すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

数寄和の今夏のギャラリーへ行こうの最終日におもうこと。

夏休みと言えば、宿題の読書感想文。何を書いたかしら…?
夏季特別企画ギャラリーへ行こうの鑑賞感想文をひとつかいてみようかな…?
f0203477_1585630.jpg

八月二十九日 晴れ
今日はギャラリーへ行こうの最終日。
数寄和大津のギャラリーへ行こうの当番ですから、遅刻しないように瀬田の唐橋を渡ります。でも、この橋の上では、涼しい風の誘惑と、美しい風景の誘惑と、そして美味しそうなかき氷の誘惑が待っています。どれもこれも魅力的なのです。
もし、私が、ピノキオの妹のピノコなら、思わず誘惑に負けるところですが、負けず嫌いの私は、誘惑にだって負けるわけにはいきません♪(笑)
時々、アイスキャンディーの入った袋を自転車に乗せることはあっても、朝から、かき氷を食べることは、ギャラリーへ行こうへ通う日々、一度もありませんでした!
涼しい夏なら、当たり前のことですが、今年の夏は、とてもとても、そして、ほんと、とっても暑いです。猛暑という言葉が、当たり前に、口から出て、耳に入り…という具合です。そう、暑い暑い日々でした。
そんな中、ギャラリーへ行こうへ、足を運んで下さった方々、どうも有難うございます。
そして、毎日、ギャラリーへ行こうを楽しんだ、私です♪今年も元気いっぱいの夏です♪

子どもの頃の長いなつ休み。
毎年あった読書感想文の宿題。
本を読むことで、初めて心を動かした世界がありました。子どもは、知らない世界が多いのですが、その分、新しい世界を無垢な目でみます。頭を動かし考えました。長い夏休みだからこそ、今日でなく明日、えんぴつを持った手を動かすことが出来ました。
…本の中の主人公と、主人公以外の人々。風景などなど。
それぞれの関わり方。
それぞれの感じ方。
それぞれの考え方。
それぞれの暮らし方。
それぞれの生き方。
あるきかた、はしりかた、たべかた、はなしかた…
いろんな…
さまざまな…
多様でございます。そう、多様です。けれども、また…
一様では、ないけれど、一冊の本を読むことで、共感できることが見えたり感動したり、そして自分の感じ方や考え方もみえてきます。
一冊よりは、一冊×5の方が、より共感できること♪、ぜったいおかしいと思うことが、わかります。自分の感じ方、考え方がわかります。
長い夏休みだから、出来たこと。
言葉でつづられた一冊の本を読んでみること。
たいへん意味のあることだったように思います。
宿題を、嫌でもした、子ども時代。(えらかったのね涙)
あの時だったから出来たこと。
その土台があって、今も、ながい本を読んでみます。
図書館で借りた本。本やさんで買って、今も、家の本棚の片隅にある本。あっ、この本読んだなって思う本。
ひとつの言葉にも、いろんな意味があるって、たくさん本を読む中で、知ってこれたことの多いこと。

絵は、どうでしょうか。
共通認識を持つ事の出来る言語…言葉とは違います。しかし、よく考えるとひょっとしたら言葉以上に観る人々の共通認識があるようです。
文学、美術、音楽。
それぞれの文化芸術は、人が人であるゆえ…必要不可欠なものです。
だから、図書館やコンサートホールや、そして美術館があるのです。
だから、本やさんや、ライブハウスや、そしてギャラリーがあるのです。
美術館で観る絵の魅力。名品は、みんなの財産です。
そして、ギャラリーで買ったお気に入りの絵を、一月間、ずっとみた夏休みがある子ども。
そんな豊かさって、いいなっと思います。ステキだなと思います。アナタは、どう思いますか。
私が子どもだったとき、こんな絵を夏休み中、観ていたって、押入れから、絵をだしてお子さんに見せるお母さんがいたり。
夏休み終わる2日前に、ぶたの貯金箱を抱えてギャラリーへ走っていって、こんな絵をかってきました!と、お気に入りの絵を、学校に持ってくる子がいたり。
美術館では、あの絵も、この絵も、とても良かったです。ギャラリーでは、現代の作家の作品が観れました。お小遣いためて、いつか私の部屋に飾りたいです♪とか…。楽しい空想をしてみます。

ギャラリーへ行こう。
当たり前の会話になったら、いいなっと思うのですが、アナタはどう思いますか?
暑いねと同じでなくても、美術館へ行こう、図書館へ行こう、本やさんへ行こうと同じぐらいになったらいいなっと思うのですが、どうですか。

数寄和大津へお越しくださる方々のいろんなギャラリーへ行こうのシーンを想像して楽しんだ一月間でした。
そして、お越しいただいた方々と、一枚の絵×展示数、おはなしした日々でした。
いろんな感じ方があってステキです。
友だちも、この展覧会で、初めて、絵を買ってくれました。
なんだか、とても、幸せ気分になってもらいました。
自分のお気に入りの絵との暮らしが始まります。
にこにこしている友だちをみていると、私も嬉しいです。
ますます、ギャラリーで、いい仕事が出来るように、頑張りたいなと思います。
展覧会ごとに、表情をかえるギャラリーの壁面。
一枚の絵の表情が、展示や光や観る人の気持ちを受けて変わるように、ギャラリー自体の表情も変わります。
作品と表具の関わりと同じように、作品と展示全体、作品を引き立てる展示について心と頭を働かせ力をつけて、昨日より今日、よい展示にしたいと思います。

今夏の夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」は今日で終わりますが、数寄和のギャラリーは、いつも、皆様のお越しをお待ちしております。
合い言葉は、「ギャラリーへ行こう」ですよ♪
皆様のお越しをお待ちしております。
(あんまり、鑑賞感想文になりませんでしたね♪)
f0203477_15103079.jpg

すきわ草子のマスコットキャラクターが、この夏、誕生しました。
あずきちゃんです。
そして、あずきねえさんです。
あずきねえさんから、ご挨拶です。
「私は、常に好い絵が観たいのです。
だから、合い言葉は、ギャラリーへ行こうです♪みなさま、ギャラリーへ行こう♪」
あずきちゃんからの一言ご挨拶です。
「あのね、絵は、ずっと観ていると、するめいかと同じで、味がでてくるんだよ。私も、ずっと一緒にいると良い子なんだよ」(笑)
あずきちゃん。そして、あずきねえさん。
すきわ草子に時々出現すると思いますので、どうぞ、宜しくお願い致します。
f0203477_15113121.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-29 15:18 | すきわ日和 | Comments(1)

びわ湖と瀬田川と、そして広がる空

びわ湖が在る限り、びわ湖の上空に広がる空があります。
びわ湖が在る限り、びわ湖が鏡となり、空を映しだします。
私はびわ湖から流れる瀬田川をいつも見ています。
数寄和(すきわ)の今夏のギャラリーへ行こうは、明日までです。
f0203477_11424636.jpg

f0203477_11423131.jpg

☆数寄和(すきわ)からのお知らせです。
数寄和の夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」は8月29日(日)まで開催中です!

一枚の絵をずっと見ていると、その絵から広がる世界があるように感じます。
奥深く広がる世界は、平面作品が、見る側の私たちの心に投げかけ、出来る世界のようです。
出来あがった作品は動かないのではなく、描かれた世界に、動きがあると言うか、生きているように感じます。
壁面に展示された作品は、みる人を待っています。

美術館、博物館で名品を鑑賞するのも幸福な時間ですが、気に入った絵画を手許に置いて時折眺めるのは至福のひとときでしょう。一度ギャラリーへ出掛けてみませんか?個性豊かな作品の中から、あなたの大切な一点が見つかるかもしれません。
数寄和では、夏季特別企画として、作家を志し制作を続ける方々の作品を展示販売します。ぜひお出掛けください。

会場
数寄和(すきわ)
東京都杉並区西荻北3-42-17
Tel.03-3390-1155
http://www.sukiwa.net

数寄和大津
滋賀県大津市神領3-2-1
Tel.077-547-3209
http://www.sukiwa.net/otsu
f0203477_1111648.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-28 12:01 | 近江 | Comments(0)

地球の上に筆で書く、言葉。地球の上で書♪絵を筆で描く。地球の上でしょ♪

f0203477_13455878.jpg

(画像は、愛する大阪の詩人と会うために訪れた、大阪の町の風景)
赤ワインとチーズを持って、詩人の今野和代さんが、地球の上を歩きながら、やってきてくれた暑い夏の日。
今野和代さんの筆でかかれた字について話しました。
今野さんの字は、地球の上に書くような、パワーのある骨太な字です。見る私を感動させてくれます。
私は、地球の上にいつか言葉を書きたいと数寄和スタッフに何度も何度もいっているけれど、今のところ、空にうかぶ雲みたいな字を書いています。甘ったるいような、舌ったらずのような、水っぽいような…。時々、雨雲みたいな…そんな字だと思います。
…私が地球の上に筆で字を書く日には、水たまりがいっぱいできますよ~♪(宣伝文句に使おう!!なんの宣伝文句だろ!?)

美しい言葉は、美しい音楽から生まれる子どもだと思うといったら、今野さんは、言葉から美しい音楽が生まれると思うとのこと。
時々下さる葉書の言葉は、音楽から生まれたように感じます。そんな美しく可愛い言葉を生み出している詩人の今野さん。
そんなステキな言葉から生まれる音楽ってどんなに美しい音楽なんだろう??どんなピカピカキラキラの音楽なんだろう???
と、思います。
…地面に出来た水たまりに、青空の光がきらきらと輝く時がある。ひょっとしたら…、あれが言葉から生まれた音楽なんだろうか…。
それとも、灰色の空に小さく覗く青空の切れ端が、言葉から生まれた音楽なんだろうか。
今度、詩人の今野和代さんに会ったときに、訊いてみたいと思います。

さて、アナタは、音楽から生まれた言葉をきいたことがありますか?言葉から生まれた音楽を聴いたことはありますか?

この質問…、絵にすればどうなるのでしょうか…?
アナタは、絵から生まれた言葉を聞いたことがありますか?
言葉から生まれた絵をみたことはありますか?
アナタは、絵から生まれた音楽を聴いたことがありますか?
音楽から生まれた絵をみたことはありますか?
などなどと考えます。
もう少しひねくったら、音楽から生まれた言葉。その言葉から生まれた絵をみたことはありますか?
言葉から生まれた音楽。その音楽から生まれた絵をみたことはありますか?
そんなピカピカのキラキラの絵をみてみたいと思いませんか?
私は、そんなキラキラピカピカの絵をいつも見たいなぁ~♪と願っています。
f0203477_13493192.jpg

(画像タイトル きいろのはな、さく…とつけようかと思う。タイトルは難しいのです)
☆数寄和(すきわ)からのお知らせです。
数寄和の夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」は8月29日(日)まで開催中です!

美術館、博物館で名品を鑑賞するのも幸福な時間ですが、気に入った絵画を手許に置いて時折眺めるのは至福のひとときでしょう。一度ギャラリーへ出掛けてみませんか?個性豊かな作品の中から、あなたの大切な一点が見つかるかもしれません。
数寄和では、夏季特別企画として、作家を志し制作を続ける方々の作品を展示販売します。ぜひお出掛けください。

会場
数寄和(すきわ)
東京都杉並区西荻北3-42-17
Tel.03-3390-1155
http://www.sukiwa.net

数寄和大津
滋賀県大津市神領3-2-1
Tel.077-547-3209
http://www.sukiwa.net/otsu
[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-25 13:59 | 美味 | Comments(0)

船幸祭と、とらかい?会と、千鳥団扇。そして、夏の花火。

今年の建部大社の船幸祭は、とらかい?会のメンバーと一緒に楽しみました。瀬田川と、御神輿。
そして―
f0203477_13535231.jpg

とらかい?会メンバーのちどり団扇に描かれた絵。
木の枝に乗った小鳥。
雲に乗った雷神と、そして道をのっそりと這っているかたつむり。
何かに乗った!!が、本日のお題でした!(…ちどり団扇、もらっちゃいました♪)
f0203477_13555985.jpg
f0203477_13561510.jpg
f0203477_13563553.jpg
瀬田川と、船幸祭の船。
なんだか、幸せ気分にしていただける風景。










そして、お提灯が美しい御神輿と、信号の赤い光。


こちらも、2010建部大社の船幸祭の風景です。







f0203477_13583487.jpg
會津八一さんの学規のことば。受験生のための言葉として、八一さんが、つくられたそうです。
受験生というと、新しい世界へと入るための努力をしている人ですね。
いくつになっても、新しい世界に入るときがあります。
今朝の私も、今このときへと向かっていたように思います。
通り過ぎた昨日が、あんまり自慢できない日であったなと振り返りおもう日も、ありますね。
ただ、好ましいところも、クセのあるところも、自ら受け入れてつくりあげてきてしまった!!この私だから、在った時間だと思うと、それぞれの今までの時間が、愛おしく思えるのですが…。
こんな私だけれど―いやいや、この私は、ただ一人の大切な私であり、私しか、つくり上げることの出来ない私ですよね!愛すべき存在の、この私です♪
明日は、今日より、一歩すすんでいそうです。がんばれ!って、声援を私は私に、いつもいつも、おくります♪
頑張れって声援を、私は、私に、いつも、いつも、送り続けたいと思うのです。

さて、この八一さんの沁みる言葉を、千鳥団扇に、少しずつ書いてみました。
なんとなく、絵も描いてみました。
千鳥団扇3枚に書いたので、日々違う団扇を楽しめそうです。
先日、一緒に筆遊びをした甥っ子に一枚あげようと思います。なんだか言葉好きのようです。嬉しいことです。
言葉は、声にだしたり、字を書くことで、身体の栄養になるように思います。
心に、頭に、沁みるように思います。
絵は、実際に、どれだけしっかりと対象を見ていたか、また、どれだけ把握しているか、どんな風にみているか把握しているか?を描くことによって解るように思います。
筆を持ってみませんか。一字一字を丁寧に書いてみること、一筆一筆をゆったりと味わうこと。
人生の時間(いのちのじかん)は、時計のカチカチと規則正しい進み方と、少し違うように思うのですが、いかがでしょうか。筆をもってみましょうよ。


☆数寄和(すきわ)からのお知らせです。
数寄和の夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」は8月29日(日)まで開催中です!
ぜひ足をお運びください。

会場
数寄和(すきわ)
東京都杉並区西荻北3-42-17
Tel.03-3390-1155
http://www.sukiwa.net

数寄和大津
滋賀県大津市神領3-2-1
Tel.077-547-3209
http://www.sukiwa.net/otsu

f0203477_15251924.jpg

空に咲く花火の姿を忘れることなく、
見ていたか。
みていたか。
見慣れていると思っていたのに、
三つ前の花火も忘れ、
今、咲く花火に見とれるのみ!
瞬間に咲く花の色は、あお、あか、き、オレンジ・・・
ひかるはなばな。
光る、ひかる、空の花々。
そして、今。
夏の空に咲く、紫陽花のカタチの花火。
桃色ではなく、薄紫でもなく、
ただ光の小花が集まり夏空に咲く
あじさいのカタチの
なつのはなび。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-19 14:56 | すきわ日和 | Comments(0)

ギャラリーへ行こうの展示風景(数寄和大津編その2)

今日は、建部大社の夏祭り船幸祭です。花火、みましょう♪
ギャラリーへ行こうへも、ぜひぜひ、足をお運びくださいね。
f0203477_1645333.jpg
f0203477_16472139.jpg
f0203477_16483543.jpg
f0203477_141562.jpg
f0203477_1414160.jpg
f0203477_1425995.jpg
f0203477_143372.jpg

数寄和大津の展示作品のご紹介です。

饗場 悦子 「裸婦1」「裸婦2」 「芽」 「ほうずき」
大野 麻里 「いろんな色の雲」 「白い雲」「チカチカとりとり」
遠藤 麻木子「没弦琴「草花四題-蓮」」 「女の貌」
神山 歩 「であい」「らっかせい」
桑原 陽子 「華獅子」「かげりゆく部屋」
国本真央 「みぎじしず」「ひだりじしず」「まんなかじしず」
是永麻貴 「雨あがり」
田中 明子 「Scenery」
西川 芳孝 「カラス」
半田藍 「地の靄(もや)」
深萱由希 「漂う(そら)」
福田 季生 「花飾り」
水口かよこ「椿」「空の隙間#14 3/6」「空の隙間#4 5/7」「空の隙間#6 3/15」 「Leaves #3」
箕輪千絵子 「生息の儀式」
百瀬晴海 「山鳩」 「大輪の花」
森桃子「樹下」
若山 卓 「嘴細烏図」「阿久原の赤い馬」

数寄和の夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」は8月29日(日)まで開催中です!
ぜひ足をお運びください。

会場
数寄和(すきわ)
東京都杉並区西荻北3-42-17
Tel.03-3390-1155
http://www.sukiwa.net

数寄和大津
滋賀県大津市神領3-2-1
Tel.077-547-3209
http://www.sukiwa.net/otsu
[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-17 14:06 | かたち | Comments(0)

17日からのギャラリーへ行こうの展示風景(数寄和大津編その1)

数寄和(すきわ)本社も、数寄和大津も展示替えをしました。
数寄和大津は、二日間にわたり展示風景をアップしますので、ぜひ、すきわ草子にて、明日もご確認ください。
f0203477_19412072.jpg

f0203477_1353457.jpg
f0203477_1942417.jpg
f0203477_19422916.jpg
f0203477_19425814.jpg
f0203477_1943103.jpg

■美術館、博物館で名品を鑑賞するのも幸福な時間ですが、気に入った絵画を手許に置いて時折眺めるのは至福のひとときでしょう。一度ギャラリーへ出掛けてみませんか?個性豊かな作品の中から、あなたの大切な一点が見つかるかもしれません。
数寄和では、夏季特別企画として、作家を志し制作を続ける方々の作品を展示販売します。ぜひお出掛けください。

□内容 
絵画・版画の小品を募り、入選作品を展示販売します。会期中展示替えを行います。展示作品はHPでご確認ください。

□会期
7月31日(土)~8月29日(日)
11:00-18:00
本店休日予定 8月15日
大津休日予定 8月3日、10日、13日~16日、24日
休日詳細につきましては、HPまたはお電話にてご確認ください。

□会場
数寄和(すきわ)
東京都杉並区西荻北3-42-17
Tel.03-3390-1155
http://www.sukiwa.net

数寄和大津
滋賀県大津市神領3-2-1
Tel.077-547-3209
http://www.sukiwa.net/otsu
[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-16 19:44 | かたち | Comments(0)

小鳥も日々おおきくなっています。

小鳥も、子犬も、人の子も、日々大きくなっているのが解ります。
いよいよ17日は、建部大社の船幸祭。
「ギャラリーへ行こう」の展示替えをしましたので、何度も足を運んでくださいね。
f0203477_1842698.jpg

おかあさんが、キィ―っと鳴きながら、
辺りの様子を窺がっています。
エサを銜え、何度となく、すきわ庭にやってきます。
f0203477_1864720.jpg

リクくん、お利口にしていてね。と願いつつ…
久しぶりに、皆で、書き初め大会をしました♪
愛犬リクと、鳥の鳴き声が、数寄和大津に鳴響く…お盆の日。
f0203477_1853068.jpg












ほらね。
大きくなったでしょ?
松の枝をお散歩します。
鳴き声も、おかあさんから、教わっています。
キィー。なんだか、可愛い鳴き声よりも、まず、身の安全を守る声を覚えるようです。
空飛ぶ鳥たちの余裕のある可愛い声も、いずれ…必ず!!








それでは、家族写真です。
今日は、8月15日。
いつか、巣立つのだわ~と思いつつ…。

f0203477_18105777.jpg

8月17日は、近江一之宮建部大社の夏祭りです。
御神輿が、瀬田川をくだり、また、戻ってきて、夜空に花火が咲きます。
瀬田の唐橋東詰の、美味しいアイスキャンディーやかき氷のお店寺万さん。
そして、建部大社。
間に、数寄和大津ギャラリーがあります。
ぜひ、ギャラリーへ行こうへ、お越しくださいな。

数寄和からのお知らせです。
☆夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」☆
美術作品との出会いは人生を豊かにしてくれます。
美術館、博物館で名品を鑑賞するのも幸福な時間ですが、
気に入った絵画を手許に置いて時折眺めるのは至福のひとときでしょう。
一度ギャラリーへ出掛けてみませんか?
個性豊かな作品の中から、あなたの大切な一点が見つかるかもしれません。

詳細につきましては、数寄和(すきわ)ホームページをご覧いただけますと、幸いです。
http://www.sukiwa.net
f0203477_18384134.jpg

会津八一のことば(学規より)にて、書き初め大会をしました!
[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-15 18:13 | かたち | Comments(0)

誰が好きですか?小鳥も子象も、おかあさんのようです。

まどみちおさんのぞうさんの詩では、おかあさんですね。
「ギャラリーへ行こう」では、誰が一番好きですか?という項目のアンケートをとっていません。
さて、あなたの好き??
f0203477_1358959.jpg

チクチクの松の葉があるなかに、鳥の巣。親鳥の知恵を思いますね。
もし、自分が鳥だったら、何処に巣をつくることでしょう?
もし、自分が鳥だったら、何の鳥かな…?なんて、想像します。

さて、質問です。
誰が一番好きですか?
この一月以内に出会った人の中で誰が一番好きですか?
これから一月以内に一番好きな人に出会いますか?
何が一番好きですか?
食べものの中で一番好きなものは何ですか?
その食べ物は、一人で食べるときと、誰かと食べるときと味は同じですか?
何処が一番好きですか?
夏の風景の中で、一番好きなところは何処ですか?
何処へ旅に行きたいと思いますか?
何処で住んでみたいと思いますか?
最近、泣いたことは、ありますか?
どうして泣いたのですか?
人を泣かせることは、ありますか?
それは、どんな時ですか?
今まで生きてきたなかで、一番幸せに感じたときはいつでしたか?
これから生きていくなかで、一番幸せに感じるであろう出来ごとは、どんなことでしょうか?
音楽は好きですか?
どんな楽器が登場する音楽が好きですか?
映画は好きですか?
どんな俳優が登場する映画が好きですか?
詩は好きですか?
どんな時に、詩を好きだと思いますか?
絵は好きですか?
どんな絵がお好きですか?
これから好きになるといいだろうなというものは、ありますか?
新しく何かを好きになるためには、どんな工夫が必要でしょうか?
あなたの一番好きな人の好きなものは何ですか?
あなたの一番好きな人は、あなたの一番好きなものを、好きですか?
それは、最初からでしたか?最近のことですか?
あなたの一番好きな人の好きなものを、あなたは好きですか?
それは、元々でしたか?それとも、好きになってきたのでしょうか?
さて、一番楽しく答えられた質問は何でしたか?
また、一番時間をかけて、答えた質問は何でしたか?
さて、あなたの一番好きな人に、これらの質問をしてみませんか?
さて、あなたは、あなたの一番好きな人の、(これらの質問の)返答を想像することができますか?
また、あなたの一番好きな人は、これらの質問をどんな風に感じる人でしょうか?
また、あなたの一番好きな人も、好きな人に、同じように質問するでしょうか?
もし、しないとしたら、それはどうしてでしょうか?
もし、あなたが最初から質問を考えて、一番好きな人に質問するとすれば、どんな質問をしますか?
f0203477_13591887.jpg

数寄和からのお知らせです。
☆夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」☆
美術作品との出会いは人生を豊かにしてくれます。
美術館、博物館で名品を鑑賞するのも幸福な時間ですが、
気に入った絵画を手許に置いて時折眺めるのは至福のひとときでしょう。
一度ギャラリーへ出掛けてみませんか?
個性豊かな作品の中から、あなたの大切な一点が見つかるかもしれません。

詳細につきましては、数寄和(すきわ)ホームページをご覧いただけますと、幸いです。
http://www.sukiwa.net

☆お知らせのお知らせです☆
滋賀のピアノ弾きマツタケダイスケさん♪
ピアノソロ木曜ライブを、バールムジカ・ティオ(滋賀・大津)にて♪
詳細は、マツタケダイスケさんのブログpura vida!をご覧くださいませ♪
[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-11 14:13 | ひと | Comments(0)

いつか、青空を歌いながら、飛びまわるのです。

すきわ庭の松に、巣。
眠っている、可愛い雛鳥たち。
親鳥が、「ギャラリーへ行こう」と、
此処に巣をつくってくれたのかな?
f0203477_13904.jpg

鳥の子が、眠っていた。
庭の松の木に、眠っていた。
親鳥が作った、巣の中で、眠っていた。
すやすやと、眠っていた。

いつかの、鳥のうた。
いつかの、巣立ちのとき。
いつかの、飛翔。

ほらね、ひろい空に、鳥語(tobu)がきらきらと光っているでしょう?
ほらね、鳥が羽を風に乗せるときに、光が、生まれ、消え、生まれ、消え、そして、また…
鳥のうたが、そこから、あっちから、聴こえるでしょう?
ほらね、ほらね…目をすまして、聴いてみると、ほらね、ほらね。

今日、私に想像を与える、
ひな鳥の、すやすやの…
…おやすみ。
また、明日。
f0203477_1394742.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す人たちに小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
多くの力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

☆夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」(7月31日~8月29日まで)☆
(開催は7月31日(土)からですが、作品は8月12日(木)まで受付しております。)
詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧いただけますと幸いです。
http://www.sukiwa.net/
f0203477_14193717.jpg

☆ラジオを聴いてくださった方々へ
有難うございました。
遠くにでも話している内容が、届くように、ゆっくり、話そうとだけ、心がけておりました。
一緒にラジオを聴いていた愛娘からは、いつもの声と違うと何度も言われました。いつもは、もう少し高く早口だと思います。
今朝、ラジオを聴いていてくれた友人から、電話があり、やはり、いつもと違って、落ち着いていたとの感想でした。
誰かの歌…例えば芭蕉の俳句を、筆をもち、感じ取れる世界の広がりは、ゆっくりと筆運びをしたからこそ、味わうことの出来るものだと感じています。
初めての話を誰かに話すときも、ゆっくり、ゆっくりの方が、好いと思うようになりました。
笑える余談です。ブログすきわ草子をみた、愛娘がいうには、すきわ団扇は、お好み焼きをイメージするとのこと。美味しい話です♪(笑)
何かを見たり、聴いたり…それぞれ広がる世界は、誰かとなんだか同じであって共感したり、やはり人それぞれで違っていたり…。話すことで、自分の感じ方を言葉にして、整理します。
「見る」ことを、誰かと話す面白さ、豊かさに気づきます。
「見る」空間のギャラリーでの会話。ラジオを通して聴いてくださった人、一人ひとり違うイメージの広がりがあったように思います。
川本勇様が、聴いてくださったり、まとめて下さったりと、贅沢な時間を過ごさせていただきました。
いつも通りステキなお声の川本勇様と、ちょっといつもと違う私の声で、ラジオを通して皆様にお伝えした、数寄和。そして、「ギャラリーへ行こう」。
ぜひ、一度、「観る」為に、足を運んでくださいね。
どうぞ、宜しくお願い致します。(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-08 13:12 | すきわ日和 | Comments(0)

数寄和大津のギャラリーへ行こうが、ラジオで♪♪♪~

びわ湖を愛するミュージシャン川本勇さんが、数寄和大津へ来て下さいました。「勇さんのGO!GO!ユーストン」KBS京都ラジオ8日(日)午後7時半から、聴いてくださいませ。ひょっとしたら…!?♪~!♪
f0203477_1540168.jpg

今を走る人(イマジン)を紹介したコーナーに出さしていただけるようで…。
数寄和大津の休廊日に、勇様とスタッフの方々をお迎えさせていただきました。

たしかに…数寄和は、日本の文化、職人の世界を大切に、現代の作家の方々と、「今」そして、私たちの理想の「これから」へと夢を持って向かいながら、仕事に取り組み、日々前進あるのみで、走り回っている小さな会社なのであります。
職人さんの世界、作家の方々の生み出した世界を上手く皆様にお伝えできたら…と、私も、好きな筆を持ちつつ、少しでも、上手く伝えられるようにすきわ草子でも、工夫はしております…よね?

もし、これを、今を走る人の仲間だと思って下さるのであれば、有難いのですが…と、思いきや、びわ湖を愛する勇様というと、やはり同じ近江の人♪そして、芸術や文化を大切に思われている方で、話下手の私を相手に、なんだか、私が言いたいことを、上手く引き出してくださったように思います。
有難うございました。

もっと、言いたいことがあったように感じたり、話し足りなくさえ感じるのは、勇様が、話し相手として魅力的だったからなのでしょう。なんだか、間が、気持ちよく、私も、下手なりに、話すことが出来ました。
私も、ブログすきわ草子ばかり書いていないで、話し相手として魅力的な人になりたいものです。

職人さんの世界は、冬は寒く、夏は暑い世界です。
日本画の世界も、冬は寒く、夏は暑い世界です。

日本の四季、春が嬉しく感じるのは、花々の美しさ、そしておぼろ月。そして、暑くも寒くもなく、花見をしにお外に出かけるのが嬉しいあたたかい季節です。
秋もまた、紅葉を楽しむのに、暑くもなく寒くもなく、過ごしやすい季節です。
けれど、冬の美しい雪景色。
そして夏のそれぞれの風景にも美しさがあります。

しかし、この美しさは、一瞬で、消えるものでもあります。
花も、雪も、月も。そして人も、また。

蕾が、あると可愛らしくおもうのですが、可愛いとは言い難い
枯れ木のなかに潜んでいる、美しさ。
作家の描く…生み出す作品の枯れ木をみると、枯れ木も、美しいのだと気づくときがあります。

先日から、すきわ草子で話題にしている良寛さんの最後の歌と言われている「うらをみせおもてをみせて 散るもみじ」
…私なりに、この歌の深さを思いました。

人と人が、まっすぐ向き合う時、また、ほんとうに関わったと言える人とは、紛れもなく、うらもおもてもみます。
芽がでたり、蕾が膨らむように、花が萎れたり、枯れるように、人にも誕生と死があります。
悲しいことは、無い方がよいのですが、悲しみも知り、喜びも、もっと深く感じるのが、人のようにも思います。
今を、生きたいと思います。
…よしなかなかいい調子、読んでみましょう!!と、
いっぱい書けるのですが、ほんと、話下手ですわぁ…

でもでもでも、宜しければ、8日にラジオを聴いてくださいね♪勇様の話ぶり、ステキですよ~♪
勇様と、ご一緒だったスタッフの方々も温かな雰囲気があり…なんだか、初めてのラジオでしたが、ちょっとクセになりそうな気分になりました。
ラジオの向うに届く「今」が、あると思うと、なんだか、2次元世界の平面作品と同じように、たいへん不思議な世界だと思います。
テレビだと、今を走る人が、此方に出てくることはありませんが、ラジオは、聴いている人へ、はなし言葉が、たどり着くときが、あるように思います。

…数寄和の数寄と好きは同じ語源なのです。
どうぞ、この暑い夏、お使いいただければ、幸いです。
と、川本勇様に、私が書いた「すきわ」団扇を、プレゼントさせていただきました。
ラジオから聴こえる言葉が、届く瞬間のような、そんな字(ことば)を書けるようになりたいものです。
8日に、ラジオを聴いて、反省も含め、また、感想をお知らせしたいと思います。(あ)
f0203477_1541182.jpg

数寄和からのお知らせです。
☆夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」☆
美術作品との出会いは人生を豊かにしてくれます。
美術館、博物館で名品を鑑賞するのも幸福な時間ですが、
気に入った絵画を手許に置いて時折眺めるのは至福のひとときでしょう。
一度ギャラリーへ出掛けてみませんか?
個性豊かな作品の中から、あなたの大切な一点が見つかるかもしれません。
数寄和では、夏季特別企画として、作家を志し制作を続ける方々の作品を展示販売します。
ぜひお出掛けください。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧いただけますと、幸いです。
http://www.sukiwa.net
f0203477_1542541.jpg

f0203477_1335028.jpg☆数寄和からのお知らせです。追記させてください☆
夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」
(7月31日~8月29日まで)
(開催は7月31日(土)からですが、作品は8月12日(木)まで受付しております。)

数寄和本社、数寄和大津とともに、
一度目の展示替えをしました。
新しい作品が加わり、またそれぞれの絵の見え方が変わってきます。
期間中、何度か展示替えを致します。
「ギャラリーへ行こう」へぜひ足をお運びください。
f0203477_13352658.jpg

近江を愛した俳人芭蕉の夏らしい句と、生涯最後の句をご紹介します。
石山駅にある旅人姿の芭蕉さんの像。人生は旅そのものだと感じますね。
膳所にある義仲寺は、昔、何度となく足を運び、そして、びわ湖へと足を運んだものです。(あ)

・さざ波や風の薫の相拍子(芭蕉)
・湖や暑さを惜しむ雲の峰(芭蕉)
・蓮の香を目にかよはすや面の鼻(芭蕉)
・清瀧や波に散込む青松葉(芭蕉の最後の句)
[PR]
by 555sukiwa | 2010-08-04 15:45 | ことば | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧