すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

奈良へ出向きました。其の参(白毫寺と正倉院展)

万葉集に歌われている山。若草山、春日山の南にある高円山(たかまどやま)。
この山のふもとに、天智天皇の第七皇子である志貴皇子の離宮があって、
その山荘を寺にしたと伝えられる白毫寺があります。
f0203477_15443782.jpg

f0203477_154445100.jpg

f0203477_15452185.jpg

f0203477_15454315.jpg

このお寺の創建については、諸説があるようです。
天智天皇が願われてのこと…。
秋彼岸(9月下旬)の頃に咲く萩はもう散っておりました。
境内には、万葉歌碑がありました。
「高圓之 野邊乃秋芽子 徒 開香将散 見人無尓」

近くに板札があり、この歌碑についての説明があります。
高円の野辺の秋萩いたづらに 咲きか散るらむ 見る人なしに 笠金村(万葉集第2―231)
霊龜元年(715年)秋九月、志貴皇子(しきのみこ)の逝去される時作れる挽歌に対する反歌である。と、記せられております。

この挽歌である万葉集第2―230です。
志貴親王(しきのみこ)の薨(かむあが)りましし時の歌一首
あづさゆみ てにとりもちて ますらをの さつやたばさみ たちむかふ たかまとやまに はるのやく のびとみるまで もゆるひを なにかととへば たまほこの みちくるひとの なくなみた こさめにふれば しろたへの ころもひづちて たちとまり われにかたらく なにしかも もとなとぶらふ きけば ねのみしなかゆ かたれば こころぞいたき すめろきの かみのみこの いでましの たひのひかりそ ここだてりたる


梓で作った弓を手にもった立派な男が、矢を手に挟んで立ち向かう的という名を持つ高円山に、春になり枯れ草を焼く野火かと見えるほどに燃える火を、あれは何ですかと尋ねると、道をやって来る人は、涙を雨のように流し、着ている衣をぐっしょり濡らして、立ち止まって私に語るには、何の役にも立たないのに、どうして尋ねるのですか。そのようなお言葉を聞くと泣けてきます。それを語れば心が痛みます。あれは天皇の皇子の御葬列の手に持った松明の火が、あんなに照り輝いているのです。

反歌の意
高円山の野辺の秋萩は、むなしく咲いては散っているのだろうか、見る人もいなくなったのに。

板札の説明を拝見しておりますと、この歌碑の線上に皇子のお墓(春日宮天皇陵)があるようです。
f0203477_15464021.jpg

f0203477_1547338.jpg

境内には、寒桜である子福桜が咲き始めていました。
f0203477_15481397.jpg

ここから、奈良の町並みが見えます。
先日行った垂仁天皇御陵も遠くに見えるようです。
(すきわ草子の記事、奈良へ出向きました。其の壱、其の弐をご覧ください。)
f0203477_1550010.jpg

f0203477_15502317.jpg

白毫寺(びゃくごうじ)には、たくさんの仏像がありました。
閻魔(えんま)さまも居られました。
お不動様、お地蔵様の石仏もたくさんありました。
見晴らしのよいこの場所は、お日様の光も空気も美しいです。
f0203477_15511097.jpg

奈良国立博物館では、第63回正倉院展がはじまりました。展示されていた豪華な太刀。
今回は、香に関わるものがたくさん展示されていたように思います。
展示ケースの香木から香りがしないかと鼻を働かせている人の多かったこと♪
展覧会は、11月14日迄です。
正倉院展とともに、秋の美しい風景を楽しむことが出来ます。
f0203477_15514135.jpg

2年前から聴きたかった鹿の鳴き声をききました。
子どもの泣き声かと思うような高い鳴き声です。
万葉集のなかには、美しい歌があります。
心が引き裂かれる想いがあったような歌も多くあります。
歌にすることや歌うことで、人の豊かな感情の流れとなります。
川の流れも噴水も…流れのある水が美しいように、
音楽の調べが美しいように、
詩歌(しか)♪は、うつくしいものですね。
ねっ、鹿(しか)さん♪(数寄和あさだ)
f0203477_15523660.jpg

f0203477_15525211.jpg

☆お知らせのお知らせです。
・岡本太郎と信楽展(11月1日~12月18日)
滋賀県立陶芸の森 信楽産業展示館(月休)

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

・「抱きしめてBIWAKO」に参加しましょう♪
びわ湖一周235km。25万人で手をつなぎ、抱きしめよう。
11月6日(日曜日)12:00
http://dakibiwa.com/
この日(10時~)、彦根港にて、瀬田名物!夕照カレーが100食限定販売されるそうですよ。
名産・瀬田しじみのうまみ!です。ぜひ♪
ここ数寄和大津ギャラリーでは、軸の巻きかた、保存の仕方を伝授したいと思います。
ぜひ、数寄和大津へ、この機会に遊びにきてくださいね。
f0203477_15532916.jpg

☆数寄和のお知らせでございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

☆さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
絵描きであり、きこりでもあり、そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1554944.jpg

近鉄奈良駅前。行基菩薩さまの御像のある噴水。
[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-29 16:01 | 美観 | Comments(0)

近江(滋賀)だより その6(屋形船で瀬田川を下り、石山寺へ③)

大きな石のある、石山寺。歴史のあるお寺です。
もちろん大きな木もあります。春は桜、秋は紅葉を楽しめます。
自然の中にある、神社やお寺。自然が自然に生きることの大切さを教えてくれるように感じます。
f0203477_13394166.jpg

f0203477_13385692.jpg

f0203477_1340633.jpg

f0203477_13404383.jpg

鳥をみていると、風があることに気づきます。
木をみていると、春と夏があったことに気づきます。
空をみていると、お日様の光と流れる雲の美しさに気づきます。
建物をみていると、人の知恵や力に気づきます。
f0203477_13414317.jpg

f0203477_134212.jpg

屋形船で瀬田川を下り、石山寺へ①②③ございます。
近江だよりは、現在その6です。
まだまだ続きます。
また、お時間許します時に、ぜひ、すきわ草子ご覧くださいませ。

☆お知らせのお知らせです。
・岡本太郎と信楽展(11月1日~12月18日)
滋賀県立陶芸の森 信楽産業展示館(月休)

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

・「抱きしめてBIWAKO」に参加しましょう♪
びわ湖一周235km。25万人で手をつなぎ、抱きしめよう。
11月6日(日曜日)12:00
http://dakibiwa.com/
この日(10時~)、彦根港にて、瀬田名物!夕照カレーが100食限定販売されるそうですよ。名産・瀬田しじみのうまみ!です。ぜひ♪
ここ数寄和大津ギャラリーでは、軸の巻きかた、保存の仕方を伝授したいと思います。ぜひ、数寄和大津へ、この機会に遊びにきてくださいね。(数寄和あさだ)
f0203477_13425224.jpg

☆数寄和のお知らせでございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

☆さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
たいせつな記念のお写真を入れていただいてもよいかと思います。また、大切な絵を入れていただいても良いかと思います。
まずは、ぜひ、数寄和大津へと足をお運びいただけると幸いです。
10月19日、20日、21日、23日、27日、29日のみ、特別販売致します。

絵描きであり、きこりでもあり、
そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_13434577.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-27 13:45 | ピクチャー | Comments(0)

近江(滋賀)だより その5(屋形船で瀬田川を下り、石山寺へ②)

さて、石山寺では、戻りの船に乗るまでの時間を充分と堪能します。目の前の風景を楽しむこと、ご一緒の方々とのお話を楽しむこと、自然の空気を味わいます。実りの秋は、楽しむことが多いのです。
f0203477_12521859.jpg

f0203477_12523156.jpg

f0203477_12524421.jpg

お寺や神社には、手洗舎(ちょうずや、てみずしゃ、てみずや)があります。
水と縁の深い龍神さまのカタチが多くあります。
(もちろん竹からとか…奈良では鹿からだった…と色々とあるようですが…。)
石山寺の手洗舎も龍からお水が出てきます。
f0203477_12534326.jpg

f0203477_1254185.jpg

この大きな石は、石山の地名となります。
この大きな石の上に御本堂があります。
この大きな石の上に観音様がおいでになります。

大きな石。
…おおきないし(響きは同じの意志)!!をもって、
みんな頑張ってきたんですね。
と、歴史に名を残した人々や、歴史に名は残っていなくても懸命に生きていた人々を想います。
わたしも、懸命に生きます♪と、観音様や、お不動さまに手を合わしました。
f0203477_12574543.jpg

f0203477_12575985.jpg

f0203477_12581521.jpg

f0203477_12582990.jpg

f0203477_12584325.jpg

f0203477_12585419.jpg

そうです♪
現在、滋賀の美術館!!!
3館連携特別展 神仏います近江 「祈りの国、近江の仏像-古代から中世へ-」が開催中なのです。

瀬田にあります滋賀県立近代美術館では、
「祈りの国、近江の仏像-古代から中世へ-」展が、11月20日迄
http://www.shiga-kinbi.jp/

信楽にあります、MIHO MUSEUMでは、
「天台仏教への道」12月11日迄
http://www.miho.or.jp/

大津市歴史博物館では、
「日吉の神と祭」11月23日迄
http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/

紅葉の季節です。
ぜひ、お出かけください。
石山寺の紅葉、たいへん美しいです。

せっかく撮った画像をアップしたいので、続きは、屋形船で瀬田川を下り、石山寺へ③へ♪宜しくお願いします。(数寄和あさだ)
f0203477_1302364.jpg

☆お知らせのお知らせです。
・岡本太郎と信楽展(11月1日~12月18日)
滋賀県立陶芸の森 信楽産業展示館(月休)

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

・「抱きしめてBIWAKO」に参加しましょう♪
びわ湖一周235km。25万人で手をつなぎ、抱きしめよう。
11月6日(日曜日)12:00
http://dakibiwa.com/
この日(10時~)、彦根港にて、瀬田名物!夕照カレーが100食限定販売されるそうですよ。名産・瀬田しじみのうまみ!です。ぜひ♪
ここ数寄和大津ギャラリーでは、軸の巻きかた、保存の仕方を伝授したいと思います。ぜひ、数寄和大津へ、この機会に遊びにきてくださいね。
f0203477_131773.jpg

☆数寄和のお知らせでございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

☆さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
たいせつな記念のお写真を入れていただいてもよいかと思います。また、大切な絵を入れていただいても良いかと思います。
まずは、ぜひ、数寄和大津へと足をお運びいただけると幸いです。
10月19日、20日、21日、23日、27日、29日のみ、特別販売致します。

絵描きであり、きこりでもあり、
そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1314440.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-27 13:02 | ひと | Comments(0)

近江(滋賀)だより その4(屋形船で瀬田川を下り、石山寺へ①)

あみ定さんから屋形船で遊船。瀬田川を下ります。
石山寺へ着きました。この辺り…、石山貝塚がありました。
大昔のセタシジミ(瀬田しじみ)は、今よりも、ずっと大きかったようです。
知っていると思うことが、今日は??…!!!たいへん楽しい遠足でした。
f0203477_17543217.jpg

f0203477_1754408.jpg

瀬田川沿いを歩いたり、自転車で走ったり・・・
走る車の窓から見る川の流れは、それはそれで嬉しい景色です。
今日は船で、川面が、すぐ目の前に広がります。
お日様の光がキラキラと輝きます。
f0203477_175714.jpg

f0203477_17572443.jpg

石山寺港に着きました。
石山寺へと向かいます。
電車でもなく、自転車でもなく、自動車でもなく...
船での石山詣でございます♪♪
f0203477_17581787.jpg

これは、何でございましょうか。
しじみでございます。
しかし、食べられません。モニュメントでございます。
作者は、瀬田ご出身の近持イオリさんです♪
大昔から存在していたセタシジミ。
縄文人の方々は、かなり成長したシジミをとり、たくさん食べていたようです。
ここ石山貝塚から解ることと言えば、大昔のこの辺りの人は、いっぱいシジミをとり、いろんな人と物々交換していたようです。
それから、豆知識です。
日本には、ヤマトシジミとマシジミと、それからセタシジミの3種類があるらしいです。
…セタシジミって、すごい♪(笑)
f0203477_17593963.jpg

f0203477_17595890.jpg

弘法大師さまと、ご縁のある松!
石山寺へと詣りましょう。
f0203477_1803882.jpg

この記事のつづき(屋形船で瀬田川を下り、石山寺へ②)を
ご覧くださいね♪(数寄和あさだ)

☆お知らせのお知らせです。
・岡本太郎と信楽展(11月1日~12月18日)
滋賀県立陶芸の森 信楽産業展示館(月休)

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

・「抱きしめてBIWAKO」に参加しましょう♪
びわ湖一周235km。25万人で手をつなぎ、抱きしめよう。
11月6日(日曜日)12:00
http://dakibiwa.com/
この日(10時~)、彦根港にて、瀬田名物!夕照カレーが100食限定販売されるそうですよ。名産・瀬田しじみのうまみ!です。ぜひ♪
ここ数寄和大津ギャラリーでは、軸の巻きかた、保存の仕方を伝授したいと思います。ぜひ、数寄和大津へ、この機会に遊びにきてくださいね。
f0203477_18207.jpg

☆数寄和のお知らせでございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

☆さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
たいせつな記念のお写真を入れていただいてもよいかと思います。また、大切な絵を入れていただいても良いかと思います。
まずは、ぜひ、数寄和大津へと足をお運びいただけると幸いです。
10月19日、20日、21日、23日、27日、29日のみ、特別販売致します。

絵描きであり、きこりでもあり、
そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_182526.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-26 18:05 | 美観 | Comments(0)

近江(滋賀)だより その3(御猟野乃杜 賀茂神社 御創建1275年)

近江八幡の大きな杜(もり)の賀茂神社。1300年前、天智天皇がこの地に日本初の馬の国営牧場を築き、聖武天皇の勅命により、この地に神社が御創建されました。平成27年を佳年と定め、式年大祭を斎行されます。
f0203477_2116369.jpg

今日は、懐かしい人と会いました。
賀茂神社の神主さんです。
先日から、賀茂神社のご紹介をすきわ草子でしておりますので、すでにホームページを拝見して頂いた方もおありかと思います。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/index.php
お馬さんの神社であります。

杜(もり)の中には、木々があります。
ご神木があります。
このもりに住まわれている、妖精さん♪
…じゃなかった、神主さん。なかなかの方であります。
我が恩師であります。
高校のときの担任の先生でありました。
なんとも言えず、味わいのある授業を、演出されておりました。
神様の近くにおられ、木々に囲まれておられるなんて、ステキ~♪♪と思っておりました。
そうです!女子生徒に、たいへん人気の先生でした。
男子生徒にも頼りになる先生でした。
難しい悩み事の相談は、この先生にした人は少なくなかったように思います。
先生から教えていただいた源氏物語などの古典、そして漢文…楽しかったです。活き活きとしておりました。
和歌の魅力を教えて下さったように思います。
新酒がでる頃は、先生からお聴きした、お米とお酒のお話を思い出したりします。

久しく会っておりませんでしたが、
ブログすきわ草子も、ご覧いただいていて(笑)、
久しぶりの再会のはずが、
…さて、先回のつづきからです♪
のような感じです。(笑)
みんなが、大好きだった岡田先生。
先生は、立派な神主さんなのだと、今日、お会いして、気づきました。たいへん、嬉しくなりました。
その先生の御信頼されている、匠の方の素晴らしい仕事により、賀茂神社は、平成27年に向けて造営されます。
国営牧場からはじまり、聖武天皇の代には日本の国難を回避するための地であった賀茂神社を、創建当初の想いを未来へ伝えるために、奈良時代に行われていた建築技法、当時の建築様式も参考にして造営をされます。

ぜひ、みなさまも、杜のこの造営に関わってください。
そして、木々から気(エネルギー)をいただき、良い仕事を致しましょう。

すきわ草子をご覧の皆様は、御存じのように、木に恋ごころのある私です。
吹奏楽部で木の楽器であるクラリネットと仲良しだった私。
音楽を愛し、木の楽器を愛する私たちにとって神聖なものとして、木は存在しておりました。
いやいや、音楽を愛するからだけではありません。
日本では、木でできた多くの大切なものがあります。
私が通った幼稚園、そして小学校は、木造でした。
木の机、木の椅子で勉強をしました。
木で作られた鉛筆を使っていました。
色鉛筆にも、木が使われています。
オルガンにも、木が使われていました。
小学校の帰りには、神社の公園で、遊びました。
杜の木々が、日本の四季を教えてくれました。
幼かった私にも、
桜の花びらが風に揺れながら舞い落ちてきたりして、
松ぼっくりが落ちてきたりして、
季節の移り変わりを味わうことが出来ました。
そうそう、ブランコも、木でできていました。
木って、なんだか、温かで気持ちのよいものだって、
日本の子どもたちは肌で知っていたように思います。
四季折々の姿を木々は、私たちに見せてくれます。
芽吹く春。青々と茂る夏。紅葉する秋。葉がない冬。
また、春がきて、木々から新芽が出てきます。
このような木です。
木は、生命のあるもの、あらたに命や感動を生み出すものと思ってきました。
私が、今も木で作られたリコーダーを吹いたりするのには、
神聖な木の楽器と仲良しでいたいという想いもあるからです。
人の命の源である息が、新たな命である音楽となって人へと届きます。

木のあるところで、写真を撮ると、お日様が、きらきらと美しいということを、最近知りました。
つまり、木は、空気を美しくしてくれているのです。

杜(もり)に行くと、心が洗われるように思うのは、美しい風景と、空気があるからだと思います。

岡田先生、また、近江八幡に遊びに行きますね!(あさだ)
f0203477_2117438.jpg

f0203477_21173166.jpg

☆まずは、お知らせのお知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

・「抱きしめてBIWAKO」に参加しましょう♪
びわ湖一周235km。25万人で手をつなぎ、抱きしめよう。
11月6日(日曜日)12:00
http://dakibiwa.com/
数寄和大津ギャラリーでは、軸の巻きかた、保存の仕方を伝授したいと思います。

・美しい風景を撮られる写真家の今森光彦先生は、滋賀の方です。
岩波ジュニア新書「里山を歩こう」もたいへん楽しい読み物です。
今森先生のHP http://www.imamori-world.jp/

・「仰木 水と記憶のコスモロジー」10.23~11.27
会場 成安造形大学【キャンパスが美術館】ライトギャラリー
詳細は、HPにてhttp://www.seian.ac.jp/
f0203477_2118512.jpg

☆数寄和のお知らせでございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

☆さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
たいせつな記念のお写真を入れていただいてもよいかと思います。また、大切な絵を入れていただいても良いかと思います。
まずは、ぜひ、数寄和大津へと足をお運びいただけると幸いです。
10月19日、20日、21日、23日、27日、29日のみ、特別販売致します。

絵描きであり、きこりでもあり、
そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_21194424.jpg

びわ湖の上に大空あり。
[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-24 21:21 | ふるさと | Comments(0)

近江(滋賀)だより その2(里山の風景②、10月のとらかい?会の亀)

先回のすきわ草子のつづきの画像。それから、近江国の国庁だった勢多の地で行われる、とらかい?会からは、吉祥文様でもある蓑亀(みのがめ)を描いた神無月の画像です。
f0203477_14434570.jpg

f0203477_14435968.jpg

滋賀。
地図をみると、びわ湖が大きく、その四方には山々があります。
山には、山の神様がおられます。
山には、木があります。
山には、石があります。
山に、一粒、一粒の、雨つぶが、降りおちます。
小川ができ、小川が歌い出します。
川が、山から、びわ湖へと、水を運びます。
びわ湖から、瀬田川へと、水が流れます。
f0203477_14551675.jpg

秋の色は?
柿をみると、秋の色だなって、思います。
黄金色の田んぼも♪
秋のいろが、秋の風景にあります♪
秋桜(こすもす)も、可愛いく、愛らしい色ですよね。
f0203477_1458132.jpg

みぃつけた♪
f0203477_14585211.jpg

坂のいっぱいある、滋賀です。
いや、日本の地図をみると、きっと、坂がいっぱいあると思います。
坂に何かを建てるというと、やはり、工夫があります。
石の工夫も、先人の知恵ですね。
f0203477_1459515.jpg

滋賀では、坂本・日吉大社あたりもたいへん美しいです。
それで、しが(石が多い)って、いうのかしら…。
風景の美しい近江に来て下さいね。(近江を愛する芭蕉を愛する数寄和あさだより♪)
f0203477_1535625.jpg

では、つづいて、10月のとらかい?会。
今月も、学びました。
墨をすり、筆を持ち、描きます♪
古くからさまざまな文学作品や芸術作品に、藻の付着したカメ
の蓑亀(みのがめ)が描かれています。
この蓑亀は、長寿を象徴する縁起ものとして描かれてきました。
とらかい?会でも、亀を描きました。
今回参加のお二人に、
筆をお貸し、おにぎりをお作りし、ちょっとだけ口出しし、描きあがりをお待ちし…むむっ!!亀好きの私は、今回は、描きませんでした。
お二人の作品、どうですか。
お日様と亀。
松と亀。
どちらも吉祥文様で、すてきですね♪
…あー、描かなきゃ♪
次回のとらかいでは、龍の予定♪今度は、描きますよ♪(あさだ)
f0203477_155740.jpg

さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
たいせつな記念のお写真を入れていただいてもよいかと思います。また、大切な絵を入れていただいても良いかと思います。
まずは、ぜひ、数寄和大津へと足をお運びいただけると幸いです。
10月19日、20日、21日、23日、27日、29日のみ、特別販売致します。

絵描きであり、きこりでもあり、
そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。(数寄和あさだ)
f0203477_1554534.jpg

☆まずは、お知らせのお知らせです。

・美しい風景を撮られる写真家の今森光彦先生は、滋賀の方です。
岩波ジュニア新書「里山を歩こう」もたいへん楽しい読み物です。
今森先生のHP http://www.imamori-world.jp/

・「仰木 水と記憶のコスモロジー」10.23~11.27
会場 成安造形大学【キャンパスが美術館】ライトギャラリー
詳細は、HPにてhttp://www.seian.ac.jp/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆数寄和のお知らせでございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

・シーズプログラム 第2回は柴田智明による作品展を開催。
柴田 智明 「原始」 シーズプログラム第2回
会期 = 2011.10.21(金) - 23(日)
時間 = 金 13:00-20:00 土・日 11:00-19:00
会場 = 数寄和(東京)

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1564498.jpg

f0203477_15325655.jpg

向うにいったい何があるのか?と、想う秋の空の日々。
[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-23 15:08 | ふるさと | Comments(2)

近江(滋賀)だより その1(棚田のある里山の風景①)

近江国は、びわ湖のその頃の呼び方をそのままに、淡海(あはうみ、あふみ)と書き、
近淡海(ちかつあはうみ)とも呼んだそうです。
しがは、石が多いという意味だと前に何かで知りました。
f0203477_13363671.jpg

棚田のある風景。
なんと落ち着く風景なんでしょうか。
f0203477_13454612.jpg

f0203477_13464689.jpg

棚だ雲!
お水たっぷりの風景が、日本の風景…のように感じます。
人の身体の70パーセントがお水で、地球の70パーセントがお水と聴きます。
撮った風景も、お水がいっぱいだと、なんだか心も満たされます。
人以外の生きものも、お水が大好きなんだと思います。
水田や、水田の周りには、小さな命がいっぱい生きています。
棚田、棚だくも、蜘蛛とくもり空…、つづきをどうぞ♪
f0203477_1347024.jpg

私のつづきは、くもり空の棚田で、最初の棚田と円(えん)繋がりにしたいと思います。
棚田は、晴天がつづくとたいへんです。
美味しいお米に必要なお水が無くなってしまう恐れがあるからです。
里山には人の工夫と祈りが、歴史の中にあります。
だからでしょうか。この風景がたいへん美しく感じます。

この風景を前にして、
数寄和大津でのある展覧会を思いだしました。
和三様(わ さんよう)というタイトルでした。
新しい年を祝う気持ちを掛軸にしました。
日本画の先生方、図案の先生方、イラストレーターの先生方と共に行った展覧会です。
日本画の堀越保二先生の作品は、水田の風景が描かれていました。
日本の美しい風景の絵です。
このような風景が、作品(絵)となることで、
残し伝えることが出来ることも多くあるように感じる今日この頃です。
ちゃんとした仕事をしていこうと思います。なかなか難しいことなのですが、日本の大切な文化である筆を使った表現の文化、紙の文化、表具…それらを残し伝えることを、精一杯やりたいと思います。
その中で感じたことを、みなさまに、お伝えできればと思います。
ぜひ、みなさまと共に、未来の日本の子どもたちに、この美しい日本の風景、日本の文化を、残し伝えていければと考えます。
宜しくお願い致します。(数寄和あさだ)
f0203477_1348812.jpg

☆まずは、お知らせのお知らせです。

・美しい風景を撮られる写真家の今森光彦先生は、滋賀の方です。
岩波ジュニア新書「里山を歩こう」もたいへん楽しい読み物です。
今森先生のHP http://www.imamori-world.jp/

・「仰木 水と記憶のコスモロジー」10.23~11.27
会場 成安造形大学【キャンパスが美術館】ライトギャラリー
詳細は、HPにてhttp://www.seian.ac.jp/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆数寄和のお知らせでございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

・シーズプログラム 第2回は柴田智明による作品展を開催。
柴田 智明 「原始」 シーズプログラム第2回
会期 = 2011.10.21(金) - 23(日)
時間 = 金 13:00-20:00 土・日 11:00-19:00
会場 = 数寄和(東京)

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_13485011.jpg

さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
たいせつな記念のお写真を入れていただいてもよいかと思います。また、大切な絵を入れていただいても良いかと思います。
まずは、ぜひ、数寄和大津へと足をお運びいただけると幸いです。
10月19日、20日、21日、23日、27日、29日のみ、特別販売致します。

絵描きであり、きこりでもあり、
そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。(数寄和あさだ)
f0203477_13493267.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-23 13:50 | 近江 | Comments(0)

「き」からはじまるステキなもの。例えば、木の額縁、木のペンダント、気持ちに沿った言葉など。

一って、一本の算木で表したカタチが、漢字になっている。
はじめという意味もあり、すべてという意味もある。
葉書も木から。はじめに木あり♪なんて、想うよね♪
f0203477_13135315.jpg

山に登ったときや、もり(森・杜)へといったときに、
鳥とお話できる、うずら卵のペンダントの紐がボロボロになっていました。
うーん、どうしよう??
新しい卵をかう??
伊勢では、木の穴に通して生まれ変わった卵です。
出雲では、少し鳴りにくくなっていたのに、出雲の杜にて、鳴りだしました。
(私がお腹がいっぱいの時には、鳴らなくて、驚きでしたが♪なんだか、MY子どもと一緒で、わたしに反応しているみたいです♪)
この間、奈良のお月見の会のときも、活躍しました。
生命力のある、木と反応する、うずら卵♪
楽しい宴に気分よく酔った私は、おもわず洗濯機に入れてしまっていた!のですが、まるで、生まれ変わったように、鳴ります♪鳴ります♪鳥さんたちとお話したいのです。
生命力のある、うずら卵さんです。
そんなこんなで、紐は変えました。
そして、仲良しさんを増やしました。…ので、すきわ草子で、ご紹介♪
木で作ったペンダント。
これも鳴りますでしょうか。
いえいえ、これは、アロマテラピー用。
うずら卵さんもそうですが、これも、弦楽器を作っておられる工房のもの。
美しいです。ステキなものです♪
このステキなものには、ある美人の作家さんに教えていただいた浄化作用のあるTEA TREEを入れました♪
青空にはえる真っ白い洗濯物のように、ピカピカの私の心ですよ♪(笑)
f0203477_13145682.jpg

さて、数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
たいせつな記念のお写真を入れていただいてもよいかと思います。また、大切な絵を入れていただいても良いかと思います。
まずは、ぜひ、数寄和大津へと足をお運びいただけると幸いです。
10月19日、20日、21日、23日、27日、29日のみ、特別販売致します。

絵描きであり、きこりでもあり、
そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。(数寄和あさだ)
f0203477_1316829.jpg

☆まずは、お知らせのお知らせです。
近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆数寄和のお知らせでございます。どうぞ、宜しくお願い致します。まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。

・稲葉真弓さんによる詩人の聲を10月30日に、開催いたします。
多くの方と一緒に稲葉真弓さんの聲を楽しめたらと思います。ぜひご来場ください。

・シーズプログラム 第2回は柴田智明による作品展を開催いたします。
柴田 智明 「原始」 シーズプログラム第2回
会期 = 2011.10.21(金) - 23(日)
時間 = 金 13:00-20:00 土・日 11:00-19:00
会場 = 数寄和(東京)

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_13164889.jpg

f0203477_15151192.jpg

ドアをあけて
足を出す。
右足でも
ひだり足でも
遠い昔は前足だった手からでも
まずは、一歩を、だしてみる。
そしたら、見えてくるものが、いっぱいあるんだよ。
たとえば、空。
たとえば、天気。
たとえば、光。木。葉。実。
どれも、ひとつだけではなくて、関わりあいながら、存在している。
まずは、一歩!だしてみる。
そのうち、人も、みえてくる。
きっと、たいせつな人も、みえてくる。
いろいろ、みえてくる。
風もみえてくる。
ほら、一歩だしてみようよ。(あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-19 13:24 | すきわ日和 | Comments(0)

奈良へと出向きました。其の弐(垂仁天皇陵と喜光寺と菅原神社と、月見の宴。)

大和西大寺から一つ目の駅、尼ヶ辻。垂仁天皇御陵と、行基菩薩の喜光寺。
そして、菅原神社へと向かいます。
もちろん、お月見もします。
f0203477_17192825.jpg

f0203477_17194962.jpg

菅原道真公と梅。
菅原道真公は、都を去る時に庭前の梅に別れを惜しみ歌を詠まれます。
「東風(こち)吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ 」

道真公ゆかりの菅原神社の瓦にも、梅。
神社の境内にも、古梅の木があります。
f0203477_17203259.jpg

f0203477_17204739.jpg

f0203477_1721560.jpg

道真公にゆかりの深い牛。
臥牛の像も多くあります。

御祭りは、かつての十月十日ではなくなり前日の日曜日に終わっていました。

筆のたつ人がご集印をくださいます。
「若いのだから、頑張りなさい。」とわたしへ、仰います。
何も言っていないのですが、此処へ訪れる人は、たぶん、筆が立つ人になりたい人が多いのでしょう。
筆をもつように。書くように。とも言っていただきました。
御祭りの終わった今日だからこそ、
立ち寄る私へと言葉をかけていただいたように思いました。
心を引き締め、頑張りたいと思います。
此処には、鷽(うそ)の御守りがあります。
この御守りを手に手にもっての行事があるそうです。
鷽(うそ)を、かえましょ♪と言いながら、その御守りをかえっこするそうです。
鷽(うそ)を、真(ほんとう)にするそうです。


再び、御陵へ。
先ほどとは、違って、石榴が目にとまったり…。
この一瞬があります。

お月さまも、美しくありました。
親しい人とのお月見の会。
お月見の会で、親しくなった人。
嬉しいです♪
…生きていて、会えて、こうやってお月様みれて、よかったね。
…生きていて、会えて、こうやってお月様を一緒にみれて、よかったね。
…うん。
…よかった。

… … … あれから随分生きてきて、笑った日がいっぱいあるんだなって、おもいます。
そんな風に生きられたのは、人が居てくれたからだなって、おもいます。
生きていると、いろいろ、ほんと、いろいろ、いろいろあります。
たのしいこと、つらいこと、あります。

笑って生きよう。と、おもいます。

…悲しい(うそ)が、嬉しい(ほんとう)になるってことですよね♪
そう、おもいませんか。(あ)
f0203477_17235416.jpg

f0203477_17241289.jpg

f0203477_17242117.jpg

f0203477_17244250.jpg

☆まずは、お知らせのお知らせです。
近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆数寄和のお知らせでございます。どうぞ、宜しくお願い致します。まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。
シーズプログラム 第2回は柴田智明による作品展を開催いたします。
柴田 智明 「原始」 シーズプログラム第2回
会期 = 2011.10.21(金) - 23(日)
時間 = 金 13:00-20:00 土・日 11:00-19:00
会場 = 数寄和(東京)

☆数寄和大津では、現在「書」作品を展示しております。
たまに留守をしておりますので、お手数をおかけしますが、
お電話いただきお越しいただけますと幸いです。
もちろん、お近くをお通りの際には、ふらっと、覗いてくださいませ。
西荻も大津も、展覧会期間中でなくても、
ギャラリー空間の壁面には、常に皆さまに楽しんでいただける作品展示をしております。
どうか、宜しくお願い致します。

☆西荻の数寄和からのお知らせです。
2011年7月30日に発行されました「妃」15号の記念として、
高岡淳四、田中庸介、中田有里の三名によるトークと朗読を
10月16日に開催致します。

なお、「妃」は当店にて525円(税込)で販売しております。
著者:高岡淳四、ジェフリー・アングルス、田中庸介、中田有里、鳥居万由実
装幀:ナムーラミチヨ

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_17252731.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-12 17:29 | ひと | Comments(1)

奈良へと出向きました。其の壱(垂仁天皇陵と喜光寺と菅原神社と、月見の宴。)

第11代垂仁天皇の御陵、菅原道真の産湯池の遺跡、菅原天満宮、行基菩薩によって創建された喜光寺(菅原寺)などが、菅原の地には、あります。お月様も美しいです、この地。
f0203477_17123098.jpg

10月10日は、かつて体育の日で、祝日でした。
収穫を祝う秋祭りも、この日に決めておられた神社も多くあったように思います。
大津祭もそうでした。
もう随分まえに、たいせつな大切な人が交通事故で亡くなったのも、この日でした。
バイクが真っ二つになった事故でした。
ウソだったらいいのだけれど、その日以来、会ったことがないから、本当のことでした。
生きているって、どういうことなんだろう。
命って、どういうものなんだろうか。
私は、存在していますが、心は、ザワザワしています。
目にうつる人や、町や、いろんなものが、今までどおりに動いているのが、凄く不思議…、へんだよ…ありえないよ…でした。

生きていると、いろんなことがあるんだって、
あれから随分生きて思います。

愉しいこともあります。
楽しいこともあります。
思いっきり笑うこともあります。
驚くこともあります。
悲しいこともあります。… …

…だって、生きているんだから。
あります。
いろいろ。
そう、いろいろ。

美しいものを見る為に生まれてきたんだって、私は、おもいます。
美しいものを感じたいと思います。
親しい人と笑いたいと思います。
一緒に笑っているうちに親しい人となりたいと思います。
泣くことがあってもいいでしょうが、
出来るなら、笑いたいんです。

最近は、神社やお寺にいくことが、多くあります。
今宵は、親しい人たちと、お月見の会。
きっと、笑います。
きっと、心が優しくなるとおもいます。
いろいろ想いながら、おもいながら、出かけました。
ちょっと、その前に、この地なら、
行こうと思うところが、ありました♪♪

筆がたつ人になれるよう、
道真さんの神社へ、お参りしようと思います。
たしか、十日は、御祭りもありそう。

それに近鉄奈良駅に御像のある行基さんのお寺も行こうと考えます。

近鉄西大寺で乗り換えて、尼ヶ辻。
いざ♪
…けれど、方向音痴の私、ちゃんと行けるかな?と思いきや、石碑って、素晴らしいですね♪
f0203477_1713169.jpg

私は、菅原神社へいって、筆の立つ人になれるようにお願いしたいのですが、どうも気になる…
垂仁天皇さまの御陵。

国をまとめた崇神天皇の御子の第11代垂仁(すいにん)天皇。垂仁天皇の代に、倭姫命(やまとひめのみこと)が伊勢(伊勢神宮)に天照大神を祀り、斎宮となります。

今年は、伊勢へと行きました。
三輪山へと行きました。
垂仁天皇さまの御陵♪♪
この道を歩きながらの道標は、時空を超えるようです。
f0203477_17144372.jpg

f0203477_17152535.jpg

今や、道なき道ではなく、交通整理した道も、いっぱいあるようです。
いざ、菅原神社へ♪とおもいつつ…
方向音痴の私には、解るようで解りにくい…ので、自転車を走らせてきた高校生ぐらいの男の子に訊きます。
親切な一言、一言。有難うございます。歩くとあります、一期一会。
では、いざ♪
f0203477_17155483.jpg

まずは、喜光寺(菅原寺)に着きました。

仏教による救済を広めていた行基さん。
行基さんは、みなさん御存じの「西遊記」で名高い玄奘三蔵の弟子であった道昭の弟子でした。
師の道昭菩薩の教えをつぎ、社会福祉や布教をされたようです。

聖武天皇とともに東大寺大仏殿建立にも中心となり、行基菩薩の声かけに、民衆も無償で参加したそうです。

行基さんが、入寂された菅原寺が、現在の喜光寺で、
ここでは、いろは写経があります。
いろは歌は、弘法大師がつくったという説もありますが、
菅原氏と深い関係にあった行基菩薩が、おつくりになったという説もあるようです。

晴天のお寺の境内に、大きな蓮の鉢がいっぱいならんでいました。絵を描いておられる外国の方がおられました。
ゆっくりとした時間がありました。
(奈良へ出向きましたは、ゆっくりとした♪画像が多くあり、其の弐へと続きます♪宜しくお願いします♪)
f0203477_17162975.jpg

☆まずは、お知らせのお知らせです。
近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆数寄和のお知らせでございます。どうぞ、宜しくお願い致します。まずは、西荻の数寄和からのお知らせです。
シーズプログラム 第2回は柴田智明による作品展を開催いたします。
柴田 智明 「原始」 シーズプログラム第2回
会期 = 2011.10.21(金) - 23(日)
時間 = 金 13:00-20:00 土・日 11:00-19:00
会場 = 数寄和(東京)

☆数寄和大津では、現在「書」作品を展示しております。
たまに留守をしておりますので、お手数をおかけしますが、
お電話いただきお越しいただけますと幸いです。
もちろん、お近くをお通りの際には、ふらっと、覗いてくださいませ。
西荻も大津も、展覧会期間中でなくても、
ギャラリー空間の壁面には、常に皆さまに楽しんでいただける作品展示をしております。
どうか、宜しくお願い致します。

☆西荻の数寄和からのお知らせです。
2011年7月30日に発行されました「妃」15号の記念として、
高岡淳四、田中庸介、中田有里の三名によるトークと朗読を
10月16日に開催致します。

なお、「妃」は当店にて525円(税込)で販売しております。
著者:高岡淳四、ジェフリー・アングルス、田中庸介、中田有里、鳥居万由実
装幀:ナムーラミチヨ

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
ステキな扇子がございます。
今年は、岩手ご出身の斎藤敏文さんの作品を扇子に仕立てました。
東北へのおもい、みんなで頑張ろうのメッセージを込めた作品は、やさしい風をおくってくれると思います。
Toppiシリーズの売上の一割を義援金とさせていただきます。
ほかにも扇子を取りそろえております。
ぜひ、数寄和でMY扇子をみつけてください。

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_17171227.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-10-12 17:18 | ひと | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧