すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

カテゴリ:ひと( 34 )

新年は、1月4日より、営業いたします。

f0203477_16363827.jpg
どうぞ、皆様、よいお年をお迎えくださいませ。
来る年は申(さる)♪
神様の中に申という文字があること、孫悟空がお猿さんであること、
二足歩行の人の前は。。。いろいろと、面白いですよね♪

これは、11月に蒔いた、四葉のクローバー(白詰草)。
双葉が、いっぱい出ています。
四葉のクローバー。
見つけると、幸せになれるということで、
子どもの頃の思い出に、近くの草原で、探してました。もちろん友だちといっしょに。
探す時間には、探すだけではなく、冠も作ったりして、楽しい時間でした。

豊かさについて、思います。
こころの栄養について、思います。

絵を観る時間の豊かさは、必要か?と訊かれたら、ちょっと、パンよりは、必要ではないかもしれませんが、やはり、必要かと思います。
絵がなくても、生きていけると言われたら、そうかも知れませんね。と頷きもしますが、やはり、でも。と思います。
でも、やはり、絵は必要なんだと思います。とお応えしたいと思います。

人っていうのは、不思議な存在で、心があって、そのなかに、さまざまな感情や想いがあって、それをカタチにしようとします。
それをカタチにする人も居れば、カタチにならない人もいるようにも思います。
作家という人たちが、それらのもやもやしていたものをカタチにする事のできるひとかと思います。
絵であったり、物語であったり、音楽であったり、、、芸術作品が生まれます。
人は、絵をみることで、物語を読むことで、音楽を聴くことで、
カタチにしたい自分のなかのカタチとして生まれてはこない、ずっと、そのまま在るままの、もやもやとしたものに、触れることが出来ます。
そう、自分の、心に触れることができるのです。
鏡を見ないと、自分の、姿かたちをみることが出来ないのですが、
人は、自分の姿かたちを確認しようとします。
何故でしょうか。
心のなかの何かも、自分で確認したいと思うのです。

生物である人に、パンは必要です。
そして、人には、芸術が必要なのです。
絵もやはり必要なのです。

四葉のクローバーを見つけると幸せになれる!と知ったら、
多くの子どもは、探してみようとします。
大人は?忙しいから探そうとしないかもしれません。
もっと、現実的な方法を選びます。
時間を有効に使おうと多くの大人はします。

四葉のクローバーを見つけたらからって、幸せになれるかどうか解らない。と思う人には、
四葉のクローバーは、幸せをくれません。
信じる力が、それを呼ぶのだと思います。

絵を観る時間の豊かさは、
子どもの頃、探そうとした四葉のクローバーとの関わりを思い出させるかも知れません。

2016年も、数寄和大津で、ぜひ絵を楽しんでください。
皆様のお越しをお待ちしております。

ギャラリーは、しばらく、常設展示が、続きます。
対話型鑑賞会をご希望の方々は、ぜひ、ご友人、ご家族といっしょにお越しください。
対話型鑑賞会は無料です。お気に入りの絵との出会いがございましたらご購入ください。気楽に遊びにきてください。
お問い合わせ、申し込み
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa.net(☆をアットマークにかえてくださいね)
f0203477_16115660.jpg

数寄和、数寄和大津ともに新年は1月4日(月)より平常通り営業いたします。
2016年 東京本社での最初の展覧会は1月30日(土)より松江利恵展「星霜のかさね」を開催いたします。是非ご高覧下さい。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/2014

来年も皆様のご来廊を心よりお待ちしております。
良いお年をお迎えください。

■画像作品
「款冬華」  242×333 mm
木製パネル・紙・水彩・鉛筆
f0203477_16122092.jpg

f0203477_16125125.jpg

f0203477_16131983.jpg

数寄和は、表具屋です。
額装・軸装などのご相談は、いつでも、どうぞ。

また、2016年は、気楽に筆を持ちたい!という人に、
筆あそびワークも開催したいと思います。
数寄和では、手すきの紙やガラスペンなども常時販売しております。
筆あそびワーク20分おひとり1000円です。
ぜひ、気楽に遊びに来てください。
お問い合わせ、申し込み
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa.net(☆をアットマークにかえてくださいね)
f0203477_16135646.jpg


とりが
とりが
とりが
そらを
うたう

しってた?
おもいは、おもい、、、
ひとの、おもい、、、
想意は、重意から
空を飛びたいなら
この意よ
意の、おおきな翼をひろげ
いま、
羽ばたけ

2011年、伊勢に行きました。
神社おそうじ隊という、、、神主さんお二人が主催の、たのしい旅でした。
おひとりの神主さんは、整体のお仕事をされています。
もうおひとりの神主さんは、中国茶のお仕事をされています。
お二人のブログに、お釈迦さんの言葉があって、それを頼りに、神社おそうじ隊の旅に、何度となく、参加させていただきました。
おしゃかさんの言葉は、自分で考えようというような結びがあって、答えは、いつも自分の心の中にあると思ってきた私には、とても有り難い言葉でした。
整体の先生からは、大祓祝詞の素晴らしさ、そして意宣りについて、
理屈ではなく、何度かご一緒する中で、感謝の気持ちとともに、教えていただいたように思います。
答えを差し出されたのではなく、自分の心で考えるように、教えていただいたように思います。
また、中国茶の先生の方からは、美味しいお茶をいっしょに飲むと皆笑顔になる!と教えていただいたように思います。
今、少し元気がないひと、カラダのこと、心のこと、、、
なんでも相性がありますから、この人が誰にもでよい!というおススメの仕方はいたしません。
でも、ちょっと、美味しいお茶を飲みたいな。という方や、
カラダのことが心配で・・・というお方に
お二人のホームページをお知らせいたしますね。
田村先生
http://www.tamuratic.com/index.html
サロン・ド・クロノ
http://www.salondekurono.com/

最近できたステキなところも、いっしょにお知らせしておきます♪
二子玉川の高島屋7F
TOKYO BREJEW HOUSE
http://www.brejew.com/index.html

・・・と、横浜ばかりをご紹介いたしましたが、
東の方々、ぜひ、西荻の数寄和にも、足をお運びいただけますと、幸いです。
あなたにとっての大切な一枚の絵、そう絵の四葉のクローバー(四葉のクローバーの絵ではありませんよ♪)を探しに、おでかけください。
数寄和本社
http://www.sukiwa.net/
f0203477_16144144.jpg
f0203477_1615130.jpg

・・・それにしても、
友だちも、家族も、有り難いです。
暮れに東京へ出向き、
忙しいなか、時間をつくっていただいた方々に感謝です。
有難う。
仕事で関わる方々、
今年も有難うございました。

どうぞ、皆々様にとって
来る年が、福おおき年でありますように☆(麻田有代)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-12-27 16:16 | ひと | Comments(0)

「美術館に行こう」「ギャラリーへ行こう」観て見て聴いてみて♪♪

愛媛県美術館では、「美術館に行こう」展を開催中。
数寄和では、「ギャラリーへ行こう2014」後期展を開催中。
誰かの目を通して、誰かの心を通して、誰かの思考を通して、誰かの手をとおして、生まれてきた作品。
美術館へと、ギャラリーへと、足を運んでみませんか。もちろん目も・・・カラダもココロも、今のいま、目の前にあるものと向き合ってみてくださいませ♪
f0203477_16212564.jpg

美術館のおねえさん、みぃつけた♪
「あの、美術館に行こう展って、どんな展覧会なんですか??」
「まずは、みてください(笑)」
ミッフィーちゃんのマスコットを首からぶら下げたおねえさんが、ニコニコと笑いながら、
まず、みてくださいって言ってくれたので、
聴くのは後回しにすることにして、まずは観ることにした。
(・・・そういうと、対話型鑑賞法を学んだときに、聴いたことがあったなぁ。
人は、見ることで、いっぱいの情報を得ているって。そうか。おねえさんが、学んだことを思いだすように言ってくれたんだね。そうだ!!まずは、みよう♪)
書の先生がいうには、見るって漢字を「目」足す「「人」だって!!!!!最初に聴いたときには、驚いたよ。
だって、まさしく二足歩行の人は、見る人なんだよね♪♪
ミッフィーちゃんも、たいせつなことを、教えてくれたんだよ♪
可愛いうさぎさんのミッフィーちゃんは、大きな耳を持っていて、
聴くことの大切さを教えてくれている。
人のわたしは、まず、作品まで、足をはこぶ。
そして、みる。
そして、考える。
そして、そして、自分のココロの声を聴く。人の心の声も聴くんだよ。作品を作った人の声をきくんだよ。
他にも、美術館のおねえさんの声もきいたり・・・いっしょに観に行った友だちの声も聴いたり。
聴くことも、とても大事なんだよね。
見ること、きくこと。考えること。
美術館に行こう。すると、みること。きくこと。考えることができるんだね。
美術館のおねえさんの言う通り♪まずは見ることって、人にとって、大事なんだって、わたしも、おもったよ。
(むかしのしょうがくいちねんせいの、あ♪より、美術館のおねえさんへ・・・「ありがとう」)
f0203477_15552459.jpg

いっしょに展覧会をみた、おともだちと、記念写真を撮ったんだよ。
おうちの人へのお土産のミッフィーちゃんのお菓子の缶が可愛いので一緒に写して貰ったよ♪♪
美術館では、おうちの人と美術館で見たことをお話できるように、いっぱいお土産が売ってありますので、
感動したことを、話してみよう。
それって、土産話といって、お土産のように、ステキなものなんだよね♪
愛媛県美術館ホームページ♪
http://www.ehime-art.jp/tenrankai/schedule/
f0203477_1557555.jpg

数寄和では、「ギャラリーへ行こう2014」後期展がはじまりました!!
画像は、西荻の数寄和です。
前期では、数寄和大津で展示していた作品たちが、西荻の数寄和にならんでいます。
展示によって作品の見え方が違うってこと・・・当たり前のようで、いざ、見ると、不思議です。
見ることで感じるさまざまなこと・・・
ぜひ、「ギャラリーへ行こう2014」後期展へ、足をお運びください。
ご家族で、どうぞ♪
お友だちと、どうぞ♪
みんなで、ギャラリーへ行こう展へ、ぜひぜひ足をお運びくださいませ。
どうぞ、宜しくお願いいたします。
数寄和大津ホームページ
http://sukiwa.net/otsu/
数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします!
☆耳よりなお知らせです!!
西荻の数寄和では、「詩」を味わい楽しむイベントを開催しております。
詳細は、数寄和HPまで、宜しくお願いいたします。

☆近江からのお知らせです!
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・近江八幡 御猟野乃社 賀茂神社(今年は、12年に一度の午年です!天智天皇が日本で最初に馬の牧場を此の地に♪ぜひ一度足をお運びください。)  http://kamo-jinjya.or.jp
f0203477_15581243.jpg

f0203477_17105671.jpg
(9月1日)
ただいま、搬出中。
ギャラリーへ行こう2014展、無事終了いたしました。
ご応募いただきました,、わかい作家の方々、作家のたまごさん
力作を有難うございました!
来年も、ぜひ、ぜひ、ぜひ、挑戦してください!
来る夏が、ご縁ある皆様にとって、よい夏でありますように☆
[PR]
by 555sukiwa | 2014-08-20 15:58 | ひと | Comments(0)

夏石番矢さんの国際俳句雑誌「吟遊」第60号

昨夜、詩人の今野和代さんから「一気によみました」とのメールがありました。
ホッとしたので、お知らせです!!
f0203477_15383138.jpg

現代俳人の夏石番矢さんと初めてお会いしたのは
今年の七夕前夜のことでした。
現代詩人の今野和代さんが大阪でライブがあります!!との連絡が数日前にありました。
コーディネータが倉橋健一先生だというのであれば何がなんでも行こう!!と心弾ませ大阪へ♪

実は大津と大阪は遠いようで近いです。
だからと言っても、近いです!!とは言い切れない距離でもあります。日常の延長上のようでありながら、ちょっとした旅気分になります。

このライブ、たいへん面白かったです。
その様子をご報告した文を、夏石番矢さんの国際俳句雑誌「吟遊」第60号に載せていただきました。
その原稿をみた番矢さんのブログ記事を拝見して…たいへん嬉しかったです!!
随分たちましたが、そのブログの記事をご紹介したいと思います。
http://banyahaiku.at.webry.info/201308/article_25.html

それにしても俳句って魅力的ですね。
私の拙文でもご紹介しておりますが、夏石番矢さんの「161俳句 空飛ぶ法王」(東京堂出版)は
たいへん楽しいご本です。
子どもから大人まで楽しめる本だと思います。
ぜひお家に一冊俳句の本を♪
ネット販売もされていますので、簡単に手にできることと思います。
f0203477_1539617.jpg

それにしてもご縁って不思議です。
やはりよいご縁は広がり深まるように思います。
有り難いですね。
倉橋健一先生のご本と今野和代さんのご本もご紹介しておきたいと思います。

倉橋先生。
「詩が円熟するとき 詩的60年代還流 倉橋健一」(思潮社)の帯に「私自身詩が滅びようと滅びまいと、詩の人でありたいと思っている。」とあります。
「現代詩文庫106 倉橋健一」もぜひ。

…あらためて自分の言葉を持つ大切さを教えてくださった先生です。
先生は…
いつも怒っていて、いつも笑っている…そんな方です!(笑)
いつも味方であってくださる…あたたかな方です!(笑)
f0203477_15395130.jpg

倉橋先生の一番弟子の今野和代さん!
いつもいつも大事なメールをしてくださいます。
それで、ご縁が生まれます。
小さなご縁も、大きなご縁も
誰かがタネをまくから、芽がでるっていうこと。
今野さん!いつもいつも有難うございます。
「ニコラス・スレッジ・ブルース・マシーンを聴きながら  ポエトリー・リーディング詩集 今野和代」(思潮社)
f0203477_15403615.jpg

…そうでした。
夏石番矢さんが、数寄和大津へお越しいただいた折のすきわ草子もお時間あるときに、どうぞ♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2013/071001/index.html

それにしても、今夏はたいへん暑かったですね…
ようやく涼しい日が訪れたように思う今日この頃です。
ぜひ読書の秋を楽しんでください!(麻田有代)

それでは、数寄和からの大切なお知らせです!
まずは展覧会のお知らせです。
「Fluctuation」 板木綾花
数寄和大津 10/25(金)      13:00-20:00
        10/26(土),27(日) 11:00-18:00
シーズプログラム 大津 第2回は板木綾花による展示です。
海にポツリと雫を垂らすように描く。
ものをつくることがたとえ小さくても何らかの揺らぎ、fluctuation を生むと信じています。
板木綾花
f0203477_15412264.jpg

「庭あそび」 厳 慧蘭(オム ヘラン)
数寄和大津 10/30(水)- 11/11(月) 11:00-18:00 火休
曖昧な記憶には創造力が含まれていて、
過ぎ去った出来事は現在のことより力のあるものになることがあります。
私は何らかのきっかけによって思い出された過去のイメージを作品として表現しています。
f0203477_15421041.jpg


☆数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします。
☆耳よりなお知らせです!!
西荻の数寄和では、「詩」を味わい楽しむイベントを開催しております。
詳細は、数寄和HPまで、宜しくお願いいたします。(数寄和あさだ)

☆見てみてみて!!と、おもう近江からのお知らせです!
・近江一の宮 建部大社(氏神さまです!)  http://takebetaisha.jp/
・御猟野乃社 賀茂神社(来年は12年に一度の午年です!)  http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_15423919.jpg

今野さん!!「吟遊」第60号の俳句ギャラリーも、みてね☆(有代)
f0203477_13254478.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-10-23 15:44 | ひと | Comments(0)

人とひとは、どうして会うんやろ・・・?と思わず呟いた…

f0203477_14223894.jpg
気になっていた京都・粟田神社へ。坂を上った境内から、平安神宮の大鳥居を観ながら、京都は盆地なんだなと、おもう。
そんなこんなで思ったより大津に戻る時間が遅く…だから出会ったひとがいた。
f0203477_14224258.jpg
f0203477_1423012.jpg
f0203477_1423577.jpg
f0203477_14232298.jpg
f0203477_14233016.jpg
f0203477_1423585.jpg

京都・粟田神社の石碑がたいへん立派で、この間も写真を撮っってみましたが…。
どう考えても、坂を上がっていく境内へは、午後5時までには、間に合いそうもない。あと、1分ぐらいだったでしょうか…
そんなこんなで、今度また来ます。と、小さな声でいいながら、石碑を撮ってはみたものの、なんだかブレブレの画像となりました。やはりお詣りもせず、お写真だけなんてよくないですよね♪

数寄和大津ギャラリーの定休日。近くに御用が出来た日。
親しい作家さんからのご案内片手に京都のギャラリーへと向かいます。
大津の新しいギャラリーでは、いつもお越しいただく方の展覧会があり、此処にもこの日に行く予定。

粟田神社へお詣りは、どうも時間が無さそうだな。また今度…と、おもいきや!ちょっと待ちな!!!!!と目の前にある鳥居と石碑から聴こえてきたような気がして、やはりお詣りさせていただくことにしました。
坂の前に、何台かの自転車があります。坂から下りてくるひと。
絶えずひとがお詣りされているようです。

御祭神は、スサノオさま。大己貴命さま。
此処は粟田口とよばれ、京の七口の一つに挙げられるようです。
京都の東の出入り口に位置していて、この神社で、人々は旅の安全を祈ったようです。
東海道や中山道へとつづき、都から旅立ち、また都へと戻るときに旅立ちの神様にお祈りされたようです。

…坂を下りながら、鍛冶神社がありました!
祇園祭ともご縁があるようで…
京都だから観る風景がありますね…
しばし都もおもいます。
…前回の記事のような、鳥たちとの出会いもあった日。

そんなこんなで、予定より、随分遅くに到着した大津のギャラリーで、懐かしい人に会いました。
前にはよく京都であった人と、ばったりと大津で会いました。
「人とひとはどうしてあうんやろ?」と思わず呟いてしまっていた私。
あっちこっちへと立ち寄りながら此処に来たことを思いだし、なぜか、会うべきして人と人は会うんだな…と思わずにはいれなかったのです。
おそらく…遠い昔、いにしえに旅に出た人も、さまざまな…人を想いながら、人との出会いを想いながら、想われたことでしょう。人と人は会うんだな。って。しみじみ想われたことでしょう。都での生活。旅の生活。人とひとの出会い。
そう、人とひとは会うんですね。
…そういうと神社で迎えてくれる狛犬さんは、阿吽!ですね♪(笑)きっと、あうべきその時にあうんだなぁ~♪と、しみじみ想うのでありました♪~(麻田有代)
f0203477_14242557.jpg

数寄和からのお知らせです!
好きなことば、好きな絵が書かれた色紙をすぐに掛けられる色紙掛軸は、すぐれもの。
現在数寄和大津ギャラリーでは、「軸装273×242」展を開催中。
今展、数寄和大津へ足をお運びいただく皆様には、
亀井武彦先生・唐仁原教久先生・藤枝リュウジ先生の作品を存分に味わっていただきたいとおもい、作品を引き立てる色紙掛軸とともに展示されています。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1015
ぜひ、お越しください。お待ちしております!

さてさて。数寄和の2月の展覧会は「春の調べ」展です。
梶岡百江先生、関田比佐子先生、斉藤佳代先生、山名しおり先生の4人の女性作家の方々の作品が並びます。
http://www.sukiwa.net/otsu/
芽吹く春を一足先に皆様にお届けする展覧会「春の調べ」。
ぜひ、お越しください。
一枚の絵をもっともっと味わいたい方々のために対話型鑑賞会も予定しております。
古来より日本では歌好き茶好きという方々がおられたということを想いながらー
…絵好きにもさまざまあるだろうと思う今日この頃です。
ひとり静かにゆっくりと絵を楽しむために、気に入った絵を買って自分の部屋に飾るひと。
家族の大事な思い出となる絵を楽しみたく、家族団らんの部屋に飾るひと。
大事なお客様をもてなすために客間や玄関に飾るひともおありですね。
地球の上には実にたくさんの絵があり、よい絵だと聴くと、まず足を運ぶー絵を愉しむために人々とともに絵を観る空間へと足を運ぶひとがおいでだろうと思います。
作家の眼を通して心を通して頭を通して手を通して
出来上がった作品の一枚の絵。
その絵をみることが、どんなに人生を豊かにすることかを、
絵を味わいながら感じていただけたらな♪と思います。
皆でワイワイからはじめようと思う人、ぜひ対話型鑑賞会へ♪
絵数寄人になってくださいませ♪

それからそれから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_1426780.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/
第三日曜は氏神建部大社さまの参道にて勢多市があります♪
数寄和大津もいます♪2月は17日ですよ♪
http://www.shigaquo.jp/sp56/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
この神社の境内。大きな木々の中を歩くと、歩く前とでは少し違う身体となっています。心も少し変わっています。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。
f0203477_1427339.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-02-01 14:29 | ひと | Comments(0)

明日という日

昨日、久しぶりの友だちが数寄和にやって来てくれた。
お名前が変わられたので、筆で紙に新しいお名前を書いてもらった。私たちの共通する話題に出てくる人が、今日、どんな生き方をしているか…いつか会って話したい。私の書もみてもらいたいな♪
f0203477_1242914.jpg
f0203477_12422110.jpg
f0203477_12423153.jpg

昨日は、13日の金曜日だった。
10年前、わたしは13日の金曜日は嫌いだった。
8年まえからは、13日の金曜日は、嫌いじゃなくなった。
と言うのは、13日生まれの人から、大事なことを教えて貰ったから♪
その人の誕生日はある時、13日の金曜日だったはずだし、また13日の金曜日がやってくるから。

何かを好きにさせてくれるような出会いがある。
そんな出会い方は、とっても大事だとおもう。
13日が好きになったようにおもう。
そういうと、高校時代の親友が言っていた。
友だちっていうのは、その友だちが玉ねぎが大好きだったら、なんだか知らないうちに玉ねぎが好きになっている…そんなのが本当の友だち。

人は人と影響しあいながら、生きている。

その人は、たいへん穏やかな性格の人だったけど、芯はしっかりしていた。絶対譲りたくないというものを持っていた。
どんな大人になりたかったかを、そのままやっていて、
ちょっと不器用な生き方で、心配な人だった。
そんな人にあの頃にあえたのは、私の宝物だとおもう。
元気かな??と思う。
いつか会えるときには、どう生きてきたか、話したい。…と、おもう。その辺りを、解る解ると頷いてくれる友だちが昨日、数寄和にやってきてくれた。

数寄和大津という場も、来る人にとって、何か大事な出会いのある場でありたいとおもう。
絵をみることで、何かを好きになったり、自分らしさを思ったり、生き生きと生きることについて考えたり…

一枚の絵のなかにある世界と触れることで、
筆で何かを書くということのゆったりとした時間のなかで
明日という日が楽しいものとなる場であったらいいなとおもう。(麻田有代)
f0203477_12452185.jpg

f0203477_1246386.jpg

f0203477_12463048.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

小島徳朗展 イベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を7月20日に開催します!! 
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/070601/index.html

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_12481430.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

☆西荻の数寄和から、詩を聴く会のお知らせです。
天童大人プロデュースシリーズ 第787回 La Voix des Pooetes 詩人の聲 出演:建畠晢
 2012年7月14日(土)

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_12484944.jpg
f0203477_12585873.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-14 12:50 | ひと | Comments(2)

伝三Fパントマイム「蜘蛛の糸」(京都・法然院にて 七夕の夜に☆☆ 私はわたしと会ったようにおもう)

伝三Fさまへ。生きるって、そういうことやったんやな。
人であること。仏教があること。絵があること。言葉にならない言葉があること。
伝三さん、ありがとう。
みんな、みんな、生きててよかったと、おもえること。って、大事やな。
f0203477_13154348.jpg
f0203477_13155410.jpg
f0203477_13155973.jpg
f0203477_13161565.jpg
f0203477_13162357.jpg
f0203477_13164165.jpg
f0203477_13165089.jpg

先日のブログでご紹介しておりました、伝三Fさんのパントマイム「蜘蛛の糸」についてです。
昨夜七夕に素晴らしい本番を拝見してきました。
さて。タイトルを打ちながら、パンとマイムになり、面白いから、このまま記事タイトルにしようかと思いました。
人には、カラダと心があり、カラダの存在を継続するためには、パンが必要ですよね。
でもカラダだけが人を存在させている訳ではないですよね。
わたしたちは、どうして怒るのでしょうか?
どうして、泣くのでしょうか?
どうして、一緒にパンを食べる人を求めるのでしょうか??
人が人であるためには、カラダも大事、そして心も大事。
わたしの友達のパントマイムの伝三Fさんについてです。
伝三Fさんは、無言劇のあっちの世界から、
言葉にならない言葉を
カラダで語りつづけます。

人は、生きる。
人は、生きている。
人は、死ぬ。
人は、死んでしまう。
でも、心は、まだあって
心のなかの感情がつづいていて
その心がみる夢があって
悪夢のような夢があって
そこを心がさまよって
ある、あの世がある。
慈悲深い仏様は
その心をお助けしょうとしてくださるが
慈悲を響かせ、心を動かさないと
美しい心にならず
美しい世界を描けない
自分の心の中にあるものしか描けない
人とは心の中を生きる動物
人とはカラダだけではなく心のある動物
人は人となるために
今という時間をもっている

…そんなことを今回の「Mime蜘蛛の糸」を観ながら、思います。
今回の舞台が、京都は法然院さんということも、また七月にはいり七夕ということも色々が重なり、私はわたしと会います。

演じる伝三Fさんも、観る私も、思えば、いろいろあった人生です。
観る私といいましたが、この私、観ている人みな、いろいろあった人生を生きていて、そして、皆、カラダとココロ、どちらも大事で、心のように生きれたらと願うカラダを持っております。
またこれから生きていく子どもたちも観ていたのですが、
近くに座って舞台を観ている、その真剣なまなざしを時々横目で拝見していた私。
生きていくと覚悟をもって幼い子どもたちは、この世に存在しているのだ!ということを、久しぶりに感じるような…
それを引き出す力のある素晴らしい舞台でした。

伝三Fさん。有難う♪
友だちでいてくれて、有難う♪
生きてて、今日があって、よかったね♪
…と、かのオジサマと、素敵な方…お二人とも素敵に歳を重ねてこられて方々!!と、そして2歳の時に初めて伝三さんの宙ずりの舞台を観たわが娘♪と、帰りの道中にて一緒に感動したうるうるの目で会話し、みなで想うのでした♪
「伝ちゃん、有難う♪~~~~~~~~~!!!!!!」
生きている人が生き生きと生きていると、死んだ人も心のなかで、生き生きしているね♪と、笑顔の私たちでした!
明日も元気に生きるぞ♪と思うのでした!

伝三さん、パントマイム、ずっとやっていてよかったね!
わたしも、ぜったい書くからね!(麻田有代)
…と、終わろうとしましたが、せっかくですから、皆様にお知らせです♪

☆7月28日 新作主演映画「微サイレント・イベント『死神』」神戸市長田区映画資料館して上映

☆10月6日、7日「過ぎ去りし句読点。第2章」イカロスの森「神戸」にて上演

♪問い合わせ マイムストリーム木・木
FAX 0798-70-7269
f0203477_13181928.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

小島徳朗展 イベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を7月20日に開催します!! 
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/070601/index.html

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

☆西荻の数寄和から、詩を聴く会のお知らせです。
天童大人プロデュースシリーズ 第787回 La Voix des Pooetes 詩人の聲 出演:建畠晢
 2012年7月14日(土)


それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_13194680.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

☆西荻の数寄和から、詩を聴く会のお知らせです。
天童大人プロデュースシリーズ 第787回 La Voix des Pooetes 詩人の聲 出演:建畠晢
 2012年7月14日(土)

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_1321496.jpg
f0203477_1642782.jpg

(2012の七夕に 有代)
蜘蛛の糸から、すでに巣が織りあがっていた。
蜘蛛の糸はキラキラと美しい。
梅雨の合間の光を浴びて。(7月9日数寄和にて)
f0203477_1782778.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-08 13:21 | ひと | Comments(0)

紙と仲良く。筆と仲良し。疲れたときは、アレクサンダーテクニークを、おもう。

いい墨色やなと感じるときがある。
なんかよくないなと感じるときがある。
光のなかでー。
私の顔色はどうかな?
f0203477_18111693.jpg

大好きな谷川俊太郎の詩。
いつから読みだしたか、はっきりと覚えている。
そう、あのとき、よみだした。
昨日、知らなかった谷川俊太郎の詩をよんだ。
友だちに教えてもらった朝の詩をよんだ。
詩は声を出してよむ。
つまり、私の身体を響かせて、私の声で、詩を味わう。
これは、詩を読むときだけではない。
音楽はわたしの耳できく。
絵はわたしの目でみる。
詩人の作った詩なのだけれど、音楽家がつくり演奏家が演奏した音楽なのだけれど、
わたしの心で感じたり味わったりしているのだけど、
耳や目という入口がある。
…裾野の方で学んできたアレクサンダーテクニーク。
継続は力なり♪と昔からいうように、
「へぇ~!」とか「すごい!!」とか驚きながら
身体の仕組むや身体の使い方について様々とおもいながら、
少しずつ、少しずつ…「こんな感じの方が気分いいよね♪」と思う瞬間に出会う。驚きではなく腑におちる瞬間。
どうして変な力を入れすぎていたんだろう?と、
楽になった瞬間はおもうのだけど、
しっかりと身についた癖はなかなか手放せない。
立ち方、歩き方、座り方…全部、身体がやっている。
身体ってなんだろう??
この間、新海みどり先生が姿勢という言葉について教えてくださった。
勢いのある姿。
姿勢がよいとか悪いとかいうけれど、
よい姿勢とは、勢いのある姿!
そこで筆を持つ私は、いい線!!と感動するときの「線」を思い出した。
動きのある線。
生きた線。
生き生きとした線。
…わたしの書きたい線である。
素晴らしく元気な線である。
その線は墨色もよいとおもう。
ほら、元気な人は顔色もよいものね。

筆を選ばなくても修行したカラダを通してよい線が書けた弘法大師さまに思いを馳せる。
…弘法大師筆を選ばずというのは、おそらく…よい姿勢の弘法大師だから、そうなんだとおもう。

私は修行僧ではないけれど、アレクサンダーテクニークで少しづつ姿勢よいカラダをつくって、
そしてよい筆と筆の動きや墨のにじみを受け取ることの出来る紙をつかって…書こう♪とおもう。
そんな風に思えるのは、やはり裾野の方ではあるが、アレクサンダーテクニークを続けてきた御蔭なんだよね。
そうなると、新海先生にとっても感謝です。
そして続けてきた私にも感謝しとこうとおもう。
人も道具も、動けるって素敵ですね♪
紙と仲良く。筆と仲良し。
いざ、よい姿勢でいい線をかこう♪(数寄和あさだ)
f0203477_1812946.jpg

一番弟子のシルバさんのことをこの間思い出した。
アレクサンダーテクニークで、地球の裏側まで…そうそうブラジルまで…なんて喩えがあったとき。
シルバさんは、夢をしっかりと持ちながら、日本にきて、日本文化の書を学びたいということで、私と一緒に筆修行(!!かっこういい♪)をされた。
今はブラジルでたいへん多忙な生活を送っておられ…たぶん筆をもつ時間はないだろうけど…
日本の文化に興味があり、一番初めの質問は、「道」という文字だったな。と、地球の裏にあるブラジルのシルバさんに会いたくなった。
姿勢がよくなると、心も自由になったり、素直になったりするようにおもう。
「わたしの花」と書いて、心に花を咲かせた。
わたしの花を咲かそうとおもう。(あさだ)
f0203477_18125943.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
6月24日午前10時より地鎮祭の予定です。
祈祷殿造営に関する地鎮祭は古来より伝わる古式に則った、現在では行われていない作法で実施することとなっています。
ご興味あられる方は、ぜひ、賀茂神社へ。

・パントマイムといえば、伝三Fさん。
ヨネヤマママコさんの御弟子さんだった伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
七夕の7月7日午後7時7分から、京都・法然院にて「蜘蛛の糸」が伝三Fマイムでご覧いただけます。
ご予約先FAX0798-70-7269

・7月7日夜は、大阪でも楽しいイベントがあるようです。
私の元に声は届いてくるでしょうか。
「渡っていくか、声!!」
詩人の今野和代さんからのお知らせを頂戴して、やはり、皆様にお伝えしておこうと思います。

・数寄和からの展覧会のお知らせです。
「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和 大津
会期 = 2012年 5月30日(水)~ 6月23日(土)
時間 = 11:00~18:00 休廊 = 火曜、6月2日3日
住所 = 滋賀県大津市神領3-2-1
TEL 077-547-3209
FAX 077-547-3208
対話型鑑賞をご希望の方々には、3名以上でお越しいただけるとありがたいです。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

・西荻の数寄和では
6月17日午後3時より
天童大人プロデュースシリーズ 第755回 La Voix des Pooetes 詩人の聲です。
ご出演:坂上弘氏

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございました。(数寄和あさだ)
f0203477_18135780.jpg

画像は瀬田の唐橋。塗り替えもおわり、擬宝珠が空に向かっています。
[PR]
by 555sukiwa | 2012-06-15 18:14 | ひと | Comments(0)

VTS(対話型鑑賞)step3を振り返りながら

学ぶということを学んだように思う6日間。
考えるということを考えたように思う6日間。
二足歩行の人はみる。そして考える。そして言語化する。
何度もみて何度も考えて、仲間に自分の言葉で伝えようとする。
f0203477_12344478.jpg

少し暖かい京都の町をふらふらと歩いていると、夜桜の蕾にライトアップの光があたっている。

これから、どんどん膨らんで、美しく咲く桜の花をイメージしながら、カメラを向ける。

この日みた夜桜の蕾は、この瞬間のもの。
桜は日本の花だけど、毎春、桜を愛でるけれど、
いつも桜と呼ぶけれど、同じものは、一つとない。

VTS(対話型鑑賞)を、昨春から、学ぶ機会をいただいた。
もやもやを共有した仲間が、この講座で出来た。
step3からの出発は、どこへと向かうのだろう??

振り返ることが大切だということで、
託されたプレゼントを制作することにした。
(メインはたいへん素敵な扇子ですので、ご心配なく♪大丈夫ですよ~♪)
f0203477_12361543.jpg

f0203477_12363090.jpg

上下画像が一組。裏表(両面)に書いた。
片面とつながりのあるもう片面になっていますように…

みる。
この「みる」の漢字を調べると、なんと多いことだろう。
「見」は、目の形と、その下に人のかたち。

…私たちー。
…海での叡智を身につけ海からあがり、四つん這いの叡智を身につけ立とうとした。二足歩行になり、いっぱいが詰まった頭を身体で支え、手で道具を使い、いろんな「みる」をやっている…つまり、人なんだー!!なんて、あらためて思う。
そして考えて、そして自分の言葉で伝えようとする。
頭の中にあるものを整理して言語化するだけでなく、
心のなかの感じているいろんなことも、
同じ二足歩行の仲間に言葉で伝えようとする。

漢字の古代文字を調べながら、漢字って面白いなと、あらためて思う。
登るという文字に、現代の漢字では見当たらない足。
けれども、古代文字では足部に入っている。
足と踏み台で登る。なるほどと納得!!

葦は「よし」とも「あし」とも読めるんだけど、穂が出るまでと、穂が出てからでは、漢字が違う。

考える葦の人間。
みることのできる人間。
二足歩行の人間。

語るに足る絵。と、書きながら、いろんな絵を思い出した。

漢字でできた言葉の面白さも、書きながら、たのしむ。
促膝談心(そくしつだんしん)は、膝をつき合わせて、心を開いて語ること。
観自在(かんじざい)は、心が澄んでいて自由にものをみること。
f0203477_12351959.jpg

f0203477_12354552.jpg

これから、何ができるだろう??

まずは、ギャラリーで働く私は、7日より始まる「絹に描く 斉藤典彦」展で、お越しいただく方々に絵を楽しんでいただこうと思います。

斉藤典彦先生の作品をみて、涙を流される方も多いなか、
微力(優雅なよちよち歩きを目指しているような私です!)ではありますが、対話型鑑賞の実践も試みます。
宜しければ、体験してみてください。

「斉藤典彦 展 絹に描く」
 大津展 2012年 4月7日(土)~ 5月5日(土) 11:00~18:00 休廊 火曜、15日、16日

イベントワークVTS予定日
・4月7日  展覧会初日 午後2時より(約40分)
・4月29日 昭和の日  午後2時より(約40分)
・5月5日  こどもの日 午後2時より(約40分)
各回10名 無料 予約優先
また、3名様以上でお越しで、VTS体験をご希望の方は、お知らせください。

「絹に描く 斉藤典彦」展詳細は、HPにて
http://www.sukiwa.net/

どうぞ、宜しくお願いいたします。(数寄和 あさだ)
f0203477_12375122.jpg

すてきいっぱいのお知らせですので、どうぞ♪
まずは、お知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆ここから数寄和からのお知らせです。

・4月22日数寄和大津ギャラリーにて
~春の二日月夜に~
雅楽古典曲の調べから 笙、龍笛、高麗笛
正倉院復元楽器の「竽」「排簫」のひびき

笙演奏 田島和枝さん
笛演奏 中村香奈子さん

詳細は、http://sukiwa.net/otsu/をご覧くださいませ。

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_12393041.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-04-05 12:40 | ひと | Comments(0)

西荻の数寄和にて「斉藤典彦」展が、はじまりました!ワークVTSをさせていただきました♪

斉藤典彦先生の作品の魅力を、あらためて感じることとなった、ワークVTS(対話型鑑賞)!
絹に描かれた作品をゆっくりと味わう時間となりました。
ご参加いただきました皆様、有難うございました。
f0203477_17495926.jpg

「絹に描く 斉藤典彦」展がはじまりました。
西荻では、4月1日まで、それから、数寄和大津へと展覧会は場所を移動し、5月5日まで続きます。

さて、上記の画像は、みんな何をみているでしょうか。
実は、VTS(対話型鑑賞)!ウォーミングアップ用に、コピーした画像をみんなで観ています。

みなさんにも、ご紹介しましょう♪
f0203477_17504770.jpg

さて、みなさんは、この写真のなかで、何が起こっていると思いますか。
何か気づかれたこと、感じられたこと,教えてください。
f0203477_1752658.jpg

いっぱい発見がありました。
この場所のこと。時間のこと。人のこと…等。
どんどん楽しくなってきたので、そろそろ絵をみんなで観ることにしました。
f0203477_17524287.jpg

f0203477_1753432.jpg

大きな作品を観るのですから、近くで観たり、離れて観たりと、します。
観る中で、いっぱい気づくこと、感じることがあります。
人の観方と自分の観方。
観方を話す。観方を聴く。
最初に感じた自分の観方が、人の観方を聴きながら、どんどん変化していきます。

…まるで、壁面に展示された光と遊ぶ絹に描かれた作品のように、この作品を観ることで豊かな揺らめきが感情として現れ、思考として現れます。
長くこの作品を観ながら対話すると、何本もの細い川が出会い、大きな流れの川となり、海へと向かうような感じです。
たいへん豊かな鑑賞の時間となりました。

絵とは何と豊かなものなのでしょうか。
今日はじめて会った人同士、一枚の絵を観る時間を共有することができます。
話すこと、そして聴くことで、人と人が関わります。
共感したり、それぞれの違いを感じたり…。

実をいうと、こんな大切な一期一会をどうしたものか、と、前日に新幹線に乗ってから明日にはやっているワークVTSについて考え込んでいました。

どんな入り方が、楽しい入口となるのかな?
「絹に描く 斉藤典彦」展というなかのイベントに相応しいVTSになったらいいな…と考え込んでいました。

先生の作品をみながら、涙を流す人もおいでです。
抽象画は解らない!と、観る前に、おっしゃる方もおいでです。
もし、解らないと感じておられる方が、この機会でわかりたいと思ってご参加してくださっていたら、どんな風に感じられるかな?

絵を解るというのは、どういうことでしょうか。
例えば…人にとって不可欠だというごはんを解るということは、どういうことだと思いますか。
まずは美味しいと感じることだと思います。「美味しいね♪」と、言葉にして、一緒に食している人と、美味しさを共有することだと思います。


絵を解るとは、どういうことでしょうか。
おそらくご飯と同じように美味しいと感じることだと思うのです。
美しいな。という風に感じるものだと思うのです。
絵についての説明ができることは、また、別の話だと思うのです。

この絵は、美しいな。ながく観ていて飽きないな。何度でも、何時間でも観ていたいな。
そのような絵でしたら、観ているうちに、いろんな発見があると思うのです。

同じ一枚の絵ですが、時間によってみえ方は変わります。
朝日の中での一枚の絵と夕日の中での一枚の絵のみえ方は違います。
晴れの日、雨の日…絵は、違う表情を持ちます。


斉藤先生の作品は、たいへん豊かな表情があり、観ながら、感じたことや、発見が、いっぱいありました!
どきどきしていた、前日までが嘘のようでした。

ギャラリーでの仕事で幸せな瞬間は、壁面にすてきな絵が並ぶ瞬間。
それから、素敵な絵を幸せそうな顔でみているお客さんをみる瞬間。
それから、お気に入りの作品を連れて帰りますというお客さんがおいでのとき。
それぞれ「観る」が大きくかかわる幸せの瞬間です。
それから、聞くも同じぐらい大切なんだと思います。
絵がどんな風に並びたいか。
幸せそうなお客様にお声をかけるには、お客様の心の声に耳を澄まします。
観ること。聴くこと。…はなすこと。考えること。
絵だけではなく、いろんな場面で大切ですね。

ワークVTSにご参加いただきました、みなさま♪どうも有難うございました。
拙いファシリテーター(ナビゲーター)ではありますが、多くの人が絵を観る幸せを感じていただければと、思っております。みなさまに、対話型鑑賞を楽しんでいただけるよう、絵を楽しんでいただけるよう、VTSを続けていこうと思います。 
ぜひ、ご参加ください。 

「絹に描く 斉藤典彦」展
数寄和 大津
会期 = 2012年 4月7日(土)~ 5月5日(土)
時間 = 11:00~18:00 休廊 = 火曜、15日、16日
住所 = 滋賀県大津市神領3-2-1

VTS予定日
4月7日  展覧会初日 午後2時より(約40分)
4月29日 昭和の日  午後2時より(約40分)
5月5日  こどもの日 午後2時より(約40分)
各回10名 無料 予約優先
また、3名様以上でお越しで、VTS体験をご希望の方は、お知らせください。

…ひとり、ゆっくりご覧いただきたい方も、ぜひぜひ、展覧会へと足をおはこびください。
また、何度も観たい方も、何度も足をお運びください。
お待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_17542026.jpg

お知らせです。
・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_17551599.jpg

数寄和からのお知らせです。
・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_17584470.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-03-19 17:55 | ひと | Comments(0)

アレクサンダー・テクニークって??身体って??(そして聴こえたアイラブユー♪その32)

生きよう♪と思った日。
生活しよう♪と思った日。
なんだか自分が大好きになってきた、今日この頃。
歩こう♪歩こう♪山のぼろう♪
だって、身体は、動くように出来ているんだよー♪
f0203477_14214789.jpg

アレクサンダー・テクニークを裾野の裾野の方で学んで、7年近くがたっている。
裾野ではなくしっかり学びトレーニングしてこられた人たちの卒業の場を拝見させていただいた。
なんだかたいへん感動した。
自分がどうして感動したのか、考えてみたい。
大人になって、何かを一生懸命学ぶって凄いことなんだ!と、あらためて思う。
義務教育を終えて高校に行く年齢だから、高校に行く。
高校を卒業するから、大学の受験をうけて、大学に行く。
流れの中の卒業や、流れのなかの新しい春を経験をした人は多いとおもう。
此処で卒業された人は、大人で仕事も持っている人。
すごく厳しいトレーニングがあって、何年も学ばれて、そして今回、卒業。
裾野の裾野の方で特別な責任もなく学んでいる身の私ですが、細く長く学んできたのはなぜか、アレクサンダー・テクニークの魅力について考えてみたい…と思います♪

このテクニークは、アレクサンダーさんという役者希望だった人が、声がでなくなった自分の身体を観察して、生まれた。
緊張すると、首が、ひっこんでしまう。
これは、アレクサンダーさんだけではなく、多くの人がよく経験していること。

今日は、なんだか緊張していたから、肩が凝った!!なんて感じる日がありませんか。

首をひっこめるだけが緊張によって起こるものではなく、
例えば、腰が痛かったり、腕が痛かったり、膝が痛かったりと、身体の部分の数だけ、痛い!や、だるい!や、」調子悪い!が、存在している。
どうしてって、この身体があって存在しているのだから。ねっ♪
でも、痛い!や、だるい!や、調子悪い!でない日、感謝するなんてことなく当たり前に動いてくれているのが、この身体。
存在する人は誰でも、たいへんお世話になっているのが、この身体なんですよね♪
身体さんに、感謝していますか??
食べれるのも、味わえるのも、聴けるのも、見えるのも、絵が描けたり、モノが作れたりするのも、この身体さんの御蔭なのですよ♪(ワタシの身体さん、有難うございます。)
そんな身体さんは、その身体の持ち主のワタシのために、その時々に、何かをするために、その為に必要な機能を使ってくれるわけですよね。(感謝です♪)

ところで身体の使い方を学びながら、ワタシたちって、大きくなってきたでしょうか。
ちょっと、不思議な質問ですが、どうでしょう??
動くようにデザインされているこの身体。
動くということであれば、例えば、自動車。動かし方を学びますよね。ブレークのかけ方や、アクセルの踏み方。坂道発進の仕方。高速道路の走り方…等々、学んで、自動車には乗ります。
自転車だって乗るまでには、 ちょっと努力が必要でしたよね。

さて、歩き方。立ち方。学んだ覚えはありますか?
お座りができて、つかまり立ちができて、最初の一歩があって、今日があるのですが、どんな風に足の骨がなっていて、どんな風に使ったらいいか??学んだ覚えはありますか?

アレクサンダー・テクニークは、今まで頑張ってきた身体さんのよりよい使い方を考察することを学びます。
ここでよく聞くのは、身体の中の動きという言葉を耳にします。
動くようにデザインされているのですが、身体の中の動きがあると、それぞれのパーツがご機嫌な働きをしてくれるようですし、それがまた身体全体の動きとなります。
人生80年の今日、ぜひ、身体さんには、素晴らしい動きをしていただき、自己実現の協力をしてもらいたいと思うのです。

私とワタシの身体は、私の夢をかなえるために、頑張るのです!!
♪仕事のできる風流人になりまするので、身体さん、どうか宜しくお願いいたします。(あ)♪

昨日から今日、自分のなかで盛り上がりまくりました!
細く長く裾野の方で学んでいても、アレクサンダー・テクニークって、やはり素敵です。
それで、少し話は戻ります。
アレクサンダー・テクニークのトレーニングされた人となると、精神的にも、かなり修行を積まれていると感じます。
これは、自分の身体だけでなく、たくさんの人の身体についても感じ考えて長い時間を過ごしてこられたからだと思います。
動くことのできる身体をもって、この世に存在していることの素晴らしさを、学ばれた方々なんですよね。
この修行をされた人の傍にいると、此方の気持ちが、ざわざわの日でも静かになってくるのです。不思議です。この静かな気もちで過ごせることって、世界と対話しやすいように思います。
身体には動きがあり、精神は動じない。…理想ですよね。
自分だけでなく…。素晴らしいと思います。
自分の仕事を持っておられ、学びトレーニングされ、その仕事をさらに充実!!
身体自体、もともと在る。だいたい動ける。学び練習して、さらに動き…裾野で学んでいても意味のあることですよね。

…息を吸う。山に登って息をいっぱいはいて、長生きの木々からの贈り物の空気をいっぱい吸う。深呼吸が自然にできている。
身体のなかで、動きがおこる。
大好きな笛を、この身体で吹く。
筆を持つ。言葉を書く。
歩きながら、生きよう♪と思った。
いきいきと生活しよう♪と思った朝。
自己実現の日もかならず、やってくると思う日。…

いろんなものは、繋がっている。私が学んできたことを、会える人にお伝えしたいなぁ♪と思う。
いろんなものが繋がっていて社会が成り立っている。
まぁるい地球と世界がある。(あ)
f0203477_14223932.jpg

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

数寄和からのお知らせです。
・現在、あさだが勉強をしておりますVTSを、みなさまと一緒に楽しみたいと思います。
御希望の方は、数名でご参加ください。
ご連絡お待ちしております。
VTSって??
対話型鑑賞。
よくみることで、いっぱいみえてくることがあります。
また、見えたことを話したり、他の人の見えたことを聴いてみて、さらに見ると…
一枚の絵の味わいがたいへん豊かになるように思います。
ぜひ、お友だちを誘って、数寄和大津へ絵を観にきてください。
出かけているときもありますから、ご確認くださるとありがたいです。お手数をおかけしますが、宜しくお願いいたします。
現在、展示しているのは、亀井武彦先生の墨描作品や、三浦幸子先生の猫が描かれている掛軸などです。
3月17日から始まります、斉藤典彦展でも、VTS(対話型鑑賞)を楽しむ時間を持とうと思います。詳細は、数寄和へお問い合わせください。

・西荻の数寄和からです。
天童大人プロデュースシリーズ 第713回 La Voix des Pooètes 詩人の聲 出演:野谷文昭
 2012年3月11日(日) open 15:30 start 16:00
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・数寄和からのお知らせは、いっぱいあります。
お客様の喜んでいただける商品のご紹介、作家や作家のたまごさんの皆さんに喜んでいただけるイベントの企画(ギャラリーへ行こうや、シーズポログラムなどなど)まずは、数寄和のホームページをご覧くださいませ。宜しくお願いいたします。
http://www.sukiwa.net/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1423304.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-02-27 14:23 | ひと | Comments(4)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧