すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
おと
ことば
ピクチャー
かたち
ひと
美観
美味
すき!和
かきぞめ日和
すきわ日和
近江
ふるさと
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

数寄和ギャラリーでは、現在、「絹に描く 斉藤典彦」展を開催中。…雨風を感じるということ

「さて どちらへ行こう 風がふく」これは、種田山頭火のうたです。…風を感じるということ。
f0203477_17253814.jpg

大正生まれの山頭火は、自由律俳句を詠んだ俳人です。
季語や5・7・5のお約束を無視し、自分のリズムを大切にしました。
旅人であった山頭火。
「まっすぐな道でさみしい」という有名な句があります。
道は、旅人の歩く道ですが、また、ながい人生のようでもあります。
まっすぐな道はさみしい…
いろんなものと出会いながら関わりながら
生きている実感を持ち、人は存在しているのだと思います。
人気のない道を歩くとき、歩の速さに合わせていろんなものが目に入ってきます。また目がいろんなモノを追います。
何かと関わろうとして。また、生きているからこそ♪
高く広がる空。そして、道の脇には、草花や石っころ…いろんなモノが見えます。
旅人には、季節を感じる植物とともに、お日様の光の強さ、そして風を感じるものとして在るように思います。
季節があります。
季節とともに、風が、山が、川が…自然が在ります。
f0203477_1726445.jpg

(画像は、重吉さんのうたです♪)
西荻の数寄和で開催中の「絹に描く 斉藤典彦」展。
展示中の作品は、いわゆる抽象画。
具体的なものが描かれているわけではありません。
だけれど、この間、お客様に懐かしいという感想をお聞きしながら、なるほど!と思いました。
現代日本画家の斉藤先生は、作品のタイトルにも、観る私に懐かしさが沸き起こってくるような、そのようなつけ方をされています。
例えば、DM作品の「蒼山(あおやま)」にしても、蒼と山で蒼山なのです。訓読みのあおやまは、子どもの頃に慣れ親しんだ、わたしの心にある山のように思えるのです。

それぞれの作品を拝見しているとー。
まるで山道を、
まるで川沿いを、
一人歩いているときに感じるような気持ちが、ふつふつと湧いてきます。

…あっ!桜の蕾が膨らみだしたな…
…あっ!なんて心地よい風が吹いてきたんだろう。わたしも風になりたいな…
…あっ!柳の枝が風に吹かれ、舞っている…
…あっ!今年は、随分とはやく芽吹いてきたな…
…そういうと、子供の頃は、花の香りでは、あの花が好きだったな。…
そんな気持ちがふつふつと思い出されてきます。

季節の風が吹く。
季節の雨がふる。
お日様も、この季節の光が射す。
そう日本には四季があります。
日本の山があります。
日本の川があります。
こころのなかに…この日本のふるさとがあり、あたたかな気持ちが湧いてきます。
さみしい気持ちが、かなしい気持ちが、楽しい気持ちが、
そして何より此処にいてその瞬時に感動した気持ちがあります。
季節には、自然とともにあった、私のこころがあります。

現代日本画家の斉藤典彦先生の作品を拝見しながら、涙を流す人がおられるのは、おそらくこのようないろんな感情がふつふつと湧きおこるからだと思いますが、どうでしょうか。
もちろん何よりも先生の作品が美しいから、観る人が感動するからだと思います。
ぜひ、この機会に何度も足をおはこびください。
今日という日にしか見れない絵の表情が楽しんでいただけると思います。
絹に描かれた斉藤典彦先生の作品をじっくりと味わってください。
また、お気に入りの作品と出会われた方は、ぜひ、毎日お楽しみいただけるよう、お求めください。

宜しくお願いいたします。(数寄和 あさだ)

「斉藤典彦 展 絹に描く」
 東京展 2012年 3月17日(土)~ 4月1日(日) 11:00~19:00 無休
 大津展 2012年 4月7日(土)~ 5月5日(土) 11:00~18:00 休廊 火曜、15日、16日

イベントワークVTS予定日
・4月7日  展覧会初日 午後2時より(約40分)
・4月29日 昭和の日  午後2時より(約40分)
・5月5日  こどもの日 午後2時より(約40分)
各回10名 無料 予約優先
また、3名様以上でお越しで、VTS体験をご希望の方は、お知らせください。

「絹に描く 斉藤典彦」展詳細は、HPにて
http://www.sukiwa.net/
f0203477_17274191.jpg

西荻から帰った次の日。
ふと、黒田三郎のうた「紙風船」を思い出したので、返歌をつくりました。
大好きだったうたです。
息をいれ、ふくらんだ虹色の紙風船は、丸く…地球のように、まるく、それでいて、すぐに、へしゃがり、また息をいれ、膨らませながら… …私は、中也のうたもよく重ねて想いました。
…それでもね、息を入れて、生きてる私の息をいれて、虹色の紙風船をまるくして、地球のようにまるくして、ほおりあげるのです。
詩人になった気持ちで、黒田三郎さんの歌へ返歌をうたっていました。
よほど東京への旅がよかったようです♪
筆をもって書いてみました。
♪会える日も会えない日も♪と、タイトルをつけました。
誰にでも、詩人になる日がありますね。
あなたも、歌ってみてください♪
やさしい風を感じながらー。(あ)
f0203477_1729228.jpg

(白猫と黒猫がいました。
白猫のことが大好きな黒猫は、白猫の模様になって、いつも一緒にいることにしたそうです。(あ))

♪すてきいっぱいのお知らせですので、どうぞ♪

お知らせです。
・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/

ここから、数寄和からのお知らせです。

・4月22日数寄和大津ギャラリーにて
~春の二日月夜に~
雅楽古典曲の調べから 笙、龍笛、高麗笛
正倉院復元楽器の「竽」「排簫」のひびき

笙演奏 田島和枝さん
笛演奏 中村香奈子さん

詳細は、http://sukiwa.net/otsu/をご覧くださいませ。

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_17315148.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-03-24 17:35 | ふるさと | Comments(0)

西荻の数寄和にて「斉藤典彦」展が、はじまりました!ワークVTSをさせていただきました♪

斉藤典彦先生の作品の魅力を、あらためて感じることとなった、ワークVTS(対話型鑑賞)!
絹に描かれた作品をゆっくりと味わう時間となりました。
ご参加いただきました皆様、有難うございました。
f0203477_17495926.jpg

「絹に描く 斉藤典彦」展がはじまりました。
西荻では、4月1日まで、それから、数寄和大津へと展覧会は場所を移動し、5月5日まで続きます。

さて、上記の画像は、みんな何をみているでしょうか。
実は、VTS(対話型鑑賞)!ウォーミングアップ用に、コピーした画像をみんなで観ています。

みなさんにも、ご紹介しましょう♪
f0203477_17504770.jpg

さて、みなさんは、この写真のなかで、何が起こっていると思いますか。
何か気づかれたこと、感じられたこと,教えてください。
f0203477_1752658.jpg

いっぱい発見がありました。
この場所のこと。時間のこと。人のこと…等。
どんどん楽しくなってきたので、そろそろ絵をみんなで観ることにしました。
f0203477_17524287.jpg

f0203477_1753432.jpg

大きな作品を観るのですから、近くで観たり、離れて観たりと、します。
観る中で、いっぱい気づくこと、感じることがあります。
人の観方と自分の観方。
観方を話す。観方を聴く。
最初に感じた自分の観方が、人の観方を聴きながら、どんどん変化していきます。

…まるで、壁面に展示された光と遊ぶ絹に描かれた作品のように、この作品を観ることで豊かな揺らめきが感情として現れ、思考として現れます。
長くこの作品を観ながら対話すると、何本もの細い川が出会い、大きな流れの川となり、海へと向かうような感じです。
たいへん豊かな鑑賞の時間となりました。

絵とは何と豊かなものなのでしょうか。
今日はじめて会った人同士、一枚の絵を観る時間を共有することができます。
話すこと、そして聴くことで、人と人が関わります。
共感したり、それぞれの違いを感じたり…。

実をいうと、こんな大切な一期一会をどうしたものか、と、前日に新幹線に乗ってから明日にはやっているワークVTSについて考え込んでいました。

どんな入り方が、楽しい入口となるのかな?
「絹に描く 斉藤典彦」展というなかのイベントに相応しいVTSになったらいいな…と考え込んでいました。

先生の作品をみながら、涙を流す人もおいでです。
抽象画は解らない!と、観る前に、おっしゃる方もおいでです。
もし、解らないと感じておられる方が、この機会でわかりたいと思ってご参加してくださっていたら、どんな風に感じられるかな?

絵を解るというのは、どういうことでしょうか。
例えば…人にとって不可欠だというごはんを解るということは、どういうことだと思いますか。
まずは美味しいと感じることだと思います。「美味しいね♪」と、言葉にして、一緒に食している人と、美味しさを共有することだと思います。


絵を解るとは、どういうことでしょうか。
おそらくご飯と同じように美味しいと感じることだと思うのです。
美しいな。という風に感じるものだと思うのです。
絵についての説明ができることは、また、別の話だと思うのです。

この絵は、美しいな。ながく観ていて飽きないな。何度でも、何時間でも観ていたいな。
そのような絵でしたら、観ているうちに、いろんな発見があると思うのです。

同じ一枚の絵ですが、時間によってみえ方は変わります。
朝日の中での一枚の絵と夕日の中での一枚の絵のみえ方は違います。
晴れの日、雨の日…絵は、違う表情を持ちます。


斉藤先生の作品は、たいへん豊かな表情があり、観ながら、感じたことや、発見が、いっぱいありました!
どきどきしていた、前日までが嘘のようでした。

ギャラリーでの仕事で幸せな瞬間は、壁面にすてきな絵が並ぶ瞬間。
それから、素敵な絵を幸せそうな顔でみているお客さんをみる瞬間。
それから、お気に入りの作品を連れて帰りますというお客さんがおいでのとき。
それぞれ「観る」が大きくかかわる幸せの瞬間です。
それから、聞くも同じぐらい大切なんだと思います。
絵がどんな風に並びたいか。
幸せそうなお客様にお声をかけるには、お客様の心の声に耳を澄まします。
観ること。聴くこと。…はなすこと。考えること。
絵だけではなく、いろんな場面で大切ですね。

ワークVTSにご参加いただきました、みなさま♪どうも有難うございました。
拙いファシリテーター(ナビゲーター)ではありますが、多くの人が絵を観る幸せを感じていただければと、思っております。みなさまに、対話型鑑賞を楽しんでいただけるよう、絵を楽しんでいただけるよう、VTSを続けていこうと思います。 
ぜひ、ご参加ください。 

「絹に描く 斉藤典彦」展
数寄和 大津
会期 = 2012年 4月7日(土)~ 5月5日(土)
時間 = 11:00~18:00 休廊 = 火曜、15日、16日
住所 = 滋賀県大津市神領3-2-1

VTS予定日
4月7日  展覧会初日 午後2時より(約40分)
4月29日 昭和の日  午後2時より(約40分)
5月5日  こどもの日 午後2時より(約40分)
各回10名 無料 予約優先
また、3名様以上でお越しで、VTS体験をご希望の方は、お知らせください。

…ひとり、ゆっくりご覧いただきたい方も、ぜひぜひ、展覧会へと足をおはこびください。
また、何度も観たい方も、何度も足をお運びください。
お待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_17542026.jpg

お知らせです。
・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_17551599.jpg

数寄和からのお知らせです。
・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_17584470.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-03-19 17:55 | ひと | Comments(0)

卯月(四月)の数寄和大津のご案内です。(ご予約お待ちしております♪)

・4月7日より、「絹に描く斉藤典彦」展を開催します。VTS(対話型鑑賞)を行う予定です。(4/7 4/29 5/5午後2時より あと1回は、後日お知らせします。)
・4/22 春の二月夜に、演奏会を開催します。
ぜひ、お越しください。
f0203477_14173985.jpg

~春の二日月夜に~
雅楽古典曲の調べから 笙、龍笛、高麗笛
正倉院復元楽器の「う」「排簫」のひびき

笙演奏 田島和枝さん
笛演奏 中村香奈子さん
日時 4月22日
瀬田夕照の頃 午後五時より七時頃まで
特別鑑賞入場料1500円


数寄和大津ギャラリーがございます瀬田神領には、近江国一之宮建部大社がございます。
その建部大社の東には小高い丘があり、近江国庁跡。
さらに東に進むと惣山遺跡といい、正倉院のような倉もあったようです。
そこから出土した瓦には飛雲文と呼ばれる文様があしらわれていました。
近江(滋賀)には日本一大きな琵琶湖があります。その上には空が大きく広がります
この空に飛雲文のような雲をみる日もございます。
また、琵琶湖より唯一流れ出る瀬田川を渡る為に造られた瀬田の唐橋にも歴史がございます。
美しい風景は近江八景として、描かれ、詠われてきました。
瀬田の唐橋あたりは、「勢多夕照」として知られます。
俳人芭蕉が「五月雨に隠れぬものや瀬田の橋」と詠んだように、
梅雨の瀬田川あたりの風景は煙っていて、水墨画の世界です。
その中でも、唐橋は、しっかりと存在しているように思います。
この瀬田の唐橋の東に、佇む小さな白い建物があります。
日本の美しいものを残し伝えようという夢を持つ数寄和大津ギャラリーです。

なんと有難いご縁でございましょう。
笙演奏の田島和枝さま。笛演奏の中村香奈子さま。
お二人の演奏に惹かれておりました私の夢の一つを叶えてくださいます。
ギャラリーの誕生日に、素晴らしい演奏を聴かせていただけることとなりました。
お二人の演奏してくださる楽器は、正倉院復元楽器の「う」、「排簫(はいしょう)」です。
どちらも鳥をイメージしたもののようです。鳳凰が羽を広げたかたちと休めたかたち。
美しい楽器は残りましたが、その時代奏でられていた音楽はほとんど伝わらなかったそうです。
どのような音楽が演奏されていたのだろうと興味をそそられます。
美しい姿の楽器は、美しい調べを奏でる演奏者を必要として、今日まで伝わってきました。
正倉院復元楽器の「う」「排簫」。
宇宙の響きのように思います笙。その笙よりも大きな「う」。「う」をご覧になるのは初めてという方もおられると思います。
「排簫」の音色は、おおらかな万葉時代に思いを馳せます。
そして、皆様もよくご存じの笙や龍笛などによる古典雅楽も演奏していただきます。
古代歌曲・器楽・舞曲を含んだ日本伝統芸能の源流であります雅楽は、
世界諸国からアジアの東のまほろばに伝わり(5世紀から9世紀)、
千三百年豊かに醗酵熟成した薫り高き文化です。
雅楽を楽しんでいると、四季の移り変わりを眺めるような懐かしい気持ちが湧いてきます。
お二人の演奏は、聴く人のこころにながく余韻として残ることでしょう。

演奏会の日は、数寄和大津のギャラリー空間では「絹に描く 斉藤典彦」展を開催中です。
「斉藤典彦 近江路」展…。はや6年の歳月がたちました。
斉藤先生の作品は脈々とつづいてきた日本人の感性の息吹を感じます。
ぜひ、展覧会も合わせて楽しんでください。

この機会に小ギャラリーにお越しくださるようお願い申し上げます。


お問い合わせは数寄和大津まで
ご予約承ります
入場制限有り
定員33名
f0203477_141829100.jpg

3月17日より、西荻で開催される「絹に描く 斉藤典彦」展。
初日・18日とワークVTS(対話型鑑賞)というイベントをさせていただきに、西荻に行きます。
現在、VTSを学んでいるわけですが、なぜ、学びたいと思ったのか、少しお話したいと思います。

まるい地球の上に、あなたも私もいるのですが、感じている世界は、違うかもしれない!!と、驚いたことがあるますよね。
たとえば、同じ場所にいて、同じ花の写真を撮ったとしても、なぜか、撮り方の切り口がちがう…どうしてでしょうか。
絵をみていて、感じていることも、ひょっとしたら…いやいや、実にいろんな観方があるだろうなと感じますが、どうでしょう。
一緒に展覧会にいった御友だちやご家族の方と、その後、絵につくて話されたりしますか。
同じ絵を観た感想を言いながらも、なんだか、話が食い違うなんてこともありますね。

観ている私は、私の経験を通して、観ています。
観ているあなたは、あなたの経験を通して、観ています。
観ているあなたと、観ているわたしが、せっかく同じ空間で観ているのだったら、ちょっと、私の観方を聞いてもらおう。ちゃっと、あなたの観方を聞かせてもらおう。そしたら、新しい観方(発見)があるかもしれない。
あなたと私だけでない、もう少し友だちを増やそう。観る仲間をふやそう。
いっぱいの観方を話し聞くうちに、自分が最初に観て感じていた世界よりも、もっと深い世界となってくる…面白いでしょう?VTS!!

このVTSに興味を持ったのは、私がおしゃべりだから…それだけではなく、あなたの観方を聞きたかったからです♪そして、いっぱいの観方を聞いて、自分の観方がより豊かになって、より絵が好きになったら、楽しいだろうなと思うからです。

一度、まず一度、数寄和に遊びにきて、VTS(対話型鑑賞)を体験してみてください。
できましたら数寄和での展覧会ごとに体験してください。
一年後には、絵を観る楽しみが大きく膨らんでいると思います。

絵って、おもしろいですよ♪

「絹に描く 斉藤典彦」展
数寄和 大津
会期 = 2012年 4月7日(土)~ 5月5日(土)
時間 = 11:00~18:00 休廊 = 火曜、15日、16日
住所 = 滋賀県大津市神領3-2-1

VTS予定日
4月7日  展覧会初日 午後2時より(約40分)
4月29日 昭和の日  午後2時より(約40分)
5月5日  こどもの日 午後2時より(約40分)
各回10名 無料 予約優先
また、3名様以上でお越しで、VTS体験をご希望の方は、お知らせください。

…ひとり、ゆっくりご覧いただきたい方も、ぜひぜひ、展覧会へと足をおはこびください。
お待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_1419815.jpg

お知らせです。
・数寄和大津の氏神さまの近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_14204584.jpg

数寄和からのお知らせです。
・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_14234921.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-03-14 14:25 | すきわ日和 | Comments(0)

近江国一之宮 建部大社

ご祭神が日本武尊(やまとたけるのみこと)の建部大社。
ヤマトタケルは、ヤマトヒメの甥っ子なんですね!!
ヤマトヒメは天照さまを伊勢の地に祀られた方!!
f0203477_17464650.jpg

少しずつ春めいてきた境内で、建部大社の公式サイトが公開となったことを知り…
氏子であります私としては、みなさんに知っていただきたい!!
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。(数寄和あさだ)
f0203477_17475688.jpg

それはそうと、昨日、京都ではじめて観ました!!
花火のようで花火でない。だって、水なんです♪
思わず写メるのは、私だけではない。
瞬間を捉えることって、いつも難しいです。
音楽が流れ、光る水が踊ります。
躍動感があり、瞬間を捉えたい衝動にかられ、写メる。
ふしぎ。ふしぎ。
f0203477_17491230.jpg

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_17493971.jpg

数寄和からのお知らせです。
・現在、あさだが勉強をしておりますVTSを、みなさまと一緒に楽しみたいと思います。
御希望の方は、数名でご参加ください。
ご連絡お待ちしております。
VTSって??
対話型鑑賞。
よくみることで、いっぱいみえてくることがあります。
また、見えたことを話したり、他の人の見えたことを聴いてみて、さらに見ると…
一枚の絵の味わいがたいへん豊かになるように思います。
ぜひ、お友だちを誘って、数寄和大津へ絵を観にきてください。
出かけているときもありますから、ご確認くださるとありがたいです。お手数をおかけしますが、宜しくお願いいたします。
現在、展示しているのは、亀井武彦先生の墨描作品や、三浦幸子先生の猫が描かれている掛軸などです。
3月17日から始まります、斉藤典彦展でも、VTS(対話型鑑賞)を楽しむ時間を持とうと思います。詳細は、数寄和へお問い合わせください。
「絹に描く 斉藤典彦」展は、西荻の数寄和より、間もなく始まります。みなさまのお越しをお待ちしております。

・西荻の数寄和からです。
天童大人プロデュースシリーズ 第713回 La Voix des Pooètes 詩人の聲 出演:野谷文昭
 2012年3月11日(日) open 15:30 start 16:00
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・数寄和からのお知らせは、いっぱいあります。
お客様の喜んでいただける商品のご紹介、作家や作家のたまごさんの皆さんに喜んでいただけるイベントの企画(ギャラリーへ行こうや、シーズポログラムなどなど)まずは、数寄和のホームページをご覧くださいませ。宜しくお願いいたします。
http://www.sukiwa.net/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_19293484.jpg

瀬田川、よし♪
[PR]
by 555sukiwa | 2012-03-10 18:30 | 近江 | Comments(2)

三月三日は桃の節句。そして、とらかい?会の門出会♪

私たちが集まると、美味しいお酒で、乾杯♪♪
桃や柚子のお酒も美味しいし、熱燗も美味しいし、幸せです♪♪
もちろん、お勉強の後での祝宴です♪
f0203477_15464755.jpg

桃の節句ですから、もちろん桃を描きます。
桃は、邪気を払うのです。
f0203477_1547238.jpg

桃の枝って、すてき。なんて、話しながら、菜の花も描きます。
筆を持つと、より丁寧に桃の花を見ているように思います。
墨にはたくさんのお水が含まれていて、花の柔らかな表情が、墨を含んだ筆により表現できるのだと思います。
と、言っても、今日は、ちと待ち合わせがあり…。
急がなきゃ♪
と、いいながら、ギャラリーに現在展示中の亀井武彦先生の作品を、みんなで、拝見するのです。
とらかい?会の私たちは、観ることが大好きなんです♪
みんなで観るというと、そうVTS!
VTS(対話型鑑賞)は、みるメンバーによって発見するものが違います。当たり前ですが、不思議で面白いですよね。
3月17日から始まります「絹に描く斉藤典彦展」にお越しいただき、VTSも体験してみてくださいませ。
「絹に描く 斉藤典彦展」3月17日より5月5日までです。
詳細につきましては、ホームページをご覧くださいませ。http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0317/0317.html

…あっ!いそがなきゃ♪
待っててねー♪
f0203477_15483864.jpg

三月三日は、女の子のお祝いの日。
私たち、蛤の入ったお鍋でお祝いです。
この蛤に絵を描こうと話します。
桃のお酒の美味しいこと。熱燗の美味しいこと。
耳の日ですから、利き酒です(♪~心で美味しいものの声を聴いたのです♪)
美味しく楽しいお祝いの会となりました。
新しい春の門出の会となりました。
瀬田しじみも、あさりも、はまぐりも、とらかい?も、全部♪かい♪ですよね♪
また、みんなで、お祝い会で乾杯したいと思います(笑)♪(あ)

♪4日は、びわこマラソン♪
「がんばれ~」と、瀬田の唐橋東詰あたりの風景です。
f0203477_15504367.jpg

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_15511858.jpg

数寄和からのお知らせです。
・現在、あさだが勉強をしておりますVTSを、みなさまと一緒に楽しみたいと思います。
御希望の方は、数名でご参加ください。
ご連絡お待ちしております。
VTSって??
対話型鑑賞。
よくみることで、いっぱいみえてくることがあります。
また、見えたことを話したり、他の人の見えたことを聴いてみて、さらに見ると…
一枚の絵の味わいがたいへん豊かになるように思います。
ぜひ、お友だちを誘って、数寄和大津へ絵を観にきてください。
出かけているときもありますから、ご確認くださるとありがたいです。お手数をおかけしますが、宜しくお願いいたします。
現在、展示しているのは、亀井武彦先生の墨描作品や、三浦幸子先生の猫が描かれている掛軸などです。
3月17日から始まります、斉藤典彦展でも、VTS(対話型鑑賞)を楽しむ時間を持とうと思います。詳細は、数寄和へお問い合わせください。

・西荻の数寄和からです。
天童大人プロデュースシリーズ 第713回 La Voix des Pooètes 詩人の聲 出演:野谷文昭
 2012年3月11日(日) open 15:30 start 16:00
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・数寄和からのお知らせは、いっぱいあります。
お客様の喜んでいただける商品のご紹介、作家や作家のたまごさんの皆さんに喜んでいただけるイベントの企画(ギャラリーへ行こうや、シーズポログラムなどなど)まずは、数寄和のホームページをご覧くださいませ。宜しくお願いいたします。
http://www.sukiwa.net/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_155239.jpg

見上げれば、空に、虹のうた♪♪(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2012-03-04 15:52 | すきわ日和 | Comments(0)

花の色を愛でる。楽器の音色を愛でる。絵の音を聴く。

今日は、ひなまつり。
桃の花を買った。桃色の蕾が可愛らしい。
音色という言葉が好き。
一音の感情が聴いた私の心に残る。
光の子どもの絵には色がある。音もまた、この絵のなかで。
f0203477_1556375.jpg
f0203477_15571061.jpg
f0203477_15572395.jpg

春がくるというと、花々が一斉に背伸びをして、咲こうとする。
春には美しい色がたくさんある。

…花さく日にいろ。
…花散る前に音。(あ)

体調を久しぶりに壊していて、久しぶりに病院に行った。
久しぶりに朝ゆっくりと眠っていて、薬を多く飲みすぎた。
病院に電話をすると、待つ間に聴こえてきたのは、ショパンの別れの曲。別れの曲とは、日本語の題名である。誰がつけたんだろう?この曲を聴いていると、別れというものが、たいへん美しいように感じる。美しい別れの曲のように感じる。おそらく別れにも美しい別れと醜い別れがある。
美しい別れとは、どんな別れかと問われると難しいが、別れを別れと理解し、別れを受け入れることが、美しい別れとなるようにも思う。と言ってもなかなか難しいことである。

別れの曲を聴きながら、ずっと昔、逝く人の口が何かを言っていたのを思い出した。
もう言葉にはなっていなかったけれど、口が動いていた。
言葉をいくつか想像した。

ショパンの別れの曲を好きな人だった。…
ピアノが好きな人だった。…
宇宙が好きな人だった。…

ショパンの別れの曲が終わった。
音色が心に残る。
…花散りても音(あ)

宇宙にも音楽がある。
星のうたがある。
ショパンの別れの曲のように美しいだろうとおもう。
音は美しくひびき、きえ、のこる。

ここ(数寄和大津ギャラリー)で迎える6回目の春がやってくる。
此処での初めての春に、斉藤典彦「近江路」展。
斉藤典彦先生の絵の色の美しさは、音楽の音色が残るときに近い感じがする。
舌足らずの筈はなく、饒舌すぎるわけもない。
…6回目の春に斉藤典彦展であることで、私はわたしに問うことができる。…私らしく生きてきたか?
もちろん!と言えるようなそんな気が最近はする。

もうすぐ春。斉藤先生の絵の音を聴こうと思う。

「皆様、数寄和の斉藤典彦展へと足をお運びください。
そして、VTS(対話型鑑賞)を体験してみてください。
絵の音を聴きましょう♪」(あ)

「絹に描く 斉藤典彦展」3月17日より5月5日までです。
詳細につきましては、ホームページをご覧くださいませ。http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0317/0317.html
f0203477_15581094.jpg

お知らせです。
・パントマイムといえば、伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
まずは、4月27日は神戸のホテルトアロードにて「ゴーホーム」
この作品は、別れもありますが、再会もあります。伝三さんの描く、美しい別れと美しい再会は、心を温かくしてくれます。

お知らせです。
・いつもお世話になっているアレクサンダーテクニークの新海みどり先生のワーク集大成!あったまがリードして…なんだか、耳から離れない先生の言葉のリズム♪
今までは必要だった癖も、要らなくなったら素敵に別れましょうと、身体は思っているようです♪
「新しい姿勢術」姿の勢いワークショップ
京都にて6月2日にあります。
http://ameblo.jp/alliance-kyoto/entry-11166627311.html

お知らせです。
・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
お馬さんの、そして人と人の縁結びの神社です♪
(何度かご紹介しておりますので、近江だよりにて、ぜひ、ご覧ください♪お馬さんにのる、私の画像もございます♪)
日本初の国営牧場の地に天平8年、賀茂大神を迎え創建された神社です。
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
現在、新しいお社を、宮大工の棟梁の大村さんが、つくっていてくださいます。
ぜひ、足をお運びください。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
f0203477_15584667.jpg

数寄和からのお知らせです。
・現在、あさだが勉強をしておりますVTSを、みなさまと一緒に楽しみたいと思います。
御希望の方は、数名でご参加ください。
ご連絡お待ちしております。
VTSって??
対話型鑑賞。
よくみることで、いっぱいみえてくることがあります。
また、見えたことを話したり、他の人の見えたことを聴いてみて、さらに見ると…
一枚の絵の味わいがたいへん豊かになるように思います。
ぜひ、お友だちを誘って、数寄和大津へ絵を観にきてください。
出かけているときもありますから、ご確認くださるとありがたいです。お手数をおかけしますが、宜しくお願いいたします。
現在、展示しているのは、亀井武彦先生の墨描作品や、三浦幸子先生の猫が描かれている掛軸などです。
3月17日から始まります、斉藤典彦展でも、VTS(対話型鑑賞)を楽しむ時間を持とうと思います。詳細は、数寄和へお問い合わせください。

・西荻の数寄和からです。
天童大人プロデュースシリーズ 第713回 La Voix des Pooètes 詩人の聲 出演:野谷文昭
 2012年3月11日(日) open 15:30 start 16:00
 予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

・数寄和からのお知らせは、いっぱいあります。
お客様の喜んでいただける商品のご紹介、作家や作家のたまごさんの皆さんに喜んでいただけるイベントの企画(ギャラリーへ行こうや、シーズポログラムなどなど)まずは、数寄和のホームページをご覧くださいませ。宜しくお願いいたします。
http://www.sukiwa.net/index.html

・気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和あさだ)
f0203477_15592177.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-03-03 16:00 | すきわ日和 | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧