すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本日は、数寄和大津の誕生日です。

ご縁ある、皆々様に、感謝の気持ちでいっぱいです。
作家の先生方、有難うございます。
足をお運びいただく方々、有難うございます。
職人さん方、ありがとうございます。
f0203477_16495324.jpg

画像は、斉藤典彦「うちのうみ」

2006年の4月22日は、斉藤典彦展「近江路」より、はじまりました。
また、10年目になります、昨年の4月22日も、斉藤典彦先生の個展を開催しました。
ご縁深き斉藤典彦先生。数寄和のスタッフ全員、先生への感謝と敬愛の気持ちでいっぱいです。
先生の制作された、御作品のなか、「うちのうみ」という御作品を、数寄和大津の玄関に、展示させていただきました。
このやわらかな色合いでありながら、この存在感。

線で描かれていないのに、
画面のなかに線が観えてきます。

よく見る日本の地図に線があります。
歴史年表の中にも、時代区分の線があります。
それぞれ、ひかれた、線があります。

絵とは、なんでしょうか。
あらためて、斉藤典彦先生の、描く、その世界を拝見しながら、
自然とできた、線のような、、、
此処と此処が、それぞれ存在した時の、
その分かれているところ、、、線が先ではなく、
線となってあらわれた、その線を、観ております。
f0203477_16542267.jpg

和の間のある、二階。
今回は、線を意識して展示しました。

昨年、秋韻というタイトルの展覧会をしました。
油絵の作家の方々4人の展覧会です。
岸本吉弘先生にご参加ご出品いただきました。
四季があり、山々が広がり、自然豊かな日本では、子どもの頃から、馴染んでいる、光合成がつくる、みどりという色。
子どもの頃から、馴染んでいる、黒っぽい線。

岸本吉弘先生の、描かれる世界の、スケールの大きさがあります。
小さな作品は、その世界のかけらなのか、、、。
ひょっとしたら、大きな作品も、先生の心や頭のなかにある、その世界の欠片なのかもしれません。
生命力のある、御作品。一枚の絵が、大きな大きな世界へと広がっていくように感じます。
f0203477_16563491.jpg

表具やの数寄和では、掛物は、床の間がないと掛けられないと思っておられる方々に、
ご提案させていただきたいことがあります。
ぜひお家に、現在作家の御作品の掛軸作品を飾ってください。
床の間でなくても、きっと、素晴らしい空間が出来ると思います。
その素晴らしい空間で、ご家族と、そしてお家へ遊びに来られるお客様と、楽しい時間をお過ごしください。

さて。
線について考えながらの、今回の、常設展示です。

墨描作品を制作されている、亀井武彦先生。
イラストレーターとして、世界でご活躍されてきました。
墨。紙。筆。水。
それらの組み合わせが、出来上がる作品に大きく関わり、作品が生まれます。
もし、紙がちがっていたら、、、
もし、墨がちがっていたら、、、
もし、筆がちがっていたら、、、
もし、水がちがっていたら、、、
同じようでも、全然、違った作品が生まれていたことでしょう。
古来より、墨の色は、人々に愛されてきました。
にじみや、かすれ、、、。
筆が描く、線があります。
墨描作品という呼び方が、ぴったりの、亀井先生の御作品です。


吉田加南子先生の、フランス詩を書いた、軸装作品。
吉田加南子先生は、詩人でもいらっしゃいます。
書かれた線と線と、、、が、文字をつくり、、
その文字と文字と文字が、言葉をつくり、
それらが、うたいだします。
口からでてくる詩。
手からでてくる詩。
手からでてくる詩は、そのなかに、線がいっぱいあります。


日本画家の森山知己先生。
先生の制作される御作品には、日本画の線をひいた御作品とともに、
この水の記憶シリーズのように、線を使わない御作品があります。
水の記憶シリーズのなか、夕焼け色の、この作品。
日本画では、岩絵の具という絵具が使われます。
自然からのいただきもの。
そのままで、美しい岩絵の具が、作家の手で、絵となります。
この色の美しさ!
作品へと広がります。

それぞれの御作品の魅力を、何度も観るなかで、わかってきました。
絵を観る楽しさは、観るからこそ、味わえるものだと思います。
ご紹介した御作品は、一部です。
たくさんの先生方、たくさんの御作品。
展示するときの、楽しさは、格別です。
ご縁のある作家の先生方、いつもいつも、有難うございます。
どうぞ、これからも、宜しくお願いいたします。
f0203477_1703995.jpg

常設展示中の数寄和大津では、上記、作品とともに、ご縁ある作家の先生方の、御作品を展示させていただいております。
どうぞ、近くにお越しの際には、お立ち寄りください。
どうぞ、お気軽に、ギャラリーへと足をお運びください。
そして、お気に入りの絵との出会いを、いまか、今かと、楽しみ多い人生にしてください。
人生に、一期一会を、どうぞ。
f0203477_1742359.jpg


「森の気 -晴嵐」

米唐檜に色鉛筆、油彩

108×128×11cm

撮影・末正真礼生

本日より西荻の数寄和より、開催しております展覧会のお知らせです。

「森の気 細川貴司展 」

数寄和   4/22 (金)-5/1 (日) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 5/14 (土)-5/27 (金) 13:00-18:00 火休

自ら削り出した木材に描かれる森の気配。
木の魅力に寄り添い制作する細川の新作をぜひご覧ください。


展覧会の詳細は、
表具・額装とギャラリーの数寄和ホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/
夏の公募展「ギャラリーへ行こう2016」も、どうぞ宜しくお願いいたします。
f0203477_1755976.jpg

朝から、古文書の先輩から、先日仲間内で、なんという花なのか?と話しておりました花の画像がふたたび、、。
この花の名前をご存知のかたおいででしょうか。
きくもも??ほうきもも??やまもも??かしら。。。
f0203477_15291790.jpg
f0203477_15294494.jpg

2016年4月22日満月夜。
[PR]
by 555sukiwa | 2016-04-22 17:11 | すきわ日和 | Comments(0)

展覧会「王羲之から空海へ」へ、もう一度、観に行く日。

「一緒に行けるとよいね」「いつ観に行かれるのですか」「空海の書は、身震いしますね。」
「もう一度は一緒に行きませんか」・・・書を通して成り立つ会話がある。
もう一度は、展示替えされた日に。絶対観たい、空海の書。
f0203477_1411259.jpg
f0203477_14111773.jpg

多くの私たちは、いわゆる天才が歩いた、いやいや開いた道を、
へぇ、なるほど!!と、その道の素晴らしさ、深さに、感心しながら、歩く。俊足の人もいれば、鈍足のひとも、いる。
一歩前を行く人が、これは、こういうことだよ。と教えてくれる。
同じ道を歩いているってことの仲間意識。
仲間がいるってことは、有り難いことだと、最近、よく思う。

書は、観ることができる。
観て確認することができるので、
時間をかけると、自分でも、気づくことがある。
古典の勉強を大切にしなさい。と、師匠から、言われることは、尤もなことである。

展覧会では、メモを、一生懸命、取っている人がいた。
書友とご一緒に来ている人とひと、
師匠と門下の人と思われる人とひと、
展示された古典作品を観ながら、小さな声で、
「・・・ですね?」「・・・ということでしょうか?」「・・・の紙、また欲しいです」
とか、、、展覧会から、作品から、刺激を受け、触発された言葉が、聴こえてくる。

この展覧会、凄いんだ。と、改めて、思う。
予想以上に、観る時間が要りそうだ。
あと1回は絶対。できたら2回観に来れるだろうか。
時間をかけて観ていると、このわたしにも、作品から声が聴こえてくるように思う。
そうに違いない!!(笑)
天才、空海の書を、展示替えされたら、早速、観に行こうと思います!
f0203477_14132625.jpg

5月22日までに、観に行きたい展覧会の数々。
5月22日までに、、、、というと、数寄和大津での、細川貴司展の開催中である。
f0203477_1414413.jpg

「森の気 細川貴司展 」

数寄和   4/22 (金)-5/1 (日) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 5/14 (土)-5/27 (金) 13:00-18:00 火休

自ら削り出した木材に描かれる森の気配。
木の魅力に寄り添い制作する細川の新作を
ぜひご覧ください。

画像作品について。
「森の気 -晴嵐」 米唐檜に色鉛筆、油彩  108×128×11cm  撮影・末正真礼生


数寄和大津が開廊して10年がたちました。
・・・もう一度観たいな。あの作家の作品。
・・・もう一度、観たいな。あの作品。
足をお運びいただくひとに、そう思っていただける企画展を、やり続けてきました。
表具の仕事は、①御作品をひきたてる②保存する 
表具屋でありますから、足をお運びいただく皆さんに、ずっと残り続けてほしい、ずっと見続けていたい作品を、観て頂きたく、展覧会を開催してきました。

細川貴司先生の制作された作品の存在感。
観る人に、存在しているってことの、素晴らしさ、例えば、
あたたかさや、大きさや、美しさや、、、御作品を観るたびに、
さまざまな事を感じていただけます。
展覧会開催中、どうぞ2度3度と足をお運びください。
また、どうぞ、身近に、お気に入りの作品を置いてください。
芸術文化は、皆で、大切にし、未来へと、手渡しいたしましょう。

皆様のお越しをお待ちしております。
f0203477_18151488.jpg

f0203477_1815379.jpg

4月22日は、数寄和大津の誕生日です。
午後1時より、午後6時まで、常設展示にて、皆様のお越しをお待ちしております。(数寄和大津 あさだ)
[PR]
by 555sukiwa | 2016-04-20 14:15 | かきぞめ日和 | Comments(0)

2016 近江一宮 建部大社春祭り 快晴♪

4月15日は、建部大社様の、お誕生日です。
4月22日は、数寄和大津の、誕生日です。
卯月生まれ同士♪♪
本日4月17日は春祭り、快晴です。
f0203477_16144740.jpg
f0203477_1615487.jpg

数寄和大津ギャラリーです。
大きな窓の、向こうには、絵がならんでおります。
障子って、素晴らしいです。
このお日様の光を、優しい光として、部屋は、とても暖かです。
二日前から、心配しておりました、お天気。
朝から、どんどんよいお天気となり、お神輿とお神輿を担いで町を練り歩く皆さんが
お通りになられるときは、快晴。
お日様、有難うございます!!
昨夜の雨が、空を洗い流して、ピカピカの快晴です!
f0203477_1616399.jpg
f0203477_16162098.jpg
f0203477_1616313.jpg

神輿を担ぐ人の声も、太鼓の音色も、町にひびき、
そして、空にも、ひびいているのでしょう。
鳥も、気持ちよさそうに、この空を飛んでいます。
有り難い、この瞬間があります。
町の人と、よいお天気でよかったね。と声を交わします。
琵琶湖から流れ出る唯一の川瀬田川の近くの瀬田の町。この生まれ育ったわたし。
おそらく、この幼いあかちゃんと一緒に、この町にやってきた人だな。と思う、若いお母さん。
おじさん、おばちゃんと呼んでいた、近所の方も、おじいさんや、おばあさんという年齢になられ、、、
お神輿が通るとき、みな、通りにでます。
みんなが、氏子です。
お祭りって、だから素晴らしいのですね。
f0203477_16185178.jpg

f0203477_16191074.jpg
f0203477_16193384.jpg

御旅所で休憩をとり、また、町へとお神輿を担ぐ方々。
f0203477_16203732.jpg

たけべさんの、お祭りが、終わると、
あー、次は、数寄和大津のお誕生日♪

4月22日より、西荻の数寄和より、始まります。
「森の気 細川貴司展 」

数寄和   4/22 (金)-5/1 (日) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 5/14 (土)-5/27 (金) 13:00-18:00 火休

自ら削り出した木材に描かれる森の気配。
木の魅力に寄り添い制作する細川の新作を
ぜひご覧ください。

作家の細川貴司先生のことなど、詳細は、
表具額装とギャラリーの数寄和のホームページをご覧ください。
http://www.sukiwa.net/

それから、4月22日誕生日の数寄和大津では、お越しいただく皆様と美味しいお茶をいただこうと思っています。
正午過ぎより、午後6時まで。ぜひお越しくださいね。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_16245866.jpg

それから、それから、毎年夏に開催しております公募展「ギャラリーへ行こう展」
今年ももちろん開催します。
ぜひ、ご応募ください。
三次元に住む私たちが、
平面作品である絵を制作し、平面作品の絵を鑑賞します。
平面だからこそ出来る何かがあり、それが人にとって面白い事だったからこそ、
絵というものが存在し続けてきたのでしょう。
制作する人がいて、観る人がいて、そうそう間にギャラリーの空間があって
循環しています。
ぜひ、今年の夏は、若手作家の方、そして絵をたのしもうという方々、数寄和・数寄和大津へと足をお運びください。
皆様のご参加を楽しみにしておりますよ♪
「ギャラリーへ行こう2016」について
http://sukiwa.net/wordpress/archives/2045

・・・そうそう、建部大社様の、夏祭りは、船幸祭といいます。
8月17日です。ぜひ!
[PR]
by 555sukiwa | 2016-04-17 16:26 | ふるさと | Comments(0)

春には、春をたのしもう。(さくらさくら)

昨夜から今朝、大雨。
この数日、冬のあと、必ず咲くこの花を、観ながら、春を楽しんだ。
雨が降り、桜が散る。
花は、いい。美しく咲き、自分の咲く、その時を生きる。
f0203477_14324948.jpg
f0203477_1433493.jpg
f0203477_14331956.jpg
f0203477_14342278.jpg
f0203477_14343290.jpg

f0203477_1435524.jpg

昨日は、数寄和大津の誕生日の4月22日から始まる、細川貴司展のDMをもって、
三井寺や長等神社や三尾神社や、、、。
大津の商店街のなかにある、ええラジオで集合して、お花見の後、
美味しいシフォンケーキを食べにいく・・・「元気になれる!Women`s cafe お花見編」のお誘いに、
行く気満々のわたし。(ここのシフォンケーキを、美の滋賀に参加した時にもいただき、感動のお味。忘れられずにいたのです。また、主催の、ええラジオのみちるさんって、ステキなお姉さんにおあいするのも楽しみでした♪)
美しいと美味しいの時間。
生きているって素晴らしい。
目があって、足があって、つまり、カラダがあって、、、、
それから、心があって、
みえる。みたいものを、見れる。
あるくことができる。いきたいところへ行ける。
カラダがあって、五感で味わうことの素晴らしさ。
美しいな。美味しいな。
みんなで、ワイワイといただく、シフォンケーキの美味しいことっていったら、楽しく嬉しく有り難い、いま、この時。
櫻といっしょ。いま、この時を、笑顔いっぱいで生きている。
f0203477_14345576.jpg

細川貴司展の、DMを持って、記念写真を。
数寄和大津が、この地でギャラリーを始めて、10年がたちました。
たくさんの作家の方々、たくさんの作品と、うちのギャラリーの壁が、出会う瞬間に、立ち会いながら、
絵について、いつも考えます。
今を生きる桜の美しさとは、また、違う美しさが、絵にはあります。
悩み、考え、迷い・・・
・・・こうじゃないか、・・・やっぱりそうだな。
そうだ、そうだ、
作品をつくる。これは、自然ではありません。
心を持ち、頭で考える、人がつくる絵だからこその魅力があります。
おなじように、悩みや迷いを持ち、
そしてそして感動や感謝して、
哀しい時だけではなく、嬉しいときも、涙を流す、、、複雑である人といういきものの、わたしたち。
だからこそでしょうか。
人が、ひとの制作した、一枚の絵をみて、美しいな。とおもう瞬間があります。

生きているうちに、人は何人のひとと、心を通じで、出会うことが出来るでしょうか。
親子。恋人。親友。夫婦。
それだけではない、出会いが、芸術という、人の作った文化のなかにあります。
作家の作った作品をみる。
心の交流が、あります。

ぜひ、展覧会へを、足をお運びください。

また、ご希望でしたら、対話型鑑賞会もさせていただきます。
三人以上の方で、一枚の絵をみることの楽しさを味わってください。
一枚の絵は、観る人によって、さまざまな観え方があって、
人の観方を聴くことで、また違った見え方となり、、、
絵って、不思議で面白いなっと感じて頂けることと思います。
f0203477_14365334.jpg

森の気 細川貴司展

数寄和   4/22 (金)-5/1 (日) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 5/14 (土)-5/27 (金) 13:00-18:00 火休

自ら削り出した木材に描かれる森の気配。
木の魅力に寄り添い制作する細川の新作を
ぜひご覧ください。

数寄和大津の誕生日(4月22日)からはじまります、細川先生の展覧会。
(まずは、西荻の数寄和よりはじまります。)
素晴らしい御作品です。そして、素晴らしい作家の先生です。
展覧会のついての詳細は、
表具額装とギャラリーの数寄和ホームページをごらんください。
http://www.sukiwa.net/
f0203477_14372236.jpg

お土産にも買って帰りました、シフォンケーキ♪美味しです♪♪
また、ええラジオに、いってみよう♪お会いした方々、有難うございました♪
[PR]
by 555sukiwa | 2016-04-07 14:38 | ふるさと | Comments(0)

土解祭(上賀茂神社)へ

春となりました。上賀茂神社では、土解祭と呼ぶご神事。
朝、目覚めるときに、カラスの鳴き声が聴こえ、やはり、斎王桜に会いに行こうと。
斎王桜はもう少し。御所桜は、もう満開です。
f0203477_17262641.jpg
f0203477_17263832.jpg
f0203477_17264774.jpg

凍っていた土が春の日差しにより解ける時期に行うので
土解祭と呼ばれるようです。
ご神事を拝見していると、何人もの方が、何というご神事ですか?とお尋ねになりました。
とげさい。とは、どう書きますか?とまたお尋ねになられます。
この時期は農作物の作付けに適していて、
土の災いを取り払い、その年の豊作を祈念するお祭り。

先日、春日大社の御田植祭を拝見させていただきました時も、
日々、いただいております、お米が育つ力に、またお米を育てられる方々に感謝の気持ちがいっぱい湧きました。
このようなご神事を、お子様たちも、拝見する機会があればよいなと感じます。
f0203477_17274636.jpg
f0203477_1728180.jpg
f0203477_17281339.jpg
f0203477_17283192.jpg
f0203477_1728407.jpg
f0203477_17285330.jpg

f0203477_17294331.jpg

では、数寄和大津からのお知らせです。
数寄和大津では、現在、常設展示を開催しております。
絵を観に、また手漉きの紙やガラスペンを販売しておりますので、ぜひお越しください。

数寄和大津の誕生日からはじまります、細川先生の展覧会は、まずは、西荻の数寄和よりはじまります。
表具額装とギャラリーの数寄和ホームページをごらんください。
http://www.sukiwa.net/
f0203477_17304244.jpg

森の気 細川貴司展

数寄和   4/22 (金)-5/1 (日) 11:00-19:00 無休
数寄和大津 5/14 (土)-5/27 (金) 13:00-18:00 火休

自ら削り出した木材に描かれる森の気配。
木の魅力に寄り添い制作する細川の新作を
ぜひご覧ください。
[PR]
by 555sukiwa | 2016-04-03 17:31 | ふるさと | Comments(0)

春爛漫

四月がやってきました。
如何お過ごしですか。
f0203477_17342051.jpg

窓をあけて、
庭に咲く花を撮ろうとおもいきや、、、
窓に向かって
挨拶しにきてくれた蕾があった。
この花は、数寄和大津ができてから、毎年、いくつもの蕾をつけ、
いくつもの花が、春を歌った。
愛らしい姿かたちのこの花をみていると、
スタッフたちが、春ならではの明るい笑顔で観ていたな。と思い出す。
f0203477_1735246.jpg
f0203477_17353517.jpg

春の陽気が、蕾の心を柔らかにして、花が咲く。
人の心も、明るいひとが、傍にいると、笑顔のひとの顔が、あちらこちらに。
f0203477_1736494.jpg

京都の西院には、野々宮神社があって、
ご祭神は、倭姫命と布勢内親王。
倭姫命は、垂仁天皇の皇女。伊勢神宮最初の斎王。
天照大神さまの鎮座も場所を10年もお探しになり、伊勢へ。
布勢内親王は、桓武天皇の皇女。
平安京から伊勢へ旅立った初めての斎宮。
たいへん静かで落ち着く神社なのは、どうしてでしょうか。
お日様の光が、木々を、おやしろを、ご挨拶にきた、私たちを、やさしく包んでくれます。
f0203477_17363989.jpg

f0203477_1737063.jpg

f0203477_1737119.jpg

西院には、日本料理の、わた亀さんがあります。
ということで、横浜から来てくださった、中国茶のクロノアユミさんと一緒に、美味しいお料理をいただきました!
春爛漫。
愉しい語らいの時間は、平安時代も、たいせつにされていたことでしょう。
女性同士だけの語らいではなく、、、木々との語らい、お日さまとの語らい。
それから、美味しいお料理との語らい。カラダに沁み込む、あたたかなお茶との語らい。
あゆみさん、有難うございました!
f0203477_17374983.jpg

4月22日は、数寄和大津のお誕生日です。
その日に、西荻の数寄和からはじまる、すてきな展覧会のお知らせです。
もちろん、数寄和大津でも開催します。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

森の気 細川貴司展


数寄和   4/22 (金)-5/1 (日) 11:00-19:00 無休

数寄和大津 5/14 (土)-5/27 (金) 13:00-18:00 火休

自ら削り出した木材に描かれる森の気配。
木の魅力に寄り添い制作する細川の新作を
ぜひご覧ください。
f0203477_17382292.jpg

「森の気 -晴嵐」

米唐檜に色鉛筆、油彩

108×128×11cm

撮影・末正真礼生


表具と額装、ギャラリーの数寄和ホームページ
http://www.sukiwa.net/
f0203477_18434336.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-04-02 17:39 | かたち | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧