すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

カテゴリ:ピクチャー( 31 )

ギャラリーへ行こう2015を、おもう。(展覧会、対話型鑑賞会のお知らせ)

8月になると、ギャラリーへ行こう2015展が始まります。
6年前の夏から始まった、表具とギャラリーの数寄和の公募展です。
夏休みです。お子様といっしょに、ぜひ、展覧会へと、対話型鑑賞会へと、
足をお運びください。
f0203477_14373286.jpg

「いいものですね。」と、
「ふむ。なかなか、よいもんだ。」と、
一幅の掛軸をみて、つぶやく、一言。
モノを観る力のある、大人同士の会話・・・

よい絵とは?
以前、ずーっと、考えていました。
よい表具とは?これも、やはり、考えることです。
さて、よいとか、いいとか、は、どんな時に使うのでしょうか。

この国では、いい子やね。とか、言いますよね。
いいお天気。と、いいますね。
いい・・・って、いうのは、頷く(肯定する)何かがあるって事なのでしょう。

「いいもんです。」と、手渡されると、そうなんだ、いいもんなんだ。と思うのです。
手渡されてきた子どもは、いつかは大人になります。
誰かに、手渡す側になっていくのだとすれば・・・
「いいもんです。」って、何を、いいもんですって、手渡すでしょうか。

日本の家も、少しずつ、変化をしてきました。
床の間のない、お家がほとんどとなりました。
お稽古事も、嫁入り前には、習って・・・というのも、少しずつ変化してきました。

「いいもんです。」という人が、観る時間、待ってくれていて、
それから、どう見えているか?なぜ、いいものだと言うのか、ほんのちょっぴり説明してくれる・・・その場も減っているかもしれません。
「・・・あー、なるほど。」と、いう感じ方の積み重ねをしないまま・・・
子どもたちは、いいもんですね。なんていう会話を出来るようになるでしょうか。
どうすれば、観ることを楽しむ大人になるのでしょうか。

最近、絵を観ましたか。
展覧会へと行きましたか。
観た人は、どこで、絵を観ましたか。
観た人は、どんな絵を観ましたか。
観た人は、その絵のはなしを、誰かとしましたか。
その絵は、いい絵でしたか。
どんな風に、感じましたか。

「いいもんです。」と言ってくれる人が、いなくても、
絵をみて、その絵について、三人以上で観て、その感想を言い合っていると、
なんだか、絵が少しずつより観えてくる・・・そんな絵の観方があります。
対話型鑑賞と言います。

数寄和大津では、2015年の今年は、次のイベントを開催しておりますので、お知らせしておきます。
対話型鑑賞会とは?
対話型鑑賞会とは、作品である絵と対話することでもあり、また、複数で観るので、そこでも対話が、どんどん生まれてきます。
絵をまずは、じっくりみることから、この鑑賞会は、始まります。
一緒に絵をみる人たちに、自分の見え方を話すこと。絵をじっくりとみて見えてきたものを言葉にすること。
一緒に絵をみる人たちから、その人の見え方を聴かせていただくこと。このことは、自分の見え方にも影響があって、見え方にも変化が生じます。
対話型鑑賞を何度か体験するうちに、平面作品である一枚の絵の空間が広がっていきます。
つまり、対話型鑑賞を何度か体験するうちに、あなたの世界も広がるということになるでしょう。
一枚の絵は、一枚の絵でありながら、さまざまな見方があります。
作品と、そしてこの作品を制作した作家の方、それから、一緒に観ている鑑賞会のメンバーの方々に敬意や感謝の気持ちをもって取り組みましょう。
数寄和大津では、かつて、対話型鑑賞会を、企画展示のときにも、常設展のおりにも、設けてきました。
体験された方々は、この鑑賞の楽しさをご存知です!
できれば、一年に5回ぐらいは、対話型鑑賞会を継続して参加していただくと、よりよいと思いながら、今までは、取り組むことをしませんでした。
どうぞ、気軽に、この一年、数寄和大津へ、遊びにきてください。
そして、ぜひ、対話型鑑賞会に参加していただき、見る楽しさをいっぱい味わってください。
お子様のご参加もお待ちしております。(もちろん保護者の方も、一緒に、宜しくお願いいたします。)
一年に5回の体験をしていただきたいと思います。
ご登録いただいた方には、開催日を、事前にご連絡していこうと思います。
お問い合わせ、お申し込みは、数寄和大津077-547-3209まで。メールでのご連絡もお待ちしております。
一期一会を楽しみにしております。(担当あさだ)


もちろん、「ギャラリーへ行こう2015」でも、対話型鑑賞会も、開催しております。

・「ギャラリーへ行こう2015
 東京・大津同時開催
 前期 2015/8/1(土)- 8/10(月)
 後期 2015/8/20(木)-8/30(日)

☆8月の対話型鑑賞会は、「ギャラリーへ行こう2015」
前期 2015/8/1(土) ‐8/10(月)
①8月1日土曜日午後1時より。
②8月3日月曜日午後1時より。
③・・・もし、平日(月曜日、木曜日、金曜日)の午後7時半から、仲間(家族、仕事仲間、趣味仲間)でご参加したい方は、3人以上で、お申込みくださいませ。
後期 2015/8/21(金) ‐8/30(日)
①8月21日金曜日午後1時より。
②8月24日月曜日午後1時より。
③・・・もし、平日(月曜日、木曜日、金曜日)の午後7時半から、仲間(家族、仕事仲間、趣味仲間)でご参加したい方は、3人以上で、お申込みくださいませ。

夏休み、どうぞ絵を、展覧会を楽しみに、お子様と一緒にどうぞ♪
f0203477_14393793.jpg

さて。
「ギャラリーへ行こう」という展覧会についてです。
これは、作家のたまごさんの為の、公募展です。
毎年、入選者の中から、おひとり、数寄和賞を受賞された方の個展を開催します。
絵を描く。
自分の描く絵の展覧会をする。
そんな機会があったら、どんな絵を並べたいと思いますか。
どんな展覧会をしたいと思いますか。
私は、絵を描く人、作家ではないから・・・
では、観るひとは、どんな展覧会へ足を運びたい、絵をみたい、展覧会を味わいたいと思いますか。

美味しいお料理も、一皿だけが美味しくても、だめで、相性のよい、他の料理、相性のよい、他の飲み物・・・があると、その一皿のお料理が、もっと美味しく感じられますよね。
同じように、展覧会では、それぞれの作品が、それぞれの作品を引き立てます。
ひとつひとつの作品それぞれが、ステキな作品であり、心を打つ作品であって、
それから、お互いに引き立てあう様な作品がならぶ・・・そのような展覧会なら、観る人も、最高に楽しくなるでしょう。
また、絵をいっしょに観る人がいると、それぞれの観方をはなすこともできますので、
どうぞ、展覧会へ、
どうぞ、対話型鑑賞会へと
足をお運びくださいますよう、
重ねて、お誘い、お願い申し上げます。


数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。JRで、14分ぐらいです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_14401150.jpg


数寄和大津のある、瀬田の唐橋東詰・・・ここも、たいへん歴史のあるところです。
ぜひ、瀬田の唐橋を渡ってみてくださいね。

現在は、「斉藤美紗子 田嶋健太郎 二人展 」を、開催しております。

数寄和大津  7/17(金)-7/26(日) 11:00-18:00 火休

関東で活動する若手作家二人の日本画展です。
斉藤はものを描き、人の気配を探る。田嶋は人を描き、事ものを想う。
慈しむことを互いの視点で捉えた作品を展示します。

みなさまのお越しをお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_14404619.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-07-23 14:41 | ピクチャー | Comments(0)

はじめて、じっくり絵をみたのは?

小学校になって、学校に通うようになると、
絵をみながら、恐ろしいとも言える空想をする子がいて、
ほんとかな?ほんとうかな?と、絵をじっくり見た時があったな。
と、ふと、さっき思い出しました!!
f0203477_16473786.jpg

本を読みながら、挿絵を楽しむ。
そうか・・・、と思って物語を楽しむ。
幼いわたしの想像から、かけ離れた挿絵って、なかったのは、どうしてなんだろう?
絵本も・・・。

けれども、小学校の折に、同じクラスの友だちと、廊下の壁にある
大きな一枚の絵をみながら、話していると、
「えー??ほんとかな??」と思うことがあった。
絵を前に、幼いわたしたちは、想像を膨らませる。
驚くような空想物語に沿って、絵も変化することを望んでいたようにも思う。
おはなしから出来る絵(挿絵など)があるように、
絵から、想像するおはなしも、ある。
おはなしが、すすむと、また、次の絵が描かれているが、
絵から、想像するおはなしにそって、絵そのものが変化することはない。
けれども、観る人の視野は広がっていて、絵そのものが隅々まで、よく見えるようにはなってくる。
大人になって、対話型鑑賞会というものに出会って、
そこで一枚の絵をみると、空想が膨らむのではなく、視野が広がるってことが解ってきた。
平面作品の世界が、時間をかけてじっくりと観ることで、広がっていく。
その視野は、これから実際の自分を取り巻く世界と関わっていく時にも、もちろん使える視野である。
鑑賞とは、芸術作品などを、見たり、聞いたり、読んだり・・・して、それが表現しようとするところをつかみとり、そのよさを味わうこと。ということは、正解があるのではなく、
平面作品であれば、まず観ることが大切である。そして、やっぱり観ることで、深く味わうことが出来るのだと思う。

・・・話をもどすと、、、
おはなしがあって、挿絵がある。その挿絵は、驚くようなものではないのは、おはなしに基づいていたからだろう。
絵があって、絵を観ながら、はなす。空想ではなく、観えたものを言葉にする。
ほんとかな?うそかな?と幼いわたしが、友だちの空想をききながら、思ったのとは違う、
あ!そう言うと、そんな風にも見える。わたしには、気づかなかった!!という様な、驚きと新たな発見がある。
豊かな時間を過ごす。
好き嫌いや、解らないではなく、なるほど!!とか、へぇー!!とか、心が開く時間を持ちたい。
お誘いです!!
今年は、1年365日の5日、数寄和大津へ対話型鑑賞会へとお越しになりませんか。
詳細は、http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2015/011201/index.html
(・・・2月21日25時びわ湖放送をご覧いただくと、此処でもわたしは、お誘いしていることと思います!)
f0203477_16481374.jpg

若手作家小品展

■ 数寄和    1/24(土)-2/1(日) 11:00-19:00 無休

数寄和大津 2/21(土)-2/28(土) 11:00-18:00 火休



初々しい視点で実直に制作する若い作家の4号サイズの小品展です。
ぜひご高覧ください。


出品作家

朝日聡子 飴本崇久 石田浩美 厳慧蘭 梶岡百江 加藤千奈

木村まどか 斉藤美紗子 高田幸平 高田学 田嶋健太郎 田制可奈子

田中明子 谷内春子 根本佳奈  林百合子 伏見恵理子 箕輪千絵子

展覧会中に、対話型鑑賞会を開催します。
・2月21日午後2時
・2月27日午後7時半
お問い合わせ、申し込みは、数寄和大津のあさだまで。
f0203477_16484014.jpg


数寄和大津からのお知らせです。

第3回「count the ■」小野真由個展
数寄和大津 3/7(土)-3/15(日) 11:00-18:00 火休

         初日は13:00より

私は陶芸作家として日々、素材となる鉱物(土や釉薬)と窯や熱のことを考えています。そして自分の考える美しさをこの素材で表現しようと、コントロールしたいと思うわけですが、私の想像する形や色よりも何百倍もの美しさを鉱物たちは既に持っているのだと気がつきました。この美しさは単純に拾ってそのまま届けるべきなのではないかと思い始めました。

 その方法についてはあらゆる形を思案しました。やきものという素材がゆえ、ほとんど宿命とも言える「器」はとても明快で、また幾何学的にも美しい形です。しかしあまりにも多くの先人が美を見出したその形に、私は自分が作る必要性を全く感じませんでした。私は、この美しさは単純に拾ってそのまま届けるべきだと言いましたが、やはり自分が作るべきその理由は欲しいものです。
 では、私が思う作品というものについて、まず当然ながら作る人と、見る人がいて成立するものですが、それは私が作るために要したその時間を、見る人が見る行為を持って共有することだと考えています。つまり、全く動きもしない作品の中に私が体験した時間を託し、見る人に拾っていただかなければいけません。その時にこの美しさを一緒に拾ってください、ということです。
 今回見ていただく作品は、数字という記号を使い時間軸を示したものです。私が美しさを拾い集めて数字を添えたその時はすでに過ぎた時間ですが、見る人がもう一度その数字を数え始めることで、その美をなぞってほしいと思います。





やはり、数寄和大津からのお知らせです。
数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆近江にお越しになられる方々。
近江には、たくさんの神社仏閣がございますので、ぜひ、足をお運びください。
・三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)http://www.shiga-miidera.or.jp/
・西教寺(天台真盛宗総本山) http://www.saikyoji.org/
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・日吉大社 http://hiyoshitaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に)  http://kamo-jinjya.or.jp
近江にお越しの際には、何と言っても、瀬田の唐橋を渡ってくださいませ。
新幹線の停まる京都からも近いです。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
f0203477_1649689.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-02-09 16:49 | ピクチャー | Comments(0)

はるのひ・はれのひ・はればれのひ♪京都は鞍馬です♪(其の四)

鞍馬。天狗は何故天狗というのか?天を駆け下りる犬…?
中国では流星としての天狗。いつしか日本では真っ赤なお顔の山伏さんのような…鞍馬の駅前に、天狗のお顔♪
お御籤をいっぱい頭に乗せた天狗さんも♪
f0203477_1545297.jpg
f0203477_154465.jpg

わたし、ケーブルカー大好きです♪
皆さんも2度乗ってくださいましたです♪♪~
(まず昇ったとおもったら、すぐに坂を下りましたです。其処はもうすぐケーブルカーの辺りのような♪それでまたケーブルカーに乗ったのです♪~楽ちんでしたです♪有難う有難うケーブルカー♪)
f0203477_1554549.jpg

はればれのひに
はればれのそらに
まっしろないろをつけて
くもさんが
おいちにのさんと
ゆっくり
ゆっくぅ~りぃ~と
そらのなかを
とんでゆく
あぁ あおぞらに いつか そーまーりーたーぃ~
と くもさん は すこしだけ おもっているように
あくびしたようなはやさで
ゆっくりぃーと
そらのなかを ゆぅくぅ~(あ)
f0203477_1564122.jpg
f0203477_1565569.jpg
f0203477_1571069.jpg
f0203477_1571873.jpg

お御籤には、よいことも気を付けるべきことも書かれていた。
なるほどなるほどなるほどのお御籤であった。
f0203477_1575059.jpg

杉さん♪~
お御籤には焦らないようにと書かれていたけど、
くしゃみは、出るのが、はやい、はやいのです
はっくしょん
はくしゅん
杉さん♪どうしてアナタは杉さんなの??
f0203477_1582711.jpg
f0203477_1584238.jpg
f0203477_1585075.jpg
f0203477_1585949.jpg

くしゃみをしながらでも撮る撮る撮るのである♪ななめの画像になったのは焦っていたからかも知れません。クシャミが出たからかも知れません。
そんなことも、そんなときも、あるんですよね♪
焦っているか問いながら心がざわめき焦るより、
そんなことも、そんなときも あるあるある♪って認めてもいいんじゃないかな?
ねっ、天狗さん♪~
f0203477_1592876.jpg

ねっ、こいさん☆
f0203477_1594455.jpg

いつしか頂上でした。
クシャミしながら、焦っていた時もありました。
雲をみながら、ゆっくりとしていた時もありました。
そうして、いつか頂上で、空を ながめていました。
光が美しいのでした。
空と繋がっていると思いました。
天ともつながっているようにおもいました。
きらきらのきらきらの光を感じながら、
あー、来てよかったとおもうのでした。

f0203477_15101633.jpg
f0203477_15103561.jpg

…と思っていたら、誰かが言いました。
これからだよ♪って。
そうか、これからかぁ…
此処からの道のり…
わたしの心配を気にせず、杉さんは、やはりいっぱいおいででした。
杉さんだけではなく、木々が、陽の光が、いっぱいいっぱいおいででした♪
f0203477_1511750.jpg
f0203477_15114048.jpg
f0203477_15115651.jpg
f0203477_15122362.jpg

…そうそう、これから貴船へと向かいます。
ケーブルカーに2度も乗り、くしゃみもいっぱいでましたが、
鞍馬では、すべて繋がっている!と思うのでありました。
木も気も季も、天も地も、そして人も…それぞれでありつつ、そして繋がっているのだ!!とおもいました♪~
f0203477_15123185.jpg

数寄和では、3月15日より「日本画の色」展を開催。
本社(西荻)にての開催です。
展覧会の詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
4月21日は、建部大社の春祭のお神輿ワッショイの日♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
この神社の境内。大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津あさだ)
f0203477_15145194.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-03-23 15:15 | ピクチャー | Comments(0)

2012大晦日から2013年のパチリ♪

年越の大祓い。初詣。今年は、雪が積もることなく、ひと、ひと、人の中も、時間がうまく流れています。
よい初春のはじまり♪
今年も数寄和をよろしゅうに♪
f0203477_19152173.jpg
f0203477_19154171.jpg

先日は、すきわ草子にて右近の橘をアップいたしましたので、
今回は左近の桜をアップしておきましょう♪
京都平安神宮で、年越大祓い。二足歩行する人って、この手でたくさんのことができますし、言葉を持つから心を表すこともでき、素晴らしい存在なのでしょうか、日々の暮らしのなかには、ちょっとしたひがみや嫌味がありますゆえ、知らないうちに、人を傷つけることもあったりするのかも知れません。
そんな心のなかの大そうじをする!大祓詞って凄いですよね♪
f0203477_19164348.jpg
f0203477_19165256.jpg
f0203477_19171076.jpg
f0203477_19193522.jpg
f0203477_19172665.jpg
f0203477_19195941.jpg
f0203477_19201877.jpg

京都伏見稲荷へ初詣へと♪
きつねせんべいも、もちろん♪

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市があります♪
数寄和大津もいます♪1月は20日ですよ♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。ぜひ賀茂神社へお出かけください。

それでは、数寄和からのお知らせです!
数寄和の洋画展
女性洋画家10名による小品展です。
数寄和大津 2012年12月16日(日)―24(月) 18,21,22休 初日14時から
数寄和大津ギャラリーでは期間が短かったので、常設展としていましばらく楽しんでいただくことにしましたので、宜しくお願いいたします!
出展作家
石塚桜子 岩崎智子 奥田恭子 小河泰帆 織戸ゆかり
上出由紀  沓澤貴子 酒井香奈 中原千尋 水村綾子
ぜひお越しくださいませ。

西荻の数寄和にて♪
「軸装 273×242 展」
日時 2012年12月20日(木) ― 2013年1月10日(木) 11:00 ~ 19:00
亀井武彦先生・唐仁原教久先生・藤枝リュウジ先生
イラストレーターの大先生方が、
本展のために制作してくださいました直筆の作品を
掛軸様式で展示いたします。
この機会をお見逃しないよう、宜しくお願いいたします。

数寄和の掛軸を飾り、縁起の良い年をお迎えいただければと思います♪

詳細は、数寄和HPでご確認ください。
http://www.sukiwa.net

それからそれから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_19205388.jpg

今年の元日はよい天気。
京都タワーも青空のなかにあります。
実は、京都タワーに近くに何か飛んでいて、撮れるかな?と思っていたけれど、残念ながら撮れませんでした。
それにしても、青空に白い雲が美しいように、
あおい海に白い波が美しいように、
青空に白い京都タワーは美しいです。
…そうだった!京都タワーは、京都の町の灯台なんですから、屋根瓦が波なんですよね♪これもたいへん素敵ですよね♪(麻田有代)
[PR]
by 555sukiwa | 2013-01-05 19:22 | ピクチャー | Comments(0)

晩秋のカァ♪と初冬のニャァ♪

季節感が少しずつ薄らいできたのは、どういうわけか?
それでも夏のカラスは夏の風景の中を飛んでいるし、春の猫は春の風景の中で眠っている。
あっ!とか、みぃつけた♪と思う、可愛い方々♪
f0203477_15251572.jpg
f0203477_15253319.jpg
f0203477_15254828.jpg
f0203477_1526462.jpg
f0203477_15261982.jpg
f0203477_15262963.jpg
f0203477_15264275.jpg
f0203477_1527356.jpg
f0203477_15271439.jpg
f0203477_1527258.jpg

それでは、数寄和からのお知らせです!
数寄和の洋画展
女性洋画家10名による小品展を開催いたします。
東京 2012年12月2日(日)―10(月) 初日16時から
大津 2012年12月16日(日)―24(月) 18,21,22休 初日14時から
出展作家
石塚桜子 岩崎智子 奥田恭子 小河泰帆 織戸ゆかり
上出由紀  沓澤貴子 酒井香奈 中原千尋 水村綾子
師走ではありますが、ぜひご覧ください。

数寄和大津ギャラリーでも、西荻の数寄和の壁面にも、常に素敵な作品が展示してありますので、
ぜひお近くをお通りの際には、お立ち寄りくださいませ。絵をみる楽しい時間を過ごしてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

大切なお知らせのお知らせです。
・徳島県立近代美術館では、
「墨と紙の生み出す美の世界展」が開催中。
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/
先日、私も拝見してきました。
ブログすきわ草子に記事かきました。
徳島の旅の楽しみ方のご参考にしてくださいませ。
ぜひぜひ素敵な展覧会へ行ってくださいませ♪
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市へ♪(12月は16日です♪)
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
宜しくお願いいたします。
f0203477_1528994.jpg
f0203477_15283943.jpg
f0203477_15284955.jpg

f0203477_15311296.jpg

そうですそうですよ~♪
冬でも、数寄和では素敵な展覧会や…
心がわくわくすることをしますー!!

西荻の数寄和のたいへん素敵な展覧会のお知らせです♪
手帳やカレンダーに書きこんでくださいませ♪
お友だちにもお知らせくださいませ♪

「軸装 273×242 展」
日時 2012年12月20日(木) ― 2013年1月10日(木) 11:00 ~ 19:00

年末年始の休廊は 12月28日(金) ― 1月3日(木)でございます。
それから 12月22日は高橋睦郎朗読会のため展覧会開催時刻がいつもと違って14時迄となっております。

亀井武彦先生・唐仁原教久先生・藤枝リュウジ先生
イラストレーターの大先生方が、
本展のために制作してくださいました直筆の作品を
掛軸様式で展示いたします。
この機会をお見逃しないよう、宜しくお願いいたします。

辰年から巳年となります平成25年正月は数寄和の掛軸を飾り、
縁起の良い年をお迎えいただければと思います♪

2012年12月20日(木)18:00より、オープニングパーティーを開催いたします。
素敵な先生方にお会いしにぜひ、西荻の数寄和まで♪

そして此方もお忘れなく♪
2012年 12月22日 (土)は
「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第869回 出演:高橋睦郎

どちらも詳細は、数寄和HPでご確認ください。
http://www.sukiwa.net

皆様のお越しをお待ちしております。

それからそれから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_15321573.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-12-03 15:34 | ピクチャー | Comments(0)

京都の夏の風景 2012・7.15

京都は、こんちきちん♪
梅雨空のなか、こんちきちん♪が町をひびき渡る。
お寺の夏の花のまわりを、その美しさを讃えるように、いのちが飛ぶ。
…今日、近江にも、青空がやってきた。
f0203477_1318931.jpg
f0203477_13182241.jpg
f0203477_13183687.jpg

祇園祭の写真を撮る人
ひと、ひとが、祇園祭の風景の写真を撮る。
梅雨空にほんの少し、光がさす。
くじとらずで巡行の先頭の長刀鉾は、梅雨空の中でも美しい。
そう、いつも美しい。
御祭りの風景が教えてくれる、さまざまなこと。
…今日という日がある。(あ)
f0203477_13192849.jpg

f0203477_13195198.jpg

f0203477_13201082.jpg

f0203477_13203222.jpg

提灯も大事にされている…
すてきですね♪

さて、庭の美しいお寺へ…
f0203477_13212339.jpg

蓮と、ドラゴンフライ。
トンボをみて、様々なことをおもった。
蓮をみて、いろんなことをおもった。
おもえることって、いいもんだなぁ。
少し悲しい気持であったとしてもー
ココロに梅雨空のおりの風がふく。
なまあたたかい、風がふく。
日本に四季があってよかったな。
明日は、きっと晴天がやってくる。(あ)
f0203477_13234648.jpg

f0203477_13242100.jpg

f0203477_13243827.jpg

f0203477_1325113.jpg
f0203477_13251187.jpg

夏の花である、蓮。睡蓮。
似ているようで、違っている。
いのちのうたをきこう。
いのちを讃える風がふく。
いのちを讃えるお日様の光がやってくる。
それぞれがうたう、いのちのうた。
わたしもうたおう。いのちのうたを。(あ)
f0203477_13271230.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

小島徳朗展 イベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を7月20日に開催します!! 
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/070601/index.html

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_13275265.jpg


大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_13283233.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-16 13:29 | ピクチャー | Comments(0)

小島徳朗展 7月20日にイベントを開催します!!

では、ご参加される方にまずは宿題を差し上げたいと思います。
さてさてこの画像をよくみてください。何か感じられたこと、気づかれたこと、
またこの中で何が起こっているか、当日ご参加されるときに教えてください。
他の人は、どんなふうにこの写真を観られるでしょうか。
当日お会いできるのを楽しみにしております。
f0203477_15525974.jpg

「小島徳朗展」
展覧会期間中の7月20日にイベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を開催します。多くの人のご参加をお待ちしております。

①午後3時から3時45分(3名~12名ぐらいまで)
「VTS(対話型鑑賞)で、小島徳朗展をたのしみましょう」
参加してくださる人同士で、作品を観て感じられることを短く発言していただき、それを積み上げたときには、いつもと違う観方をしている自分に気づきます。
数寄和大津の麻田がナビゲーターを務めさせていただきます。 
・すでに皆様にお知らせしておきました画像を通してまずは、ウォーミングアップ!
・立体作品で、VTS(対話型鑑賞) 
・平面作品で、VTS(対話型鑑賞) 

②午後4時から午後5時まで
ギャラリートーク
作家の小島徳朗先生は、日本の現代作家としてご活躍中で,京都市立芸術大学で講師をされております。
親交が深く、同じくご活躍中の現代日本画作家の高田学先生をゲストにお迎えして、
先生の制作に対する想いについてお話をお伺いしたいと思います。

③午後7時から午後7時45分(3名~12名ぐらいまで)
「VTS(対話型鑑賞)で、小島徳朗展をたのしみましょう!」

④午後8時~午後9時
ギャラリートーク
小島徳朗先生と高田学先生にお話しいただきます。

人数を把握したいと思いますので、それぞれ申し込んでいただけますとありがたいです。もし片寄りがありましたら、はやく申し込んでいただいた方を優先し、後から申し込んでいただいた方には、ちがう時間にお越しいただく場合もあります。
どうか宜しくお願いいたします。
この日がお出かけしにくい方も、ぜひ、展覧会には足をお運びください。
宜しくお願いいたします。(麻田有代)
f0203477_15541269.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。


それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_15544195.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

・パントマイムといえば、伝三Fさん。
ヨネヤマママコさんの御弟子さんだった伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
七夕の7月7日午後7時7分から、京都・法然院にて「蜘蛛の糸」が伝三Fマイムでご覧いただけます。
ご予約先FAX0798-70-7269
ブログすきわ草子に関連記事あります♪http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/070102/index.html

・7月7日夜は、大阪でも楽しいイベントがあるようです。
私の元に声は届いてくるでしょうか。
「渡っていくか、声!!」
詩人の今野和代さんからのお知らせを頂戴して、やはり、皆様にお伝えしておこうと思います。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_15562094.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-06 16:07 | ピクチャー | Comments(0)

イルカいるか??(意宣ル意刈ルについて考その6)

揖夜神社(いやしゃ)。
出雲国風土記では伊布夜社(いふやのやしろ)。
イザナミノオオカミを祀る神社で黄泉の世界と関係深い社として古くから重んじられてきた。
f0203477_149530.jpg
f0203477_1492415.jpg
f0203477_1410330.jpg

現在、数寄和大津ギャラリーでは、「絹に描く 斉藤典彦」展を開催中です。
この展覧会は新緑の季節がやってくる5月5日まで続きます。
現代日本画家の斉藤典彦先生の作品を拝見できる毎日…。
描かれた作品は、多くは山が描かれています。
日本には、たくさん山がありますね。
先日の対話型鑑賞で、「なつかしい」という言葉をおききし、一緒にみていた人たちが頷かれていました。
海に囲まれ、山々のある日本。
どこかでみた、心にある山を、作品を拝見しながら、想います。
それぞれの作品に奥行きがあり、みる私の目を、心を、楽しませてくれます。
何度も、ご覧いただきたい展覧会です。
ぜひ、お越しください。
お待ちしております。

「斉藤典彦 展 絹に描く」
 大津展 2012年 4月7日(土)~ 5月5日(土) 11:00~18:00 休廊 火曜、15日、16日

イベントもあります!
☆ワークVTS予定日
・4月29日 昭和の日  午後2時より(約40分)
・5月5日  こどもの日 午後2時より(約40分)
各回10名 無料 予約優先
また、3名様以上でお越しで、VTS体験をご希望の方は、お知らせください。

☆・4月22日数寄和大津ギャラリーにて
~春の二日月夜に~
雅楽古典曲の調べから 笙、龍笛、高麗笛
正倉院復元楽器の「う」「排簫」のひびき

笙演奏 田島和枝さん
笛演奏 中村香奈子さん


「絹に描く 斉藤典彦」展詳細は、HPにて
http://www.sukiwa.net/

どうぞ、宜しくお願いいたします。(数寄和 あさだ)
f0203477_14112222.jpg

f0203477_14263157.jpg
f0203477_14265836.jpg
f0203477_1427156.jpg

あっ~!!!!!!!!!
f0203477_14275641.jpg

カラス♪
イルカいるか??その7へとつづきます(あ)
f0203477_15285049.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-04-20 14:12 | ピクチャー | Comments(0)

近江一の宮建部大社の桜。瀬田の唐橋の桜。公園の桜と、空のせんの画像♪

桜の季節は、いつから何時までなんだろう?
蕾を観ながら成長を楽しみ、満開を愉しみ、散りゆくときをたのしむ…
数寄和大津ギャラリーでは、「絹に描く斉藤典彦」展開催中。
絵の中に多くの時間とたのしみがあります♪
f0203477_1548726.jpg

f0203477_15475563.jpg

f0203477_1548224.jpg
f0203477_15483685.jpg

f0203477_15512154.jpg

「絹に描く 斉藤典彦」展は、新緑の季節がやってくる5月5日まで続きます。

何度も、ご覧いただきたい展覧会です。
どうぞ、宜しくお願いいたします。

「斉藤典彦 展 絹に描く」
 大津展 2012年 4月7日(土)~ 5月5日(土) 11:00~18:00 休廊 火曜、15日、16日

イベントもあります!
☆ワークVTS予定日
・4月7日  展覧会初日 午後2時より(約40分)
・4月29日 昭和の日  午後2時より(約40分)
・5月5日  こどもの日 午後2時より(約40分)
各回10名 無料 予約優先
また、3名様以上でお越しで、VTS体験をご希望の方は、お知らせください。

☆・4月22日数寄和大津ギャラリーにて
~春の二日月夜に~
雅楽古典曲の調べから 笙、龍笛、高麗笛
正倉院復元楽器の「う」「排簫」のひびき

笙演奏 田島和枝さん
笛演奏 中村香奈子さん

演奏会の詳細は、数寄和大津HPにて
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/031401/index.html

「絹に描く 斉藤典彦」展詳細もHPにて
http://www.sukiwa.net/

どうぞ、宜しくお願いいたします。(数寄和 あさだ)
f0203477_1552338.jpg

f0203477_15523825.jpg
f0203477_15525479.jpg
f0203477_1553334.jpg

すてきいっぱいのお知らせですので、どうぞ♪
まずは、お知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

・同じく素敵な町の神戸からのお知らせです。
「野菜作りを楽しむ」セミナー
 5月12日(土)夏野菜セミナー
 弓削牧場(ゆげぼくじょう)にて
弓削牧場HP http://www.yugefarm.com/

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_15545814.jpg

☆ここから数寄和からのお知らせです。

・4月22日数寄和大津ギャラリーにて
~春の二日月夜に~
雅楽古典曲の調べから 笙、龍笛、高麗笛
正倉院復元楽器の「う」「排簫」のひびき

笙演奏 田島和枝さん
笛演奏 中村香奈子さん

演奏会の詳細は、http://sukiwa.net/otsu/をご覧くださいませ。

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
f0203477_15553131.jpg

春色の桜のうたが流れゆく風が吹くたび花びらが散り…(あ)

空気とという存在があって、楽譜が音楽に変わるように
風という存在があって、桜の花の変化が美しい調べとなる
今年も桜にいっぱい出会う日々をすごす。(数寄和のあさだ♪)
[PR]
by 555sukiwa | 2012-04-13 15:56 | ピクチャー | Comments(0)

一枚の絵をみること。VTS(対話型鑑賞)を学んでいます。

人にとって、一枚の絵をみることって、どんな意味があるのでしょうか。
人って、なんでしょうか。
生きるって、どういうことでしょうか。
絵って、なんでしょうか。
f0203477_14502188.jpg

最近、何か絵をみましたか。
どこで、みましたか。
どんな絵でしたか。

上記の三つの質問を書いた葉書が、ある日、届きました。

差出人は、わかりません。

絵描きさんから、とどいたのかしら?
いろんな絵描きさんの顔を思い浮かべます。
ひょっとしたら、西荻の数寄和から??

ひょっとしたら、一緒にVTSを学んでいる人から???

絵について訊かれているけれど、ひょっとしたら、全然、絵とは関係ない人から、来た葉書かも知れません。

お客様からかしら…??

差出人が解らないと、答えられないのかな??

もう一度、葉書をみました。

最近、絵をみましたか?
どこで、みましたか。
どんな絵でしたか。

簡単な質問です。

さて。
みるって、どういうことでしょうか。
少し、考えたいと思います。

絵はみる。
音楽は聞く。
パンは食べる。
と、言うことが多いですし、幼い子供向けの言葉と言葉をつなげるドリルでしたら、
絵とみる。音楽ときく。パンと食べる。を繋げることとなるでしょう。

絵をきく。としたら、どうでしょうか。
絵をたべる。としたら、どうでしょうか。

人の身体は、カラダ全体を使って感じるように
実はできているように思います。
カラダ全体をつかって、たべます。
カラダ全体をつかって、聴きます。
カラダ全体をつかって、かきます♪

絵をみる。というのですが、絵を聴き、絵を嗅ぎ、…五感を通して、絵をみると、見る前と後では、みた私も大きく違うように思います。
五感を通してと言いましたが、どうでしょうか。
五感を働かす。これは、一人では、なかなか難しい。
雪に触れ、冷たいと感じます。
さて。絵は、どうでしょうか。
一人ひとり、見方に癖があるように思います。
それは、けっして悪いことではありませんが、癖があることに気づいているかどうか…ひょっとしたら、違う見方の方が、より楽しくなるかも知れません。
絵をみることを、もっと楽しんでみませんか。


「この間、○○展覧会に行ったら、人がいっぱいで、凄かった!でも、○○の描いた○○という作品がよかったね。君も行ったって、ツィッターで、呟いていたね。あの作品の色、よかったでしょ??あの作品、よかったね!!」
「…(えっ!!)」
…あの作品。で、どのあたりの色のこと???
作家は好きだけど、あの作家の作品なら、横の作品の方が、もっとよかったよな??どうして、あの作品がいいんだろう??まさか色だけの話なのかな??よくわからないな。

こんな経験がある人と、ある人。
次は、一緒に展覧会に行こうと、誘いあったとします。
どんなことが起こるでしょうか。
人は、気になる絵の前に長く立ちます。
好きな絵もそうでしょうが、解らない絵の前にも、長く立つと思います。
一緒に観る人が、立ち止まったら、少し、どこを観ているのか、見てください。
そして、声をかけてみませんか。
もちろん、小さな声で。だって、此処は美術館です。(笑)

同じ絵をみていても、見る人が違うと、違って見えているかもしれない!!!!って事に気づかれることと思います。
不思議ですか。
私は、現在、対話型鑑賞であるVTSを学んでいます。と、何度かお伝えしておりますが、このVTSは、数名のグループで、一つの作品をみます。見えることを、話します。ほかの人の見え方を聞くことで、さらに、見えるようになり、一枚の絵を五感を通してみる。という体験をします。

数寄和は、残し伝えたい掛け軸・和紙などを扱う表具の会社です。現代の作家の方々と企画展を開催しております。
また、現代の若手作家の卵さんの作品も、シーズプログラムや、ギャラリーへ行こう展で、展示させていただいております。
まさに、見ることが大切な場です。

価値の忘れかけられているもの。
価値の定まっていないもの。
価値って、どうしたら伝わるんだろう??
私は、此処にあるものが美しいと感じるのに、どうしたら、伝えられるのかしら・・・??
このギャラリーで働き始めた頃は、たいへん悩める乙女(~♪)でした。
こんなことを書きながら、ふと、おばあさんの知恵袋なんて言葉がよく使われていた一昔前を思い出しました。
一昔を、十年といったのが懐かしいほど、時間に追われ、早い回転の時間となりました。
子どもは社会の宝物って言葉も、思い出しました。

「見る」を五感を通してすると、見えてくる世界は、確実に変わるように思います。
また、自分とは違う人の見かたを聴くと、自分のモノの見方の癖に気づくこともあります。急に青空になるような気分を味わうこともあります。もっと深い疑問が湧いてくることもあります。

残し伝えたいもの。大切に育てていきたいもの。
さまざまなモノがしっかり見えるようになろうと思います。

そうそう、葉書の差出人が、解りました。
このギャラリーで働きだしたころの私が、走り書きしたものです。
誰かに出そうとしていたのでしょうか。
宛名のない葉書が、今の私の元に届けられました。(笑)
少しだけ、自分の成長を感じられる今日この頃。
よい歳の重ね方を、していきたいと思います。

VTSを学びながら、見ることの楽しさを、みなさんと、一緒に楽しみたいと思います。

一度、体験したい方は、VTSの学び中・卵(♪)の私のおります数寄和大津ギャラリーへ、足をお運びください。(数寄和あさだ)
f0203477_14512936.jpg

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

数寄和からのお知らせです。
・現在、あさだが勉強をしておりますVTSを、みなさまと一緒に楽しみたいと思います。
御希望の方は、数名でご参加ください。
ご連絡お待ちしております。
VTSって??
対話型鑑賞。
よくみることで、いっぱいみえてくることがあります。
また、見えたことを話したり、他の人の見えたことを聴いてみて、さらに見ると…
一枚の絵の味わいがたいへん豊かになるように思います。
ぜひ、お友だちを誘って、数寄和大津へ絵を観にきてください。
出かけているときもありますから、ご確認くださるとありがたいです。お手数をおかけしますが、宜しくお願いいたします。
現在、展示しているのは、三浦幸子先生の猫が描かれている掛軸などです。

・西荻の数寄和からです。
天童大人プロデュースシリーズ 第713回 La Voix des Pooètes 詩人の聲 出演:白石かずこ
 2012年2月5日(日) open 15:30 start 16:00
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・シナベニヤパネルをお作り致します。
 規格寸法、自由寸法のご注文を承ります。
詳細は、本社のホームページ、パネルのページをご覧ください。
また、仮縁や、額装、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。
http://www.sukiwa.net/ars/panel.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1452274.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-01-30 14:53 | ピクチャー | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧