すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

カテゴリ:かたち( 103 )

お天道様ありがとうございます♪日輪と風と桜咲く・ら~ 

ひさしぶりに映画を観ました。
百万回生きたねこ。
絵本「百万回生きたねこ」をご存じの方も多いと思います。
佐野洋子さんの絵本です。
f0203477_14154790.jpg

カラスをよく見かけるようになった。
おそらくカラスを好きになったから、よく見かけるのだと思ったりする。
いやいやカラスが怖かったときも、よく見かけた。
怖かったときも、好きになってからも、意識しているから、よく見かける。

4月朔日は、近江一の宮建部大社さまにて、大きな日輪を拝見することができた。
天照さまもお祀りされている建部大社さまで、吉兆の兆しを意味する日輪を拝見する幸福感♪
有り難いな。と思う。
建部大社さまは、私にとっては、特別な神社である。
お宮参り、七五三…初詣、お祭り…
小学校の下校には、建部大社の境内の中を通り、児童公園で遊ぶ。

お天道さま(お日様)がいつもいつも照らしてくださっていた。
お天道さまに顔向け出来ないようなことはしてはいけないのであった。
(…わたしって、ひまわり??)

カラスも不吉な感じがする人もいるらしいし、現代では、ゴミの日にカラスとの戦いの人もいる。

カラスは、神様のお使いである。
…ひょっとしたら、不吉も、ゴミの日も、カラスが、何かを教えていてくれているのか、何かを知らせようとしているのか、少し考えてみることも必要なのかも知れない。

紫外線が気になると、お天道さまであるお日様のキラキラ♪の光が、有り難く美しい存在だけでなくなる。

人は、いろんなモノに価値観をもつ。
人は、いろんな物差しをもつ。
さまざまな価値観や物差しがあるからこそ、
文明も文化も進歩してきたのだろう。
今存在している自分の価値観や物差しがイキイキとしているかどうか?
今、このカラダが生き生きとしているか?
今、このココロが生き生きとしているか?
今、このタマシイが生き生きとしてるか?
そんなことを、おもう。

…それにしても、お天道さま、有難うございます♪~
f0203477_14164244.jpg

数寄和大津ギャラリーの休みの日。
美術館やギャラリーや書や…
休みのようで休みでない日を過ごすことが多いのですが、
ちょっと観ておきたい映画「百万回生きたねこ」を観に行きました。
絵本作家でありエッセイストであった佐野洋子さんの絵本「百万回生きたねこ」はロングセラー。読んだ人も、詠んでもらった人も多いとおもいます。
(絵本については絵本を読んでみてください。
映画については映画をみてください。
詳細は「ドキュメンタリー映画百万回生きたねこ公式サイト」がありました♪)

わたしはお日様についてばかりよく書きますが、
風もやはり凄い存在なのだと
、映画の画面から聴こえてくる佐野さんの話をききながらも
おもいます。

人という存在は…
そよ風の吹く季節は、そよ風に吹かれ、そよ風を吸い込みながら、そよ風のうたを歌います。
強風の吹く季節には、強風にあおられ、強風におされ、強風とともに在り、やはり強風のうたを歌います。

…其処に吹く風が、ひとに与える智慧があります。
此処に吹く風と私の今があります。
いま。
この瞬間をつくる一つの大きな存在として、風があるような気がします。

いつも瀬田の唐橋を渡るとき、空を飛ぶ鳥がバタバタをしながら、一生懸命風に乗っています。

人だけではなく、いのちの星の生き物すべてが、風とともに、今があります。
f0203477_14173145.jpg

f0203477_141758100.jpg
f0203477_1418856.jpg

f0203477_14183223.jpg

そうそう、桜です♪~
f0203477_14185719.jpg
f0203477_14191565.jpg
f0203477_14192717.jpg
f0203477_14194397.jpg
f0203477_14195124.jpg

数寄和からのお知らせです。
展覧会の詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/
また、フェイスブックや、ツィッターの方も宜しくお願いいたします♪

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
4月21日は、建部大社の春祭のお神輿ワッショイの日♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
この神社の境内。大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津あさだ)
f0203477_14204495.jpg
f0203477_14205431.jpg

そしてそして、京都の灯台である京都タワーの4月1日♪
f0203477_1421348.jpg

大事にしている物差しにも価値観にも、
時々、風を吹かせることも大事なのかも知れません♪
観ること…見ようとすることで、
感じ方や考え方が変わることもありますね♪
私はノラ猫ではありませんが、大好きなわたし♪で頑張ろうと思います。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2013-04-04 14:22 | かたち | Comments(0)

はるのひ・はれのひ・はればれのひ♪京都は下賀茂神社へ駆け込みました♪~(その7)

京のみやこの賀茂神社。下賀茂神社も上賀茂神社も世界遺産。
「方丈記」を書いた鴨長明。下賀茂神社の河合神社にお詣りに行きました。帰りは、河合橋を渡りました。
…いっぱいの橋が世界には架かっている!繋がっているのですね♪~夢と♪~
f0203477_1804975.jpg
f0203477_1805797.jpg
f0203477_1811058.jpg
f0203477_1812313.jpg
f0203477_1815642.jpg
f0203477_18288.jpg
f0203477_1821832.jpg
f0203477_1822718.jpg
f0203477_1823898.jpg
f0203477_1825159.jpg
f0203477_1825955.jpg
f0203477_183713.jpg

数寄和本社(西荻)では「日本画の色」展を開催中。
明日24日までです♪
展覧会の詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
4月21日は、建部大社の春祭のお神輿ワッショイの日♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
この神社の境内。大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津あさだ)
f0203477_1834624.jpg

とおくからみると
ちきゅうが あおい のは
どうしてなんだろう?

・・・あおぞらが 
ももいろになり
ゆうやけいろになり
だんだんくらくなっていくのを
みてきたから
おひさまは まいあさ やってくるっておもっていた
のだけど

とおくからみると
ちきゅうは いつも あおいということ 

とおくからみると
まぁるいちきゅうは つながっていて
まぁるいちきゅうでは すこしずつ へんかがあるようなんだな

まぁるいちきゅうではひとりぼっちのひとは いなくて
つまり ひとりぼっちでいられるばしょは なくて
そう つまり ひとりぼっちになれないよ

みんな
まあるいちきゅうのうえにいる

わらっているひとも
ないているひとも
おひさまのひかりのなかに

ないているかおが だれかに みえていて
わらっているかおも だれかが みえていて
そのかおも いつも いろいろと さまがわりしていて
まるで あおぞらが ももいろになって ゆうぐれいろになるように
そう あおい ちきゅうのうえ に
あなたも
わたしも
いるんだよ♪~
(はるのひ・はれのひ・はればれのひ♪ありよ)
f0203477_1875883.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-03-23 18:09 | かたち | Comments(1)

底ひをおもふ。

夕暮れどきの月
夜明け時のお日さま
底ひ(古語)ー。奥底。極まるところ。果てという意味らしい。
f0203477_15241444.jpg
f0203477_15242331.jpg

瀬田の唐橋の擬宝珠と月。
写真を撮っていると、声をかけられた。
「月と擬宝珠!ライトアップしているから、写真撮りやすいでしょう」
昨夏に唐橋の色の塗り替えが完成し、最近ライトがつき、華やかな雰囲気となった唐橋。
そういうと橋を渡るときに見る夜空の方は暗くなったようにおもう。
暗くなったのだけど、お月様が近くに感じた。なぜに?
・・・夜空の果ては、どこなんだろう?
…夜空の果ては、いつなんだろう・・・?
果てが解らずにいながらー、
底ひをおもふ。(笑)
f0203477_15283219.jpg

建物の間から、朝の光が現れてくるとき。
春は、眩しさが、嬉しい季節♪
駅のホームに射し込む朝日にも、心が躍る♪
f0203477_1529681.jpg

今日は、近江一の宮建部大社境内にての勢多市の日でした♪
で、もちろん本日も数寄和大津の出し物は、筆あそび♪です。
f0203477_15301563.jpg
f0203477_15302977.jpg
f0203477_15304367.jpg
f0203477_15305246.jpg

数寄和では、3月15日より「日本画の色」展を開催。
本社(西荻)にての開催です。
展覧会の詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
4月21日は、建部大社の春祭のお神輿ワッショイの日♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
この神社の境内。大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津あさだ)
f0203477_15314844.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-03-17 15:34 | かたち | Comments(0)

2013新年♪五条松原通をおもう。

京都の五条大橋と言えば、牛若丸と弁慶をおもいます。
笛の上手な牛若丸。ひらり、ひらりと橋の欄干を…弁慶はその後、牛若丸の家来になるのですよね♪
五条大橋…松原通りにあったそうな。
f0203477_19265176.jpg
f0203477_19265490.jpg

松原通は平安京造営時には、五条大路と呼ばれ約24メートルの道幅があったそうです。
五条大橋から清水寺へと続き参拝路であったようです。
ご存じのように源義経(牛若丸)と弁慶が出会ったところとして有名であった橋。
豊臣秀吉が方広寺の大仏殿を建立した際、橋を六条坊門小路に移してしまったそうです。

松尾芭蕉の師の北村季吟先生もゆかりのある新玉津島神社がこの通りにあります。現在の通りの名にも関係があるようで…
歌人藤原俊成(定家の父)の屋敷(五条大路)に
和歌山和歌浦にある玉津島神社に祀られる歌道の神「衣通郎姫」を勧請したのが始まりのようです。
この新玉津島神社の松林が美しく五条松原通と呼ばれていた時期もありますが、現在は五条ということはなく松原通と呼ばれています。
現在この通り(松原通)に五条の名が残るのは、五条天神宮ぐらいのようです。
松原通を歩くと、そこ此処に神社やお寺があります。
感謝をこめて新年がよい年となりますように手を合わせながら、五条大路であった時代に思いを馳せました。(麻田有代)
f0203477_1927302.jpg

出蔵臨川先生が書かはりました。
(私も、書きたいです♪書くとたいへん勉強になります。わたしに勉強させてくださる方、お知らせくださいませ♪)
f0203477_19283293.jpg
f0203477_19284173.jpg
f0203477_1929395.jpg

f0203477_19295052.jpg
f0203477_1930187.jpg
f0203477_19302875.jpg
f0203477_1930424.jpg
f0203477_19313869.jpg
f0203477_19322839.jpg

f0203477_19334865.jpg
f0203477_19335953.jpg
・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市があります♪
数寄和大津もいます♪1月は20日ですよ♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。ぜひ賀茂神社へお出かけください。

それでは、数寄和からのお知らせです!
数寄和の洋画展
女性洋画家10名による小品展です。
数寄和大津 2012年12月16日(日)―24(月) 18,21,22休 初日14時から
数寄和大津ギャラリーでは期間が短かったので、常設展としていましばらく楽しんでいただくことにしましたので、宜しくお願いいたします!
出展作家
石塚桜子 岩崎智子 奥田恭子 小河泰帆 織戸ゆかり
上出由紀  沓澤貴子 酒井香奈 中原千尋 水村綾子
ぜひお越しくださいませ。

西荻の数寄和にて♪
「軸装 273×242 展」
日時 2012年12月20日(木) ― 2013年1月10日(木) 11:00 ~ 19:00
亀井武彦先生・唐仁原教久先生・藤枝リュウジ先生
イラストレーターの大先生方が、
本展のために制作してくださいました直筆の作品を
掛軸様式で展示いたします。
この機会をお見逃しないよう、宜しくお願いいたします。

数寄和の掛軸を飾り、縁起の良い年をお迎えいただければと思います♪

詳細は、数寄和HPでご確認ください。
http://www.sukiwa.net

それからそれから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_19341442.jpg

2月の展覧会は
「春の調べ」
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/122701/index.html
たいへん楽しみにしております、展覧会です。
素敵な絵を皆様にご覧いただこうと、4人の作家の方々は、心を込めて、制作中♪
芽吹く春を一足先に皆様にお届けする展覧会「春の調べ」。
ぜひ、お越しください。
一枚の絵をもっともっと味わいたい方々のために対話型鑑賞会も予定しております。
古来より日本では歌好き茶好きという方々がおられたということを想いながらー
…絵好きにもさまざまあるだろうと思う今日この頃です。
ひとり静かにゆっくりと絵を楽しむために、気に入った絵を買って自分の部屋に飾るひと。
家族の大事な思い出となる絵を楽しみたく、家族団らんの部屋に飾るひと。
大事なお客様をもてなすために客間や玄関に飾るひともおありですね。
地球の上には実にたくさんの絵があり、よい絵だと聴くと、まず足を運ぶー絵を愉しむために人々とともに絵を観る空間へと足を運ぶひとがおいでだろうと思います。
作家の眼を通して心を通して頭を通して手を通して
出来上がった作品の一枚の絵。
その絵をみることが、どんなに人生を豊かにすることかを、
絵を味わいながら感じていただけたらな♪と思います。
皆でワイワイからはじめようと思う人、ぜひ対話型鑑賞会へ♪
絵数寄人になってくださいませ♪(麻田有代)
f0203477_19351127.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-01-05 19:37 | かたち | Comments(1)

クリスマスイブのあさ♪鳥が言うには…

あさ。
…そうか。
そう想うあさ

ある

夢のつづきを想う、あさ。
f0203477_14213266.jpg

…ずっと、前。
カラスは怖かった

カラスは闇の色をしているから
この世界の美しい音をふさぐのではないのかっておもってた

カラスを描く青年ふたりの絵をみながら
カラスについて考えた

ひとりの青年の描くカラスは
優しいカラス
兄弟ガラスでとびまわってた
(カラスは ひょっとしたら怖くはないのではないか?)
ひとりの青年の描くカラスは
誠実なカラス
地面にある実を2本の脚で地面におりたち、嘴で、食べようとしていた

ふたりの青年の描くカラスと出会うことで、
わたしは、カラスに興味をもった。
カラスの羽は、よくみると、よくよくみると、輝いていた
カラスは、かぁかぁ鳴くのかと、よくよく聴くと、いろんな声があった
おもえばカラスは神の使いであった
カラスはお日様の使いであった
夕方カラスは山へと帰る。闇のなかではカラスはみえない。
ひかりのなかに、カラスはいる。

クリスマスイブのあさ。
木々に、鳩がいる。雀がいる。カラスがいる。
鳴き声をきいて、鳥の姿を見て、今朝の豊かさをおもう。
めざめかけた景色のなかで鳥が言うには、
おはよう♪今日もよい日でありますように♪

…そうして、今日という一日が
すこしずつ少しずつはじまる♪(あ)
f0203477_14214137.jpg

f0203477_14221811.jpg

ふゆという季節がやってきて
おもうのはただただ寒い!!!!!!のひとこと。
身体がガチガチ冷える日には、あったかなお風呂に入りたい。
もし、そうもし心(ハート)も冷えていたら…なんて、ガチガチの身体ではそんな風におもえてくる。
これではいけない!と想像力をはたらかせることにした。
温泉に心(ハート)がつかっている、そんなイメージをしてみた。
白っぽくなったハートが温泉につかりながら、
すこしずつ少しずつほんのり赤みがさしてくる。(なかなかよい感じ♪にイメージできた~)
氷の女王のこころが冷たいのは、身体が冷たいからなんだよね♪なんて、桃色のわたしのハートが温泉つかりながら、呟いている。
やっぱり女の人は冷えるとよくないよね~♪
温泉には真紅のバラの花びらをいっぱい浮かべよう♪
心はいよいよ桃色になってきたぞ。
そのハートを温泉から出し身体に戻ってきてもらうと、
身体もなんだか少し温かぁ~♪なんだから不思議ふしぎ♪

想像力は大事なんだ♪と、おもう。
なぜなら想像力は、空をとぶ翼をもつ!
そうそう想像力は、夢をみる!
想像力は、いずれはカタチになる!
…すごいぞ♪想像力♪シュワッチ♪
でも、想像力だけでは何もカタチにならない場合もあるかも知れない…とカラダも心もぽかぽか♪気分で、頭が働きだしたであるよ♪
「数寄和ギャラリーの壁面にならび絵は、表現力のある作家の作品です♪ぜひ、足をお運びください。
もし、瀬田の唐橋の上でカラダがガチガチになられましたら、ぜひ想像力を活かしながら、冬の瀬田川をご覧くださいませ♪」(あ)

うふふ♪(笑)
最後にご紹介するのは、想像力も表現力も素晴らしい芭蕉さんの句です♪この季節になるとこのうたをご紹介したくなりまする・ルー♪
「比良三上雪さしわたせ 鷺 ( さぎ ) の橋 芭蕉」 
f0203477_14225920.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市があります♪数寄和大津もいます♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。ぜひ賀茂神社へお出かけください。

それでは、数寄和からのお知らせです!
数寄和の洋画展
女性洋画家10名による小品展です。
数寄和大津 2012年12月16日(日)―24(月) 18,21,22休 初日14時から
出展作家
石塚桜子 岩崎智子 奥田恭子 小河泰帆 織戸ゆかり
上出由紀  沓澤貴子 酒井香奈 中原千尋 水村綾子
師走ではありますが、ぜひご覧ください。

西荻の数寄和にて♪
「軸装 273×242 展」
日時 2012年12月20日(木) ― 2013年1月10日(木) 11:00 ~ 19:00

年末年始の休廊は 12月28日(金) ― 1月3日(木)でございます。

亀井武彦先生・唐仁原教久先生・藤枝リュウジ先生
イラストレーターの大先生方が、
本展のために制作してくださいました直筆の作品を
掛軸様式で展示いたします。
この機会をお見逃しないよう、宜しくお願いいたします。

辰年から巳年となります平成25年正月は数寄和の掛軸を飾り、
縁起の良い年をお迎えいただければと思います♪

詳細は、数寄和HPでご確認ください。
http://www.sukiwa.net

それからそれから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_1656710.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-12-24 14:24 | かたち | Comments(0)

吉祥の文様  冬至から春へと向かう♪

冬至の日、柚子風呂に入る。柚子はミカン科ミカン属。
同じくミカン科ミカン属に、橘がある。
いにしへよりあった日本固有の柑橘であるらしい。
古事記にも橘がある。
f0203477_1332531.jpg

画像は、京都平安神宮の橘。
左近桜に対して、右近橘。たちばなは、日本原産。
橘の葉は常に生い茂り栄えるので長寿瑞祥の樹として珍重された。
11代垂仁天皇が田道間守(たじまもり)を常世の国(現世に対して、永遠に変わらないところらしい)に遣わして「非時香菓ときじくのかぐのこのみ」と呼ばれる常に良い香りを放つといわれ不老不死の力をもつ不思議な実を探しに行かせたという。田道間守は10年の歳月をかけ、なんとか探し当て 天皇のもとに持ち帰ったが、そのときには垂仁天皇は亡くなっていたという。田道間守も 悲しみのあまり死んでしまったそうである。

万葉集にも橘はうたわれている。
古今和歌集には、こんな歌がある。
「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」
f0203477_13352643.jpg
f0203477_1335233.jpg
f0203477_13355533.jpg


龍。
今年の干支は、龍だった。
干支のなかで、空想の動物である、龍。
龍とは何か?
空に美しく現れる虹を龍だと聴くことがある。
虹は美しい滝から生まれると聴くことがある。
常世では虹は消えないのかもしれない。
来年はへびの年。新しい年がはじまる。
春へと向かう今日がある。(麻田有代)
f0203477_13365125.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市があります♪数寄和大津もいます♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。ぜひ賀茂神社へお出かけください。

それでは、数寄和からのお知らせです!
数寄和の洋画展
女性洋画家10名による小品展です。
数寄和大津 2012年12月16日(日)―24(月) 18,21,22休 初日14時から
出展作家
石塚桜子 岩崎智子 奥田恭子 小河泰帆 織戸ゆかり
上出由紀  沓澤貴子 酒井香奈 中原千尋 水村綾子
師走ではありますが、ぜひご覧ください。

西荻の数寄和にて♪
「軸装 273×242 展」
日時 2012年12月20日(木) ― 2013年1月10日(木) 11:00 ~ 19:00

年末年始の休廊は 12月28日(金) ― 1月3日(木)でございます。

亀井武彦先生・唐仁原教久先生・藤枝リュウジ先生
イラストレーターの大先生方が、
本展のために制作してくださいました直筆の作品を
掛軸様式で展示いたします。
この機会をお見逃しないよう、宜しくお願いいたします。

辰年から巳年となります平成25年正月は数寄和の掛軸を飾り、
縁起の良い年をお迎えいただければと思います♪

詳細は、数寄和HPでご確認ください。
http://www.sukiwa.net

それからそれから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_13372758.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-12-23 13:39 | かたち | Comments(0)

今年は、古事記1300年でしたね。

1300年前なんていうと、存在していたのは、樹齢という長生きのイメージのある木々。
杜(もり)は存在していたんだろうな♪
f0203477_185059.jpg

1300年前の空をおもいながら、今、空をみる。
今、今の青をみる。空の青さはどこまでも広がっていく。
ひょっとしたら、1300年前へも続いているのかもしれない
今、今姿を変えながら、空に浮かぶ雲をみる。
雲もどこまでもどこまでも姿をかえながら空を流れていこうとする。
1300年まえへと続きそうで、途中で、やわらかな雲は消えるかもしれない。

出雲には、三度いった。
三度行くと今やたいへん懐かしい気持ちになる地である。
スサノオが詠んだ和歌があり、出雲には出雲の風景があるように感じた。
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」
美しい出雲ならではの風景画像を、その頃のすきわ草子に♪
http://sukiwaotsu.exblog.jp/16562727/

文字。ずっとずっと昔に書かれていた事が今、見る人へ向かう。
言葉が書かれることで、今、みる人の心へと向かう。


時を越えー
f0203477_1854817.jpg

書かれるということをおもう。

演奏される音楽は、今、この瞬間にひびく。
一音いちおんは、美しくひびき、消えていく。
しかしー、楽譜は、時をこえ、演奏家の心へとむかう。

書かれるということ。
かかれるということ。
描かれるということ。
時を越えてきた存在がある。
じっくりと味わいたいとおもう。

今年は、古事記1300年でした。
言葉って面白い。文字って面白い。書物って面白いと思うのでありました!(あ)
f0203477_1861846.jpg

数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市があります♪(12月は16日です♪)数寄和大津もいます♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。ぜひ賀茂神社へお出かけください。

それでは、数寄和からのお知らせです!
数寄和の洋画展
女性洋画家10名による小品展です。
数寄和大津 2012年12月16日(日)―24(月) 18,21,22休 初日14時から
出展作家
石塚桜子 岩崎智子 奥田恭子 小河泰帆 織戸ゆかり
上出由紀  沓澤貴子 酒井香奈 中原千尋 水村綾子
師走ではありますが、ぜひご覧ください。

西荻の数寄和にて♪
「軸装 273×242 展」
日時 2012年12月20日(木) ― 2013年1月10日(木) 11:00 ~ 19:00

年末年始の休廊は 12月28日(金) ― 1月3日(木)でございます。
それから 12月22日は高橋睦郎朗読会のため展覧会開催時刻がいつもと違って14時迄となっております。

亀井武彦先生・唐仁原教久先生・藤枝リュウジ先生
イラストレーターの大先生方が、
本展のために制作してくださいました直筆の作品を
掛軸様式で展示いたします。
この機会をお見逃しないよう、宜しくお願いいたします。

辰年から巳年となります平成25年正月は数寄和の掛軸を飾り、
縁起の良い年をお迎えいただければと思います♪

2012年12月20日(木)18:00より、オープニングパーティーを開催いたします。
素敵な先生方にお会いしにぜひ、西荻の数寄和まで♪

そして此方もお忘れなく♪
2012年 12月22日 (土)は
「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第869回 出演:高橋睦郎

どちらも詳細は、数寄和HPでご確認ください。
http://www.sukiwa.net

それからそれから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_18725.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-12-10 18:07 | かたち | Comments(0)

奈良では正倉院展。やはりシカさんに会う♪京都で出会ったお方は??

今日から11月。今月もよい月に♪~、そして今日もよい日に♪~
数寄和大津ギャラリーは、日本画の常設展開催中です♪
京都。そして近江で撮った最近の画像をアップしておきますね♪
f0203477_147381.jpg
f0203477_1472879.jpg

松尾芭蕉のお師匠さまとご縁のあった神社の新玉津島神社。
鳥居の横に「北村季吟先生遺蹟」の石碑。
北村季吟は先生は、此処で宮司をされていて、
松尾芭蕉は、近江出身の北村季吟先生と出会い、
お弟子になったとか…

稚日女尊(わかひるめのみこと)、息長帯日女尊(おきながたらしひめのみこと)、衣通姫尊(そとおりひめのみこと)がご祭神のこの神社。
創建は、平安時代末とのこと…
紀州は和歌浦の玉津島神社の衣通姫(和歌の神様)を、
藤原俊成(定家のお父上)が邸宅地にお祀りなされたことから始まったようです。

伊賀国上野生まれの松尾芭蕉は、
同じく伊賀国上野の城代の子息・藤堂良忠(俳号は蝉吟)に仕えていました。
蝉吟が北村季吟の弟子だった関係から、芭蕉も季吟に師事して俳諧の道に入りました。
年齢の近かった蝉吟が25歳で亡くなり、芭蕉は俳諧の道へ進んで行きます…

この神社は、歌に関わる人がいっぱい手を合わされた神社。
歌の神様がおいでです。
末社には、菅原道真公も。
…此処を通ると、思わず立ち寄らさせていただきます。
(「よいものが書けますように!」)心が願うこと…

松尾芭蕉は、51歳で亡くなりました。
人生50年という時代より、現在は人生80年となりました。
…と言っても…、
芭蕉が文学の道を進むきっかけとなった身近な人の死は、
人生50年とか人生80年とか…
いわゆる当たり前が当たり前にではなく… … …
人の命の尊さ、そして儚さを、私も解る歳となりました。
心のなかで「(がんばろう)」を誓う日々…

熊野もうで♪で、芭蕉を想いつつ、杖を持ちながら歩いていたからでしょうか。
ゆっくりと自分の速度で歩くことで、
わたしの心に見えてくる風景があります。
それを充分に楽しむことができました。
私は、わたし。
それ以上でも、それ以下でもありません。
つまり…
いつか書く作品はー、
たいへん尊敬しております芭蕉様、その…
芭蕉以上でも、芭蕉以下でもありません。
そうです。わたしの言葉が書かれた作品です♪
…ちゃんと、わたしの言葉が書けるといいな♪
そう願う日々があります。
今朝、十一面観音さまのことを想いました。
此処、数寄和大津ギャラリーで働く私。
絵を描く人の仕事がよりよいものになるように、
また絵をご覧いただく方に、よりよい鑑賞体験をしていただけるように、
娘であったり、母であったり
どの仕事も…
私はわたし♪で、頑張りたいと思います。(麻田有代)
f0203477_1484174.jpg
f0203477_1484852.jpg

…で、京のとりさん♪
f0203477_1494812.jpg
f0203477_1410313.jpg

それでは数寄和からのお知らせです。
先ずは、西荻の数寄和より♪
・「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第850回 
出演:たなか あきみつ
2012年11月17日(土)15:30 開演
http://sukiwa.net/wordpress/archives/961

・徳島県立近代美術館では、
「墨と紙の生み出す美の世界展」が開催中。
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

9月8日より三井記念美術館様にて、
建部大社の女神さまにお会い頂けるようです♪http://www.mitsui-museum.jp/

さて、近江のお知らせに戻ります♪
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_14105036.jpg

f0203477_14114593.jpg
f0203477_1412924.jpg

日吉大社の大きな木。そして橋。
大きな木に感動したまま、目を橋へと向けていると、雲に隠れていたお日様が現れました。

そこに在るということ。
此処に在るということ。
在るっていうこと。
橋も木もお日様の光も、そのものが在るということ。
鳥も、また。人も、また。
在るっていうこと…そのことが感動を呼びます。(あ)
f0203477_16585768.jpg

11月。お朔日は、氏神建部大社さまにて、鯉さん♪
[PR]
by 555sukiwa | 2012-11-01 14:12 | かたち | Comments(0)

正倉院展の始まった奈良にて♪秋の風がふく古都を歩きながら、想う。

暑かった夏が終わり、急に寒くなりました。
お変わりございませんか。
数寄和大津ギャラリーでは、現在、日本画の常設展。
お立ち寄りくださいませ♪
f0203477_1427267.jpg
f0203477_14274395.jpg

今年も正倉院展の季節がやってきましたね♪
奈良国立博物館を目指しつつー。

…あっ!あんな高いところの鳥居。
どの神様をお祀りされているのかしら…
手力雄神社。春日大社の末社のようです。
大きな木があったそうです。
その木が倒れ、その木を使ってたくさんの牛舎となったそうです。
そして、感謝の気持ちで、お社を建立されたようです。
お日様の光が、境内いっぱいに降り注いでいます。
f0203477_14282947.jpg

猿沢池あたりを、歩きます。
f0203477_1429551.jpg

f0203477_14293338.jpg

f0203477_143024.jpg

…急いでいる割に、写真を撮りながら、歩いております♪
鳥居を越え、まもなく博物館。
あ~れ~~~~
近づきすぎですよ♪
f0203477_14303195.jpg

今年の正倉院展も楽しく拝見させていただきました。
光を受けながら…ガラスって、ほんと美しいと思います。
正倉院展では、モノづくりの素晴らしさに感嘆する人の心が、
展示会場に溢れています。
心を込めてつくられたモノは、人の心に感動を与えます。
それは、どの時代でも変わらないように感じます。

古事記にある、天の岩戸に御隠れになったお日様の神様の天照さまに岩戸より出てきてほしい、八百万の神様はご相談されます。
たいへん思慮深い思金神が考えます。
長鳴鳥を鳴かしー…。
鍛人天津麻羅が矛をつくります。
伊斯許理度売命が鏡をつくります。
玉祖命が玉をつくります。
天手力男命が戸の脇に隠れ、天宇受売命が踊り始めます。
天照さまが、様子を伺い…眩しい方に気づかれます。
これは、もちろん天照さま自身が鏡に映っているのですが。

天手力男命は、力の神様。
天照さまの手を引いて、岩戸から引き出されます。

ここで、天手力男命というと、今回の記事で、高い鳥居のあるお社の名前を思い出します。
手力雄神社でしたね。
伝えられている話では、大きな木は、牛舎となり、役立ちました…なんとなく力強い話で、それに感謝されて建立されたお社の神様が、力の神様だとしても、不思議ではありませんね♪

日本においでの八百万の神様は、それぞれの力を持っておいでです。
鏡職人であったり。
その時代にも、それぞれのモノづくりを大事にされていたということ。
そして、神々のそれぞれの役割をしっかりとされることで、
天照さまが、岩戸より出てこられ、新しい朝がやってきたような…そんな清々しいお話を今日にも伝わっているように思います。

この時代も、モノづくりはあります。
人々が、それぞれの力を、しっかり出すことで、よい仕事ができるように思います。

足をお運びいただく人の心に光を射す絵を展示させていただいているギャラリーの仕事…私も頑張ります!
額装・軸装・ギャラリー・手すきの紙
作家の方々、職人の方々、それぞれの仕事の素晴らしさを、ちゃんと、お伝えしたいと思います。(麻田有代)
f0203477_14311142.jpg

それでは数寄和からのお知らせです。
先ずは、西荻の数寄和より♪
・「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第850回 
出演:たなか あきみつ
2012年11月17日(土)15:30 開演
http://sukiwa.net/wordpress/archives/961

・徳島県立近代美術館では、
「墨と紙の生み出す美の世界展」が開催中。
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

9月8日より三井記念美術館様にて、
建部大社の女神さまにお会い頂けるようです♪http://www.mitsui-museum.jp/

さて、近江のお知らせに戻ります♪
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_14315338.jpg

日が暮れるのが、はやくなりましたね。
月夜の美しい瀬田の唐橋。
塗り替えられた瀬田の唐橋を、もうご覧になられましたか。
瀬田の唐橋を渡られましたら、数寄和へと、ぜひお越しください。お待ちしております。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2012-10-31 14:32 | かたち | Comments(0)

神無月・神在月の熊野詣で♪その8 神倉神社もお祭りで♪

熊野速玉大社から歩くこと…何分だったかな??
お腹は夕飯用において置こうと相談の結果きまった。
本日最後の神社へ♪
f0203477_16501158.jpg
f0203477_16501922.jpg

f0203477_1658185.jpg

f0203477_16505387.jpg
f0203477_16512859.jpg
f0203477_16514833.jpg

高いところ好きでない私は、源頼朝の有り難い石の階段が恐ろしかった。
それまでの、今ここに♪という気持ちが急に萎えだす。
下りるとき、落ちるのと違うかな?と考え始める。
時間としては随分先を、
位置としてはすでに後ろになっている所をおもいながら、
おっかなびっくりとした気分で階段を登っていく。
どうして、この石は、こんな形??
どうして、この階段は、こんなに急???
考えなくてもいいのに、考えてしまう。
すると、怖さが増す。

頂上には、大きな岩と、町を見下ろせる所が在った。
…帰りの階段は、さぞかし急に感じるだろうな。
と、景色も楽しめない。

と、旅の仲間が、どうしたら、怖くないか伝授してくださる。
そうか、ずっと向こうを観ることも、足元しか見ないことも、どちらも少し違っているらしい。

結局、女みちがあるからと、そちらを降りることにした。
もし、最初から、降りるのは、こちらに決めていたら、
降りるときの恐怖を感じなかったのかな?
今ここに!その一段一段だったのかな?と、考える。
身体とココロ。
使い方を学び中!(笑)
f0203477_16522677.jpg

それでは数寄和からのお知らせです。
先ずは、西荻の数寄和より♪
・「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第850回 
出演:たなか あきみつ
2012年11月17日(土)15:30 開演
http://sukiwa.net/wordpress/archives/961

・徳島県立近代美術館では、
「墨と紙の生み出す美の世界展」が開催中。
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

9月8日より三井記念美術館様にて、
建部大社の女神さまにお会い頂けるようです♪http://www.mitsui-museum.jp/

さて、近江のお知らせに戻ります♪
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。
f0203477_16531233.jpg

f0203477_16542714.jpg

旅は、まだまだ続きまする・る・ルー(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2012-10-22 16:54 | かたち | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧