいと思っています。」
―松江利恵
[PR]
by 555sukiwa | 2016-01-21 15:04 | ふるさと | Comments(0)

七草

七草は、七草の節供の略で江戸時代の五節供の一つです。
五節供には、3月3日や5月5日のように奇数の重なる日が選ばれていますが、1月1日(元日)は別格とされ、7日の人日(じんじつ)が五節供の中に取り入れられています。
f0203477_18253644.jpg

古代中国では、7日は7種の若菜を入れた粥を食べ、無病息災や立身出世を願う風習がありました。
この風習が日本へ伝来し、年のはじめに若菜を摘んで、自然界から新しい生命力をいただく若草摘みという日本古来の風習と結びついて「七草粥」となります。
平安時代では宮中行事でしたが、江戸時代に五節供のひとつ「人日の節供」(七草の節供)として定められ、定着していきました。

ご存知のように、七種類の野草の入った粥を食べるならわしで邪気を払い万病を除くとされています。

春の七草は芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・すずしろの七種。

セリはセリ科の多年草で、日本全国の山野に自生しています。古く奈良時代にはすでに食用とされていた記録が古事記、万葉集に残されています。水分の多い土壌を好み、沢や河川の水際などに繁殖しています。消化を助けるそうです。
薺別名ぺんぺん草とも呼ばれるもので、日本各地の草原に自生しているアブラナ科の草の一種。
御形 別名ハハコグサ(母子草)と呼ばれるキク科の草。草餅はヨモギが一般的ですが、古くはこれを使っていたそうです。風邪予防や解熱に効果があるそうです。

はこべらは別名はこべで撫子科の越年草。目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にも。利尿効果があるそうです。

ほとけのざはコオニタビラコ(小鬼田平子)と呼ばれるキク科の草。現在ホトケノザと呼ばれているものはシソ科の草で別種とか。植物繊維が豊富。

すずなはカブラの異名 で、ビタミンが豊富で、消化促進に効果があるそうです。

すずしろは大根の異名 胃健、咳き止め、に効果があるそうです。

七草の行事は古くから「子の日の遊び」と言われ、正月最初の子の日に近くの野原に出て若菜を摘む風習がありました。

そして摘んできた若菜を六日の夜から七日の早朝にかけてまな板の上で包丁で叩いて刻むのですが、子供たちがその時囃子唄を歌うそうです。
♪七草なずな唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に~♪

さて、皆様は、子どもの頃には、どんな風に歌っていましたか?
わたしは、日本のわらべうたの本を買って、その通りに子どもにはうたってみましたが・・・

渡らぬ先にを、母は、渡らぬうちに、と、教えてくれていたようにも思います。
地方によって、さまざまなようで、包丁で、とんとんと、する時の掛け声も、少しずつ違っているようです。

唐土の鳥は日本に疫病をもたらす渡り鳥の事。

この唄は鳥追い唄が由来になっていて、農作物の敵である害鳥を追い払う意味も込められていました。

七草をただ食するだけではなく、日本の伝統文化についてお子さんとお話できるとよいですね。(あ)
f0203477_18261277.jpg

表具額装とギャラリーの数寄和本社ホームページ
http://www.sukiwa.net/

数寄和大津(瀬田の唐橋東詰と建部大社の中間の白黒の建物です。)
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa,net(☆をアットマークにかえてくださいね)

数寄和大津は、常設展を開催しております。

こちらの方へお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
時々、留守にしております。
御用の方は、電話077-547-3209
メールアドレスotusu☆sukiwa.net(☆をアットマークにかえてください。)へ、お手数ですが、ご連絡いただけますと幸いです。

また、確実に留守となる日を、お知らせしておきます。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
休廊日11日、12日、19日、24日、26日、31日
開廊日 8日、9日、10日、13日、15日、17日、18日、20日、21日、22日、25日、27日、28日
f0203477_19183860.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-01-07 18:30 | ふるさと | Comments(0)

平成二十八年、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
表具額装とギャラリーの数寄和です。
手漉きの紙や絹。描くことで、お困りのことがありましたら、ぜひ気楽に
数寄和へご相談ください。
ご集印軸やご集印帳の額装などもさせていただきます。
f0203477_1445246.jpg

正月三が日たいへんよいお天気でしたね。
今年も、伊勢お神楽の笛が響く中、元旦は、近江一宮建部大社様へ、初詣に。
たくさんの方々がお詣りでした。
2日、3日と、伏見稲荷や、京都えびす神社や、、、。
吉田神社へもお詣りさせていただきました。
八百万の神様に感謝から、今年も始まり、その事にも、感謝です。
元気で神社へと足を運べること。またいつも通りに伊勢お神楽が楽しめること。
ほんとうに有り難いことです。
どうぞ、皆々様にとっても、元気で、笑顔多い一年となりますよう。
ギャラリーにて、ご縁ある皆々様のお越しをお待ちしております。
ぜひ、よい時間を過ごしに、お越しください。
f0203477_13464832.jpg

f0203477_13472039.jpg

f0203477_13473656.jpg
f0203477_13481111.jpg
f0203477_13483033.jpg

表具額装とギャラリーの数寄和本社ホームページ
http://www.sukiwa.net/

数寄和大津(瀬田の唐橋東詰と建部大社の中間の白黒の建物です。)
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa,net(☆をアットマークにかえてくださいね)
f0203477_13503966.jpg

ゆきが、
こんこん、
ふっています。
よるふるゆきはおもいゆき。
なかなかったひとたちの、 なみだが、
なくなることはなく、
いつしか、あふれ、
すがたを、あらわします。

まっくらのそらから、
ひとつ、すぅー、
またひとつ、
すぅーと
じめんへと
こごえたなみだが、
雪のすがたとなって
じめんへと、
おちてゆくのです。

雪の朝がやってきました。
夜中に積もった雪を見て、
こどもたちは、大はしゃぎ。
こんなに積もった雪をみると、子どもたちは、雪合戦だけではなく、
いつも、雪だるまを作り出すのです。
雪だるまが、すくっと、顔を出しました。
街の、其処此処に、
笑顔の雪だるまが、立っています。
少しさびしげなお顔の雪だるまもありますが、
だいたい笑顔なのです。
まるで作りながら、ゲラゲラ笑いだしていた、その子どもの顔のよう。
その子どものお母さんの顔のよう。
少しさびしげな顔の雪だるまは、どうして、さびしげに見えるのかしら。
雪という、いつか溶けるその存在をおもって、
作った子どもは、少しさびしくなるのかも知れません。
ひとつの雪だるまとなった、そのなかで、
ゆきたちが、なみだの訳を言い合い、分かち合います。
どの雪だるまも、そのなかで、おはなししているのです。
しばらくして、雪だるまは、もう溶け始めていました。
空のうえから、お日様が、雪だるまを、やさしく暖めます。
なみだでできていたはずの雪だるまは、
やがて水となり、
そして、だんだん軽くなり、
ふたたび、空へとのぼっていきました。
流されなかった涙の持ち主の、心も、お日様が、あたためているのでしょう。

子どもたちは、お日様のもと、元気に、遊んでいます。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2016-01-04 14:06 | ふるさと | Comments(0)

一陽来復と清祓と、Merry Christmas!もうすぐお正月♪

冬至も、クリスマスイブの本日も快晴。
清らかな青空が広がります。
f0203477_18454912.jpg
f0203477_1846126.jpg

空を見上げると、青空に、ぽっかりと、お日様が、おいでになる。
冬至の日は、一陽来復といって、この日から、お日様のお姿をみる時間が少しずつ長くなる。
お日様が大好きなわたしは、とても嬉しい。
おそらく、多くの人は、お日様がお好きだろうから、やはり、嬉しい日である。
一陽来復。素晴らしい響きの言葉♪

鏡に映るもの。
水面に映るもの。
それから、心に映るもの。
カタチのあるものが、鏡にうつる。
光が、鏡に、水面に映る。
心にあるもの。
古代文字では、心臓のカタチ。
心とは、何処にあるのだろう?

・・・おそらく、古代の人よりも、心が、見え隠れしているように思うのだけど、
こんな青空だと、心もウキウキワクワクしてくる。

一枚の絵をみると、絵描きのひとの、心が、そこに映っている。
カメラだと、あれれ?こんな風に写っている!撮れている!と、素人でも簡単に撮るということが出来るから、
驚くようなことも多々あるのだけど、
絵を描くことは、素人であっても描かれている!!というような驚きはないと思う。
制作という時間があって、絵が生まれる。

目で観えたもの。観たかったもの。
そのひとだから、観えたもの。観たかったもの。
描きたかったもの。が、そこに存在する。

書もまた、書かれる時間があって現れる。

心にあるもの。
想いは、大切な気がしてきたが、想いは、意外に、重い。
大好きなひとに大好きと言ってほしい時に大好きと言って貰うと嬉しいけれど、
忙しい時や、ただ好きなひとから、大好きと言われても、重い。
想いは、重い。。。
想いは場合によって重いと、おもう。
重い部分の想いを、今年は、清祓で、すっきりとした。
軽やかに、そう軽やかに、これから歩いて行こう。
そういうと、子どもの頃は、スキップしている女の子が、
大人の女性にスキップする人は少ない。
想いが重いからかも知れないな・・・なんて、うふふ♪(笑)
青空に向かって、お日様が好き♪♪と、ワクワクする私は、未だに、子どもの心もあって、そういう時は、自分も嬉しい心♪(ふむ。たしかに、嬉しい心は、想い、重くない。。。ふむ)
こちらに届くお日様の光も、また透きとおるような美しい光。

友だちと足を運んだ教会では、
お日様に、真っ直ぐと信じる心、愛する心、、、
そう、いのるこころのマリア様が、
手を合わされていた。
想いは、心に溜め込まずに、、、いのる。
意宜る。
いのると感謝の気持ちがいっぱい湧いてくる。
心に光を射し込んで、想いをちょっぴり軽くできるとよいのかも知れない。
広がる青空には、重い雲は、なく、、、。
マリア様の、きよらかな心のような青い空が眩しく輝いてた。
f0203477_18471298.jpg

f0203477_18474528.jpg

明日は、クリスマス♪
明日、生まれる絵もあるだろう。
(絵が素敵になる軸装額装を着せてあげてね♪)
さまざまなモノやコトや。
心がカタチになっていく。
軽やかに、軽やかに、歩いて行こう。
f0203477_18503692.jpg

年末年始休業のご案内

拝啓 毎々格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さて、弊社では誠に勝手ながら、年末年始におきまして下記の通り休業させていただきます。
何かとご不便をおかけする事とは存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

2015/12/27(日) ― 2016/1/3(日)

年始は1月4日(月)より平常通り営業いたします。


表具額装とギャラリー 数寄和
http://www.sukiwa.net/index.html
f0203477_18512414.jpg

満月で、クリスマスの、12月25日、虹をみた。
嬉しいな♪
f0203477_14191136.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-12-24 18:52 | ふるさと | Comments(0)

天智天皇(百人一首一番うた)の秋。もみじの美しい季節。

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ (天智天皇)
最近、あまり見なくなった、田んぼのある風景。
子どものころ、黄金色の田んぼをみると、秋だな。と思ったものです。
f0203477_14302872.jpg

滋賀の木は紅葉。紅く美しいもみじは、みどりの時も美しいですね。
色付くと、あー、秋だなって、実りの季節を感じさせてくれます。
自然からまなぶ、いのちの在り方。
お寺には、たくさんの紅葉があって、その美しさをライトアップし
夜にも人々がお寺へと紅葉を愛でに足を運びます。
ライトアップされて、この時期のスターの紅葉は秋が深まると、冬の姿となります。
すると、いつの頃からか、イルミネーションを楽しむ、この時期となりました。
f0203477_14372013.jpg

f0203477_1437458.jpg

f0203477_14393333.jpg

ひとの一生も、よく季節に喩えられますが、さてさて、あなたは、どんな時期を生きていますか。
わたしは、ながらくイルミネーションの時期を生きてきたのかも知れないな。と、昨夜、ふと思いました。
ー冬。
透明な空気だから、透きとおる夜空。
イルミネーションが、きらきら輝く季節。
そして、師走といって、なんだか慌しい。。。(苦笑)
そんな季節、時期を生きてきたように思います。
そして、ふと、思いました。
ひょっとしたら、まだ、冬を生きる必要ななくて、、、(笑)
実りの秋まで後ずさりしてみても、よいかも知れないと思うのです。
世間のうわさでは今年の秋の紅葉は、あまりよくなかったと聴きながらも、まるで残り福のように
ここ最近、紅葉を楽しみ機会が重なってありました。
自分のこの眼が感じた、秋。もみじの秋があります。
豊かな秋は、その時間の在り方も違っていました。
歩く速度でしか、そのカラダと関わるココロはすすまず。
その身体と関わる、頭の動きも、健康的な動きです♪
わたしは、これから、実りの秋を楽しみたいと思います。そう人生には、実りの秋の季節があって、
素晴らしいのだと思います。
f0203477_14525120.jpg

さて、数寄和大津からのお知らせです。
常設展示をしております。
ぜひ、足をお運びください。
また、対話型鑑賞会へ、ぜひぜひ♪
常設展開催日2日3日9日10日11日12日14日16日17日18日(十日間)です。
同じ作品を皆で観て、はなす。
何か心に思う事を、言葉にすることは、大切なことだと思います。
言葉にすると、もやもやしていたココロがすっきりします。人の観方をおききすると、新たな見え方も出来て、
絵をもっと好きになります。
数寄和大津で開催の対話型鑑賞会も、ぜひぜひ。
対話型鑑賞会開催日(2回開催します。また、他に対話型鑑賞会をしたいからいきます!という方々はご連絡ください。)
一回目 14日午後三時から。
二回目 18日午後七時半から。
皆様のお越しを心よりお待ちしています!

お問い合わせは、電話077-547-3209です。 

表具額装とギャラリーの数寄和(本社)のホームページは、
http://www.sukiwa.net/
f0203477_14594141.jpg

この季節、クリスマスプレゼントにぴったりのガラスペンは、いかがですか?
ぜひ、数寄和大津へ、足をお運びください。
毎年、瀬田の東詰のイルミネーションも美しく・・・
http://www.shokokai.or.jp/25/252012S0031/index.htm

みなさまのお越しをお待ちしております!!
[PR]
by 555sukiwa | 2015-12-09 15:02 | ふるさと | Comments(0)

12月の常設展(掛軸作品)と、対話型鑑賞会のお知らせ

開催日2日3日9日10日11日12日14日16日17日18日(十日間)です。
対話型鑑賞会も、ぜひぜひ。
この季節、クリスマスプレゼントにぴったりのガラスペンは、いかがですか?
ぜひ、数寄和大津へ、足をお運びください。
毎年、瀬田の東詰のイルミネーションも美しく・・・
http://www.shokokai.or.jp/25/252012S0031/index.htm
f0203477_1442962.jpg

12月の常設展と対話型鑑賞会のお知らせです。
開催日2日3日9日10日11日12日14日16日17日18日(十日間)
時間は、正午から午後七時までですが、もし、他にお越しいただけるご予定がありましたら、お知らせください。
対話型鑑賞会開催日(2回開催します。また、他に対話型鑑賞会をしたいからいきます!という方々はご連絡ください。)
一回目 14日午後三時から。
二回目 18日午後七時半から。
皆様のお越しを心よりお待ちしています!

お問い合わせは、電話077-547-3209です。 

表具額装とギャラリーの数寄和(本社)のホームページは、
http://www.sukiwa.net/
本社にても、現在、常設展示にて、掛軸作品をごらんいただけます。
f0203477_1439099.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-11-30 14:39 | ふるさと | Comments(0)

美の滋賀のバスツアーで、沖島へ♪(もちろん、ここは、船で♪)

■ 沖島には、いつか、行けるとよいな。と思っていました。
そこで観た風景は、子どもの頃、瀬田の唐橋東詰あたりの道を、うろうろしていた頃、目にしていた風景にも似ていたりしていて、琵琶湖のお水が澄んでいて、美しく、、、大好きな琵琶湖が、ますます好きになりました!
滋賀には、其処此処に、いっぱい美があります♪
f0203477_14433761.jpg
f0203477_14435964.jpg
f0203477_14443184.jpg
f0203477_14444781.jpg
f0203477_14451593.jpg
f0203477_14453129.jpg

島では。。。
f0203477_14462283.jpg
f0203477_14464124.jpg
f0203477_14465314.jpg
f0203477_1447119.jpg
f0203477_1447544.jpg

島では、島で暮らす人たちと出会いました。
こんにちは。と挨拶すると、こんにちは。とお返事がかえってきます。
荷物を乗せた三輪車を元気にこぎながら、あっちから、こっち、さらに、先へと島のなかを移動されています。
お昼ごはんに、琵琶湖のお魚をいっぱいいただきました。
島の人たちの手作りの御馳走です。
こんもりとした島は、すぐ坂があって、神社がありました。
そこから、見渡す風景も、湖岸で観る風景も、琵琶湖がみえます。
そして、向こうには陸地が見えます。
雨の予報だった天気でしたが、雨は降らずに、曇り空のなかを、ぼんやりとお日様が現れます。
晩秋のお日様です。
おだやかな琵琶湖の様子に、時間は、止まっているようにさえ、感じました。
そういうと幼いころ、路地を抜けて目の前に広がる瀬田川も、川幅があるから、
その流れもゆったりとしていました。船が川にありました。
琵琶湖が心のなかにある。。。
町は、時間とともに、どんどん変わります。
建物が立替えられ、その時々があり、道路も変わります。
滋賀の人が、琵琶湖を好きなのは、このゆったりとした琵琶湖のある風景に、
故郷をみるから。。。
心にある、琵琶湖には、やさしいさざ波の音がします。
滋賀で生まれ育ったことが、たいへん有り難いなと思います。
f0203477_14544378.jpg

f0203477_1455398.jpg
f0203477_14551838.jpg
f0203477_14553260.jpg

猫たちも、
鳥たちも、
豊かな恵みの琵琶湖が大好きな様子。
空に鳥が飛ぶ豊かさ。
大地を生き物が走り、根をはり、生きる姿がある豊かさ。

沖島にいって、いつも身近にある瀬田の風景にも思いを馳せることができました。
わたしも、瀬田の唐橋東詰の数寄和大津から、美の発信をし続けます。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_14564358.jpg

表具・額装とギャラリーの数寄和ホームページは
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2015-11-25 14:57 | ふるさと | Comments(2)

美在其中をおもう。

美徳が内にあり、それが四肢にひろがり、
務めとなって外にあらわれる。
これこそ美の至りである。周易より
f0203477_14463363.jpg

私の生まれ育った滋賀は、琵琶湖で有名です。

なにかしら、一番となると、覚えてもらいやすいように思う。
日本で一番大きな湖の琵琶湖は、京の都が近かったことから、
詠われ、描かれて、それが、今も、私たちを楽しませてくれる。
歌人がうたい、俳人が吟じ、絵描きが描き、
琵琶湖は、人々の記憶のなかで、
ただ大きいだけではなく、
四季のなかを、
月とともに在る風景や、
鳥とともに在る風景や、
船とともに在る風景や、
恋人とともに在る風景や・・・
哀しみに寄り添ってくれたり、嬉しい気持ちを明るく映し出してくれたり、、、
この湖は、人々の心に在り続けてきた。

滋賀は、また石が多いところである。
あちらこちらに石がある。
琵琶湖の呼び名から、淡海おうみ、それで、近江国と呼ばれていた頃から、
石処から、現在は、滋賀と呼ばれる。

美在其中。

美、その中に在る。
それが、現われる。

先日、奈良の春日大社祓戸神社本殿遷座祭に参列させていただくことが出来ました。
浄闇のなかでの儀式。
そして、あたらしい御本殿が、目の前に、現われました。
ご参列された方々は、やはり、ここにご縁ある方々なのでしょう。
大祓詞を唱えながら、そう感じました。
浄闇のなかだからこそ、いつもよりも、目も鼻も、、、感覚が鋭くなっていて、
見えてくるもの、聴こえてくるものがあります。

わたしの仕事は、芸術文化に深く関わる仕事です。
日常は、パンの方が大切。絵は食べられないと仰る方も多くおいでだと思います。
食べ物は、大地からの、それからお日様からのいただきもの。
それが、人の身体を育みます。
人の心の有様が澄んでいくと、、、
ひとの心とカラダからできた、絵や、詩や、、、作品のこころ、
芸術文化が、伝わってきます。
浄闇や静寂のなかで、観えたり、聴こえたりするように思います。

滋賀には、さまざまな、美しい風景があります。
ぜひ、お越しください。
f0203477_14472460.jpg

f0203477_1448236.jpg
f0203477_14482510.jpg
f0203477_14483572.jpg
f0203477_14484641.jpg
f0203477_14485952.jpg

表具額装とギャラリー数寄和ホームページは、
http://www.sukiwa.net/

現代の作家の方々、また、現代の職人とともに、
暮らしを豊かにする、カタチを提案させていただいております。
作家の方々の制作にも、お役にたてることと思います。
ご縁がつながりますよう、宜しくお願いいたします。(数寄和大津ギャラリー )
f0203477_14503441.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-11-22 14:52 | ふるさと | Comments(0)

花の咲く日。

春蘭を知っている人は多い。
寒蘭を知っている人は少ない。(ほんとうか?)
花が咲く日は、人も笑う。
f0203477_20262168.jpg

近江一宮建部大社では、菊。
そういうと、西教寺で、菊御膳を、先日いただいた。目にも嬉しいお料理だった。
さまざまな菊があって、それぞれの美しさを観ながら、
人もまた、さまざまな人がいて、それぞれ美しいのだ。とあらためて思う。
f0203477_20265911.jpg

花の一生は、その季節、その季節、、、。
春に咲く花がある。夏に咲く花がある。
人もまた、それぞれの人生がある。と、歴史好きのわたし、最近、つくづく思う。
その花が、その花だけで、存在しているのでないように、
人もまた、さまざまなご縁のなかで、さまざまな繋がりのなかで、生きている。
すべては繋がっています。って、どこから、聴こえてきた日があって、
見渡すとき、繋がっていないものはないということに気づく。
ほら、わたし、手、キーボード、パソコン、机、床、地球、宇宙、、、。
つながっていますね。
f0203477_20273338.jpg
f0203477_2028597.jpg

霊山りやうせむの釈迦のみまへに契りてし真如くちせずあひみつるかな(行基)
山鳥のほろほろと鳴く声きけばちちかとぞ思ふははかとぞ思ふ(行基)
f0203477_204044100.jpg

出かけているときがあります。
軸装、額装のご相談など、お急ぎの方は、お手数をおかけしますが、
お電話いただけますと有り難いです。
077-547-3209
f0203477_20414927.jpg

表具・額装とギャラリー 数寄和ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_20421919.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-11-19 20:39 | ふるさと | Comments(0)

高田学展ー湖国を描くー、はじまりました。

本日より、高田学展が、はじまりました。
天候にも恵まれた初日。
和気あいあいと対話型鑑賞会もしながらの初日でした。
11月16日までに、どうぞ足をお運びくださいますよう、、、
f0203477_20474944.jpg


山の絵。
みずうみの絵。
農家のお家の古い建物や、、、。
近くを流れる、川。
故郷へ思いを馳せる絵があります。
高田学さんの作品では、あんまり観なかった、木。
そして、ずっと描き続けている、蓮や植物。
滋賀のひとだけではなく、観る人にとって懐かしく感じるそれぞれの作品が並びます。

本日10月31日初日、対話型鑑賞会を、開催しました。
絵をじっくりと観る時間。
絵をみながら、感じたことを、話す時間。
ゆっくりとした時間が、あります。
日頃、時計を気にしている時間の流れとは違っています。
だからでしょうか。
参加して下さった方々は、和気あいあいと、鑑賞会終了後も、絵を楽しんでみておられました。
絵をじっくりと観て、よい時間を過ごしましたと言っていただける喜び。
作家の高田学さんも、数寄和大津も、とても幸せであり、有り難いです。

今展がはじまりー、
高田学さんの制作の魅力を、あらためて感じられたように思います。
自然のなかの光。建物のなかに射す、それぞれの季節の光。
光を感じながら、その季節に潜む色が、作品のなかにあり、、、
ぜひ、展覧会へと足をお運びください。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
高田学展ー湖国を描くー
10月31日~11月16日(火休み)
午前11時から午後18時まで。
11月15日午後2時より、対話型鑑賞会をします。

みなさまのお越しをこころよりお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_20482778.jpg

数寄和大津は、近江一宮建部大社と瀬田の唐橋東詰の間、神領にあります。
京都からは電車で14分の石山駅。そこから、一駅だけ京阪電車をお乗り頂き、瀬田の唐橋を渡ってください。京都からですと徒歩含めて、だいたい30分ぐらいです。
お車でしたら、瀬田西インターより、すぐです。

展覧会の詳細は、
表具・額装とギャラリーの数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/index.html
f0203477_20563023.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-31 20:56 | ふるさと | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧