すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アートの力2×祈り(そして、聴こえたアイラブユー♪その27)

ひとはイメージできるということ。
イメージで変容できるということ。
マゼンタって、どんないろ?
祈りは、その場所で、どうぞ♪
f0203477_17439.jpg

先日のすきわ草子で、お知らせしました、
4月8日22時「変容の祈り」の詳細が、
サロン・ド・クロノさんのブログでアップされました。
「144,000人の祈り」の際の「 トーニング【音】+発起人【 虹風 翔 :作 】
144,000人祈りのプロジェクト:イメージ画 」が届きました!
http://bit.ly/i0cgHw
このプロジェクトは、地球上のどこからでも、できます。
そのとき、いらっしゃる場所から、どうぞ♪
そして、その日がだめだったり、その時間がだめだったら、今から、少しずつ…
f0203477_1751626.jpg

マゼンタ。イエロー。シアン。
プリンターにありますね。
印刷の世界の三原色。
いろんな色が、この三つの混色でできます。
この中のマゼンタは、ピンク紫。
詩人でもあったゲーテが書いた「色彩論」。
ゲーテは、マゼンタを見えざる色といっているようです。
全ての色を含みつつも、見えざる部分を含んでいるような色…。
日の出の前に雲を染めている色が、マゼンタのようです。
無条件の愛の色でもあるようです。
若返りの色でもあるようです。
その色で、日本を塗るイメージをもつようですね。
そして、地球全体をゴールドの光で。
詳細イメージは、サロン・ド・クロノさんのブログをどうぞ♪
f0203477_1762219.jpg

絵を観たことがありますか?
誰かと観ますか?その絵について誰かと話したりしますか?

先日、京都造形大で三日間、行われたVTSセミナー。
たいへん内容の濃い、学びを学んできました。
一枚の絵を前に、一緒に鑑賞している人たちで、時間をかけて、見えているものを話し、見えてくるものに気づいては話し、そして、考えます。この対話型鑑賞では、自分の思っていることを何でも話してもよいのです。
何でも話してよいとなると、観ることが楽しいことで、アートに近くなったように感じませんか。
絵については、あんまり知らないから、何も言わないでおこう。…なんて、思ったことは今までにありませんでしたか。

よくよく考えると―、
みて、なめて、ほって、こりゃいったいなんだ??と思っていただろう赤ちゃんの頃は、興味のあるものと興味のある間、時間なんぞ気にせず、人の目も気にならず、真剣に向き合っています。
赤ちゃんから幼児のころは、自分の見え方を、間違っていないか気にせず、話します。

美術館で、初めての作品。
作品を観る前に、キャプションをよむことは、その作品と真剣に向き合っていることなのかしら?と思いながら、ついつい作品よりも長くキャプションを読むことはありませんか。
ギャラリーで、初めての作品。
価格をみて作品と遠ざかり、せっかくの作品との一期一会といえるのかしら??なんて思ったこと、ありませんか。

興味のあるものと、真剣に向き合う。
充実していて、楽しい時間のはずが…
説明で解った気分になったり、値打ちを知った気分になったりで、いいのかな?と感じたことのある方も多いと思います。
と言っても、どんな風に、言葉をもたない作品と向き合えばいいのかしら?ということにもなるかも知れませんね。
アートって、その時代や、その文化が大きく関わっていて、
みんなで観ることで、いろんな見え方を話すことで、考えることで、いろんな発見が出来ていくようです。
その作品を作った作家も気づかなかったことも、発見できることもあるようです。
そんなわくわくの見方をしたいですよね♪
ぜひ、数寄和のギャラリーへ、お友だちと御一緒にお越しください。一緒に、作品をみてみましょう♪
ギャラリーには、観たことのない作品が、あります。
はじめまして♪の、作品には、多くの発見があります♪
f0203477_1773760.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
4月17日、西荻の数寄和にて、詩を聴く会があります。
プロジェクト「La Voix des Poe`tes 詩人の聲」
詩集『幻影の足』で第28回現代詩花椿賞を受賞された有働薫さんによる詩人の聲を開催いたします。多くの方と一緒に有働薫さんの聲を楽しめたらと思います。
詳細は、数寄和ホームページをご覧ください。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_1638171.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-31 17:09 | すき!和 | Comments(0)

アートの力(そして、聴こえたアイラブユー♪その26)

アートは、人にとって、大切です。
だって、生きる力となるのですから!
f0203477_17204317.jpg

アートについての学びを学んできました。
アート作品をみること、よくよくみること、そして考えることは、人の生きる力になると思います。
みなさまに、アートを楽しんでいただきたいと、切に願っているのです。
アートとは、いったい何なのか?
難しいのですが、お日様ばかりみている私からの例えば・・・です。
アマテラスが天の岩戸に隠れた時に作られた鏡のように、
映されたアマテラス自身もあまりの美しさにびっくりしたように、
なんだか発見がいっぱいあるのです!アート作品を「見る」という行為には!!
その中には、見る人があり、見る人以外の何かもあり、それぞれの何かがあり、たくさんがあります。
見れば見るほど、いろんなものが見えてきそうです。どうでしょうか(笑)

アートは、生きる力になると、思う人は、たくさんおいでです。
ときどき、そのような人から、学ぶ機会があります。
学ぶことで、アートと、より身近になります。
身近になると、そのことについて、人とお話します。
もっと、もっと、アートが身近になり、人と身近になり、いまのこの時間が好きになっています。
アートがくれた、ご縁ができます。
有難いご縁です。

ぜひ、数寄和のギャラリーへお越しください。
絵をご覧ください。
一枚の絵について、ぜひ、お話いたしましょう。
お待ちしております。
f0203477_17221240.jpg

大地がゆれた、日本。
サロン・ド・クロノさんのブログを拝見すると、
「祈りの方法」がありました。
いろんな祈りの方法があると思います。

祈りの方法、変容の祈りの瞑想が書かれている、サロン・ド・クロノさんのページです。
http://blog.goo.ne.jp/aboo22/e/24b7c08a75815db4b70e33bc70192507

私も4月8日22時は、この祈りの方法で瞑想したいと思います。

いのちの星である地球は、私たちの感情とも大きく関わっているように感じます。

いのちの地球の、私たちの住む日本の大地で起こった大地震。
この地震は、今日も、私たちの感情を揺さぶっておりますが、
私たちの感情が、大地にも大きく響くようにも感じます。

4月8日は、お釈迦様のお生まれになった日でもありますから、記憶しやすいかと思います。
宜しければ、みなさまも、どうぞ♪
f0203477_17225933.jpg

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-28 17:26 | ふるさと | Comments(0)

弥生のとらかい?会(そして、聴こえたアイラブユー♪その25)

今回のお題は、「希望の光」です。お題は、だいたい一週間前に決めます。皆で、筆を持ち、出来あがった作品を観ながら、タイトル「愛」の作品ができあがっているのに気づきました。
f0203477_14122834.jpg

f0203477_1455148.jpg
f0203477_146672.jpg

いのちの尊さを、あらためて感じるときがあります。
今回の大地震をテレビをみて、カラダを硬直させていた私たち。
阪神淡路大震災があった、西日本に住んでいます。
東日本で起こった大震災は、地面の揺れとしては、初日に感じたぐらいでした。
だけど、おそらく、きっと、繋がっているから、テレビをみて、カラダを硬直させている私たちです。
世界のあちらこちらで起きた地震も、テレビで、ラジオで、ニュースが流れるたびに、カラダを硬直させる私たち。みんな、繋がっているからなのだと思います。

とらかい?会に来れそうもなかった気分を過ごしていたという声もありました。
阪神大震災を思い出していて、どうしていいか解らなかったという声もありました。

わたしたちができること、買い占めませんという声がありました。
わたしたちができること、募金だけではなく、精神的に、何ができるか考えていますという声がありました。

神様は、行動してくださるわけではないけれど、話をきいてくださるということを聞きました。ただただ聞いてくださるという話がありました。不安な気持ち、ただただ聞いてくださるようです。
無農薬のお米作りを行っている人、たわわの稲穂が日本の土地に実ることを願うよねという話をしました。
美味しい白いご飯に想いを馳せる私たちです。
不安なときに、ギュッとしてもらうと、嬉しいよねと話しました。カラダって、あたたかですよね。
温かさを感じると元気になれそうです。
あたたかさと言えば、お日様の光で、ふわふわにした、お布団で眠りたいよねと話しました。

とらかい?会のメンバーには、アレクサンダーテクニークを学んでいる人がいます。
アレクサンダーさんは、役者を目指していたのですが、ある日、声がでなくなって、自らのクセに気づいたそうです。カラダを観察すると、動きを妨げているようなクセに気づく時があります。
それは、今までは、なぜか必要だからクセとなったわけですが、
いま、それが、邪魔をして何か不都合があるのなら、
手放しましょうよ♪、カラダのなかに動きが起こりますよ♪というのが、
アレクサンダーテクニークのレッスン(のようですね)。
筆を持つ私たちにも役立ちそうだから、よく話題になります。
今回も、もちろん、話題になりました。
カラダのなかにある、動きを、止めないこと。
カラダには、常に動きがあります。
いのちのほし、地球にも、動きがあります。
動きのある地球の上を歩いている、二足歩行の私たちです。
私たちの中にある光を感じながら、光に包まれた地球の光をおもいながら、瞑想をしてみました。
地球と私、繋がっています。
f0203477_1465769.jpg

お題は希望の光でした。
なんと!希望の光は、愛だったようです♪
人って、愛の存在なんだな…とあらためて思います。
みんなが、みんなを、愛しているようです。
みんなが、みんなに、光を送っているようです。
みんなが、みんなに、エールを送っているようです。
みんなが、みんなを、ハグしているようです。
みんなが、みんなに、愛されているようです。

希望の光は、みんな…そう、みんなですよね。
今日も、おひさまが、笑っておられます。
お月様が、足元を明るくしてくださることでしょう。

日本の土地に、たわわの稲穂がなります。
まあるい地球には、希望の光の愛があります。
まあるい地球には、今日が、そして、明日がやってきます。
みんなが、あなたのそばにいます。(あ)
f0203477_1482395.jpg

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_1494473.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-23 14:34 | すきわ日和 | Comments(0)

祈り~今、ここにいるということ~(そして、聴こえたアイラブユー♪その24)

アサヒビール大山崎山荘美術館では、「プリズム・ラグ~手塚愛子の糸、モネとシャニックの色」展が開催中です。
今、ここにいるということについて考えながら、展覧会を楽しんできました。
f0203477_12111889.jpg

間もなく、夕暮れ。
お日様は随分落ちて、白い月がありました。
大山崎山荘美術館の展示は、出来あがった織物から糸を解き、再構築された作品が並んでいました。
朝と夕方では、おそらく随分と違ってみえる糸の輝きがありました。
作家の手塚愛子さんによるギャラリートークを楽しみながらあらためて、作品を拝見します。

…今、ここにいることは、他には居れないこと。
…ひとつの出来あがった織物には、出来あがらなかった、たくさんの織物の可能性があった。
…絵も、この色を使うと別の色は使えなかったということ。

一つのモノのなかには、実に多くの在ったのかもしれないけれど、実際には無いものが無数にあるようです。
一つのモノのなかには、実に多くの可能性が見えないまま潜んでいるようです。
現実の時間は、一つを選ぶことしか許してくれません。
現実の時間は、多くの可能性を無かったものとするようです。

手塚さんの手によって再構成された作品。
モノから再構成されたモノを実際にみる私は、可能性に触れているように感じます。

展覧会は、6月12日迄開催されるようです。
モネとシャニックの絵の色も、実際に観に
ぜひ展覧会へと足を運んでください。
f0203477_11262775.jpg

今、ここにいるということ。
ここ数日、今、ここにいるということについて考えていました。
アレクサンダーテクニークをちょこっと続けてきました。
これは、舞台役者を目指していたアレクサンダーさんが、ある日、声がでなくなり、自分のカラダを観察すると、舞台にたつときの自分のクセに気がついたことから始まったものです。

アレクサンダーテクニークのレッスンで学んできたことは、首をらくにすることの大切さ。
頭の上にも、カラダの左右にも、そして後ろにも、空間が続いているということ。

アレクサンダーテクニークでは、歩くワークがあります。
周りを見渡しながら、歩きます。
よくよく周りを見渡すと、繋がっていないものは、ないようです。

周りをよくみると、いろんなモノが見えてくるようにも思います。

緊張するとカラダは縮まります。
モノのみえかた・感じ方も緊張したカラダの五感での感じ方です。


今回のすきわ草子では、絵本を三冊、ご紹介しようかと思います。

☆「エルマーとにじ(ぞうのエルマー)」デビットマキ―作
色のない虹がでました。なんとかしなくちゃー!!と思ったエルマー。ゾウ色ではなくたくさんの色をもつエルマーは、自分の色を虹にあげます。エルマーは、どうなちゃうんだろう??と心配した仲間たち。でも、エルマーは、そのままの姿で、みんなの前に現れます。
あげてもなくならないものがあるんだよと、エルマーは言います。

☆「くまとやまねこ」湯本香樹実・文 / 酒井駒子・絵
大切なことりが死んで、悲しみに暮れるくま。長い時間を経て、お日様の光に誘われ外に出たくまは、やまねこに会います。やまねこの持っている見なれない箱に興味を持つくまに、やまねこは、くまの持っている箱をみせるように言います。ことりの入った美しい箱をあけて、やまねこに見せると、やまねこは、くまとことりの為に、バイオリンを演奏します。くまは、ことりをハッキリと思いえがきました。くまは、やまねこから渡されたタンバリンをもち、一緒に旅へとでかけます。

☆「神の道化師 イタリアの民話より」トミー・デ・パオラ作
少年ジョバンニは、モノを投げるのが、得意でした。旅芸人に加わり、人気者となります。が、年老いて、あまり見る人もいなくなり、故郷へと向かい、教会で眠ります。目覚めるとクリスマス・イブで、聖母マリアに抱かれた御子イエスへの捧げものを手に持つ人々が列をつくっていました。人々が去ってから、年老いたジャバンニは、懐かしい芸人の衣装をつけ、色とりどりの玉を放り投げる芸をはじめます。そして、「神の御子イエスさま、あなたに捧げます」といったジャバンニは息絶えてしまいます。御子イエスの手には、金色の玉がしっかり抱かれていました。

今、ここにいるということ。
まあるい地球をおもいえがくと、
だれのこころにも、
世界は、繋がっています。
昨日、今日、明日…
どの人も、どの人も、幸せであったらいいな…と、
幸せを定義出来ない私ですが、
やはり、
みんな、しあわせでありますように、
温かな気持ちでありますように、
と、ちいさな祈りをもちながら、
今、ここにいます。

…平面作品の絵というものが、ほんの少し幸せにしてくれると感じながら、過ごしてきた日々。
このギャラリーで、足を運んでくださる方のお越しをお待ちしております。
絵は、光があって、見えます。
目にも、心にも、見えます。

お日様も、お月さまも、
道を照らしていてくださいます。

光は、あります。
いっぱい、あります。

心に光をとり入れましょう。(あ)
f0203477_112834100.jpg

この度の東北関東大震災により被災された地域、そして
その関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な生活に戻るよう願っております。
それまで皆さまの安全をお祈り申し上げます。
f0203477_1791359.jpg

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_11293825.jpg

画像は、19日の満月♪スーパームーン♪
[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-20 11:33 | ピクチャー | Comments(0)

一笑一若(そして、聴こえたアイラブユー♪その23)

笑いのパワーは、誰にもあります。笑うと若返るという言葉があるようで、私も書いてみようと思います。
人と交わす挨拶。相手に届くようにと口を動かすと表情も何故か笑顔なんですよね!
f0203477_1541693.jpg
f0203477_1541159.jpg
f0203477_154233.jpg
f0203477_15421345.jpg

ひとりじゃないよ
だって ほら
おひさまが わらっている

ひとりじゃないよ
だって ほら
おつきさまも ひかっている

ひとりじゃないよ
まわりをみようよ

ひかり の なかに 
えがお の ひと が いる

ひとりでは なかったね

ひかり の なかで 
えがお の わたし(あ) 
f0203477_15431748.jpg

☆数寄和からのお知らせです。

この度の東北関東大震災により被災された地域、そして
その関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

弊社にて19日(土)に予定しておりました伊藤比呂美さんの「詩人の聲」ですが、
中止とさせていただきます。

一日も早く平穏な生活に戻るよう願っております。
それまで皆さまの安全をお祈り申し上げます。


☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。

若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。

日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。

宜しくお願い致します。


☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。

お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_15442166.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-14 15:46 | かきぞめ日和 | Comments(2)

身体の緊張、心の緊張

美しい一枚の絵をみる、幸福感。
この幸福感は、どこからやってくるのでしょうか?
柔軟な身体や心が美しいものを美しいと感じるようです。
f0203477_17355178.jpg

どんな時に、風景をみて、美しいと感じるのでしょうか。
どんな時に、お茶をのみ、美味しいと感じるのでしょうか。
どんな時に、歩いていて、愉しくなるのでしょうか。
どんな時に、人っていいな、素敵だなと思うのでしょうか。

アナタのカラダは、今、リラックスしていますか。
アナタの心は、どうでしょうか。

身体が緊張しているときとリラックスしているときでは、ひょっとしたら、風景の見え方や、お茶の味わい方や、歩き方や、人との関わり方が、違うように思うのですが、どうでしょうか。
心の在り方で、風景の感じ方や、お茶の味わい方や、歩き方や、人との関わりかたが変わるとすればー。
美しいものと、いっぱい出会いたいですね。豊かな人生にしたいですね。
よく耳にする、心の傷。
身体に傷がある時にかばうように、心に傷があれば当然かばうと思うのです。緊張もするでしょう。
心の傷も身体の傷と一緒で、治るのには、時間がかかると思います。
美しい風景をみたり、美味しいお茶を飲んだり、ゆっくりと歩いたり…心を元気にすることの出来る人と出会ったり。
アートも、パワーがあるように感じています。

奈良のお水取りが終わると、
いよいよ春ですね♪
奈良では、鹿がリラックスしていました。
鹿って、笑っているように見えるときがあるんだな♪と思いました。(ぱちり♪)
弱肉強食の世界では、獲物である動物が、獲物を見つけた動物から逃げる時に、なるべくリラックスした身体の状態で、逃げていくようです。
たしかに、緊張して、走るのは、たいへんですよね。
緊張したままだと、動きが鈍くなりますよね。

日頃、運動不足のわたし。昨年は出雲の山に登ったりしました。
一日目の山登りは、緊張した身体で登り、たいへん疲れました!私のバードコールの存在を、心優しいお友だちに指摘されて…。なんだか、好きなものの存在を思い出して、心が元気になってくると、身体もリラックス。
2日目はバードコールを鳴らしながら登ると、楽しく登れたのです。
身体から緊張がなくなると、楽しく、元気に、歩けるようです。長い道のりの人生も、そうなんだろうなと思います♪♪

心が緊張したままだと、上手く自分の思っていることが、話せなかったという経験はありませんか。
上手く相手に伝わらなかったということが、ありませんか。
私の言いたかったことではないと自分の言葉を消したくなったりしたことはありませんか。
緊張した身体から発する言葉って、少しとげとげしていて恐いですね。痛い感じですよね。
心が傷ついていて身体も緊張して、発する言葉…。イタイイタイですよね。

難しいことはわかりませんが、カラダも心も少しのリラックスが大切に感じます。
いろんな、リラックスの方法があると思います。
たとえば、一枚の絵をみる…。
どんな状態でみると、絵を味わえるのかしら・・・?なんて、ふと考えています。

観ること、見ることについて、考えています。

美味しいお茶を飲むように、愉しく私と雑談していただき、一枚に絵をみていただきたいな…と思っています。(あ)
f0203477_17365420.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
伊藤比呂美さんによる詩人の聲を西荻の数寄和にて3月19日に開催します。
詳細は数寄和ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-11 17:43 | ひと | Comments(0)

奈良の東大寺のお水取り(そして、聴こえたアイラブユー♪その22)

新春の亀井武彦先生の展覧会へ奈良から来られた方が、もうすぐ奈良はお水取りと話して帰られた。奈良国立博物館では、特別陳列「お水取り」が開催中。十一面観音様は秘仏で拝見することはできない。「見る・見える」のお応えを頂戴したような…。
f0203477_16265112.jpg

奈良に春を呼ぶと言われる「お水取り」。
正式には修二会と言うようです。
東大寺の二月堂で、一度も中断することなく一年に一度行われてきたこの行事は、実忠和尚によって752年に始められ、十一面観音さまにお詫びをし、そして幸せを祈願するそうです。観音様は、二月堂の大観音とお水取りの小観音さんとが、いらっしゃる…そうです。
奈良国立博物館では、二月堂縁起の絵巻も拝見することができます。
東大寺二月堂では、「南無観、南無観…♪」と練行衆のお坊様たちのリズミカルな声明を拝聴しながら、秘仏の観音様に手を合わさせていただきます。
f0203477_16271167.jpg

一度も中断されることのなかった、お水取り。
何かを止めることなく続けることの大変さは、私の今日までの日々を思い出しても、なかなか難しいことのように思います。
よほどの決心をしていても、中断しなければならないような理由が出来ることが多いのが人生のようです。
病気や怪我で出来ないこともあるでしょう。
おうちに不幸があって続けられない場合もあるでしょう。
それでも、継続する力を持つことは、可能かもしれません。
752年から一度も中断されなかった行事があることの素晴らしさ。しみじみと感じました。
「お水取り」へと、導いてくださった人に感謝したいと思います。
人と人の出会いは、とても不思議です。昨日まで、そのような事を考えたこともなかったということを、この瞬間、考えられるのは、人との出会いがあってのこと。嬉しいことだけでなく、にがい薬のように感じた出会いや出来事も、やはり今日の私を作っています。
今日の私があるのは、今日までの日々のなか、お会いした皆さんのお蔭だと感謝せずにはいられません。
f0203477_1628966.jpg
絵巻である二月堂縁起にも描かれている鵜。
お水取りの行事に遅れてきた遠敷明神がお詫びに特別のお水を出すとおっしゃったそうで、黒白の鵜が岩から飛び出し、豊かな水が湧き、桜が描かれています。まさに春がやってきたような画面を拝見しながら、思わず笑顔になります。
この屋根にも、鵜がいました♪
f0203477_16291629.jpg

根のついた竹。
夜には、灯りとなります。
おたいまつ。
f0203477_16301727.jpg
昼の二月堂。
二月堂の周りを一めぐりします。
豊かな水があります。
今朝は雪がチラチラしていましたから、もちろん寒いのだけれど、長い歳月を経て創られてきた空間に居ることは、たいへん心地好いと感じます。
集印帳(朱印帳)を忘れずに持ってきたので、お願いしに二月堂の横の建物へと行きました。薬湯があります。昨年の正倉院展を思い出しながら、薬湯をお土産にしたいと思います。光明皇后さまって、みんなの幸せを考えた女の人で、字もステキで、凄いなと思っています。
歴史をみると、ステキな生き方の人がいて、若輩者の私も出来るだけ、ステキに生きようと思います。
f0203477_1632677.jpg

石の階段にも、模様が!!
下っていく道は、一つではありませんでした。
この道をご一緒していた方々に教えていただきました。
石の模様を楽しみながら下る道。
ギャラリーで働く私には、「絵がある人生の豊かさ♪」と通じるような愉しい模様のある石段の道で、嬉しく感じました。
f0203477_16331419.jpg

二月堂を後に、四月堂へと向かいました。
そして、やはり、集印帳(朱印帳)をお願いしました。
四月堂では仏像を拝見することが出来ました。
そして、ご一緒させて頂いていた方々と、少し休憩(つまりお茶タイムとなりました♪)。
そして―…(汗)朱印帳をいただきに行って、なんと、階段から落ち、転んでいました!!(ひゃ~…おどろきました!!)
一寸先は闇とは言いますが、ちょっと、痛いし恥かしい状況…。
…何故??理由は、後ろを見ずに一歩下がったら、階段がなかったからなのですが、もっと深い理由があるように感じました…。
f0203477_16341532.jpg
お水取りでは、五体投地といい、身体を叩きつける作法があります。おそらく鎌倉以降は秘仏となり、見ることが出来なくなった十一面観音さま。752年から一度も中断されずに行われたお水取りは、声明でお詫びしながら祈るだけではなく、身体を叩きつけお詫びして、幸せを祈ります。
大切なものが見えるには、心の在り方が大切なのだと、二月堂の十一面観音様と、四月堂の千手観音様と普賢菩薩様から教えていただいたようです。見る・見える…心が大切なのだと思いました。
怪我はもちろんなく、ご一緒していた方々にご心配していただき、いつもながら人って有難いな♪と思いました。(ほんと、有難うございました♪)
薬湯に浸かる幸せ。この手のある幸せ。継続は力なり!やな~♪♪と思わずにはいられません!!
朝のお日様も、夕がたのお日様も、美しい一日でした。(あ)
f0203477_1635291.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
伊藤比呂美さんによる詩人の聲を西荻の数寄和にて。
詳細は後日お知らせいたします。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_1812018.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-05 16:50 | ひと | Comments(1)

「見る・見える」について考える。3月3日は耳(みみ)の日です♪

何かが見えるということは、どういうことだろうか?
みみの日の今日、ちょっと考えてみようと思いまする。
3月3日は、ひな祭りでもございます♪
f0203477_14343128.jpg

聞くと聴くの意味の違いについて、きくことがあります。
聴くは、身を入れて、心できくことのようです。
聞くは、耳の機能が働いて音が入ってくることらしいです。
きくには、訊くもありますね。
今日は、みみの日♪
訊きたいことは、見る・見えるについてです。
まず、自分で考えてみようと思います。

ギャラリーで働きながら、
絵を観ながら、
良い絵とは?と考えてきました。これからも、もちろん考えていきたいと思います。

向き合う一枚の絵には、何かが描かれています。
何か?は、具体的には、花であったり、鳥であったり、月であったりします。
その何か?には、カタチや色があります。
例えば…花といっても、赤い花であったり、白い花であったり、一輪であったり、枯れていたり…します。
何が描かれているか?は、一例として、蕾の赤い花がたくさん描かれているということもあります。
作者は、蕾の赤い花をなぜ、描いたのだろう?と見る私は思ったりしますし、思うことが出来ます。
一枚の絵には、何が描かれているか?…絵をずっと見ていると、何か見えてくるものがあります。
それって何だろう?…私のモノの見方が見えてきます。私の好みが見えてきます。私の考え方や感じ方が見えてきます。
それとは別に、同じ絵が朝の光と夜では違って見えます。どうしてでしょうか?光と目の働きや関係について考えたりします。

見る・見える…これらは、どういうことなのでしょうか?
例えば絵を学んだ人には、技術が見えやすい。
例えば花の好きな人には、描かれた花が正確に描かれているか、花の好きな人が描いた絵か判るようです。
例えば、赤色の好きな人には、赤い色が多く使われた画面が好ましく見えるようです。また、赤でも、この赤ではないと感じる場合もあったり…。

・・・見る。
長く見る。
じっと、見る。
見ているなかで、心が動く。
見ていくうちに、何かを考えている。
心でみて、頭でみて、見えてくることって何だろう?
一枚の絵の中に、見えてくることって、何だろう?
良い絵とは?から始まった疑問の数々。
見るとはどういうことをいうのだろう?
見えるということはどういう状態をいうのだろう?・・・・・・

今日はみみの日。みみについて、いつもよりも考えています♪
訊きたいことは、見る・見えるについてです。どう思われますか?
一人の人が興味を持ち続けてきた物事は、その人なりの「見る・見える」があるようです。
目と心で見る絵に限らず、耳と心できく音楽も、また…。言葉の「見る・見える」もあるでしょう。いろんな「見る・見える」があるように感じるこの頃。良い絵とは?から、見る・見えるとは?と疑問がさらに大きくなりました。学ぶべきことはたくさんありますね。(笑)
みなさま!ぜひ、数寄和ギャラリーへと足をお運びいただき、一枚の絵をみてください。
そして、どんな風に見えたか、お話ししてください。
アナタの「見る・見える」のおはなしを、しっかり聴きたいと思っております♪(あ)
f0203477_1436933.jpg

☆数寄和からのお知らせです。
伊藤比呂美さんによる詩人の聲を西荻の数寄和にて。
詳細は後日お知らせいたします。

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
若手作家の卵のみなさま。12月30日の記事(初春墨寿展と、シーズプログラムと、たまご。)でもお伝えいたしましたが、数寄和、数寄和大津にて、シーズプログラムを始めました。
日程など詳細につきましては、数寄和(すきわ)、数寄和大津(すきわおおつ)ホームページをご覧ください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
お家に眠っている絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
軸や額だけではなく、屏風や襖絵など、お家の空間をいままで以上にステキな空間にされる時には、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
そして、お気に入りの作品に出会うために数寄和ギャラリーへと足を運んでいただくのも、楽しいひとときだと思います。現代作家の作品が、ギャラリーの白い壁面に展示されています。お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、どうぞ、足をお運びください。
日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のステキな空間づくりのお手伝いを数寄和がします。

☆数寄和(すきわ)ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_1626987.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-03-03 14:41 | かたち | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧