すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

伝三Fさんのパントマイムをおもう。数寄和のギャラリーへ行こうもおもう。

ヨネヤマ・ママコさんの内弟子であった、伝三Fさん。
映画の名作にパントマイムの素晴らしさを伝えるものがある。
港神戸に入ってきた文化はなんと多いのだろう。伝三Fさん主演の映画を拝見しながら、そうおもう。
f0203477_13285316.jpg

伝三Fさんのご出演の映画「死神」を観に、神戸へ。
伝三Fさんが、パントマイム(無言劇)で、弁士さんが語り、生演奏があり…。今、この時にしか観ることの出来ないサイレント(無声)映画を拝見してきました。
話さないとなると、観る人の視線を離さないよう、心の言葉をカラダで語るような演技力が必要です。
伝三Fさんの演技、いつもながら素晴らしかったです。
f0203477_13303514.jpg

長田の神戸映画資料館という場所にて、
伝三Fさん主演の映画「死神」を拝見しました。
この資料館があるビルの前には、梟さんが、今にも飛ぶように、大きく翼を広げています。
長田には、こんな素晴らしいお人もおられました♪
画像を撮りつつ、
誰かに写メールを送りたい!!!!!!と、
思いつつ…(笑)ではなく、
笑われそうですから、やめました(笑)
f0203477_1331736.jpg

映画となると「天井桟敷の人々」やチャップリン沢山の話を伝三Fさんとしたことがありますが、
まさか伝三Fさん、自分が映画に出るとは思っていなかったんじゃないかな??
今年は、本当にご活躍の日々です♪
心に残る作品、演技づくりに頑張ってくださいね。(麻田有代)
f0203477_13331049.jpg

さてさて、いよいよギャラリーへ行こう2012が始まります!!
「ギャラリーへ行こう 2012 」
前期 8月4日(土) - 8月12日(日)
後期 8月18日(土) - 8月27日(月)

前期・後期で2会場(西荻の数寄和・数寄和大津)の展示作品を入れ替えいたします。

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

今展では全国から絵画・版画の小品を募り、入選作品を展示販売いたします。
制作者には趣旨に賛同して頂き、お求めやすい価格を設定しております。
会場でお気に入りの一点をみつけてみませんか。

この夏 、ぜひ数寄和のギャラリーへお出かけください。
心のある人にとって不可欠な芸術を鑑賞する時間。
この夏、「ギャラリーへ行こう」で、大切な時間を過ごしていただければ…と思います。
お気に入りの作品と出会っていただけましたら、幸いです。
どうか、足をお運びください。
展示させていただいております作品と共に、お待ちしております。
また、対話型鑑賞をお望みの方は、お友だちと3名以上でお越しください。
ご予約を、お待ちしております。(数寄和あさだ)
f0203477_1334299.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

☆8月28日から、8月30日
神主お二人と・・・その地を味わう旅♪
「神社おそうじ隊 見参!」が、いよいよこの地近江にて、今年の夏は近江の旅で締めくくりませんか♪
おもえば、「生まれる生まれる生まれる、ポン♪」と、合言葉とともに笑顔いっぱいの出雲の旅にて、
「近江には何がありますか??」との隊長のご質問に、「琵琶湖です」とお応えしたこの近江の地にご縁深い私。
そうです。近江には、琵琶湖があり、多くの…京都や大阪と、多くのいのちと関わっていますし、また芭蕉をはじめ、多くの歌が生まれた地です。近江は、生まれる、生まれる、生まれる、ポン♪と、「御生み」といってもよい地だと思います。
神主であられ、旅の隊長であられる田村隊長のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/tamuradesu/e/3de177e6d7d273f05c27f021bc4ca61b?fm=rss
隊長は、気をみることができ、人の身体の健康のお仕事をされております。
また、隊長の記事にあります副長は、中国茶のスペシャリストでもあり、そしてやはり神主さまでございます。
http://blog.goo.ne.jp/aboo22/e/df402f572a5e0f129fb0a7fc6b064906
近江の旅にご興味あられる方は、ぜひ隊長、副長へご連絡宜しくです♪

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
ご覧いただき、有難うございました。(数寄和 あさだ)
f0203477_13365596.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-30 13:37 | 美観 | Comments(0)

数寄和のギャラリーへ行こう展2012、間もなく開催♪…ギャラリーというところ。

ギャラリーというところは、なかなか魅力的なところ。
先日、お越しいただいた人からも、「今日、数寄和へ初めていって…なかなかいいギャラリーでしたよ」なんて、知り合いの方へお話してくださっている…皆様にとって、ギャラリーって??
f0203477_17413443.jpg

「小島徳朗展」へ足をお運びいただき、有難うございました。
展示作品は、観ればみるほど、味わいある作品。
現代の住居空間にぴったし♪の作品が並ぶ展覧会でした。
小島徳朗先生ご本人と、ご友人の作家の高田学さんとのギャラリートークも大好評でした。
それぞれ違う作風、
けれどもお二人とも日本画を学ばれ、日本画の画材をお使いになっていて、今日の制作があり…
ギャラリートークにご参加いただきました皆様、お二人のお話に真剣なまなざしで耳を傾けて頂き有難うございました。先生方、有難うございました。
また、徳朗先生が、皆様に「みる」ことを愉しんでいただきたいので、
ぜひ♪と言っていただいた対話型鑑賞会も、楽しんでいただいたようです。
感想をお聞かせいただきました皆様、どうも有難うございました。
小島徳朗先生の制作された作品は、抽象的な作品が多く…
それ故にでしょうか。
ずっと観ていると、不思議に何か見えてきます。
例えば、夏野菜。
例えば、夕焼け。
たとえば、山々。
風景のなかの、何か…
それを一言でいうと、こんなかんじなのかな…??
なんて、おもいつつ…
おもいつつ… …
… … …大昔、太陽を観ながら、
陽という漢字を考えた人も、
日という漢字を考えた人も、
風景のなか…おひさまをみながら、
「これこれ、できた♪~できた、できた!!」
空に浮かぶおひさまみて、日という文字をみて、海に映るお日様をみて、日という文字をみて、歓声を上げたかもしれませんね♪
漢字という文字。
ずっと風景をみながら…
風景に佇みながら…
大昔の人にも、こんな風にみえたんだろうな!と、小学生のときからの知識と実際にその漢字をおもいながら、そんなふうに頷いたように思います♪
出来上がった漢字を少し思い出しつつ…
例えば、「木」をみても、そりゃ、木は木でしかないと思うのだけど…。
飛んでいる「鳥」をみていて、木にとまっている「鳥」をみて、巣の上にいる「鳥」をみて…漢字「鳥」と見比べて、そりゃ鳥は鳥だよね。と思うのだけど…。
でも、最初は無から…というか、そのモノのカタチを見ながら観ながら…人から生まれた「木」という文字も、人から生まれた「鳥」という文字も。
そんな漢字の成り立ち方に少し似ているように感じる小島徳朗さんの作品は、何だか楽しいし、何だか不思議だし、なんだか考えるし…観飽きないです。
観飽きないって、大切なことだと思います。
○イコール○よりも、
○イコール♪☆の方が、
なんだか、楽しいし、なんだか、○に対して、誠実なような気がします。
自分の顔が見えない私たちは、鏡に反対に映っている自分の顔をみながら、わたしの顔って、こんなのだ!と思っていたりします。
それに自分の声も録音して聴いてみると、こんな声だったけ??と、不思議だったり。
「私」は、「わたし」であるのだけれど、観ている人からは、「あなた」である「私」ですから、
私イコール私だけではないように思うのです。
そんな思考の中を散歩しつつ、
作品を積極的に観て、私にはこんな風に見えると楽しむことって、観られる為に生まれてきた作品にとっても、たいへん嬉しいことのように思います。
作品を生んだ人が作家なら、観る私たちが育てているように思ったりします。

春から、斉藤典彦展。
「18×14センチの絵画展」
ギャラリーへ行こう2010にて数寄和賞を受賞してくださった「田中明子展」
そして、「小島徳朗展」と素敵な展覧会を開催してきました。
そして、間もなく、今年も夏は、「ギャラリーへ行こう展」を開催します。
ぜひ、ここ数寄和のギャラリーというところへ足をお運びいただき、観て観て観てくださいませ♪
宜しくお願いいたします。

ギャラリーという場。
春から対話型鑑賞をさせていただきながら、思います。
一人でご覧いただくことの作品との素敵な出会いの瞬間。
みんなでワイワイと観ることのたのしさ。
ずっと観ることで、少しずつ、心に響いてくる作品の魅力。
色々な楽しみ方があるようにおもいます。
此処、数寄和ギャラリーで、今夏、アートな時間をおおくりいただければ…と思います。
皆様のお越しをお待ちしております。(麻田有代)
f0203477_17523956.jpg

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_17571719.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_17574521.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-25 18:03 | すきわ日和 | Comments(0)

桜とカラスと小島徳朗展(イベントご参加いただきました皆様、有難うございました!)

20日のイベント(ギャラリートークと対話型鑑賞)にご参加いただきました皆様、有難うございました。
そして、参加したかったと思ってくださった方も有難うございます。
ぜひ、数寄和ギャラリーへ足をお運びください。
f0203477_12555918.jpg

これは、桜の木。
暑い日々がつづくなか、春に美しい花を咲かせる桜の木は、
夏の風景の中に立っている。

今朝、カラスが桜の木にとまり、
鳴いていた。
歌っていたんだろうか??
もう随分、西洋の音階が親しくなっていて、カラスさんのいっぱい出す声をつなげてみると、音痴におもう。
いやいや現代音楽なら通用するかも知れない。

現在、数寄和大津では、「小島徳朗展」
20日にイベントの為に、数寄和にお越しいただいた小島先生から、桜という文字についての私の考えをお聞きいただいた。
もちろんイベント中ではなく、夜の部までの長い休憩中のおはなし。
その時、即答できなかったのは、複雑に、桜に対する愛情や愛着が心の中にあったからだろうか。
一日たってメールでお返事した。
木へんの字は多く、柳や、梅は、その木そのものの字がありますね。
桜は、美しい日本の花で、春に一斉に咲き、潔く散ります。
その桜を書くのなら、たいへん美しい墨色か滲みを上手に使って…

すると、どういうわけか…昨日、数寄和に来てくださった方からも桜の木の話がでた。

そして、今朝、なじみ深い桜の木の枝にカラスがとまり、歌っていた。
(さくら、さくらとは残念ながら、歌っていません♪寅さんではなく、カラスさんですからね♪)
f0203477_12563271.jpg

f0203477_12565198.jpg

桜とカラス。
…をみていると、
桜と夏のお日様の陽射しが。きらきらとやってくる。
夏のまぶしい陽射しは、歌をカラスと近しい。
どちらも、饒舌である。
夏の桜の木と夏の陽射し。
なつの桜の木とうたう真っ黒のカラス。
なじみ深い桜の木が、今に立っている。
それらがー、
わたしの桜という字が書けるように思う瞬間の今となる。
(小島徳朗さんに、ブログすきわ草子を読んでもらうことにしよう♪)
f0203477_12573754.jpg

あれれ??
イベントの話は??と思った方々もおいででしょう。
それについて書こうか?と考えていましたが、
その代わりに上記の文章を書かさせていただきました。

絵について、私は仕事がら、よく考えているつもりです。
作家である小島徳朗という人は、もっと、深く絵について考えておられて、たいへん勉強させていただいているなと思います。
今回、イベントに対話型鑑賞をやってください。と、言ってくださったことも含めて、
観ること。考えること。そして制作すること。そんなことが、小島徳朗先生の日常にあり、その人から生まれた作品は、数寄和大津ギャラリーの真っ白な壁面の上で…
そうつまり…今朝みたカラスのような魅力的な存在です。
聞惚れるうたのような…絵です!作品です。

漢字という文字が生まれてきたこと。
東洋的なものの撮られ方。
脈々とつづく、人の憧れがあって、
その憧れはー、
小島徳朗さんのなかでうごめきつづけているように思います。

イベントがたいへん楽しいものとなったのには、
若手作家の高田学さんのご協力があってのこと。

魅力的な作家と出会い、そこから生まれた作品を前にして、
作品の魅力や観る楽しさを感じていただき、残し伝えたい文化、そして現代の美術作品を五感と通して味わえる…数寄和大津ギャラリーという場が皆様に愛されるよう、精進したいと思います。(麻田有代)
f0203477_12594339.jpg

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_1302034.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_1313823.jpg

暑い中。
大雨の中。
展覧会へ足をお運びいただき、有難うございました。
[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-22 13:02 | かきぞめ日和 | Comments(0)

京都祇園祭巡行の空に虹がでた♪2012.7.17

青空のもと。今日は、山鉾巡行。
ああっ!!!!!!虹が出てる。
虹がでてる♪
素晴らしい青空の下の京都祇園祭山鉾巡行です♪
f0203477_16325581.jpg

f0203477_16332585.jpg
f0203477_16333998.jpg
f0203477_16335659.jpg
f0203477_16344521.jpg
f0203477_16345882.jpg

f0203477_16353079.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

小島徳朗展 イベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を7月20日に開催します!! 
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/070601/index.html

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_16373810.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_16381092.jpg

コンチキチン♪と京都の祇園まつり。
あんなに大きな鉾をひっぱりながら時代を超えて。
厄病から身を守ることは、いつの時代でも大事なこと。
山鉾の先には、空がある。
ひろがる空が
そらつづきの空となり
ビルの窓ガラスにも空がうつり
川や池にも空がうつり
瀬田川にも空がうつり
この私へと
そして、あなたへと
続いているのだとおもう。
祈りが続いているのだとおもう。
そう、今夏も元気にがんばりませう♪(あ)
[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-17 16:39 | すきわ日和 | Comments(0)

京都の夏の風景 2012・7.15

京都は、こんちきちん♪
梅雨空のなか、こんちきちん♪が町をひびき渡る。
お寺の夏の花のまわりを、その美しさを讃えるように、いのちが飛ぶ。
…今日、近江にも、青空がやってきた。
f0203477_1318931.jpg
f0203477_13182241.jpg
f0203477_13183687.jpg

祇園祭の写真を撮る人
ひと、ひとが、祇園祭の風景の写真を撮る。
梅雨空にほんの少し、光がさす。
くじとらずで巡行の先頭の長刀鉾は、梅雨空の中でも美しい。
そう、いつも美しい。
御祭りの風景が教えてくれる、さまざまなこと。
…今日という日がある。(あ)
f0203477_13192849.jpg

f0203477_13195198.jpg

f0203477_13201082.jpg

f0203477_13203222.jpg

提灯も大事にされている…
すてきですね♪

さて、庭の美しいお寺へ…
f0203477_13212339.jpg

蓮と、ドラゴンフライ。
トンボをみて、様々なことをおもった。
蓮をみて、いろんなことをおもった。
おもえることって、いいもんだなぁ。
少し悲しい気持であったとしてもー
ココロに梅雨空のおりの風がふく。
なまあたたかい、風がふく。
日本に四季があってよかったな。
明日は、きっと晴天がやってくる。(あ)
f0203477_13234648.jpg

f0203477_13242100.jpg

f0203477_13243827.jpg

f0203477_1325113.jpg
f0203477_13251187.jpg

夏の花である、蓮。睡蓮。
似ているようで、違っている。
いのちのうたをきこう。
いのちを讃える風がふく。
いのちを讃えるお日様の光がやってくる。
それぞれがうたう、いのちのうた。
わたしもうたおう。いのちのうたを。(あ)
f0203477_13271230.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

小島徳朗展 イベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を7月20日に開催します!! 
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/070601/index.html

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_13275265.jpg


大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_13283233.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-16 13:29 | ピクチャー | Comments(0)

明日という日

昨日、久しぶりの友だちが数寄和にやって来てくれた。
お名前が変わられたので、筆で紙に新しいお名前を書いてもらった。私たちの共通する話題に出てくる人が、今日、どんな生き方をしているか…いつか会って話したい。私の書もみてもらいたいな♪
f0203477_1242914.jpg
f0203477_12422110.jpg
f0203477_12423153.jpg

昨日は、13日の金曜日だった。
10年前、わたしは13日の金曜日は嫌いだった。
8年まえからは、13日の金曜日は、嫌いじゃなくなった。
と言うのは、13日生まれの人から、大事なことを教えて貰ったから♪
その人の誕生日はある時、13日の金曜日だったはずだし、また13日の金曜日がやってくるから。

何かを好きにさせてくれるような出会いがある。
そんな出会い方は、とっても大事だとおもう。
13日が好きになったようにおもう。
そういうと、高校時代の親友が言っていた。
友だちっていうのは、その友だちが玉ねぎが大好きだったら、なんだか知らないうちに玉ねぎが好きになっている…そんなのが本当の友だち。

人は人と影響しあいながら、生きている。

その人は、たいへん穏やかな性格の人だったけど、芯はしっかりしていた。絶対譲りたくないというものを持っていた。
どんな大人になりたかったかを、そのままやっていて、
ちょっと不器用な生き方で、心配な人だった。
そんな人にあの頃にあえたのは、私の宝物だとおもう。
元気かな??と思う。
いつか会えるときには、どう生きてきたか、話したい。…と、おもう。その辺りを、解る解ると頷いてくれる友だちが昨日、数寄和にやってきてくれた。

数寄和大津という場も、来る人にとって、何か大事な出会いのある場でありたいとおもう。
絵をみることで、何かを好きになったり、自分らしさを思ったり、生き生きと生きることについて考えたり…

一枚の絵のなかにある世界と触れることで、
筆で何かを書くということのゆったりとした時間のなかで
明日という日が楽しいものとなる場であったらいいなとおもう。(麻田有代)
f0203477_12452185.jpg

f0203477_1246386.jpg

f0203477_12463048.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

小島徳朗展 イベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を7月20日に開催します!! 
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/070601/index.html

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_12481430.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

☆西荻の数寄和から、詩を聴く会のお知らせです。
天童大人プロデュースシリーズ 第787回 La Voix des Pooetes 詩人の聲 出演:建畠晢
 2012年7月14日(土)

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_12484944.jpg
f0203477_12585873.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-14 12:50 | ひと | Comments(2)

伝三Fパントマイム「蜘蛛の糸」(京都・法然院にて 七夕の夜に☆☆ 私はわたしと会ったようにおもう)

伝三Fさまへ。生きるって、そういうことやったんやな。
人であること。仏教があること。絵があること。言葉にならない言葉があること。
伝三さん、ありがとう。
みんな、みんな、生きててよかったと、おもえること。って、大事やな。
f0203477_13154348.jpg
f0203477_13155410.jpg
f0203477_13155973.jpg
f0203477_13161565.jpg
f0203477_13162357.jpg
f0203477_13164165.jpg
f0203477_13165089.jpg

先日のブログでご紹介しておりました、伝三Fさんのパントマイム「蜘蛛の糸」についてです。
昨夜七夕に素晴らしい本番を拝見してきました。
さて。タイトルを打ちながら、パンとマイムになり、面白いから、このまま記事タイトルにしようかと思いました。
人には、カラダと心があり、カラダの存在を継続するためには、パンが必要ですよね。
でもカラダだけが人を存在させている訳ではないですよね。
わたしたちは、どうして怒るのでしょうか?
どうして、泣くのでしょうか?
どうして、一緒にパンを食べる人を求めるのでしょうか??
人が人であるためには、カラダも大事、そして心も大事。
わたしの友達のパントマイムの伝三Fさんについてです。
伝三Fさんは、無言劇のあっちの世界から、
言葉にならない言葉を
カラダで語りつづけます。

人は、生きる。
人は、生きている。
人は、死ぬ。
人は、死んでしまう。
でも、心は、まだあって
心のなかの感情がつづいていて
その心がみる夢があって
悪夢のような夢があって
そこを心がさまよって
ある、あの世がある。
慈悲深い仏様は
その心をお助けしょうとしてくださるが
慈悲を響かせ、心を動かさないと
美しい心にならず
美しい世界を描けない
自分の心の中にあるものしか描けない
人とは心の中を生きる動物
人とはカラダだけではなく心のある動物
人は人となるために
今という時間をもっている

…そんなことを今回の「Mime蜘蛛の糸」を観ながら、思います。
今回の舞台が、京都は法然院さんということも、また七月にはいり七夕ということも色々が重なり、私はわたしと会います。

演じる伝三Fさんも、観る私も、思えば、いろいろあった人生です。
観る私といいましたが、この私、観ている人みな、いろいろあった人生を生きていて、そして、皆、カラダとココロ、どちらも大事で、心のように生きれたらと願うカラダを持っております。
またこれから生きていく子どもたちも観ていたのですが、
近くに座って舞台を観ている、その真剣なまなざしを時々横目で拝見していた私。
生きていくと覚悟をもって幼い子どもたちは、この世に存在しているのだ!ということを、久しぶりに感じるような…
それを引き出す力のある素晴らしい舞台でした。

伝三Fさん。有難う♪
友だちでいてくれて、有難う♪
生きてて、今日があって、よかったね♪
…と、かのオジサマと、素敵な方…お二人とも素敵に歳を重ねてこられて方々!!と、そして2歳の時に初めて伝三さんの宙ずりの舞台を観たわが娘♪と、帰りの道中にて一緒に感動したうるうるの目で会話し、みなで想うのでした♪
「伝ちゃん、有難う♪~~~~~~~~~!!!!!!」
生きている人が生き生きと生きていると、死んだ人も心のなかで、生き生きしているね♪と、笑顔の私たちでした!
明日も元気に生きるぞ♪と思うのでした!

伝三さん、パントマイム、ずっとやっていてよかったね!
わたしも、ぜったい書くからね!(麻田有代)
…と、終わろうとしましたが、せっかくですから、皆様にお知らせです♪

☆7月28日 新作主演映画「微サイレント・イベント『死神』」神戸市長田区映画資料館して上映

☆10月6日、7日「過ぎ去りし句読点。第2章」イカロスの森「神戸」にて上演

♪問い合わせ マイムストリーム木・木
FAX 0798-70-7269
f0203477_13181928.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

小島徳朗展 イベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を7月20日に開催します!! 
http://www.sukiwa.net/otsu/gnews/image/2012/070601/index.html

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。

☆西荻の数寄和から、詩を聴く会のお知らせです。
天童大人プロデュースシリーズ 第787回 La Voix des Pooetes 詩人の聲 出演:建畠晢
 2012年7月14日(土)


それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_13194680.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

☆西荻の数寄和から、詩を聴く会のお知らせです。
天童大人プロデュースシリーズ 第787回 La Voix des Pooetes 詩人の聲 出演:建畠晢
 2012年7月14日(土)

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_1321496.jpg
f0203477_1642782.jpg

(2012の七夕に 有代)
蜘蛛の糸から、すでに巣が織りあがっていた。
蜘蛛の糸はキラキラと美しい。
梅雨の合間の光を浴びて。(7月9日数寄和にて)
f0203477_1782778.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-08 13:21 | ひと | Comments(0)

小島徳朗展 7月20日にイベントを開催します!!

では、ご参加される方にまずは宿題を差し上げたいと思います。
さてさてこの画像をよくみてください。何か感じられたこと、気づかれたこと、
またこの中で何が起こっているか、当日ご参加されるときに教えてください。
他の人は、どんなふうにこの写真を観られるでしょうか。
当日お会いできるのを楽しみにしております。
f0203477_15525974.jpg

「小島徳朗展」
展覧会期間中の7月20日にイベント「日本の現代作家の生んだ作品を味わう VTS(対話型鑑賞)でより身近に、ギャラリートークでより深く」を開催します。多くの人のご参加をお待ちしております。

①午後3時から3時45分(3名~12名ぐらいまで)
「VTS(対話型鑑賞)で、小島徳朗展をたのしみましょう」
参加してくださる人同士で、作品を観て感じられることを短く発言していただき、それを積み上げたときには、いつもと違う観方をしている自分に気づきます。
数寄和大津の麻田がナビゲーターを務めさせていただきます。 
・すでに皆様にお知らせしておきました画像を通してまずは、ウォーミングアップ!
・立体作品で、VTS(対話型鑑賞) 
・平面作品で、VTS(対話型鑑賞) 

②午後4時から午後5時まで
ギャラリートーク
作家の小島徳朗先生は、日本の現代作家としてご活躍中で,京都市立芸術大学で講師をされております。
親交が深く、同じくご活躍中の現代日本画作家の高田学先生をゲストにお迎えして、
先生の制作に対する想いについてお話をお伺いしたいと思います。

③午後7時から午後7時45分(3名~12名ぐらいまで)
「VTS(対話型鑑賞)で、小島徳朗展をたのしみましょう!」

④午後8時~午後9時
ギャラリートーク
小島徳朗先生と高田学先生にお話しいただきます。

人数を把握したいと思いますので、それぞれ申し込んでいただけますとありがたいです。もし片寄りがありましたら、はやく申し込んでいただいた方を優先し、後から申し込んでいただいた方には、ちがう時間にお越しいただく場合もあります。
どうか宜しくお願いいたします。
この日がお出かけしにくい方も、ぜひ、展覧会には足をお運びください。
宜しくお願いいたします。(麻田有代)
f0203477_15541269.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。


それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_15544195.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

・パントマイムといえば、伝三Fさん。
ヨネヤマママコさんの御弟子さんだった伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
七夕の7月7日午後7時7分から、京都・法然院にて「蜘蛛の糸」が伝三Fマイムでご覧いただけます。
ご予約先FAX0798-70-7269
ブログすきわ草子に関連記事あります♪http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/070102/index.html

・7月7日夜は、大阪でも楽しいイベントがあるようです。
私の元に声は届いてくるでしょうか。
「渡っていくか、声!!」
詩人の今野和代さんからのお知らせを頂戴して、やはり、皆様にお伝えしておこうと思います。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_15562094.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-06 16:07 | ピクチャー | Comments(0)

「鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言」を、京都シネマで観てきました。

「木のいのち木のこころ」という本を、随分昔に読んだことがあります。
宮大工の棟梁の西岡常一さんのご本で、
読むとなんだか心が清らかになるような本で、
この人がご出演の映画ということで、
数寄和大津ギャラリーの休みの昨日、拝見してきました!!
おススメです!!
f0203477_1535114.jpg

このブログの画像は、もちろん映画のものではありません。

宮大工の大村棟梁の仕事を今年の1月26日の大雪の日に拝見させていただいたときに撮らさせていただいたものです。

…去年のいつ頃だったでしょうか。今頃だったかな??
近江八幡の賀茂神社の宮司でもある、高校時代の恩師の岡田裕正先生から、
「平成27年に創建1275年の式年で、神社のお社を奈良時代からのやり方で、宮大工の大村さんに建ててもらおうと思っていて…」と、電話がありました。
それから何度となく、大村棟梁とお会いする機会をいただきました。
それから何度となく近江八幡 賀茂神社の話題を、このブログすきわ草子にアップしています。

最初の先生からのお電話で、「宮大工」「古式に則った」「お社を建立」「みんなの神社」等のそれぞれが素敵に響いたのは、
やはり、この宮大工の棟梁の西岡常一さんのご本を読んで嬉しく感じた経験があるからだと思います。

昨日、大雨の中を、映画館へと向かい、
映画を観て、ちゃんとした仕事をするって、凄いことや!!
人って凄いなと、
つい最近筆を持って書いた「人生感意気」という言葉を思い出し、
なんだか生きているってことがたいへん愛おしいことだと思うのでありました。

人生感意気
功名誰復論
(人生意気に感ず、功名誰(たれ)かまた論ぜん)
魏徴の「述懐」の五言古詩の最後からですが、意味は、
「人生は男同士の意気に感ずるもの、功名などは問題とするにあたらない。」
「人生とは、意気に感ずるもの。誰に功があるかなどとは、問題とするところではない。」
とありますが、どんな風に感じられますでしょうか。

わたしの師匠が、よく言います。「小手先ではいかん!!」「カタチを追うのではない!!」と、言います。
大きな紙に書いた「人生感意気」をみると、
汚く仕上がっていて、この10年…生きてきたな♪(10年と言えば、一昔ですからね!)って、なんとなく笑いが込み上げてきました。
「人生感意気やな♪」なんとなく、嬉しくなってきます。

さて、映画に話は戻り、また私の現在に来て、戻り…ややこしいのですが、
映画の中の、宮大工 西岡常一さんの言葉を聞きながら、
当たり前のことですが、言葉はその人なりなのだと、思いました。
その人だから出てきます。
その生き方をしている人だから出てきます。
そうある人だから出てきます。
だから、一言に重みがあります。
同じ言葉を言っても、言う人により重みは違います。
また聴く人により重みは違います。
もし、誰かに酷いことを言われて傷になっている人がおいででしたら、よく考えてください。
その人、どんな人でしたか?
この人の生き方って素晴らしいとおもう人の言葉を胸に刻んで
生きましょう♪
f0203477_1553687.jpg

かつての恩師である岡田裕正先生と、このところお会いできる機会があり…言葉柔らかに、自分の体験を話されます。
きっと、これらは私の宝物になっていると思います。
おそらく今このときに先生からお聞きしていることが、これから10年、15年と生きているなかで活かされるように思います。
そう言えば、久しぶりに再会させていただいた大事な行事のなか、「教え子です」とご紹介いただきましたときには、先生らしい温かな響きでたいへん嬉しく有り難く感じました。

書の師匠から「人を磨け」と言われますが、
書くことや言葉を発するということは、
私そのもの(私自身)が、そこに現れるのだと思います。

宮大工であり木との付き合いが深かった西岡棟梁が、映画の中で、いっておられたように
その土地から、その木が生まれ育つということを想うと、
裾野の方ではありますが言葉にこだわってきたわたし…
関わっている私としては、
その人から、言葉が生まれ育つように思います。
「人生感意気」も筆で書くと、その人なりがでます。
機械では出ない、その人なりの味がでます。
…ちゃんとした仕事をしよう!!と、思います。

皆様も、ぜひ映画「鬼に訊け」をご覧ください。
そうして生きるとはどういうことか考えてみてください。

皆様も、ぜひ近江八幡の賀茂神社のお社が出来上がるのを、楽しみにご参加してください。
賀茂神社HP http://kamo-jinjya.or.jp/

…そうそう、映画で念仏尺という近江の曲尺がでてきました!!
畳に京間とかありますが、前に、もっと、いっぱいの物差し(尺)があったと聞いたことがあります。
宮大工であり近江の近江八幡(賀茂神社)の仕事をされている大村棟梁に今度、念仏尺についてお聴きしよう!!と思います。(麻田有代)
f0203477_1564152.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。


それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_1574177.jpg

7月20日は、おそらくイベントをします。
VTS(対話型鑑賞)とギャラリートークをします。
詳細は決定次第お知らせします。
どうぞ、宜しくお願いいたします。
また、VTS(対話型鑑賞)は、3人以上でお越しの際にご希望であれば体験してください。
宜しくお願いいたします。(数寄和 麻田)
f0203477_1583235.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

・パントマイムといえば、伝三Fさん。
ヨネヤマママコさんの御弟子さんだった伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
七夕の7月7日午後7時7分から、京都・法然院にて「蜘蛛の糸」が伝三Fマイムでご覧いただけます。
ご予約先FAX0798-70-7269
ブログすきわ草子に関連記事あります♪http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/070102/index.html

・7月7日夜は、大阪でも楽しいイベントがあるようです。
私の元に声は届いてくるでしょうか。
「渡っていくか、声!!」
詩人の今野和代さんからのお知らせを頂戴して、やはり、皆様にお伝えしておこうと思います。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_159378.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-04 15:10 | ふるさと | Comments(0)

伝三Fマイム「蜘蛛の糸」7月7日午後7時7分(京都・法然院にて)

昨日は夏越祓の日。京都・伏見稲荷神社と近江一之宮建部大社さまにお詣りに。
前半の日々、元気に過ごせたことに感謝です。
さてさて7月。7月と言えば七夕。あと六日となりましたので伝三Fマイムへのお誘いです♪
f0203477_13352489.jpg

伝三Fさんのマイム「蜘蛛の糸」は、たいへん人間味のある作品。
と言っても、この作品を2度みた私の感想です。
今回は、どんな「蜘蛛の糸」となりますかしら…??
なんたって7月7日午後7時7分からはじまる「蜘蛛の糸」ですから♪
7月7日と聴いただけで多くの人がすぐに思い浮かべる七夕。
七夕と言えば、機織り名人の織姫さまと彦さまの一年に一度の逢瀬の日。…と想うと、なんだか「蜘蛛の糸」のなかの「糸」がクローズアップされて、七色(虹色)の糸をイメージしたりします。
おそらく天では虹色(七色)の糸で織姫が機織りをしている筈と、
透明感のある冬の夜空でキラキラと輝く星々を眺めたりできますが、
どういう訳か、この七夕の季節は梅雨です。
だいたいが曇り空。
だけれど、この上には、きっと星々がキラキラ輝き、天の川を渡り、一年に一度の逢瀬の織姫様と彦さん♪と見えない故の見たい風景を想像し、想像力と美意識を高めることとなりますね♪

…それにしても地獄のような真っ暗なところにずっと居て、
上からキラキラ光る糸が垂れ下がってきたら…どんなに美しく感じることでしょうか。
きっと蜘蛛の糸は美しくキラキラと輝いてみえたことでしょう。
…やはり、それにしても、どうして、その糸を登ることだけに集中しなかったのでしょうか。
天から蜘蛛の糸を垂らしたお釈迦様の御心。
キラキラと光る一筋の糸(…お釈迦さまの意図ともおもう。)を、ただただ登ることをすれば、地獄から脱出できたのかも知れません。

あー、はやく伝三Fマイムの蜘蛛の糸を観たいです!
また、ブログすきわ草子にて、わたしの感想文を載せたいと思います。
でも、もしお時間許しましたら、ぜひ自分の目でご覧くださいませ。そして私と感想を共有しましょう♪

もう少し、伝三Fさんについて語りますね♪
伝三Fさんと言えば、ヨネヤマママコさんの内弟子でもあった人で、それはそれはパントマイムの大好きな少年時代・青年時代・それからそれからを送ってこられました。
いっぱいの伝三マイムがあります。
今が伝三マイムの旬の時期なんだ!と、今年の活躍ぶりをお聴きしながらおもいつつ…皆様にもご覧いただきたい伝三Fマイム「蜘蛛の糸」です♪

「蜘蛛の糸」
2012年7月7日午後7時7分(会場午後6時) 
会場 京都法然院
前売 三千円  当日 四千円
予約 FAX 0798-70-7269
f0203477_1336815.jpg

☆数寄和からの展覧会のお知らせです。
・小島徳朗展
6月29日~7月22日まで数寄和大津ギャラリーにて
小島徳朗展を開催します。
(休み 7/7 ・7/15 毎週火曜日)
営業時間は、午前11時~午後6時です。
第1・第3金曜日(7/6・7/20)は午後2時~午後9時までとなります。
ぜひお越しください。

・「田中明子展」のご案内
公募展「ギャラリーへ行こう2010」で
数寄和賞を受賞した田中明子さんの展覧会を開催しております。
ぜひご高覧ください。

数寄和(西荻)
会期 = 2012年 7月1日(日)~ 7月22日(日)
時間 = 11:00~19:00 無休
住所 = 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F
TEL 03-3390-1155
http://www.sukiwa.net/index.html

☆[数寄和の夏季特別企画のお知らせです。
「ギャラリーへ行こう 2012」についてです。

開催趣旨

作家の卵が創作活動を続けていくには、
ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、
双方が必要だと考えています。
作家を志す方々に小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。
夏季特別企画 「ギャラリーへ行こう」です。今年で第三回となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

実施概要

会期: 前期 2012年 8月4日(土) - 8月12日(日)
     後期 2012年 8月18日(土) - 8月27日(月)
※ 会期中、数日間休みをいただくことになると思います。

会場: 数寄和 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ 1階
    数寄和大津 滋賀県大津市神領3-2-1
*東京と大津の展示替えを行います。

詳細につきましては、数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/artnews/2012/0723/Gallery2012_entry.html
宜しくお願いいたします。


それから…
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね。
f0203477_13371682.jpg

大切なお知らせのお知らせです。

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりました。
http://takebetaisha.jp/
スペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ブログすきわ草子にて先日の足伏走馬(あしふせそうめ)♪
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/050701/index.html
・おうみだより♪(近江八幡・賀茂神社の地鎮祭に参列してまいりました♪)
http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2012/062501/index.html

・パントマイムといえば、伝三Fさん。
ヨネヤマママコさんの御弟子さんだった伝三Fさん。
今年は、伝三Fさんのパントマイムがたくさん楽しめます。
七夕の7月7日午後7時7分から、京都・法然院にて「蜘蛛の糸」が伝三Fマイムでご覧いただけます。
ご予約先FAX0798-70-7269

・7月7日夜は、大阪でも楽しいイベントがあるようです。
私の元に声は届いてくるでしょうか。
「渡っていくか、声!!」
詩人の今野和代さんからのお知らせを頂戴して、やはり、皆様にお伝えしておこうと思います。

数寄和からのお知らせでした。
ご覧いただき、有難うございます。(数寄和 麻田)
f0203477_13374118.jpg

それから、初めての試みです。
金曜日の夜にも小島徳朗さんの作品をご覧いただけます。
VTS(対話型鑑賞)のイベント日もまたお知らせいたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。(数寄和あさだ)
f0203477_17454380.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2012-07-01 13:40 | かたち | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧