すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

カテゴリ:ひと( 34 )

ジヲカキテ言葉ヲショクス 其の三

さざなみや志賀の都はあれにしを
むかしながらの山ざくらかな
平忠度(「花の詩(天来書院)」より)

f0203477_1443593.jpg


さざなみの(志賀の都の枕詞)、志賀の都(天智天皇の大津の宮)は荒れてしまったのに、むかしながらの(長等山にかかる)山桜は咲いていることよ。このような歌です。

作者の平忠度(たいらのただのり)は、平清盛の弟で、平安期歌人でした。

「行きくれて木の下かげを宿とせば花やこよひの主ならまし」
一の谷の戦で戦死したおりに、忠度の箙(えびら)に結び付けられた文を取ってみたところ、この歌が書き付けられていたと伝わっています。

忠度の歌には、怒りも哀れも突き抜けて、何とか自分が捉えたいもの・繋がりたいものへと思いを馳せながら、すべてを包み込もうとした心があるように思います。

梅の花夜は夢にも見てしがな闇のうつつのにほふばかりに(忠度集)
恋ひ死なむ後の世までの思ひ出はしのぶ心のかよふばかりか(新拾遺)

ブラジルから来られた方に、桜の印象をきくと、すぐ散って驚いたと言われます。
日本の花。日本人の美意識。
それまでは、花と言えば梅だったのに、花と言えば桜になった時代。
潔く散る花、桜。花に心を通わせて、在るうた。

ブログ「吉備高原の季節」に美しい山桜の画像がありました。
いつも美しい自然の画像があるブログです。
http://kibikougen.blogspot.com/
f0203477_1440393.jpg

石楠花が美しくすきわ庭に咲いています。
[PR]
by 555sukiwa | 2009-04-20 14:35 | ひと | Comments(2)

ピアノ弾きマツタケダイスケさんのコンサート

4月26日午後2時ピアノソロライブ藤居本家様けやきの大広間
5月30日午後6時半ピアノコンサート滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
f0203477_13323489.jpg


マツタケダイスケさん。お元気ですか?
いよいよコンサートまで、10日となりましたね。
数寄和のスタッフも、マツタケさんのピアノを聴けるとたいへん楽しみにしております。
スタッフが「忙しい時、マツタケさんのピアノソロアルバム『una corda』を聴くと落ち着き、仕事が捗る」と言っておりました。
不思議な力がありますね。マツタケダイスケさんにもマツタケダイスケさんの音楽にも。
数寄和は、主に日本画の作家の方々と御縁がありますが、作家の方々とマツタケさんは、なぜかすぐに親しくなっておられますね。自然の中の暮らしや、人にとっての自然な暮らしを意識しながら制作されている日本画の作家の方々と、ふるさと滋賀に戻って音楽をつくっているマツタケさんが、親しくなるのは当たり前のことなのかも知れませんね。

より多くの人が、マツタケさんの演奏を聴いてくださることを願いつつ祈りつつ、マツタケダイスケさんのブログ紹介をしておきたいと思います。
言葉が足りないといけませんので、若山さんと山下さんのブログもご紹介しておきたいと思います。

♪マツタケダイスケさんブログuna corda♪
http://jiri2.jugem.jp/

☆若山卓さんブログカラスときこり
http://wakayamataku.gunmablog.net/
(記事タイトル ・ギャラリートークの後)

☆山下和也さんのブログよもやま解体新書
http://blog.goo.ne.jp/kazuyajack/
(記事タイトル ・静聴せよ!(それは三島由紀夫)他)
[PR]
by 555sukiwa | 2009-04-16 13:36 | ひと | Comments(0)

うれし~幸せ~♪

f0203477_18554033.jpg
わぁーい!!だいすき!!
(音楽亀も、音楽亀をくれた人たちもです!)
私にはこれしかない!!ってお土産くれました♪
サンキュー♪嬉しいよ~♪
この間から、何か良いことあると思っていました!
これぞ  シアワセ~♪ なのです。
GOちゃん、フジキさん、ホントにありがとう♪
今日は、とっても良い日です!

f0203477_18561818.jpg


やった~!
きよちゃんから、コカリナもらったよ♪
[PR]
by 555sukiwa | 2009-04-04 18:57 | ひと | Comments(0)

京の春光・ひらり

京都の川。
鴨川。
高瀬川。
どちらも、穏やかで優しい流れです。

f0203477_18314519.jpg

春。
穏やかな陽ざしです。
高瀬川の辺りでは、あちらこちらで、
開き始めた桜を、晴天の今日が撮り頃とばかりに、
カメラを構える人たちに出会いました。

あと数日で、桜が満開のようですね。

私は、散る桜も嫌いでは、ありません。
歌のタイトルは忘れましたが、ユーミンの♪見知らぬ町を、一人歩いたら、風は空から花びら散らす♪と、ひらりひらひらと舞散る桜の幻想的な世界に包まれるからです。
同じ場所でも、風景が変わると、一味違う世界が広がります。

知っていたはずの場所も、風の吹き方一つで、草木の揺れ方が変わったり、波も変わったりするからです。





f0203477_18343854.jpg


鴨川。
鳥たちを、いつも見かけます。

川べりの桜の木々を見ながら、桜の歌を思います。
桜の歌をうたった人にも思いを馳せます。
ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ (西行)
西行は、この歌のとおり、陰暦2月16日、釈尊涅槃の日に入寂したといわれています。





数寄の宴でも、尺八を吹いて下さったロビン先生。
ロビン・ロイドさんは、京都は平安神宮である紅しだれコンサート2009に出演されます。
穏やかな春の一日。数寄和の展覧会に足を運んでいただき、その後、夜桜とロビン先生の尺八の音色を楽しんでいただけると幸いです。(あ)
ロビン・ロイドさんのホームページ
http://www.robbin-muse.info/html/live0904.html
[PR]
by 555sukiwa | 2009-04-01 18:29 | ひと | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧