すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新年は、1月4日より、営業いたします。

f0203477_16363827.jpg
どうぞ、皆様、よいお年をお迎えくださいませ。
来る年は申(さる)♪
神様の中に申という文字があること、孫悟空がお猿さんであること、
二足歩行の人の前は。。。いろいろと、面白いですよね♪

これは、11月に蒔いた、四葉のクローバー(白詰草)。
双葉が、いっぱい出ています。
四葉のクローバー。
見つけると、幸せになれるということで、
子どもの頃の思い出に、近くの草原で、探してました。もちろん友だちといっしょに。
探す時間には、探すだけではなく、冠も作ったりして、楽しい時間でした。

豊かさについて、思います。
こころの栄養について、思います。

絵を観る時間の豊かさは、必要か?と訊かれたら、ちょっと、パンよりは、必要ではないかもしれませんが、やはり、必要かと思います。
絵がなくても、生きていけると言われたら、そうかも知れませんね。と頷きもしますが、やはり、でも。と思います。
でも、やはり、絵は必要なんだと思います。とお応えしたいと思います。

人っていうのは、不思議な存在で、心があって、そのなかに、さまざまな感情や想いがあって、それをカタチにしようとします。
それをカタチにする人も居れば、カタチにならない人もいるようにも思います。
作家という人たちが、それらのもやもやしていたものをカタチにする事のできるひとかと思います。
絵であったり、物語であったり、音楽であったり、、、芸術作品が生まれます。
人は、絵をみることで、物語を読むことで、音楽を聴くことで、
カタチにしたい自分のなかのカタチとして生まれてはこない、ずっと、そのまま在るままの、もやもやとしたものに、触れることが出来ます。
そう、自分の、心に触れることができるのです。
鏡を見ないと、自分の、姿かたちをみることが出来ないのですが、
人は、自分の姿かたちを確認しようとします。
何故でしょうか。
心のなかの何かも、自分で確認したいと思うのです。

生物である人に、パンは必要です。
そして、人には、芸術が必要なのです。
絵もやはり必要なのです。

四葉のクローバーを見つけると幸せになれる!と知ったら、
多くの子どもは、探してみようとします。
大人は?忙しいから探そうとしないかもしれません。
もっと、現実的な方法を選びます。
時間を有効に使おうと多くの大人はします。

四葉のクローバーを見つけたらからって、幸せになれるかどうか解らない。と思う人には、
四葉のクローバーは、幸せをくれません。
信じる力が、それを呼ぶのだと思います。

絵を観る時間の豊かさは、
子どもの頃、探そうとした四葉のクローバーとの関わりを思い出させるかも知れません。

2016年も、数寄和大津で、ぜひ絵を楽しんでください。
皆様のお越しをお待ちしております。

ギャラリーは、しばらく、常設展示が、続きます。
対話型鑑賞会をご希望の方々は、ぜひ、ご友人、ご家族といっしょにお越しください。
対話型鑑賞会は無料です。お気に入りの絵との出会いがございましたらご購入ください。気楽に遊びにきてください。
お問い合わせ、申し込み
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa.net(☆をアットマークにかえてくださいね)
f0203477_16115660.jpg

数寄和、数寄和大津ともに新年は1月4日(月)より平常通り営業いたします。
2016年 東京本社での最初の展覧会は1月30日(土)より松江利恵展「星霜のかさね」を開催いたします。是非ご高覧下さい。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/2014

来年も皆様のご来廊を心よりお待ちしております。
良いお年をお迎えください。

■画像作品
「款冬華」  242×333 mm
木製パネル・紙・水彩・鉛筆
f0203477_16122092.jpg

f0203477_16125125.jpg

f0203477_16131983.jpg

数寄和は、表具屋です。
額装・軸装などのご相談は、いつでも、どうぞ。

また、2016年は、気楽に筆を持ちたい!という人に、
筆あそびワークも開催したいと思います。
数寄和では、手すきの紙やガラスペンなども常時販売しております。
筆あそびワーク20分おひとり1000円です。
ぜひ、気楽に遊びに来てください。
お問い合わせ、申し込み
電話077-547-3209
メールotsu☆sukiwa.net(☆をアットマークにかえてくださいね)
f0203477_16135646.jpg


とりが
とりが
とりが
そらを
うたう

しってた?
おもいは、おもい、、、
ひとの、おもい、、、
想意は、重意から
空を飛びたいなら
この意よ
意の、おおきな翼をひろげ
いま、
羽ばたけ

2011年、伊勢に行きました。
神社おそうじ隊という、、、神主さんお二人が主催の、たのしい旅でした。
おひとりの神主さんは、整体のお仕事をされています。
もうおひとりの神主さんは、中国茶のお仕事をされています。
お二人のブログに、お釈迦さんの言葉があって、それを頼りに、神社おそうじ隊の旅に、何度となく、参加させていただきました。
おしゃかさんの言葉は、自分で考えようというような結びがあって、答えは、いつも自分の心の中にあると思ってきた私には、とても有り難い言葉でした。
整体の先生からは、大祓祝詞の素晴らしさ、そして意宣りについて、
理屈ではなく、何度かご一緒する中で、感謝の気持ちとともに、教えていただいたように思います。
答えを差し出されたのではなく、自分の心で考えるように、教えていただいたように思います。
また、中国茶の先生の方からは、美味しいお茶をいっしょに飲むと皆笑顔になる!と教えていただいたように思います。
今、少し元気がないひと、カラダのこと、心のこと、、、
なんでも相性がありますから、この人が誰にもでよい!というおススメの仕方はいたしません。
でも、ちょっと、美味しいお茶を飲みたいな。という方や、
カラダのことが心配で・・・というお方に
お二人のホームページをお知らせいたしますね。
田村先生
http://www.tamuratic.com/index.html
サロン・ド・クロノ
http://www.salondekurono.com/

最近できたステキなところも、いっしょにお知らせしておきます♪
二子玉川の高島屋7F
TOKYO BREJEW HOUSE
http://www.brejew.com/index.html

・・・と、横浜ばかりをご紹介いたしましたが、
東の方々、ぜひ、西荻の数寄和にも、足をお運びいただけますと、幸いです。
あなたにとっての大切な一枚の絵、そう絵の四葉のクローバー(四葉のクローバーの絵ではありませんよ♪)を探しに、おでかけください。
数寄和本社
http://www.sukiwa.net/
f0203477_16144144.jpg
f0203477_1615130.jpg

・・・それにしても、
友だちも、家族も、有り難いです。
暮れに東京へ出向き、
忙しいなか、時間をつくっていただいた方々に感謝です。
有難う。
仕事で関わる方々、
今年も有難うございました。

どうぞ、皆々様にとって
来る年が、福おおき年でありますように☆(麻田有代)
[PR]
by 555sukiwa | 2015-12-27 16:16 | ひと | Comments(0)

一陽来復と清祓と、Merry Christmas!もうすぐお正月♪

冬至も、クリスマスイブの本日も快晴。
清らかな青空が広がります。
f0203477_18454912.jpg
f0203477_1846126.jpg

空を見上げると、青空に、ぽっかりと、お日様が、おいでになる。
冬至の日は、一陽来復といって、この日から、お日様のお姿をみる時間が少しずつ長くなる。
お日様が大好きなわたしは、とても嬉しい。
おそらく、多くの人は、お日様がお好きだろうから、やはり、嬉しい日である。
一陽来復。素晴らしい響きの言葉♪

鏡に映るもの。
水面に映るもの。
それから、心に映るもの。
カタチのあるものが、鏡にうつる。
光が、鏡に、水面に映る。
心にあるもの。
古代文字では、心臓のカタチ。
心とは、何処にあるのだろう?

・・・おそらく、古代の人よりも、心が、見え隠れしているように思うのだけど、
こんな青空だと、心もウキウキワクワクしてくる。

一枚の絵をみると、絵描きのひとの、心が、そこに映っている。
カメラだと、あれれ?こんな風に写っている!撮れている!と、素人でも簡単に撮るということが出来るから、
驚くようなことも多々あるのだけど、
絵を描くことは、素人であっても描かれている!!というような驚きはないと思う。
制作という時間があって、絵が生まれる。

目で観えたもの。観たかったもの。
そのひとだから、観えたもの。観たかったもの。
描きたかったもの。が、そこに存在する。

書もまた、書かれる時間があって現れる。

心にあるもの。
想いは、大切な気がしてきたが、想いは、意外に、重い。
大好きなひとに大好きと言ってほしい時に大好きと言って貰うと嬉しいけれど、
忙しい時や、ただ好きなひとから、大好きと言われても、重い。
想いは、重い。。。
想いは場合によって重いと、おもう。
重い部分の想いを、今年は、清祓で、すっきりとした。
軽やかに、そう軽やかに、これから歩いて行こう。
そういうと、子どもの頃は、スキップしている女の子が、
大人の女性にスキップする人は少ない。
想いが重いからかも知れないな・・・なんて、うふふ♪(笑)
青空に向かって、お日様が好き♪♪と、ワクワクする私は、未だに、子どもの心もあって、そういう時は、自分も嬉しい心♪(ふむ。たしかに、嬉しい心は、想い、重くない。。。ふむ)
こちらに届くお日様の光も、また透きとおるような美しい光。

友だちと足を運んだ教会では、
お日様に、真っ直ぐと信じる心、愛する心、、、
そう、いのるこころのマリア様が、
手を合わされていた。
想いは、心に溜め込まずに、、、いのる。
意宜る。
いのると感謝の気持ちがいっぱい湧いてくる。
心に光を射し込んで、想いをちょっぴり軽くできるとよいのかも知れない。
広がる青空には、重い雲は、なく、、、。
マリア様の、きよらかな心のような青い空が眩しく輝いてた。
f0203477_18471298.jpg

f0203477_18474528.jpg

明日は、クリスマス♪
明日、生まれる絵もあるだろう。
(絵が素敵になる軸装額装を着せてあげてね♪)
さまざまなモノやコトや。
心がカタチになっていく。
軽やかに、軽やかに、歩いて行こう。
f0203477_18503692.jpg

年末年始休業のご案内

拝啓 毎々格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さて、弊社では誠に勝手ながら、年末年始におきまして下記の通り休業させていただきます。
何かとご不便をおかけする事とは存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

2015/12/27(日) ― 2016/1/3(日)

年始は1月4日(月)より平常通り営業いたします。


表具額装とギャラリー 数寄和
http://www.sukiwa.net/index.html
f0203477_18512414.jpg

満月で、クリスマスの、12月25日、虹をみた。
嬉しいな♪
f0203477_14191136.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2015-12-24 18:52 | ふるさと | Comments(0)

こころを持って・・・

けさ。電車の中から琵琶湖に虹がでているのが見えた。
久しぶりに携帯を取り出さず、ただ虹をみていた。
この間、電車の中から虹をみてから、2週間ぐらいたっただろうか。
今日は、新月。
f0203477_17424146.jpg

陰暦では、新月があらわれる日が、その月の最初の日であった。
月の満ち欠けによって、月日を数えた陰暦。ついたちの語源は、月立ち。
陰暦では、「ついたち」は、「ふつか」「みっか」などとは異なり、「日(か)」を用いない特殊な語であるという。
その昔は、ひとひ、、、とも、呼ばれていたらしい。
「ひとひ」このやわらかな言葉をそっとそっと口に出してみる。
言葉にすること(口に出すこと)は、すでに、それが現れている。・・・と、感じた先人の感性をおもう。
意味を知りたがる現代人とは違い、その名がそのものという受け止め方をした感性をおもう。

こころを持って、聴く。
そこで、わかること。
聴くという漢字は、もともと、神の声をきくことらしい。この字には大きな耳がある。
これは、そのものの本来を聴けることではないかとも思う。
こころのある漢字には愛があるのだが、この字は、その場から離れられない、後ろ髪をひっぱられるおもいが、愛である。
心をおもう。
心は、幼い人も持っている。
幼い人は、カラダを、心を、頭を働かせ育て、大きくなっていく。
智慧という言葉にも、心がある。

ひとの心を視力では見えないのだけど、神の声をきく耳のように、人の心を観ることの出来る目をもちたい。

新月には、満月をみて、
満月には、新月をみて、
自分の心の声をききながら、本来の自分らしく生きる。

そのようなことをおもう、本日、師走新月。

今年、やり残したこと。
今年、できたこと。
おもう、さまざまなこと。
こころをもって、
一年の締めくくりの月を、大事に、過ごしたいとおもう
f0203477_17433664.jpg

さて、数寄和大津からのお知らせです。
常設展示をしております。
ぜひ、足をお運びください。
また、対話型鑑賞会へ、ぜひぜひ♪
常設展開催日2日3日9日10日11日12日14日16日17日18日(十日間)です。
同じ作品を皆で観て、はなす。
何か心に思う事を、言葉にすることは、大切なことだと思います。
言葉にすると、もやもやしていたココロがすっきりします。人の観方をおききすると、新たな見え方も出来て、
絵をもっと好きになります。
数寄和大津で開催の対話型鑑賞会も、ぜひぜひ。
対話型鑑賞会開催日(2回開催します。また、他に対話型鑑賞会をしたいからいきます!という方々はご連絡ください。)
一回目 14日午後三時から。
二回目 18日午後七時半から。
皆様のお越しを心よりお待ちしています!

お問い合わせは、電話077-547-3209です。 

表具額装とギャラリーの数寄和(本社)のホームページは、
http://www.sukiwa.net/
f0203477_1756313.jpg

この季節、クリスマスプレゼントにぴったりのガラスペンは、いかがですか?
ぜひ、数寄和大津へ、足をお運びください。
毎年、瀬田の東詰のイルミネーションも美しく・・・
http://www.shokokai.or.jp/25/252012S0031/index.htm

12月18日、19日両日に渡り、皆で一緒に対話型鑑賞会と瀬田川のイルミネーションいっしょに観に行こうの会を開催します!
18日は、午後7時半から数寄和大津にて、対話型鑑賞会。午後8時過ぎに、瀬田の唐橋東詰まで、お散歩いたしましょう。
12月19日は、午後5時数寄和大津集合。
瀬田唐橋公園にて、瀬田のイルミネーションのクリスマスイベント。そこにいっしょに出かけませんか。
夕焼けの中を瀬田唐橋公園まで散歩して、イベントを楽しんで数寄和大津へ戻ってきたいと思います。もちろん最後に一枚の絵をいっしょにたのしみましょう♪
18日か、19日か、また両日でも♪
みなさまとの一期一会を楽しみに。

みなさまのお越しをお待ちしております!!
f0203477_18141036.jpg

f0203477_142378.jpg

追記
朏をなんと読むか、ご存知ですか?
「みかづき」
三日月は新月の後に見られる初めての月なので、古い中国の暦法では二日遡って朔日(月立ちの変化でついたち)の月の位置を推定したそうです♪
[PR]
by 555sukiwa | 2015-12-11 17:57 | かたち | Comments(0)

天智天皇(百人一首一番うた)の秋。もみじの美しい季節。

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ (天智天皇)
最近、あまり見なくなった、田んぼのある風景。
子どものころ、黄金色の田んぼをみると、秋だな。と思ったものです。
f0203477_14302872.jpg

滋賀の木は紅葉。紅く美しいもみじは、みどりの時も美しいですね。
色付くと、あー、秋だなって、実りの季節を感じさせてくれます。
自然からまなぶ、いのちの在り方。
お寺には、たくさんの紅葉があって、その美しさをライトアップし
夜にも人々がお寺へと紅葉を愛でに足を運びます。
ライトアップされて、この時期のスターの紅葉は秋が深まると、冬の姿となります。
すると、いつの頃からか、イルミネーションを楽しむ、この時期となりました。
f0203477_14372013.jpg

f0203477_1437458.jpg

f0203477_14393333.jpg

ひとの一生も、よく季節に喩えられますが、さてさて、あなたは、どんな時期を生きていますか。
わたしは、ながらくイルミネーションの時期を生きてきたのかも知れないな。と、昨夜、ふと思いました。
ー冬。
透明な空気だから、透きとおる夜空。
イルミネーションが、きらきら輝く季節。
そして、師走といって、なんだか慌しい。。。(苦笑)
そんな季節、時期を生きてきたように思います。
そして、ふと、思いました。
ひょっとしたら、まだ、冬を生きる必要ななくて、、、(笑)
実りの秋まで後ずさりしてみても、よいかも知れないと思うのです。
世間のうわさでは今年の秋の紅葉は、あまりよくなかったと聴きながらも、まるで残り福のように
ここ最近、紅葉を楽しみ機会が重なってありました。
自分のこの眼が感じた、秋。もみじの秋があります。
豊かな秋は、その時間の在り方も違っていました。
歩く速度でしか、そのカラダと関わるココロはすすまず。
その身体と関わる、頭の動きも、健康的な動きです♪
わたしは、これから、実りの秋を楽しみたいと思います。そう人生には、実りの秋の季節があって、
素晴らしいのだと思います。
f0203477_14525120.jpg

さて、数寄和大津からのお知らせです。
常設展示をしております。
ぜひ、足をお運びください。
また、対話型鑑賞会へ、ぜひぜひ♪
常設展開催日2日3日9日10日11日12日14日16日17日18日(十日間)です。
同じ作品を皆で観て、はなす。
何か心に思う事を、言葉にすることは、大切なことだと思います。
言葉にすると、もやもやしていたココロがすっきりします。人の観方をおききすると、新たな見え方も出来て、
絵をもっと好きになります。
数寄和大津で開催の対話型鑑賞会も、ぜひぜひ。
対話型鑑賞会開催日(2回開催します。また、他に対話型鑑賞会をしたいからいきます!という方々はご連絡ください。)
一回目 14日午後三時から。
二回目 18日午後七時半から。
皆様のお越しを心よりお待ちしています!

お問い合わせは、電話077-547-3209です。 

表具額装とギャラリーの数寄和(本社)のホームページは、
http://www.sukiwa.net/
f0203477_14594141.jpg

この季節、クリスマスプレゼントにぴったりのガラスペンは、いかがですか?
ぜひ、数寄和大津へ、足をお運びください。
毎年、瀬田の東詰のイルミネーションも美しく・・・
http://www.shokokai.or.jp/25/252012S0031/index.htm

みなさまのお越しをお待ちしております!!
[PR]
by 555sukiwa | 2015-12-09 15:02 | ふるさと | Comments(0)

大津をおもう。

「ふるさと美の滋賀深いぃ学び塾」に参加させていただきました。
昨日は、いっぱい歩きました。
疎水に関わるさまざまなお話を、大津歴史博物館の樋爪館長にお伺いしながら、
紅葉の道を歩きました。
f0203477_19263128.jpg

少し前になりますが、近江の神社をめぐる旅をしました。
その時に、まず最初にお詣りしたのが、長等神社。
「ささなみや志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな 」
長等神社の境内のしだれ桜の下に、この平忠度の歌碑があります。
滋賀の木は、紅葉。春も桜がたいへん美しいのですが、今回、いっぱいあるきながら、
紅葉もたいへん美しいところなのだと改めて思いました。
f0203477_19271629.jpg
f0203477_19273641.jpg
f0203477_19275383.jpg

数寄和大津は、瀬田の唐橋東詰から、近江一宮建部大社までのところにあります。
生まれた時から、瀬田川の流れを見てきました。
琵琶湖から流れ出る唯一の川、瀬田川。
その風景を毎日会いながら、お日様の光を受け、きらきら光る川の有様に感動しています。
いのちにとっての水が、流れていきます。

疎水ができたことって、とても素晴らしいことだったのだと、
先人の仕事が命がけだったというお話を聴きながら、あらためて大津をもっともっと知りたいと思いました。
f0203477_19324879.jpg

古い道には、道しるべがあります。
そして、お地蔵さまもおいでです。
石で造られた、それぞれの、石碑や、仏様は、歩く人々にとって
とても大切な存在だったのだと思います。
人々が歩いて、京都へ向かった時代から、
疎水で舟をつかって、荷物を運んだ時代へとかわり。。。
今は、車が、あちこちへと、人も荷物も運びます。

古い時代には、車石というものが、坂のところにあったということです。
その車石は、長等小学校の門のところにもあったり。
旧道に並ぶ家々にもあったりします。
この車石の車は、今のエンジンのついた車ではなく、牛が荷物を運ぶために一生懸命引っ張った車です。
f0203477_19364222.jpg

f0203477_19365135.jpg

f0203477_19372462.jpg

f0203477_19374971.jpg

f0203477_1938453.jpg

f0203477_1938345.jpg

f0203477_1939161.jpg

大津の町。
歩いてみて、感じるさまざまな事があります。
古の道を、歩いてみませんか。
今へと、繋がっています。
f0203477_19393594.jpg

数寄和大津からのお知らせです。

12月の常設展と対話型鑑賞会のお知らせです。
開催日2日3日9日10日11日12日14日16日17日18日(十日間)
時間は、正午から午後七時までですが、もし、他にお越しいただけるご予定がありましたら、お知らせください。
対話型鑑賞会開催日(2回開催します。また、他に対話型鑑賞会をしたいからいきます!という方々はご連絡ください。)
一回目 14日午後三時から。
二回目 18日午後七時半から。
皆様のお越しを心よりお待ちしています!

お問い合わせは、電話077-547-3209です。 

表具額装とギャラリーの数寄和(本社)のホームページは、
http://www.sukiwa.net/
[PR]
by 555sukiwa | 2015-12-07 19:40 | 近江 | Comments(2)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧