すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

近江(滋賀)だより その8(琵琶湖博物館に行きました。)

「滋賀の人は、びわ湖が好きですね」と、よく言われます。
湖北の人も、湖東の人も、湖西の人も、湖南の人も、それぞれのびわ湖の風景を、いつも見ています。私も近江人!琵琶湖が好き♪
f0203477_14213735.jpg

琵琶湖という湖は、大きいのです。
だから、水の中にすむ、お魚がいっぱいいます。
だから、水面に浮かんでいる鳥も、水上を飛ぶ鳥もいっぱいいます。
見たことがあるけれど、あまり、よく知らない色んな生きもの。
聞いたことがあるけれど、見たことのない生きもの。
琵琶湖博物館へと出かけてみると、たくさんの生きものと出会います。
生きものだけではなく、琵琶湖博物館では、いろんなものがいっぱいあり、ワクワクします。

ビワコオオナマズって知っていますか。
私、このビワコオオナマズのおひげって、もっと、長いと思っていました。
が、水槽にいるナマズさまと、実際にお会いしましたら、
なんと、そんなにおひげは長くなかったのです。
驚きました。
たぶん、子どものころ見た絵から、そうだと思いこんでいる…
思いこんでいたままより、実際のビワコオオナマズさまとお会いし、
…思い込みって危ないよね。
…ところで、絵って、どういうものなんだろう??
なんて、いろいろと考えました。

だから、ぜひ、みなさんのも、琵琶湖博物館へと足を運んでいただきたくなりました。

それで、ホームページを拝見して、またまた驚きました。
大きな琵琶湖のある滋賀。お魚や鳥がたくさんいるのは知っている人も多いと思います。

滋賀。…なんと99種のトンボがいるらしい。
トンボの名前って、あんまり知らない私としては、99種!!!!!
滋賀のトンボ、99種!!!!!
すごい!!!!!と思いました。

それで今まで見たことのあるトンボを思いだそうとしますが、??????… …。
人って、トンボと思ってトンボを見ていると、トンボとしてしか認識がないようです… …。(トンボさん、ごめんなさい。)
今、目の前にいるこのトンボは、少し羽根が大きいなとか、透明だなとか、カタチはこうだなとか、いろいろ感じながら、よくよく見る。するとようやく一種のトンボと出会ったということになりそうです。
トンボは知っているけれど、私は、トンボの中の一種とまだ出会ったことが無かったように思います。
ホームページの滋賀のトンボ。
よく見ると、いろんな発見がありますね。
みなさんも、ぜひ、琵琶湖博物館へ♪
☆琵琶湖博物館のホームページ
http://www.lbm.go.jp/
f0203477_14223027.jpg

f0203477_14231524.jpg

その季節。その日の天気。その時の… …
偶然できる風景。
琵琶湖のある景色。
近江の山々のある景色。
落ち着くのは、近江人だけかな?

…きっと、山々と水と光と空気、そして生きものが織りなす風景は、みんなにとって落ち着くものだと思います。
ぜひ、近江に遊びに来てください。

もちろん、木々もあります。そう、大きな木です。

お時間ゆるしましたら、数寄和大津ギャラリーにも、お立ち寄りください。お待ちしております。(数寄和あさだ)
f0203477_14234928.jpg

f0203477_1424318.jpg

恩師に会いに杜へともうすぐ出向きます。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_14261752.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-11-28 14:27 | ふるさと | Comments(0)

水面に映るもの。空に浮かぶもの。平安神宮へと行きました。

今年の11月22日は、平安神宮のお庭を歩きました。
水面には、空が映ります。空には、亀や龍に見える雲が浮かんでいました。穏やかな時間をいただきました。
f0203477_1418388.jpg

☆身はかくてさすらへぬとも君があたり去らで鏡のかげは離れじ(源氏の君)
☆別れても影だにとまるものならば鏡を見てもなぐさめてまし(紫の上)

京都は岡崎、みやこめっせの前には、源氏物語の須磨の巻のワンシーンの石碑があり、その横には歌碑もあります。
歌碑には、源氏の君と紫の上の贈答歌。

建物の向うの方から、お日様がきらきらと光を射していましたので、思わず、写真を撮りました。

少しずつ寒くなってきた今日この頃。
お日様の光もやわらかく、そして透明感があり、光はどこにでも射しこむのだと感じます。
どこにでも?
そうです。心にも、光は射しこんできます。
岡崎にある鳥居にも、お日様の光が当たり、私の目に射しこんできます。
f0203477_1420892.jpg

f0203477_14202613.jpg

平安神宮の石碑があり、平安神宮へと足が進みます。
平安神宮の手水舎にもお日様が映っています。
きらきらの水で、手を清めます。
f0203477_14211664.jpg

境内には白虎と蒼龍。
f0203477_14214979.jpg

f0203477_1422392.jpg

目の前に広がる青空ニ雲。
なぜか、亀と龍に見えます。(みえますか??)
f0203477_14224591.jpg

f0203477_1423146.jpg

f0203477_14232966.jpg

平安神宮のお庭は、春は桜、初夏は菖蒲が、とても美しいのです。
秋にこのお庭を散策させていただくのは、ひょっとしたら初めてです。
大きな桜の木も新しい春の準備です。
様々な鳥の声が聴こえます。
この間から大切にしている、深呼吸をしながら歩くことにしました。
美しい風景のなかで、深呼吸をしながら歩きますと、
いっぱいのお日様の光を心へと射しこむことが出来たように思います。
心のなかに、新たな空間ができたようです。
この空間には、さらに美しい風景を描きたいと思います。
深呼吸をしながら歩くと、見える風景は、どういう理由か、きらきらしています。きらきらと光っています。
みなさま、散歩に出かけてみませんか。
四季の風景を楽しませてくださる、お日様の光を感じながら、歩いてみませんか。
目的に向かって最短距離でというのではなく、
時計を気にしながらというのではなく、
ゆっくりと風景を楽しみながら歩いてみませんか。

私は、来春も、桜や菖蒲を拝見しに、平安神宮へと出向きたいと思います。
水面に映るうつくしい風景を楽しみたいと思います。
杜には、光を感じる空間があるように思います。
ぜひ、出掛けてみてください。(数寄和あさだ)
f0203477_14242571.jpg

恩師に会いに杜へともうすぐ出向きます。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
坂田祐加里作品を再び展示中の西荻の数寄和です。
月刊「水墨画」12月号水墨の最前線で取り上げられていただきました!
ぜひ、この機会にぜひご覧下さい。http://bit.ly/sc7boc 
23日までの展示予定です。
たくさんの方々にご覧いただけますよう、お待ちしております。

・天童大人プロデュースシリーズ 第695回 La Voix des Poetes 詩人の聲
(西荻の数寄和の詩を聴く会です。)
 出演:建畠晢
 2011年11月25日(金) open 19:00 start 19:30
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_14252150.jpg

f0203477_14253782.jpg

水面に映る雲。
水面に映る木を背景に鳥。
鏡にうつるもの。カタチのあるもの。
そして、カタチのないもの。たとえば、心の中の感情と、頭の中の考え。
やはり、うつっているんだろうな、モノやコト。
また、鏡にうつってはいなかったこと。鏡にはすでにないもの。
今はボンヤリとしているのだけれど、
…見えるものを、ゆっくりと丁寧にみて、関わりたい物事と、関わってみようと思います。(あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2011-11-23 14:34 | 美観 | Comments(0)

びわ湖にかかる夕暮れ色の虹、桃色の雲、木の根。私の目の前に現れたものたち。

昨日は、大雨。その時も、びわ湖辺りにいました。そして、夕暮れ時に、曇った空から、虹が少しずつ、現れました。
今日、目にしたものは、木の根と、桃色の雲と…いっぱい♪
f0203477_1985139.jpg

f0203477_198585.jpg

f0203477_199770.jpg

夕暮れ時。
びわ湖を眺めると、鳥が浮かんでいます。一羽ではなく、たくさんの鳥。
どしゃぶりの一日の終わりに、流れる雲のカタチは、龍のようにも見えます。
激しい景色から一転し、所々に小さな夕焼け色の雲も現れ、土砂降りだった昨日のお天気の終わりだからこそ、優しく包む夕暮れ色の虹が、空に架かりました。
びわ湖を見ていて、虹が現れたことに気づいた人の、また、何かよい感情があった人の、温かな気持ちが、その虹を渡っていくように思います。

あした、天気になぁれ♪
きっと、明日はお天気のような、そんな気持ちになる虹です。
だから、すきわ草子で、アップ。
虹は、出来ればたくさんで見たいですよね♪
そう、美しいものは、たくさんで見たい愉しみたい、味わいたい♪
数寄和も、皆さまに楽しんでいただける展覧会を、イベントを、企画していきたいと思います。
ぜひ、足をお運びください。
と、思っていましたら、今日は、懐かしいお客様が来られました。数寄和大津の屋根の上の桃色の雲♪を
「カメラ、カメラ」と、それぞれ手に持ち、
一緒に撮ったりしました。(笑)

思えば、数寄和大津が開廊してから、応援してくださる人、人、人…。有難いですね。
きっと、人からパワーをもらって、パワーを渡して、そんな風に世の中はなりたっているのでしょう。
f0203477_19103455.jpg

町が秋色に染まるのは今年はいつごろなんだろう?と思う今日この頃。
木を見ていると、その木の根っこが、ありました。
その根っこを見ていて思いました。
実際には見えてはいませんが、人にも、おそらく、心や精神にエネルギーを送る根っこがあるように思います。
自分らしく生きる。
木をみていると、元気な木は、その木らしく立っているように思います。
私らしく生きようと、元気な木を見ていると思います。

そう、何かを見るってどんなに大切なことでしょうか。
此処、数寄和ギャラリーにいても、感じることです。
数寄和では、平面作品が展示してあります。
絵を見ていると、何か、心が動いたり、考えが浮かんだりします。
ギャラリーへと足を運び、絵と向きあう時間も、
自分の根っこに気づいたり、向き合ったり、エネルギーを受け取る時間かも知れませんね。

木を見に、もりへと出かけることも、
絵を見に、アートのもりへと出かけることも、
人には大切なことのように思うのですが、いかがでしょうか。
(数寄和あさだ)
f0203477_19113451.jpg

恩師に会いに杜へともうすぐ出向きます。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
坂田祐加里作品を再び展示中の西荻の数寄和です。
月刊「水墨画」12月号水墨の最前線で取り上げられていただきました!
ぜひ、この機会にぜひご覧下さい。http://bit.ly/sc7boc 
23日までの展示予定です。
たくさんの方々にご覧いただけますよう、お待ちしております。

・天童大人プロデュースシリーズ 第695回 La Voix des Poetes 詩人の聲
(西荻の数寄和の詩を聴く会です。)
 出演:建畠晢
 2011年11月25日(金) open 19:00 start 19:30
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_19121372.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-11-20 19:14 | すきわ日和 | Comments(0)

近江(滋賀)だより その7 (特別展 神仏います近江)

滋賀の三館連携特別展。20日迄となりました滋賀県立近代美術館の「祈りの国、近江の仏像」展へは、文化ゾーンの景色を楽しみながら向かいます。少しずつではありますが、今年も秋が深まってきました。
f0203477_180699.jpg

f0203477_1802533.jpg

f0203477_1804797.jpg

f0203477_181120.jpg

近江には何がありますか?と春にお尋ねいただいたことがありました。
びわ湖と大空とお応えいたしました。
(…だって、私、びわ湖とびわ湖の上の空が大好きなのです。
芭蕉さんも、この空がお好きだったんだと思います。…
でも… … …愛する土地に対する説明としては、たいへん貧弱だったと思います。)

近江には、他にも、色々あります。
いろいろとあります。
美味しいかき氷もあります。
美味しい鰻もあります。
美味しいお酒も、お米もあります。
フナずしもあります。
神さまも、仏さまもおられます。
そう、森があります。
そう、杜があります。
そう、もりがあります。
もりがありますから、とりがいます。
もりがありますから、木漏れ日があります。
もりがありますから、散歩の時間があります。
山があります。山々があります。
山がありますから、山登りがあります。澄んだ空気があります。
水があります。
水がありますから、清らかな気があるように思います。

それから、美術館も博物館もございます。
三館連携特別展「神仏います近江」につきましては、下記のホームページをご覧くださいませ。

・滋賀県立近代美術館
http://www.shiga-kinbi.jp/

・大津市歴史博物館
http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/

・MIHO MUSEUM
http://www.miho.or.jp/

・神仏います近江
http://www.biwako-visitors.jp/shinbutsu/

美術館や博物館は、一つの展覧会が終わっても、新たな展覧会がございます。
お寺や、神社では、年越えや新年の行事が待っています。
びわ湖には鳥がたくさんいます。
ぜひ、遊びにきてください。

最近は、深呼吸の大切さを何人かの人から聴きました。
同じ時期にききましたから、人にもお知らせしておきたいと思います。
足を肩幅に広げて、大地に足がついていることを感じながら、深い呼吸を、何回かしてみてください。
深呼吸で大切なのは、まず、息をはきだすことです。
空っぽになったら、自然と新しい空気が入ってきます。
さて―。
近江の時間の流れは、深呼吸に向いているように思いますので、
ぜひ、近江では、深呼吸しながら、歩いてみてくださいね。
びわ湖や大空のエネルギーが貰えることと思いますよ♪♪(やはり、びわ湖と大空が大好き♪)

また、お時間許しましたら、瀬田の唐橋東詰辺りにございます数寄和にもお立ち寄りくださいませ。
お待ちしております。
もちろん、ご一緒に歩きたいとも思います♪(数寄和大津 あさだ)
f0203477_1821671.jpg

恩師の神社へ、もうすぐ行く予定です。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
坂田祐加里作品を再び展示中の西荻の数寄和です。
月刊「水墨画」12月号水墨の最前線で取り上げられていただきました!
ぜひ、この機会にぜひご覧下さい。http://bit.ly/sc7boc 
23日までの展示予定です。
たくさんの方々にご覧いただけますよう、お待ちしております。

・天童大人プロデュースシリーズ 第695回 La Voix des Poetes 詩人の聲
(西荻の数寄和の詩を聴く会です。)
 出演:建畠晢
 2011年11月25日(金) open 19:00 start 19:30
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1831369.jpg

蕾をいただいた百合の花が咲いた。
白いゆりの花は、薄暗くても、光のように輝いている。
実は、蕾が傷ついていて、咲くかどうか心配していたのが、嘘のように感じる。
咲いたんだな、この花♪♪って、みる度におもう。
笑いながら見ている自分の
どこか傷ついていて、それでも大切にしていたことが花咲く日がくるような…、
そんな気分になってくる。
…有難う♪(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2011-11-17 18:13 | ふるさと | Comments(0)

今宵の月ノ光と、京都タワーのいろ

月は、カタチだけを変えるのではなく、輝き方もいろいろと変わる。夜空に浮かぶ、京都タワーの色も変わったときがある。ピンク、紫、そしてブルーの京都タワーを見た。
f0203477_1513175.jpg

いろいろなタワーがあるようにタワーの色も、いろいろあるようで…
日中、真っ白な京都タワーは、夜空にピカピカ真っ白い京都タワー♪が、京都タワーのいろ。
この京都タワー、ときどき、ライトが消えています。
DO YOU KYOTO?デーというのが、あるようです。
「環境にいいことしていますか?」の合言葉が、「DO YOU KYOTO?」。
地球温暖化。ライトダウン。
それから、ピンク色の日や、パープル色の日や、今回のブルーの日。
何の日だろう??と思い、調べてみたり、ニュースで知ったり。
京都駅まえにある、京都タワー。
気付きの機会をくれますね。
ライトはついてないけれど、気づくということ。
f0203477_1551148.jpg

月の呼び方は、いくつあるのでしょうか。

満月。新月。三日月。十三夜。十五夜。十六夜。朧月。居待月… … …

月の呼び方がいろいろあるように、月の光も輝き方もいろいろ。
美しいと感じた、この目に見えた月のとおりに、なかなか画像は撮れません。
おそらく光も含めて月だから、月を捉えることは難しいのでしょう。
f0203477_1554898.jpg

大好きな歌にムーン・リバーがあります。
川の水が留まらないものであるように、月の光も留まるものではなく、また月はカタチも留まることがありません。
だからでしょうか。
いつか掴めることがありますでしょうか?
…なんて感傷的な気分をくれるのも、月。
f0203477_156396.jpg

恩師の神社へ、もうすぐ行く予定です。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
坂田祐加里作品を再び展示しました。23日までの展示予定です。月刊「水墨画」12月号水墨の最前線で取り上げられていただきました。この機会にぜひご覧下さい。http://bit.ly/sc7boc 

・天童大人プロデュースシリーズ 第695回 La Voix des Poetes 詩人の聲
(西荻の数寄和の詩を聴く会です。)
 出演:建畠晢
 2011年11月25日(金) open 19:00 start 19:30
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1571511.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-11-14 15:07 | 美観 | Comments(0)

滋賀(近江)の大空には、虹がある♪だから、大きな鏡の湖面のびわ湖にも♪

松尾芭蕉は、何故、近江という地が好きだったのでしょうか。
大きな空。その空に月。その空の中の風景。11月11日は、鏡の日。大きな鏡のようなびわ湖には、空が映ります。
f0203477_1814244.jpg

青空に浮かぶ雲は、いろんなカタチがある。
大人になっても相変わらず、空をみてると、
ほらほら、どこかにわたしが飛んでいくよ。

幼い私に、おとうさんが言った。
ほら、あの雲のかたち、くまさんが寝ている。
もうすぐ雪が降ってくるんだ。

幼い私に、おかあさんが、言ったよ。
ほら、今日のおつきさま、みて。
あなたが泣いているから、おつきさまも泣きそうよ。

幼い頃、
空を いつも みてた。
いつも いつも みてた。
近江の空をみてた。
近江の空?…だったんだろうか。
近江の地から見えている空は、
ほんの少し、どこかの空。
空は、どこまでも、どこまででも繋がっているよ。
近江の地が取り巻く、びわ湖の湖面には、大空が映っているよ。
大きな鏡のびわ湖に雲が浮かぶ。
青空をうつすと、青いびわ湖。
びわ湖に月が浮かぶと、真っ暗の中にある波に乗るお月さま。

この私の眼に映る…、今日は青空にハートにみえる雲。
近江の空をハート雲が流れていく。
びわ湖にもハートの雲が映るように…
風さん、ほら、ほら、あっちに吹いてよ…
と、空を見続けてしまうわたしがいる。
f0203477_1824448.jpg

お日様を眩しいと感じる瞬間。
鏡を眩しいと感じる瞬間。
生命を眩しいと感じる瞬間。
光の速さをおもう。
生命も光。
輝いていますか。
f0203477_1834663.jpg

滋賀の長浜は、ガラスで有名な地となりました。
その長浜へと、昨日は、出向きました。
滋賀の瀬田は、カラハシで有名な地となりました。
その瀬田に、数寄和大津ギャラリーはあるのです。
だから、頑張ろうって、いつも思います♪

輝いているもの。
繋がるもの。
キラキラの存在は、美しい。
私の心(ハート)も、お日様の光を映そう。
私のハートにも、繋がる橋をかけよう。
美しい風景をみていると、ハートが素直になります♪♪
f0203477_1851955.jpg

f0203477_1862462.jpg

f0203477_1863866.jpg

大空をみていると、お日様が美しい。
雲が透けている。
それから、虹が生まれてきた。
少しずつ、少しずつ大きくなったんだよ。
f0203477_1865820.jpg

f0203477_1872141.jpg

f0203477_1873413.jpg

夕暮れ時となる空に
虹が溶けていく。

鳥も空から現れたと思いきや、森へと帰っていく。
f0203477_189161.jpg

大空♪そして木々がしっかり根ざしている杜とも仲良しな鳥。
そんな鳥に憧れている私は、
うずらの卵のバードコールを下げて、
懐かしい恩師の杜へと今月は出向きたいと思います。
霜月の今月。空は澄んでいます。
杜のおはなしを、すきわ草子にてご紹介します。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆詩人の今野和代さんからの大切なお知らせです。
「清水昶追悼会のご案内です。
11月12日午後6時 てんいちゆうゆうホール3階 参加費千円
青木健さんを名古屋からお招きし、倉橋健一さんをまじえながら、皆さんと時間を共有できたらと思います。」

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
・天童大人プロデュースシリーズ 第695回 La Voix des Poetes 詩人の聲
(西荻の数寄和の詩を聴く会です。)
 出演:建畠晢
 2011年11月25日(金) open 19:00 start 19:30
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_18111945.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-11-09 18:14 | すきわ日和 | Comments(0)

糺の森、賀茂御祖神社(下鴨神社)へ行きました。

下鴨神社は、世界文化遺産。雨の中、杜のなかを歩くと、一羽の烏が、何やら語っています。カァーではなく、初めてきいた声でした。ここは八咫烏(やたがらす)と縁の深い杜。重要文化財の大炊殿(おおいどの)の初公開も拝見しました。
f0203477_14543898.jpg

f0203477_14545176.jpg

f0203477_14551434.jpg

前回、下鴨神社には、いつ頃きたでしょうか。
雨のなか、バス停から歩きながら考えました。
その頃は、集印帳を持っていませんでした。
最近、ご集印をいただくことも、神社へとお参りに行く楽しみの一つとなりました。
今日、此処へとお導きいただきましたのは、
京のいけばな展~世界遺産に生ける~のお便りをいただきました、
甲州流の丸毛弘甫先生。有難うございます。
f0203477_14561937.jpg

丸毛先生の作品、そして境内の展示をゆっくりと拝見させていただきました。
広い境内では、展覧会に来た人も、お花を生ける楽しさを味わえるようなイベントがありました。
私も、参加させていただきました。
香りの良い、菊を手に持ち、美しい境内の中を、進みます。
短冊に願いを書きました。
雨のなか、たいへん風情や情感のあるイベントだと思いました。
f0203477_14571047.jpg

f0203477_14572824.jpg

f0203477_14574241.jpg

賀茂御祖神社(下鴨神社)の御祭神は、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)。
御手洗社(みたらししゃ)は、瀬織津比売命(せおりつひめのみこと)をおまつりしています。御手洗社の前には、みたらしの池があって、この池の湧く水のあぶくを人の形にかたどったのが、みたらし団子とのことです。御手洗川(みたらしがわ)とつづきます。
f0203477_14591171.jpg

語りべの烏さんと遭遇。
今年は、奈良にて鹿の声を拝聴し、
此処、京都では、ただものでない烏さんの声を拝聴しました。
どちらも、神様のお使いです。
わからなくても、拝聴できたことに感謝しておきたいと思います。

糺の森を歩きます。
日本の、それぞれの地。
そこには、わたしたちよりもずっと長くその土地に根差した生命があります。木々の生命があります。
八百万の神さまのおいでになる日本。
日本では、この自然の生命に手を合わしました。
そこから、多くのものをいただきます。
木からいただきます。
石からもいただきます。
それぞれの存在、それぞれの命から、
たくさんを、いただきます。

光をくださるお日様は、全ての命を育みます。
そして、水も、全ての命を育みます。
今日の雨も、多くの生命のためのもの。
もう、生きていない木も、多くの小さな小さな命たちがそこで育まれているようです。

杜や森へと、出掛けてみませんか。
そこには、命と感謝があります。(数寄和あさだ)
f0203477_1503487.jpg

f0203477_1504884.jpg

f0203477_151517.jpg

☆今月は懐かしい恩師の杜へとも出向きたいと思います。
また、すきわ草子にてご紹介します。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

☆詩人の今野和代さんからの大切なお知らせです。
「清水昶追悼会のご案内です。
11月12日午後6時 てんいちゆうゆうホール3階 参加費千円
青木健さんを名古屋からお招きし、倉橋健一さんをまじえながら、皆さんと時間を共有できたらと思います。」

☆それでは、数寄和からのお知らせです。
・天童大人プロデュースシリーズ 第695回 La Voix des Poetes 詩人の聲
(西荻の数寄和の詩を聴く会です。)
 出演:建畠晢
 2011年11月25日(金) open 19:00 start 19:30
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_1514949.jpg

11月6日12時!!
抱きしめてBIWAKOに参加してきました♪
此処は??もちろん、瀬田の唐橋の上です♪
f0203477_152391.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-11-06 15:04 | ふるさと | Comments(1)

11月が始まりました。いかがお過ごしですか。

青空のつづく今日この頃。11月がはじまりました。6日は、数寄和大津では、抱きしめて BIWAKOに参加させていただき、掛軸の巻き方・保存の仕方を伝授したいと思います。
西荻の数寄和も6日に和のイベントがあるようです。
どちらの数寄和も宜しくお願いたします。
f0203477_1691841.jpg

近江一之宮の建部大社。
11月は、七五三詣。さて、七五三といえば、千歳飴。
千歳飴って美味しいですよね。
(と、言っても、身近ではなくなった千歳あめ。)
建部大社にお参りした幼い子が大きな千歳飴の袋を手に持って、この前を通ります。
(ちょうだい♪とは、言いません。でも、くれたら、遠慮はしませんよ♪)
千歳飴は、ながくのびますので、健康長寿の縁起ものとし、紅白でさらに目出度いモノとして作られたようです。
それまでは神のうちだった子どもの成長を氏神様にお伝えし、
氏神様にていただきますよね、千歳飴♪
また親戚や近所の方々へお祝のお返しとして、お赤飯に添えて渡されますね、千歳飴♪
この千歳飴が入った化粧袋も鶴亀や、松竹梅が描かれた縁起もの。

七五三の呼び名は、明治以降東京で呼ばれ出したもののようです。
江戸時代までは、髪置(かみおき)、袴着(はかまぎ)、帯解(おびとき)と呼ばれていました。

七五三が11月15日となったのは、五代将軍綱吉が定めた日を受け継いでいると言われています。
綱吉が、息子の徳松の髪置を我が子に行おうとしたのですが、
11月の中旬にこれと言った吉日はなく、側近のものが調べた結果、あまり知られていない鬼宿日(きしゅくにち)と言う日を見つけました。嫁とり以外は全てに吉日という日です。
この時以来、子どもの成長のお祝は、この日になったようです。

髪置き(かみおき)とは、その日まで剃髪していた髪を伸ばし初めて結う儀式。

袴着(はかまぎ)とは、始めて袴を履く儀式。
袴は左からはく決まりがあったそうですが御存じですか。
「男児五歳の袴着」。
袴着では子どもを恵方に向かって碁盤の上に立たせ、袴をはかせるそうですが、必ず左足からはくことが決まっていたようです。
武家の礼法では行動を起こすときは必ず左足からというのが習わしでした。
武家の子どもたちは、袴に足を通すときも、羽織の袖に手を通すときも、左が先と体に覚えこませたようです。
つまり、何かの行動を起こした瞬間は隙ができやすいので、
いつでも刀を抜いて踏み出せるよう、
右手右足を自由にしておかなければならないとされていたからです。

帯解き(おびとき)とは、それまで着物を留めるのに使っていた紐を帯に変える儀式で紐落し(ひもおとし)とも呼ばれる儀式です。

他の説です。
11月15日に定着したのは武家制度の発展した頃、それまでの霜月祭(家業に関係深い神々を祭る日)によるもの。
それに、七と五と三と足すと、そう15ですね♪

さて、氏神さまが出雲よりお帰りになった、11月。
子どもの成長のお知らせだけではなく、杜へと出向きませんか。
氏神さまの建部大社さまにおついたちの御参りに行きましたので、今月は懐かしい恩師の杜へと出向きたいと思います。
また、すきわ草子にてご紹介します。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_16101342.jpg

11月6日のお知らせです。
・「抱きしめてBIWAKO」に参加しましょう♪
びわ湖一周235km。25万人で手をつなぎ、抱きしめよう。
11月6日(日曜日)12:00
http://dakibiwa.com/
この日(10時~)、彦根港にて、瀬田名物!夕照カレーが100食限定販売されるそうですよ。
名産・瀬田しじみのうまみ!です。ぜひ♪
ここ数寄和大津ギャラリーでは、軸の巻きかた、保存の仕方を伝授したいと思います。
ぜひ、数寄和大津へ、この機会に遊びにきてくださいね。
数寄和大津ギャラリーでは、すてきな額縁を展示しております。
絵描きであり、きこりでもあり、そしてカラスと馬と花を愛し、
自然を描かれている若山卓さんの、現在展示中の馬の絵もステキです。
額縁が欲しいけれど、何をお家で楽しもう?と、
お考えの方は、ぜひ、どうぞ。
若山卓さんの作家紹介は、数寄和HPにてご覧ください。
数寄和HP作家紹介では、作品をご覧いただきたい作家の方々と作品を御紹介しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/index.html
若山卓さんの、ブログ「カラスときこり」も、どうぞ。
http://wakayamataku.gunmablog.net/

数寄和大津ギャラリー2Fの和の空間では、書の掛物の作品も展示中です。
ぜひ、足をお運びいただき、ご覧いただけますと、幸いです。
…時々、留守がございますので、ご連絡いただけますと、幸いです。
近くにお通りの際には、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

☆西荻の数寄和のお知らせです。
11月6日(日)13:30より「和を楽しむ」掛軸と漆器を開催します。掛軸や漆器の扱い方や保存方法などについて話します。漆器磨き体験や書画や漆器の修理相談も。新しい漆器を並べる予定ですので漆負けをする方はご遠慮ください。会費二千円 定員15名要予約
f0203477_1611436.jpg

やはりお知らせです。
☆詩人の声を開催します。
11月3日(祝)16時開演 作家中沢けいさんが自作を朗読します。
西荻窪数寄和にて、中沢さんの朗読をぜひ聴いてみてください。

☆若手作家の卵のみなさま、どうぞ、数寄和のシーズプログラムにトライしてください。
西荻の数寄和では、毎月第4週目の金・土・日に開催しております。
数寄和大津では、毎月第1週の金・土・日に開催しております。
http://www.sukiwa.net/otsu/index.html

☆そして、やはり数寄和と数寄和大津からのお知らせです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebook、はじめました。
宜しくお願いします。
額表装&Gallery 数寄和で、検索してくださいね。
数寄和大津のホームページからも、ご覧いただけます。
http://www.sukiwa.net/otsu/

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)

f0203477_16135659.jpg

詩人の今野和代さんからの大切なお知らせです。

「清水昶追悼会のご案内です。
11月12日午後6時 てんいちゆうゆうホール3階 参加費千円

青木健さんを名古屋からお招きし、倉橋健一さんをまじえながら、皆さんと時間を共有できたらと思います。」

宜しくお願いします。(あさだ)

(付記 …千歳飴もいいけど、お酒を飲もう。と、大人の私♪は、この秋におもう。)
f0203477_14215567.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2011-11-02 16:14 | すきわ日和 | Comments(1)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧