すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

高田学展ー湖国を描くー、はじまりました。

本日より、高田学展が、はじまりました。
天候にも恵まれた初日。
和気あいあいと対話型鑑賞会もしながらの初日でした。
11月16日までに、どうぞ足をお運びくださいますよう、、、
f0203477_20474944.jpg


山の絵。
みずうみの絵。
農家のお家の古い建物や、、、。
近くを流れる、川。
故郷へ思いを馳せる絵があります。
高田学さんの作品では、あんまり観なかった、木。
そして、ずっと描き続けている、蓮や植物。
滋賀のひとだけではなく、観る人にとって懐かしく感じるそれぞれの作品が並びます。

本日10月31日初日、対話型鑑賞会を、開催しました。
絵をじっくりと観る時間。
絵をみながら、感じたことを、話す時間。
ゆっくりとした時間が、あります。
日頃、時計を気にしている時間の流れとは違っています。
だからでしょうか。
参加して下さった方々は、和気あいあいと、鑑賞会終了後も、絵を楽しんでみておられました。
絵をじっくりと観て、よい時間を過ごしましたと言っていただける喜び。
作家の高田学さんも、数寄和大津も、とても幸せであり、有り難いです。

今展がはじまりー、
高田学さんの制作の魅力を、あらためて感じられたように思います。
自然のなかの光。建物のなかに射す、それぞれの季節の光。
光を感じながら、その季節に潜む色が、作品のなかにあり、、、
ぜひ、展覧会へと足をお運びください。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
高田学展ー湖国を描くー
10月31日~11月16日(火休み)
午前11時から午後18時まで。
11月15日午後2時より、対話型鑑賞会をします。

みなさまのお越しをこころよりお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_20482778.jpg

数寄和大津は、近江一宮建部大社と瀬田の唐橋東詰の間、神領にあります。
京都からは電車で14分の石山駅。そこから、一駅だけ京阪電車をお乗り頂き、瀬田の唐橋を渡ってください。京都からですと徒歩含めて、だいたい30分ぐらいです。
お車でしたら、瀬田西インターより、すぐです。

展覧会の詳細は、
表具・額装とギャラリーの数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/index.html
f0203477_20563023.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-31 20:56 | ふるさと | Comments(0)

絵画展 秋韻 二期 岸本吉弘 吉川民仁 終了しました。

足をお運びいただきました方々、お気にしていてくださった方々、有難うございました。
岸本吉弘先生、吉川民仁先生、御作品有難うございました。
f0203477_19141878.jpg

昨夜は、鑑賞会をしました。
鑑賞会をしたといいますと、作家の先生方おいででしたのですか?とご質問を受けます。
お越しいただいた方と、絵をみながら、絵について、話しました。
じっくりと観ました。
絵をたのしみました。
・・・そうか!そんな風にも観えるんだ。
・・・なるほど、そうなんだ。
など、人の観方をおききしながら、絵をもっと観て、観て、観て、、、、
鑑賞会、豊かな時間を過ごしました。

美しい色を観ました。、
あたたかな色を観ました。
重なる色、また色、そして色を観ました。

力強い線。
やわらかな線。
ほそい線。
線を観ました。
じっくりと、観ました。

絵って、おもしろい。
観ていて楽しい。

絵って、いいな。

鑑賞会でなくても、絵を観ると、さまざまな心の動きがあって、
おもわず話したくなったり。。。
f0203477_1915446.jpg
f0203477_19151396.jpg

絵の魅力を、お伝えできるよう、、、
押しつけではなく、
お伝えできるよう、、、
みなさんが、絵を楽しめるよう、
この場が、作家の方々にとって、また足をお運びいただく方々にとって、より魅力的な場になるよう、
精進します。
これからも、どうか宜しくお願いいたします。


次回は、10月31日より、高田学展ー湖国を描くーが始まります。
午前11時からですが、
その日、午後2時より、対話型鑑賞会とギャラリートークをします。
高田学さんもおいでです。
みなさまのお越しをお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_1917125.jpg

展覧会の詳細は、
表具と額装 ギャラリーの数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-26 19:18 | すきわ日和 | Comments(0)

線よ、天に届け!!!!!

今朝、フェイスブックで、岸本吉弘さんの、この言葉に出会う。
今年であった言葉のなかで、いのいち、心に響く。
吉川民仁さんが、・・・内から外に目を向けて絵を描く言葉を探したいと思う。と書いておられる、展覧会の記録があり、、、
言葉と絵について、考えてみた。
f0203477_1649384.jpg

さきほど、若手の作家がやってきて、
今展のことを話しながら、ワクワクしている、私がいた。
後3日になりましたが、
絵画展 秋韻 二期、ぜひ、足をお運びください。

明日25日は午後9時まで営業しております。
明後日26日午後6時で、この展覧会は終了いたします。

ぜひ。
f0203477_16501297.jpg
f0203477_1650193.jpg

風。
吉川民仁さんの御作品を拝見しながら、
風をおもう。
風って、筆を持って書くと、さまざまな風がかける。
春風や、そよかぜ。それから、突風や台風。
風が、空を舞う。
風が、やさしく頬をなでる。
風と、生きてきた長さだけ関わりながら、風という絵を描いたことはなかった。
風がみえている絵描きさんがいたことに感動する。
吉川民仁さんは、風を描く。
今展、秋韻では、秋の風もある。
実りの秋に吹く風が、みるわたしに幸福感をくれる。

みなさんにも、ぜひご覧いただきたいな。

岸本吉弘さんの線。
小品も、やはり、、、線よ、天まで届け。との声が聴こえてくる。
あー、ジャック(ジャックと豆の木の・・・)は、この線をみたら、また天へと登るだろう。
岸本吉弘さんの、線は、延々とつづく。
天までつづく。
ぜひ、線をみて、いきた線を、感じて下さい。

生きた言葉は、生きた線から生まれる。と、筆を持つ、わたしは私にいいきかせます。
みなさまのお越しをお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_1659057.jpg

次回展は、10月31日より、開催の
高田学展ー湖国を描くーです。
10月31日初日午後2時より、対話型鑑賞会をします。
ぜひ、お越しください。

数寄和大津 10/31(土)-11/16(月) 11:00-18:00 火休

         10/31(土)、11/15(日)14時~対話型鑑賞


日本画家・髙田学の新作10数点を発表します。ぜひご高覧ください。
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-24 16:52 | ふるさと | Comments(0)

芸術の秋。数寄和大津では、秋韻(しゅういん)開催中です。

絵画展 秋韻(しゅういん)を、観に来た人は、
絵を観るって、こういうことなんだな♪と頷かれます。
実りの秋です。豊かな展覧会です。
ぜひ、足をお運びください。
25日は午後9時まで営業します。
f0203477_16343615.jpg

朝から、フェイスブックであげた、三年前にいった熊野の画像。
緑が美しい、この国である。
自然のなかに、大きな木の、その太い線。
その枝の、ちょっとしなやかに、伸びていく線。
さっきから、実は、岸本吉弘先生の、ファイルを拝見していて、
わ!岸本先生、書もされていたんだ。。。と、嬉しくそして恥ずかしくなった。

わたしが、書くのは、言葉だけれど、
それは、線である。
それは、やわらかな線。
それは、骨太の線。
それは、さまざまな線である。
真っ直ぐだったり、曲がっていたり。
木をみていると、ある、さまざまな線がある。
そして、点、点、点。

緑の豊かなこの国の自然。
その風景が、目の前にひろがり、いっぱいの線がある。
ゆたかな緑の色がある。
緑があるって、、、おひさまがあって、みどりがあるってことの、ふしぎさ。

岸本吉弘先生の絵の豊かな緑。

絵って、すてきだなとおもう。
絵の魅力をいっぱい感じる展覧会。

みなさま、ぜひお越しください。
f0203477_1635677.jpg
f0203477_16351328.jpg

吉川民仁先生の作品を拝見しながら、、、
風がいっぱい吹いている。
秋風もふいている。
秋の色が、画面いっぱいに広がっている。
秋って、なんて豊かなんだろう。
風は、どうして留まらないのだろう?
いや、この絵のなかには、風が、あるから・・・
風は、ここに留まっているのかも知れない。

そんな事を考えていたら、
絵の好きな方がおふたりおいでになった。
展覧会を楽しみながらも、抽象画は、解らないと仰るので、
緊急、プレイベント開始!!
少しの時間、いっしょに鑑賞をしました。
鑑賞会をすると、その人のモノの見え方が解って、
その人に近づく。
絵をいっしょに観れることの、、、
そういうと、人って、二足歩行になって、モノを見て、
絵を描いて、絵を観て、、、
人って、そうひとって、そう。

絵をみると、
人と作品、
人とひとも、仲良しになりますね♪

ぜひ、展覧会へ足をお運びいただき、絵を好きになってください。

絵画展 「秋韻」


Ⅰ期 河村正之 細川貴司

 数寄和    9/11(金)-9/20(日) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/3(土)-10/12(月) 11:00-18:00 火休

Ⅱ期 岸本吉弘 吉川民仁

 数寄和    9/22(火)-10/1(木) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/17(土)-10/26(月) 11:00-18:00 火休

詳細は、表具と額装 ギャラリーの数寄和ホームページ
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1952


25日日曜日は、午後9時まで営業しております。
ぜひ♪
f0203477_1636154.jpg

次回展のお知らせもさせていただきます。

髙田学 展 -湖国を描く-

■ 数寄和    10/17(土)-25(日) 11:00-19:00 無休

数寄和大津 10/31(土)-11/16(月) 11:00-18:00 火休

         10/31(土)、11/15(日)14時~対話型鑑賞


日本画家・髙田学の新作10数点を発表します。ぜひご高覧ください。


皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-22 16:36 | すきわ日和 | Comments(0)

絵画展 秋韻 二期 岸本吉弘 吉川民仁 開催中です。

初日17日は、作家の先生方がおいでくださり、
たいへん豊かな時間を過ごすことが出来ました。
f0203477_1617543.jpg
f0203477_16181496.jpg

f0203477_16184354.jpg
f0203477_1619716.jpg
f0203477_16192727.jpg

9月には、西荻の数寄和で開催され、
10月少しずつ秋らしい風景が広がる中で、
いよいよ秋韻(しゅういん)も、二期大津展のみとなりました。

ぜひ、足をお運びいただき、絵を楽しんでくださいますよう、
宜しくお願いいたします。

絵画展 「秋韻」

Ⅰ期 河村正之 細川貴司

 数寄和    9/11(金)-9/20(日) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/3(土)-10/12(月) 11:00-18:00 火休

Ⅱ期 岸本吉弘 吉川民仁

 数寄和    9/22(火)-10/1(木) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/17(土)-10/26(月) 11:00-18:00 火休

詳細は、表具と額装 ギャラリーの数寄和ホームページ
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1952
ぜひ!
f0203477_1404731.jpg

f0203477_1415827.jpg

25日日曜日に臨時営業をいたしますが、
展覧会は、26日までです。どうぞ、宜しくお願いいたします。
二期では、抽象画が並びます。
抽象画について、昨日お越しくださったお客様とお話したせいか、夜中、夢のなかで、抽象について考えていました。
・・・小さい頃に、その頃お隣に住んでいた一人っ子の幼馴染は、いつも一緒。だから一緒にピアノもはじめました。
♪は、言語ではないけれど、こちらに向かってくる音。
音楽は、♪がいっぱい連なってリズムやハーモニーとなっている。
小さい頃は、今以上に自由人だったので、よくピアノを後ろ向いてひいてみたり、作った曲をひいてみたりしました。
大人になって、なぜか、そんな弾き方は、ありえない。できない・・・と、そう思い込んでいます。
音楽のなかの、リズムや、ハーモニーや、、、そのような、ワクワクするなにか、ドキドキするなにかを、絵で表現すると、どうなるんだろう。。。
秋という風景のなかにいて、
感じたこころのなかに、
色や、カタチ、、、線や、点が、あって、
抽象には、なんだか、ワクワクさせる力があるように感じます。
展覧会の搬入をし終わって、「よし!看板かこっ!!」。
見て感じて、、、。
だから、絵画展秋韻(しゅういん)一期と二期では、違う秋韻となります。
昨日、陽射しのなかで、看板に出来た影と、看板の文字のハーモニー。ここにできた、抽象。
意味ではなく、自然に、あります。
こころが、うごくから、作品をみるって、楽しいのですよね。
あたまで理解するのではなく、心をおどらせて♪♪
ぜひ、展覧会へと足をお運びくださいませ。(あさだ)
25日日曜日は、展覧会最終日の前日です。
そこで、午後9時頃まで営業させていただくことといたします。
午後6時まで営業が通常営業。
午後6時からは臨時営業です。・・・せっかくなので鑑賞会でもいたしましょうか?ひとりでも、ふたりでも、絵をいっしょにたのしみましょう♪
お越しくださる方々は、どうぞ、ご連絡をください。(077-547-3209)
当日でも大丈夫です。(あさだ)
f0203477_1453752.jpg


画展 秋韻 二期 岸本吉弘 吉川民仁 開催中の数寄和大津です。
パワフルで、繊細で、色の魅力が観るひとの心へ迫ってくる、、、そのような御作品が、ギャラリーの壁面いっぱいに並んでいます。
初日は、作家のお二人がおいでで、豊かな時間をいただきました。
数寄和で販売中のガラスペンは、こんなに面白いペンなんだ!と
あらためて思う時間のゆたかさ。
素晴らしい作家のお二人が、この道具の魅力を引き出してくださるのを目の当たりにしながら、ペンという道具の魅力を最大にだせる、、、絵って面白い!!とワクワクしました。^ ^
同席していた社長が、あさだもやりたくなってきただろうと、
私の心の動きをすばやくキャッチ。
やはり、書にしても、音楽にしても、未来を担う子供たちや、自分をもう年寄りだと感じて心にずっと存在し続ける子ども心に霧がかかりつつある方々、つまり、すべてのひとが、その世界にワクワクドキドキするような出会い方をさせてくれるプロの人がいて、その世界が、また道具が、誕生したのでしょうし、今、ここに、存在しているのですよね!
ワクワクドキドキのなかで、皆様にオススメのお知らせをいたします!
岸本吉弘先生の御作品、吉川民仁先生の御作品をみながらの暮らしを、ぜひ、ご家族で、どうぞ!!
まずは、ギャラリーへ足をお運びいただき、展覧会を楽しんでください^ ^ 数寄和大津あさだ
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-18 16:20 | すきわ日和 | Comments(0)

絵画展 秋韻 一期 から 二期へ。

「絵画展 秋韻 一期 河村正之 細川貴司」 展へ、足をお運びいただきました方々、
お気にして下さっていた方々、まことに有難うございます。
河村正之先生、細川貴司先生、素晴らしい御作品、有難うございました。


17日から、「絵画展 秋韻 二期 岸本吉弘 吉川民仁 」展が、はじまります。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
f0203477_17533796.jpg

数寄和大津 10/17(土)-10/26(月) 11:00-18:00 火休
初日17日午後2時頃より、岸本吉弘先生、吉川民仁先生おいでです。

絵画展 秋韻の詳細は、
表具と額装 ギャラリーの数寄和ホームページをご覧ください。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1952

f0203477_181123.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-12 18:05 | すきわ日和 | Comments(0)

「絵画展 秋韻 一期 河村正之 細川貴司」 開催中です。

明日12日までです。
どうぞ、お越しください。
f0203477_11431287.jpg
f0203477_11432744.jpg
f0203477_11433592.jpg

絵とは何か?
絵画展の中で起こっていることを思いながら、絵とは何か、考えます。
自然のなかに出かけると、より身近に、そして、敬意を持つ、石や木の存在が、あります。
絵画展で展示中の作品は、すべて絵画です。
作品を拝見していると、石や、木を、意識するわけですが、
それは、自然のなかで、、、とは、また違っていて、
おふたりの作家の制作過程を経て、たいへん美しく存在しています。

あと2日となりました。
ぜひ、ご覧ください。


絵画展 「秋韻」


Ⅰ期 河村正之 細川貴司

 数寄和    9/11(金)-9/20(日) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/3(土)-10/12(月) 11:00-18:00 火休
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-11 11:45 | すきわ日和 | Comments(0)

芸術の秋です。

数寄和大津では、「絵画展 秋韻 一期 河村正之 細川貴司」展を開催中です。
私といえば、この神無月に、一日一作の予定で、口ずさむことにしたいと思いました。
神無月の空の上には、月の神様がおられます。いつもよりも、輝いて見えるのは、
どうしたことでしょうか。
f0203477_13234373.jpg
f0203477_1323544.jpg

絵を楽しみに、どうぞお越しください。
絵画展 「秋韻」


Ⅰ期 河村正之 細川貴司

 数寄和    9/11(金)-9/20(日) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/3(土)-10/12(月) 11:00-18:00 火休

Ⅱ期 岸本吉弘 吉川民仁

 数寄和    9/22(火)-10/1(木) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/17(土)-10/26(月) 11:00-18:00 火休

1期、2期、どうぞ、どちらの展覧会にも、お越しください。
みなさまのお越しをこころより、お待ちしております。
f0203477_13251538.jpg

わたしのむこうに
わたしよりずっとたかいやま
わたしのむこうのずっとたかいやまのむこうに
わたしよりずっとたかいやまよりたかいやま
わたしのむこうのわたしよりずっとたかいやまよりたかいやま

たかいやまよりたかいやま

そらの
うえの
わたぐも

うかんでる
あおぞらに
ぽっかりと

わたしのこころもうかんでる

あきぞらに
ぽっかりと
わたぐもとわたしのこころ

あしたは
くりごはん
f0203477_13273159.jpg

るんる
んるん

あわわ
わああ

プクプク
プクプ  く
プ  くぷく

あわあわ
プクプ  く
あ わわぁ
プ  く プク

あわのなかで
あぷくわあぷくわ
わぷくあわぷくあ
あっぷっくっわあっぷっくっわ
わっくっぷっあわっくっぷっあ
ん?
f0203477_1328023.jpg

こころのなかに

こころのなかに
ココロノナカニ
あめがしょぼりしとしとふってきた
アメガショボリシトシトフッテイル

こころのなかに
ココロノナカニ
かぜがぴゅーぴゅうふいてきた
カゼガビュービュウフイテイル

こころのなかの
ココロノナカノ
あめがゆきにかわってきた
アメガユキニカワッテイク

ゆきのなかに
ユキノナカニ
ちいさなちいさなゆきだるま
チイチャナチィチャナユキダルマ
ゆきだるまがゆきのなかに
ユキダルマガユキノナカデ
ふんわりゆきがふりつもる
フワリユキガフリツツク

こころのなかに
ココロノナカニ

おひさまがゆきだるまにウインクした!
f0203477_13282723.jpg

くものはなし
これは、いっびきの、、、いやいや、ひとしずくのくものはなしでございまする
ひとしずくの?
はい!
ゆうひが さっきまでまっしろだったくもをゆうやけぐもに
そめるそのとき
ひとしずくのくもが
ましたにある
おおきなかわのながれのなかに
とびこみました
まるでまったく なにもなかったように
ひとしずくのくもが
ゆうやけいろのかわのながれのなかを
まっしろなまま
ながれにのりました
ひとしずくのくものはなしでした。
続きは夢でご覧ください。
おやすみなさい。
f0203477_13285560.jpg

あさのうた

あさのおはようは
鳥からはじまり
季節の風が
鳥をのせて
地球に息を吹き込む
木々に、いま、秋の果実
鳥が秋色をたべた
f0203477_13292029.jpg

いただきものの大福を食しながらおもうこと。

秋色の
風に押されて
山が拭く
きのうのなみだ
過ぎた雨歌
f0203477_13481983.jpg

f0203477_13295753.jpg

とおいむかしから、その石が、そこにあった。

不思議なことに、その石に座ると、
疲れて忘れかけた自分の旅の意志を思い出すことができた。
疲れた心が元気になり、休んだカラダが、また動くようになった。

その昔の戦が終わり、お坊様が 山を越えてやってきた。
そのお坊様が、その石をみて、おもわず、ほとけさまのおこころだ。と叫んだから、
その石は、ほとけごころという名を持った。
けれども、その名を知っているのは、その旅のお坊様と、名づけられ呼ばれた、その石だけだった。

誰かに名前を呼ばれることはなくても、
石はそこにずっと在り続けてきたし、
今も、そう今も、やはり、そこに在る。
意志をもちながら、そこに在る。
苔のふくをまとい、地球の呼吸に耳をすましながらー。
f0203477_13303488.jpg

あかとんぼ
そらからきたか
あきのいろ

あかとんぼ
さそわれたのか
ゆうやけぐも

あかとんぼ
ゆうやけよんで
よるがくる

赤蜻蛉
赤勝て白勝て
古城の月
f0203477_1331185.jpg

昨日
夕暮れ時が町に広がる頃
お寺のかたすみにいるのは、だれ?
きみは、だぁれ?

・・・それは、きみ。
一匹の猫となり私の目の前にいる、きみ。
トラ猫の、きみ。
夕陽の光の中で、今に、在る。
あの翼を持つ友のように空を飛ばなくても、
千里の道を一夜(ひとよ)で往復しなくとも、
きみの一世(ひとよ)に千里の道が広がり続ける。
トラ猫の、きみ。
きみは、だぁれ?
宙返りしながら、幾重にも重なりかがやく宇宙を旅する。

・・・それは、きみ。
f0203477_13352927.jpg

展覧会につきまして、詳細は、ホームページをどうぞ。

表具と額装 ギャラリーの数寄和
http://www.sukiwa.net/
f0203477_13134858.jpg



朗報がありましたので、追伸です!
10月9日より、虹予報がはじまります!
『虹予報』
予報箇所:滋賀県のWEBサイトで毎日発信


滋賀で、虹予報が始まると、きき、
それで、虹好きのわたしは、早速、みなさんにお知らせしたいと
前に撮った虹の写真を探しはじめましたら、まず、この写真が出てきました♪
子供達の描いた虹の下で、 宮沢賢治の雨ニモマケズの詩。そして、わたし。
さて。
今宵は、何をうたいましょうか?
♪にじいろのいし♪
このいし なんのいし にじいろのいし🎵
どんなびょうきも なおせるいし🎵
にじいろのいしが そらをみわたしながら つぶやいた(^O^)
あすは あめか?はれか?
そこを りゅううんが ながれてく
そらには うろこぐもがひろがり まるで うみ
にじのかせきが そらにうかぶ うろこぐものなかに うまっていると
にじいろのいしは こどものころ しんじていた
あー あのくものなかを みてみたい
にじいろのいしは いまも ゆめみている
ゆめみごこちの にじいろのいしに かんごふさんが
せんせい、あすは、にじです。おおきなにじが
びわこにかかります!って にじよほうでいってましたよー
そうか そうか
にじいろのいしは にじいろのおおきなにじが かかっているように みあげるおおぞらに りょうてで にじをえがいた。


数寄和大津ギャラリーでは、現在、絵画展 秋韻 一期を開催しております。
今回のブログの最初の画像の作品を、ギャラリーの玄関のドアを開けると見えるところに展示させていただいております。
光り輝くこの絵の作品タイトルは虹彩石。
展覧会がはじまり、細川貴司先生とも、石や木、それからそれぞれの町の魅力などについてお話しながらの時間がありました。
河村正之先生とも石についての愉しいお話をしました。
作家の眼を感じる、それぞれのおはなし。贅沢な時間でした。
作家の方々の御作品を拝見していると、そこには、光がいっぱいあるように感じます。
作家の先生方が見ておられる、美しい世界が、作品となって、私たちを楽しませてくれます。
どうぞ、足をお運びくださって、よい時間をお過ごしください。(数寄和大津 あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-07 13:32 | ふるさと | Comments(0)

絵画展 秋韻 一期 河村正之 細川貴司 開催中。

絵を楽しみに、
展覧会を味わいに、
どうぞ、数寄和大津へ足をお運びください。
初日、4日と、作家の方と、お越しくださった方々と。
f0203477_14375728.jpg

f0203477_14382981.jpg

f0203477_1439440.jpg

ギャラリーに 絵がある幸福を 真っ白な壁面が おもうこと・・・

ギャラリーの真っ白な壁面を観には誰もやってこない。
ギャラリーではたらくひとでさえ、真っ白さが黒ずんでいないかと、ちら。
穴があいていないかと、ちら。と、 難しい顔しながら通り過ぎるだけ。
そう誰一人も来ない。猫もカマキリさえもやってこない。鳥も。風も。雲も。
なんて退屈なんだ!とギャラリーの壁面がおもうこと・・・
真っ白な壁面は イロイロと考えるのだけど 真っ白過ぎて言葉がない。
真っ白な欠伸がでるだけ。

ギャラリーの壁に絵があると みんながやってくる。
そして はなす。
絵について 話す。
絵でないことも 話す。
話すだけではなく、笑いだす。
ギャラリーの壁面もいっしょに、わらう。
そして、ちょっこっと、絵の入った額も笑ってしまうのだ。

毎朝ギャラリーではたらくひとが絵のはいった額の傾きをなおす。
そして、絵におはようという。
ギャラリーの壁面に絵があると 壁面もはなす。
こっそり夜中に絵とはなす。
気になる絵のときは こっそりと 誰も絵を観てない時に はなす。
真っ白な壁面と絵がわらう。
すると、お日様の光が射してくる。
絵は観られることでもっと輝く。
絵は光が射すことでもっともっと輝く。

真っ白なギャラリーの壁面は知っている。
ギャラリーに絵のある幸福を・・・

それは、
あなたの暮らしの絵のあるしあわせへとつづいていく・・・
f0203477_1440479.jpg


展覧会がはじまりました。

絵を楽しみに、どうぞお越しください。
絵画展 「秋韻」


Ⅰ期 河村正之 細川貴司

 数寄和    9/11(金)-9/20(日) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/3(土)-10/12(月) 11:00-18:00 火休

Ⅱ期 岸本吉弘 吉川民仁

 数寄和    9/22(火)-10/1(木) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/17(土)-10/26(月) 11:00-18:00 火休

1期、2期、どうぞ、どちらの展覧会にも、お越しください。
みなさまのお越しをこころより、お待ちしております。
f0203477_14404286.jpg



展覧会につきまして、詳細は、ホームページをどうぞ。

表具と額装 ギャラリーの数寄和
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-05 14:41 | すきわ日和 | Comments(0)

10月ですね。3日より、絵画展 秋韻 1期がはじまります。

今年のお月様は、たいそう美しく…滋賀は、月の名所がいっぱいあり秋ならではの滋賀の風景が広がっております。
瀬田の唐橋を渡って、
ぜひ、数寄和大津で開催の展覧会、
「絵画展 秋韻(しゅういん)」へとお越しください。
f0203477_19141219.jpg

さて、ここは、近江八景唐崎夜雨の地。
そうです。唐崎の松が、びわ湖を眺めております。
その向こうには、近江富士こと、三上山。
f0203477_19144518.jpg

さて、近江八景ですが、瀟湘八景がもてはやされた室町後期に琵琶湖畔の景勝を見出し、
江戸時代初頭の文化人たちが八景を選定したことで
現行の近江八景が確立していったようです。

石山秋月。
f0203477_19151656.jpg

月。
近江八景では、勢多夕照の瀬田の唐橋の月もたいへん美しいです。
三井晩鐘の三井寺といえば、誰もが知っている芭蕉の句がありますね。
有る仲秋の名月に、義仲寺無名庵での月見の会の後、舟を漕ぎ出し三井寺の塔頭を望んで詠んだ芭蕉の句が残っています。
「三井寺の門たたかばやけふの月」

近江八景堅田の落雁の浮見堂。ここも、芭蕉の句があります。
「鎖明けて月さし入れよ浮御堂」

もちろん、瀬田川に舟を浮かべた芭蕉の句があります。
「名月はふたつ過ぎても瀬田の月」
f0203477_19163227.jpg

琵琶湖を囲んむ山々から、びわ湖や町を眺めるときの幸福感は、いったいどこからやってくるのでしょう。
滋賀の人は、みな、びわ湖が好きです。

三井寺からも、日吉大社の奥宮からも、びわ湖が見えます。
ぜひ、滋賀へと遊びにきてください。
f0203477_1917451.jpg

f0203477_19173220.jpg

琵琶湖から、唯一流れ出ている川の瀬田川は、その名をかえて、
大阪湾へと続きます。
瀬田川、、、瀬田の唐橋東詰の数寄和大津へ、どうぞ、皆様お越しください。
近江一宮建部大社さまからも、瀬田の唐橋東詰からも、徒歩2、3分です。
(ちなみに、京都駅から、最寄りの駅の石山駅までは、14分ぐらいです)
f0203477_19181451.jpg

f0203477_19184756.jpg

すでに、皆様のお越しをお待ちしている、それぞれの絵を、
本日、ゆっくりと拝見させていただいております。

木に描かれた、細川貴司先生の御作品を拝見していると、懐かしさが湧いてくるように感じます。
ひとしずくの水のカタチ。その愛らしいカタチが、まっしろなギャラリーの壁をあたたかな空間にしてくれました。
河村正之先生の御作品の愉しいこと、たのしいこと♪子どもも、また、子どもの心を持った大人の方々も楽しんでいただける、御作品です。

3日、4日は、細川貴司先生がおいでです。
3日は、河村正之先生もおいでのご予定です。

絵画展 「秋韻」


Ⅰ期 河村正之 細川貴司

 数寄和    9/11(金)-9/20(日) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/3(土)-10/12(月) 11:00-18:00 火休

Ⅱ期 岸本吉弘 吉川民仁

 数寄和    9/22(火)-10/1(木) 11:00-19:00 無休

 数寄和大津 10/17(土)-10/26(月) 11:00-18:00 火休

1期、2期、どうぞ、どちらの展覧会にも、お越しください。
みなさまのお越しをこころより、お待ちしております。
f0203477_19192254.jpg

展覧会につきまして、詳細は、ホームページをどうぞ。

表具と額装 ギャラリーの数寄和
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2015-10-01 19:20 | 近江 | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧