すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

紫陽花

梅雨という季節のなかに咲く紫陽花。
「好きな花は?」と訊かれたら、まず名前を挙げていたような時期もあった。
数日まえ、久しぶりに可愛らしい紫陽花にあった。
f0203477_15391846.jpg

紫陽花は、梅雨の風景を、明るくする。
花は、咲くということ。
花が咲くと、ほころんだ笑顔のように見える。
咲という文字と笑は仲良しなのが、咲く花をみているとわかる。
紫陽花は、梅雨の頃の、ひとの心を明るくする。
咲く紫陽花に笑顔のひとがいる。

梅雨のあめの中を、子どもの声が聴こえる。
雨のざぁーざぁーが、子どもの高い声を際立てさせる。
外に出たら、子どもたちの咲かせたいっぱいの傘をみることだろう。

紫陽花が咲いていて、
子どもたちの咲かせる色とりどりの傘が咲いていて、
その季節に包まれながら、
この町ってあるんだな。(数寄和あさだ)
f0203477_15395899.jpg

数寄和からのお知らせです。

数寄和・数寄和大津ギャラリーでは、企画展、常設展示を行っております。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
数寄和大津ギャラリーへお越しの方々へ。常設展示の折には、たまに留守の時がありますので、数寄和大津へと足をお運びいただく場合には、お手数をおかけいたしますが、ご連絡くださいませ。
宜しくお願いいたします。

☆ギャラリーへ行こう 2013 作品募集のお知らせです。
今年で第4回となります、夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」展についてです。
絵画・版画 作品を募集しております。
(募集期間 :2013年 7月21日・22日)
ギャラリーへ行こう展開催趣旨
作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
作家を志す人たちに小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。今年で第4回目となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。
展覧会実施概要(入選作品のみの展示となります。)
前期 2013年8月2日(金)-11日(日)
後期 2013年8月21日(水)-9月1日(日)
会場 数寄和 数寄和大津 
※同時開催 前期・後期で作品の入れ替えを行います。

☆大切なお知らせです!
数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします。

☆耳よりなお知らせです!!
西荻の数寄和では、「詩」を味わい楽しむイベントを開催しております。
詳細は、数寄和HPまで、宜しくお願いいたします。(数寄和あさだ)
f0203477_15402813.jpg


☆見てみてみて!!と、おもう近江からのお知らせです!
・「近江巡礼 祈りの至宝展」http://www2.ocn.ne.jp/~biwa-bun/sizuoka.html
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・御猟野乃社 賀茂神社  http://kamo-jinjya.or.jp/
・勢多唐橋大綱引合戦   http://www.seta-karahashi.com/
f0203477_154149.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-26 15:42 | すきわ日和 | Comments(0)

昨日は夏至。今日は、スーパームーン(満月)♪

梅雨入りしても天気のよい日が続いていた。
光は中まで届きながら分厚い雲が空を覆う。
時々お日様やお月様がお顔を覗かせる。
まんまる顔を覗かせる。
f0203477_13244548.jpg

…ねっ、みえるでしょう。
黄金色の雲と影になっている曇り空の雲の間から、
お日様。
今日が夏至なのは、まえまえから、決まっていた。
鈍よりした空に、今日は、ゆっくりさせていただきますからね♪と、ときどきお顔を覗かせる。

数寄和にいて絵をみながら、これはお日様??これはお月様??なんて思うことがある。
これは朝日??これは夕日??と思うことがある。
絵をよくよく見ると、見えてくる物事がある。
絵描きの眼って、いいんだな♪凄いいい眼!!と感心する。

そうそう、お月様で思い出しました!
絵描きのような眼をもって、俳人松尾芭蕉は、近江の風景をうたいました。
「名月はふたつ過ぎても瀬田の月 ばせお(松尾芭蕉のことですよ)♪」


若輩者の私も、この眼でみた物事や風景をうたいたいな♪♪~いやいやうたうぞよ♪♪

話は、いつもながら、ちょこっと、跳びます!
ピョン♪
インカ帝国展には、2度いった。
東京展と京都展。
その展覧会には、ミイラがいた。
ミイラって、際で存在していて…このいのちの星に存在することについて、考えさせてくれる。
ミイラの一体には、眼球があった。
遠い時代に生きたそのひとは、何を見ていただろう?
顔を覆う両手。指の隙間から見える眼に、わたしが見られているように感じた。
何かを見ることって、鏡みたいな現象があると思うのだけど、まったく遠い時代に生きたその人が、その人からは未来のわたしたちをみているようだった。

文学は人を描くものだと、昔、教えてもらったけれど、
ばせおの俳句のなかに、風景とつながり味わう眼があるように、
文学だけではなく、アートに、そのものと繋がり味わい表現する眼がある。
…そう、作家というひとたちの生み出すものたちは眼から生まれるんだよね♪
…そういうと、お日様(天照さま)は、伊弉諾さまの眼から生まれたんだった!!と、夏至のつぎの日に改めて思いました♪
そう、今日はスーパームーン。お月様(月読さま)も、伊弉諾さまの眼からお生まれになりましたよね♪

空に浮かぶ雲の隙間から此処にいるよ!と、現れるお月様やお日様。
いつも光を有難うございます♪♪(麻田有代)
f0203477_13252412.jpg
f0203477_13253875.jpg

数寄和大津の上のお月様と、瀬田の唐橋の上のお月様♪
どちらも夏至の日のお月様です♪~

数寄和からのお知らせです。

数寄和・数寄和大津ギャラリーでは、企画展、常設展示を行っております。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
数寄和大津ギャラリーへお越しの方々へ。常設展示の折には、たまに留守の時がありますので、数寄和大津へと足をお運びいただく場合には、お手数をおかけいたしますが、ご連絡くださいませ。
宜しくお願いいたします。

☆ギャラリーへ行こう 2013 作品募集のお知らせです。
今年で第4回となります、夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」展についてです。
絵画・版画 作品を募集しております。
(募集期間 :2013年 7月21日・22日)
ギャラリーへ行こう展開催趣旨
作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
作家を志す人たちに小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。今年で第4回目となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。
展覧会実施概要(入選作品のみの展示となります。)
前期 2013年8月2日(金)-11日(日)
後期 2013年8月21日(水)-9月1日(日)
会場 数寄和 数寄和大津 
※同時開催 前期・後期で作品の入れ替えを行います。

☆大切なお知らせです!
数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします。

☆耳よりなお知らせです!!
西荻の数寄和では、「詩」を味わい楽しむイベントを開催しております。
詳細は、数寄和HPまで、宜しくお願いいたします。(数寄和あさだ)
f0203477_13261977.jpg

☆見てみてみて!!と、おもう近江からのお知らせです!
・「近江巡礼 祈りの至宝展」http://www2.ocn.ne.jp/~biwa-bun/sizuoka.html
・近江一の宮 建部大社  http://takebetaisha.jp/
・御猟野乃社 賀茂神社  http://kamo-jinjya.or.jp/
・勢多唐橋大綱引合戦   http://www.seta-karahashi.com/
f0203477_1745523.jpg

…えっ!!やっぱり!!よかったね♪♪
と、筆を突然もったので、酔ってうたっている気分です♪
ご結婚おめでとう♪
乾杯、乾杯、乾杯♪♪~
そう、明日は、めでたい日♪♪(麻田有代より)
f0203477_18184178.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-23 13:27 | ふるさと | Comments(2)

今日は、夏至。明日は、満月。

くもり空をずっと観ていると、その向こうにお日様がある。
明日は満月らしい。いのちの星の地球からは曇っていると見えないように感じるそれぞれの存在がある。
この曇り空は人の心が晴ればれになるようにあるのかも知れない。
f0203477_14335224.jpg

お日様が、お顔を覗かせたような気がしたので、私も、数寄和のドアを開けてみました!
お日様も、お月様も、いつもおいでですね♪

数寄和からのお知らせです。

数寄和・数寄和大津ギャラリーでは、企画展、常設展示を行っております。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
数寄和大津ギャラリーへお越しの方々へ。常設展示の折には、たまに留守の時がありますので、数寄和大津へと足をお運びいただく場合には、お手数をおかけいたしますが、ご連絡くださいませ。
宜しくお願いいたします。

☆ギャラリーへ行こう 2013 作品募集のお知らせです。
今年で第4回となります、夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」展についてです。
絵画・版画 作品を募集しております。
(募集期間 :2013年 7月21日・22日)
ギャラリーへ行こう展開催趣旨
作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
作家を志す人たちに小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。今年で第4回目となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。
展覧会実施概要(入選作品のみの展示となります。)
前期 2013年8月2日(金)-11日(日)
後期 2013年8月21日(水)-9月1日(日)
会場 数寄和 数寄和大津 
※同時開催 前期・後期で作品の入れ替えを行います。

☆大切なお知らせです!
数寄和はギャラリーでもありますが、表具やでございます。
額装・軸装・パネル・カリブチと平面作品の展示や、美しい紙と制作のお手伝いをさせていただきます。
表具やですから、もちろん暮らしのお手伝いもさせていただきます。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
Facebookでは、「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!いいね!を宜しくお願いいたします。

☆耳よりなお知らせです!!
西荻の数寄和では、「詩」を味わい楽しむイベントを開催しております。
詳細は、数寄和HPまで、宜しくお願いいたします。(数寄和あさだ)
f0203477_14343849.jpg

f0203477_14583330.jpg

さっき、鳥の姿はなかったのに
目の前に広がる空を
飛ぶ鳥たちのおおきくやわらかな翼
カメラを取りに数寄和のなかに戻った一瞬があって
撮れなかった一瞬と
撮れた一瞬が
画像となり…
空には、いつも多くの物語があるから、
どの時代にも空をみるひとびとがいる。(麻田有代)
f0203477_15103432.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-22 14:35 | すきわ日和 | Comments(0)

絵をみる。なつかしの作家の今と会えるとき。自分と会うとき。

昨日は数寄和大津ギャラリーのお休み。
楽しみにしていた佐藤美術館の「今日の墨表現展」(~23日まで)を拝見してきました。
f0203477_1711528.jpg
f0203477_17111326.jpg
f0203477_17112324.jpg

西川芳孝さんの作品「波跳鴉(ハトガラス)」を拝見した。
画面には、八羽のカラスが、波の上をとんでいる。
空の…上空ではなく、波の上。タイトルで飛ぶではなく跳ぶの漢字。おもわず笑った。ハトガラス!

3年まえ、西川芳孝さんの個展を、此処数寄和大津ギャラリーで開催させていただいた。
DMにも使った作品「食べる」では、翼をたたみ地面にある食べモノを見つけたカラスがいる。
http://www.sukiwa.net/art_newsN/image/2010/060201/index.html

このDMを手渡した人々から、「わぁ!からす♪」と神様のお使いでもあるカラスを愛するひとからは喜びの声を、また、カラスと言えばゴミをあさる存在と思っているひとの声も聴くことができた。

数寄和大津ギャラリーで、かつて個展を開催した作家には若山卓さんがいる。
若山卓さんは親鴉を亡くした兄弟カラスを育て、描いた。
描かれた作品は愛情に満ち溢れている。

西川芳孝さんのカラスは、私に問いかけをしてきた…
いかに生きるか??
画面のなかに描かれたカラスは、地面のなかにある食べ物をみつけ、今、食べようとする。
この命は、この食べ物によって成り立っていくのである。
神の使いであり、たいへん賢い動物であるカラス。
…この絵、カラスを描いているんだろうか??
なんだか、人のようではないか…

一羽だけ描かれていたカラス。
生きなければ…
思いつめた人もカラスも孤独である。

数寄和大津ギャラリーで働く私は、絵の魅力を観に来てくださる人たちに、よりよくお伝えできるようにと、2年まえに対話型鑑賞をいうものを学んだ。
絵を観る人は、絵のなかに、自分の見方をみる。
多くのひとは最初、絵を観ながら物語る。
画面に描かれている何かから、描かれていないものをも含めながら。
いまの今、目の前にある作品と向き合う事は、
今のいまに向き合う目を持つことに繋がるのだとおもう。
人は、今を、どう捉えているだろう??
今ではなく、過去を今と思っているかもしれない。
今、目の前にあるものをみること。
作品「食べる」を観た私(その頃のわたし)は、
おそらく人は孤独であり、
生きるためには、地面を見つめ食べ物を探さないといけない!と感じていたんだろうな…と、今、おもう。(苦笑)

あれから3年がたった。
西川芳孝さんの作品「波跳鴉(ハトガラス)を拝見しながら、嬉しくなった。
仲間とともに、とんでいるカラスたち。
鴉という動物は、神聖な存在でもあり、卑しい存在にもなりうる。もちろん人も同じである。
人っていうのは、本来、独りでは生きていない。
様々なものとの関わりやつながりがある。
どんな関わり方やつながり方を望むか。
眼下に広がる波。
やわらかで艶やかな翼を広げ波に乗り
歌いながら、仲間とともに、この今をたのしみ跳ぶカラスであろうではないか!なんて、この作品を拝見しながら、
なんだか勇気づけられたような気がした。(…と、物語っています!笑)
…機会があれば、またいつの日にか、波跳鴉たちに出会いたい。
そして、そのときの観る私に出会いたいとおもう。(麻田有代)
f0203477_17121394.jpg

大好きな作家の及川聡子さんの香焔シリーズの作品が4点並ぶ。
2010年に数寄和大津ギャラリーに並んだ及川聡子さんの薄氷シリーズでは春がひょっこりと顔を出していた。
宮城の及川さん。
繊細な表現をされる作家の及川聡子さんは人としても品がよくステキな方である。
絵の中の、そして画面から伸びて…空気の流れにのり、上へと、四方へと、少しずつ少しずつ、向かう香焔をみながら…息をひそめるのは、私だけだろうか。
宮城の及川さんに、お会いしたいな♪とおもう。(麻田有代)
f0203477_1713342.jpg

若手作家の坂田祐加里さんの作品も4点並ぶ。
雲を描いたという作品「支度」。
墨で表現された雲は、存在感があった。
おおきな月が描かれた作品もある。
2年前に数寄和大津ギャラリーに並んだ作品を、ふと思い出しながら…全く違う世界が広がっていることに驚いた。
これからも雲を描くらしい坂田さん。
どんな空が、観る私に広がっていくのだろう。
観る私も、どんどん成長していきますように♪と、願う。(麻田有代)

佐藤美術館の「今日の墨表現展」。
24名の作家の方々による墨表現の作品が並ぶこの展覧会は、23日まで。ぜひ♪
f0203477_17134381.jpg

数寄和からのお知らせです。

数寄和・数寄和大津ギャラリーでは、企画展、常設展示を行っております。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
数寄和大津ギャラリーへお越しの方々へ。常設展示の折には、たまに留守の時がありますので、数寄和大津へと足をお運びいただく場合には、お手数をおかけいたしますが、ご連絡くださいませ。
宜しくお願いいたします。

☆ギャラリーへ行こう 2013 作品募集
今年で第4回となります、夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」です。
絵画・版画 作品を募集しております。
募集期間 : 2013年 7月21日 (日)22日(月)
開催趣旨
作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
作家を志す人たちに小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。今年で第4回目となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

西荻の数寄和より
・「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第959回 出演:伊藤比呂美
2013年6月22日

・「吉原幸子の詩を聴く~誕生日記念朗読会」
出演:稲葉真弓、野村喜和夫、小池昌代、目黒裕佳子
2013年6月28日(金)
会場 数寄和 東京都杉並区西荻

葉月ホールハウスにて開催される「吉原幸子草稿展」に連動してイベントを開催いたします。
詩を聴く会です。ぜひお楽しみください。

☆それから、それから、
数寄和・数寄和大津からです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_17145956.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

・勢多唐橋東西大綱引合戦が10月19日にあります♪
http://www.seta-karahashi.com/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。
f0203477_1716255.jpg

…カラスって、わたしのことが、好きらしい♪とおもうと、
10年ぐらい前はカラスが怖かったのがウソのように、カラスと会っては、嬉しくなる♪♪
…ひょっとしたら、嫌いや苦手なものって、ほんとにそう??と考えるキッカケが、カラスの絵だったようにおもう。
絵の存在って、凄い♪(麻田有代)
[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-19 17:16 | かたち | Comments(2)

谷内春子「うたたねの眺め」展、終了いたしました。

足をお運びいただきました皆様、有難うございました!
ステキな作家になるであろう谷内春子さん♪
数寄和大津ギャラリーに爽やかな風が吹いたように思います♪
f0203477_13583132.jpg

瀬田の唐橋の上で、ハート型の雲を発見した日。
ちょうど仕事について考えていたとき。
ちょうどやりたい企画についてかんがえていたときであったから、なんだか、お空が、出来るよ♪と応えてくれたような気がしてハッピーな気持ちになった。
自転車のペダルを漕ぐ足の動きは、地面へと、繋がっている。
地面とは、瀬田の唐橋。そして、地球♪

昨日。
谷内春子「うたたねの眺め」展の終了時刻を、
作家の谷内春子さんと二人で時計をみながら、
「もう御一人ぐらい、ドアをあけはるかな??」と言いながら。
そして、二人で、日本酒で、乾杯♪
よい展覧会だった。
絵を通して、作家と、観る人と、明日へと・・・ さまざまなつながりを感じたから、よい展覧会だったな。とおもう。
♪乾杯、乾杯♪♪~

おそらく待つ時間を…おそらく二人とも慣れているのだろう…。
描き続けるひとである谷内春子さんと、
絵の出来上がり、そして絵を楽しむ人を、待つわたし。
どちらも、この瞬間を待ちながら、今のいまを、生きている。
(と、思う。)

ひとはいう。解らないと、絵をみて、いう。
観たいから。解りたいから。の逆にあるよく解らない。
それって観たい・解りたいから出る言葉なんだろうな。と思う。
ひとはいう。忙しいからと、いう。
時間がない。忙しいの逆にある、本当は、ゆったりとした時間が必要とおもう心があるから、出る言葉がある。
誰かが時間をかけ、心をあたため、生んだ作品をみる時間をもつこと。
その事がその作品と出会ったひと・観るひとの人生を豊かにできると信じたい。
人は動物であるが、人は人である。

これから、どうしよう??と思っている絵好きの若いひとに会うと、がんばりなよ!と思う。

10年後の自分を想像して…
10年後の絵描きの作品を想像して、
10年後の観に来て下さる方々の笑顔を想像して、
元気にがんばりましょう♪♪

「ギャラリーへ行こう2012」の数寄和賞受賞をしてくださった谷内春子さんの吹かしてくださった爽やかな風…。
谷内春子さん!有難うございます。
またお会いできる日を愉しみに楽しみにしておりますね♪♪~(麻田有代)
f0203477_13591832.jpg

数寄和からのお知らせです。
数寄和・数寄和大津ギャラリーでは、企画展、常設展示を行っております。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
数寄和大津ギャラリーへお越しの方々へ。常設展示の折には、たまに留守の時がありますので、数寄和大津へと足をお運びいただく場合には、お手数をおかけいたしますが、ご連絡くださいませ。
宜しくお願いいたします。

☆ギャラリーへ行こう 2013 作品募集
今年で第4回となります、夏季特別企画「ギャラリーへ行こう」です。
絵画・版画 作品を募集しております。
募集期間 : 2013年 7月21日 (日)22日(月)
開催趣旨
作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
作家を志す人たちに小品の意欲作を発表していただく機会を作りました。今年で第4回目となります。
多くの魅力ある作品が集まり、活気ある展覧会になることを願っています。

☆西荻の数寄和より
・「La Voix des Poètes 詩人の聲」 第959回 出演:伊藤比呂美
2013年6月22日

・「吉原幸子の詩を聴く~誕生日記念朗読会」
出演:稲葉真弓、野村喜和夫、小池昌代、目黒裕佳子
2013年6月28日(金)
会場 数寄和 東京都杉並区西荻

葉月ホールハウスにて開催される「吉原幸子草稿展」に連動してイベントを開催いたします。
詩を聴く会です。ぜひお楽しみください。

…それから、それから、
数寄和・数寄和大津からです。
気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_1412161.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

・勢多唐橋東西大綱引合戦が10月19日にあります♪
http://www.seta-karahashi.com/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。
f0203477_1422518.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-17 14:02 | すきわ日和 | Comments(0)

谷内春子「うたたねの眺め」展♪から

台風がそれて、今日もお客様にお越しいただき展覧会を楽しんでいただきました。
木金土日とあと4日。
ぜひ、お越しください。
f0203477_18545999.jpg

あまりに明るいお日様の光。
こんなに強い光は日本画のたいへん苦手なところ。

谷内春子さんの作品「うたたね」の中の太陽をみていると、明るい。
絵の中にお日様がある!これは、苦手ではありませぬ。
日の出の目出度い掛軸があるように、日本画には、お日様があります♪
それにしても、谷内さんのお日様♪たいへん魅力的です♪(なぜ??)
どんな風に観えるか?
ぜひ、描かれた作品とご対面くださいませ♪
f0203477_18555317.jpg

…それにして、明るい明るい(明るすぎるとも言えます…)今日のお日様です。
庭から観ていると、こんな風!」
(と言っても風が吹いている訳ではありません。風さん、少しは涼しさをください♪)
…谷内さんの作品のなか、雲がたなびいています。
作品のなかには、風があるような…
そして、作品のなかには、さまざまなカタチが、色が、何かが、あります♪♪
光の在り様で、さまざまに見えます♪
絵ってとても不思議です♪♪
観飽きないですね♪
…だから、絵は観るモノなのでしょうね♪
f0203477_18562830.jpg

数寄和からのお知らせです!
谷内春子 「うたたねの眺め」
・数寄和 大津
5/31(金)-6/16(日) 火休 11:00-18:00
谷内春子さん在廊予定日9日16日

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。弊社では2010年から毎年夏に公募展「ギャラリーへ行こう」を開催しています。若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。今展は2012年優秀賞の谷内春子さんの個展です。
作家は京都市立芸術大学日本画専攻を卒業、現在は博士後期課程に在籍しています。在学中から創画展への出品を軸に、アートプロジェクトやグループ展への参加、そして個展の開催と精力的に活動しています。

♪それから、それから♪~
数寄和の夏特別企画公募展「ギャラリーへ行こう2013」の応募についてもアップしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/
また、フェイスブックや、ツィッターの方も宜しくお願いいたします♪

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_1857182.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

・勢多唐橋東西大綱引合戦が10月19日にあります♪
http://www.seta-karahashi.com/


・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。
f0203477_18573635.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-12 18:57 | すきわ日和 | Comments(0)

古(いにしえ)の・往にし方(いにしへ)の♪未来といにしへをつなぐ今♪

今日は6月7日。梅雨入りをしたと聴いてからの日本晴れの日。
水の豊かな国だから晴れると嬉しい。心もまた晴ればれの日が嬉しい。
…けれども豊かな水があることで観ることのできるうつくしい風景がたくさんある。
f0203477_17363251.jpg

葉っぱの赤ちゃんがうまれてる♪♪
はい!此処は、数寄和大津ギャラリーの前の植え込みです♪
f0203477_17371165.jpg

真新しいリスさんの筆♪~
…入っていいのかしら?と思われた方もおいでですから、さらに貼り紙を書こうと思います。
…そして、神領の角にも貼り紙を♪
角から二軒目が数寄和大津ギャラリーです♪
どうか通り過ぎないで下さいませ。
そうそう…
竹の植え込みの中の白き建物のなかには、
まばゆいばかりの光輝く”絵”が展示されておりまする♪~
どうか、遠慮なく中へ。どうぞ♪♪
絵との出会い♪
…ひょっとしたら、人生感が変わるかもしれません。
というとたいそうですが、モノの見方は絵を観ることで、少しずつ変わっていくことと思います。より深くより豊かな観る目になることと思います!
今展「うたたねの眺め」展では、「景を紡ぐ」というタイトルの作品があります!
おかげさまで、たいへん広い空間の数寄和大津となっております♪

よくよく考えますと、絵を観る楽しみ♪いっぱいあるように思います。
いろんな楽しみ方、味わい方をしていただきますよう、宜しくお願いいたします。
f0203477_17372032.jpg

今回のすきわ草子の記事タイトル。
未来といにしへをつなぐ今♪
今展の谷内春子さんの作品をお越しいただいた方々と一緒に拝見しながら…なんと、いにしへから未来へと繋ぐ今なんだろう!!と思っております。
絵をみながら…
真っ赤なお日様があること。
山々があること。
田んぼがあること。
木々があること。
…どこかで観たような何かがあります。
色も温かく明るく…
春子さんのお名前のような…(笑)
なんだか嬉しくなってくるような絵!
そのようなお顔をお越しくださる方々のお顔をみながら感じ、
こちらも嬉しく感じます。
f0203477_1738334.jpg

往にし(行ってしまった)と方(方向)。

百人一首のなかに「いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな 伊勢大輔」がありますね♪

リスの筆を手に持つわたしは…(かつてリスと一緒に暮らしていたわたしとしては、リスには思い入れがあり…想う心で♪)
近江八幡の賀茂神社のポスターのなかの、
未来や今の言葉をみながら、ふと指をおりはじめました!(笑)
「未来のために今残すもの」…七・七。…笑!
「いにしへの広き境内めぐる四季」♪上段の五・七・五を作ってみようではないか♪♪と…♪(笑)えへへ♪
(岡田先生は、怒るかしら…?笑われるかしら…?とも思いつつ、リスの筆のわたしには怖いものない♪~)
「いにしへの広き境内めぐる四季未来のために今残すもの♪近江八幡の賀茂神社さまと麻田合作♪~」
(岡田先生、ご指南お願いいたします♪)
f0203477_17413175.jpg

このポスターの「未来のために今残すもの」を書かさせていただいたのも宮司岡田先生との有り難いご縁♪
神社。
鳥居があり、此処…境内は、天と繋がっています。
神社をゆっくりと歩きながら、それぞれの季節を味わいます。
木々のなかを歩きながら深呼吸をすると、カラダの中にある、それぞれの細胞が、生き生きとしてくる…
つまり、いのちは、
いにしへから、今、そして、未来へと…
繋がっていくことだと思います♪♪~

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。
f0203477_17421139.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

・勢多唐橋東西大綱引合戦が10月19日にあります♪
http://www.seta-karahashi.com/

数寄和からのお知らせです!
谷内春子 「うたたねの眺め」
・数寄和 大津
5/31(金)-6/16(日) 火休 11:00-18:00
谷内春子さん在廊予定日9日16日

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。弊社では2010年から毎年夏に公募展「ギャラリーへ行こう」を開催しています。若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。今展は2012年優秀賞の谷内春子さんの個展です。
作家は京都市立芸術大学日本画専攻を卒業、現在は博士後期課程に在籍しています。在学中から創画展への出品を軸に、アートプロジェクトやグループ展への参加、そして個展の開催と精力的に活動しています。

♪それから、それから♪~
数寄和の夏特別企画公募展「ギャラリーへ行こう2013」の応募についてもアップしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/
また、フェイスブックや、ツィッターの方も宜しくお願いいたします♪

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_17424632.jpg

新しい筆がある!それって、素晴らしい。
心が晴ればれです♪
…きっと、いにしへから…昔から…古来より…
筆をもつ私たちの祖先は梅雨の日々も心晴ればれの日々を過ごしてこられたことでしょう♪♪(麻田有代)
[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-07 17:43 | すきわ日和 | Comments(0)

谷内春子「うたたねの眺め」展より

…うたたね??どんな漢字だった??などど思いつつ…。
転寝と書くようだが、何だかひらがなが合っている。
うとうとと眠ること。小野小町の歌にうたたねがあった。
「うたた寝に 恋しき人を 見てしより 夢てふものは 頼みそめてき」
f0203477_13265117.jpg

お日様が、ほんの少し欠けているようにみえる作品「うたたね」

多くのわたしたちは、お日様を、なるべく丸く描きたいとおもう。地球も丸く、お日様も丸く
…お月様も丸く…いやいやお月様は三日月にしよう♪と思ったり。
そのカタチをいつからかイメージするようになっていて。
わたしたちは、そのイメージ通りのカタチを捉えようとする。
お日様の、お月様の…さまざまなカタチを捉えようとし、
さらに色で捉えようとする。

現代の若手作家の谷内春子さんの作品「うたたね」を拝見していると、
今までのカタチに囚われず、
谷内春子さん自身の見えるカタチ、表現したいカタチと、
作家である谷内春子さんの眼を感じる。

…よい絵とは、おそらく作家の眼を感じながら、
自分の眼もあることを感じ知ることのできるものではないだろうか。

数寄和ギャラリーで展示するのは平面作品。
平面作品は2次元ではなく3次元でもなさそうである。

この世界は、それぞれ観る人の眼によって
違いがあるということを
そしてまた共通性もあるということも、
平面作品の一枚の絵によって知ることができる!
こんなことをブツブツと考えながら
絵ってなんと不思議な存在なのだろうとおもったりする。

谷内春子さんの作品「うたたね」。
お日様が欠けてみえるのは、揺らぎを感じるように…
…そういうと、一瞬を捉えようとしながら、
その一瞬は動きが止まっている!なんていうことは無いことを、
動物であるわたしたちは知っている。

作家の眼。そして作家の工夫。
多くのひとに実際に観て頂きたいとおもう。
また画像では伝わらないその時の光との関わりが実際の鑑賞にはある。

ぜひ、足をお運びください。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_1327318.jpg

数寄和からのお知らせです!
谷内春子 「うたたねの眺め」
・数寄和 大津
5/31(金)-6/16(日) 火休 11:00-18:00
作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。弊社では2010年から毎年夏に公募展「ギャラリーへ行こう」を開催しています。若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。今展は2012年優秀賞の谷内春子さんの個展です。
作家は京都市立芸術大学日本画専攻を卒業、現在は博士後期課程に在籍しています。在学中から創画展への出品を軸に、アートプロジェクトやグループ展への参加、そして個展の開催と精力的に活動しています。

♪それから、それから♪~
数寄和の夏特別企画公募展「ギャラリーへ行こう2013」の応募についてもアップしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/
また、フェイスブックや、ツィッターの方も宜しくお願いいたします♪

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_13282541.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

・勢多唐橋東西大綱引合戦が10月19日にあります♪
http://www.seta-karahashi.com/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津あさだ)
f0203477_13285869.jpg

画像は近江八幡賀茂神社です。お社の完成する日が楽しみですね♪
f0203477_15283859.jpg

みんな大好き!お日様♪♪(麻田有代)
[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-03 13:30 | かたち | Comments(0)

谷内春子「うたたねの眺め」展開催中です♪

本日より6月が始まりました。
昨日から数寄和大津では、谷内春子さんの個展がはじまっております。
f0203477_16561058.jpg

f0203477_16564684.jpg

昨夏の「ギャラリーへ行こう」展。
谷内春子さんの作品を、お越しいただいた方々と首を傾けながら…、なんと楽しい絵を描く方なのだろう!!と見ている方々のお顔を拝見しながら、さらに思いました。
楽しい絵をみる。
楽しく絵をみる。
何が書かれているのか、頭をひねり!、首をひねり!、目はまっすぐ絵をみる。
わたしが絵と向き合う。
絵と時間を共有すること。
じぶんとは違うひと(作家)の描いた絵と時間を共有できること。
これって、人にとって、たいへん豊かな時間だと思います。
そうです。人って、見ることが、大好きな生き物ですからね♪
出来上がった作品を目で味わうこと、心で味わうこと…
芸術の秋と言いますが、実りの季節の秋に発表会が多いのも、
作品を実りだと捉えると、なるほど!と思いますよね。

芸術作品そのものが、実りなのだから、実は、どの季節でも発表されてよい!ということ。
公募展「ギャラリーへ行こう」では、数寄和賞というものをつくり、
数寄和賞を受賞された方へ♪個展をプレゼント♪♪~
個展では、一人の作家の作品が並びます。
数寄和賞を受賞された谷内春子さんの個展では、
谷内春子さんの作品…つまり絵がいっぱいみれます。
昨夏の谷内春子さんの作品は小さな作品でしたが、今回は大きな作品もあり…変わらないのは、谷内春子さんの作品の魅力です!
谷内春子さんの作品には多くの作家の工夫があります。
それが、たいへん楽しく観れることの理由のひとつのように思います。
何が描かれているんだろう?と難しい顔ではなく、何故か笑顔で絵と向き合うことができます!!
これも谷内春子さんの作品の魅力です。
おそらく作家が観るものに対して楽しんでおられるのだろうな♪と思っております。

皆様!ぜひ、お越しください。
絵と時間を共有してください。
…あっ!数寄和大津ギャラリーにおります、わたくし麻田とも絵を観る時間を共有してくださいませ!
3人以上で、お越しの際には、絵をみる楽しいゲームをいたしましょう♪
皆様のお越しをお待ちしております。(麻田有代)
f0203477_170545.jpg

数寄和からのお知らせです!

谷内春子 「うたたねの眺め」
・数寄和 大津
5/31(金)-6/16(日) 火休 11:00-18:00
作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。弊社では2010年から毎年夏に公募展「ギャラリーへ行こう」を開催しています。若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。今展は2012年優秀賞の谷内春子さんの個展です。
作家は京都市立芸術大学日本画専攻を卒業、現在は博士後期課程に在籍しています。在学中から創画展への出品を軸に、アートプロジェクトやグループ展への参加、そして個展の開催と精力的に活動しています。

♪それから、それから♪~
数寄和の夏特別企画公募展「ギャラリーへ行こう2013」の応募についてもアップしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
http://www.sukiwa.net/
また、フェイスブックや、ツィッターの方も宜しくお願いいたします♪

気になる絵や書はありませんか。
軸装や額装にして、お家に飾ってみませんか。
屏風や襖絵なども、ぜひ、数寄和にお手伝いさせてください。
お気に入りの作品と会える喜びを味わいに、数寄和ギャラリーへと、どうぞ、足をお運びください。いつも皆様の愉しんでいただける展示をしております。お待ちしております。

日本の伝統を大切にし、そして現代の美しい空間づくりをお考えの皆様。
アナタのお家のお気に入りの空間づくりのお手伝いを数寄和がします。
どうぞ、宜しくお願い致します。

☆数寄和Sukiwaホームページ
http://www.sukiwa.net/
…追伸です。Facebook、はじめました。
「額表装&Gallery 数寄和」で、検索してくださいね!
f0203477_1704962.jpg

・数寄和大津の氏神さまである近江国一之宮建部大社の公式サイトが公開となりましたのでお知らせします。
古事記のなかにもヤマトタケルさまのお話があります。
建部大社さまのHPスペシャルコンテンツ「日本武尊物語」があります。拝見してみてください。
http://takebetaisha.jp/

・近江(滋賀)御猟野之杜 賀茂神社
1300年の日本の馬の魂が宿る神社です。
私にとっては、恩師が宮司をされている神社でもあります。
現在、お社を建立中。
皆様の神社となるよう、皆様にお呼びかけ中の賀茂神社です。
詳細は、
賀茂神社ホームページ
http://kamo-jinjya.or.jp/
ぜひ、禰宜さんのお話に耳を傾けてくださいね♪ホームページをぜひぜひご覧くださいませ。
ぜひ賀茂神社へお出かけください。

ぜひぜひ近江(滋賀)へとお出かけください。
数寄和の展覧会へと足をお運びください。
数寄和大津ギャラリーでは、作品との出会いもございます。
皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津あさだ)
f0203477_1712647.jpg
f0203477_1713468.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2013-06-01 17:04 | すきわ日和 | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧