すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

10月1日より、常設展示をしております!表具や額装についてお気軽にお尋ねください。(数寄和大津)

十月というと何を思いますか。
わたしは、人の誕生と死を毎年十月には思います。
個人的なことですが、高校生のときに、事故死した友だちの知らせを聴いたのが十月でした。
それから数年たち、娘を出産したのが十月でした。
そんな十月がやってきます。
数寄和大津にも、今年も十月がきて、9月の展示ではなく十月の展示となります。
不思議なことに、展示が変わると、空間が変わります。
これを不思議と感じるか、当たり前と感じるか・・・
いつも、展示が、新しいということは、大切なことだと思います。
お越しくださる方々が楽しんでくださる展示となるよう精進したいと思います。
十月は、夏前にお約束しておりました通り、森山知己先生の、水の記憶シリーズから、数点展示いたしました。たいへん立派な額装でして、額が重く、ご無沙汰の御作品ですが、やはり存在感があり、ギャラリー空間にも、その空気が漂います。
二階の和の空間には、柿衛文庫さんの現在開催中の「歩く詩人 ワーズワスと芭蕉」に現在ご出品の斉藤典彦先生、斉藤佳代先生お二人に敬意を表しまして、御軸を並べて展示させていただきました♪
いかがでしょうか。
f0203477_18541157.jpg

f0203477_18543835.jpg

この常設展示では、ステキなドローイングだとおもう岸本吉弘先生の御作品を展示しました。
若山卓さんの御作品に描かれたカラスは、絵とは何か?とギャラリーで働く私が、
わたしに問い続けるきっかけをくれました。
f0203477_192663.jpg

常設展示中は、出かけることも、多々あります。ご不便をおかけするかもしれません。
10月1日から常設展示といいながら、10月1日も午後1時から午後3時過ぎまで留守にします。
10月2日はおります。
10月3日もおります。
10月4日は、火曜定休です。
だいたい、正午から午後6時ぐらいまで開けておりますが、
お電話おかけいただき、お出向きいただけますと幸いです。
電話番号は、077-547-3209です。
表具や額についてのご相談、ご質問、お気軽にお電話ください。
また、フェイスブックもやっておりますので、よかったら、そちらに、メッセージを下さってもよいかと思います。
どうか宜しくお願いいたします。
f0203477_196151.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-09-29 19:15 | すきわ日和 | Comments(0)

歩く詩人 ワーズワスと芭蕉展 柿衛文庫にて開催中

f0203477_14253920.jpg

伊丹にある、柿衛文庫さんでは、9月17日から11月3日まで、
歩く詩人 ワーズワスと芭蕉展を開催されておられます。
展覧会中には、さまざまなイベントも開催されて、
9月25日、この展覧会へご出品中の斉藤典彦先生、斉藤佳代先生が、お話されるということで、
拝聴しに向かいました。
阪急伊丹駅から、徒歩10分。
町なみは、はじめてこの町に来て、歩いて目的地を探すひとにも、魅力のあるお店やホールがつづき、
大きなお寺が隣接している柿衛文庫さんにも、あっという間に到着いたします。
講演会が始まる前に、まずは、展覧会を鑑賞させていただきましょう。
f0203477_14333626.jpg

いつも数寄和の壁面に素晴らしい作品を発表してくださっている、斉藤典彦先生と、佳代先生です。
柿衛文庫さんの素敵な空間で、拝見する、御作品。(もちろん軸装は、数寄和です♪)
とても楽しく拝見させていただきました!
今回は、先生方の作品と響き合う・・・ほんのかたちということで、書庫での展示。
ずっと前に、斉藤典彦先生が、どこかに書かれていた一文に、幼いころ、お母様のお気に入りの画集を眺めていた。という文章をふと思い出すような空間です。
また、佳代先生のお母様が文学がお好きだったことも、今展で、ふつふつと思い出しながら、展示を拝見させていただきました。
そのほんのかたちの、画集のような、、、作品には、
お二人のイギリス時代の作品が片面にはあります。
お二人の日本での生活のなかで制作された作品が、片面にあります。
佳代先生の作品の変化に興味を持ったのは、
女性であること、出産育児という時間を、共有して、作品を拝見するからでしょうか。
しかしながら、最近拝見する絵とは違い、この赤ちゃんのカラダのなかに、骨があるんだ!というようなしっかりとした存在感のある赤ちゃんの絵からはじまるイギリスの面。
日本と外国のひとの、カラダの捉え方の違いを、佳代先生の絵からも、感じるとは、思ってもいませんでした。

このほんのかたちの、一冊目は、斉藤典彦先生の絵が並んだ、ほんのかたち。。。(斉藤典彦先生と、佳代先生のお二人のほんのかたちは、典彦先生にとっては2冊目です。)
典彦先生の選ばれた日本の作家の日本語が書かれた片面は和紙に絵があります。
その裏面には、英訳された言葉とアクリルによって、そうですね、日本の障子と、外国の窓ガラスを
意識した、それぞれの風景があるように感じます。

日本の風景と日本語を使った文学だけではない、現代作家の観る風景があることに気づきます。
作家だけではなく、観る私たちの、窓ガラスのなかの、暮らしがあります。
英語があります。
コミュニケーションが大切だと皆がいいます。
日本では、和と言う言葉で、よいのかしら?
一つのモノがあって、それを、日本語ではこういう。英語ではこういう。となると、まだ解りやすいですが、
ココロを通して表現した言葉は、その文化圏を離れて、共通する言葉が見つからないようです。

そのほんのかたちのなかの、一枚の作品は、芭蕉です。
芭蕉は、江戸時代にいき、新しみは俳諧の花という言葉をもって、
俳句という世界を創った人でした。
いま、芭蕉が生きていたら、地球の山々を渡り歩きながら、日本の裏にある例えばブラジルで観る月の俳句なんかも作ったかも知れません。
地球を半周、、、ブラジルまでは、何で、行かれたことでしょうか?
やはり、舟でしょうか。
それとも、飛行機??
飛行機に乗りながら、俳句では、イルカの背中にまたがって地球を半周たら、日本とおなじ、だいだい色の
おおきなお月様がある!なんていう事を吟じたやも知れません。

書かれた言葉は、読む人の心に届き、その風景を描き、まるで、本当にあったような、そんな気がしてきます。

文学は人を描きます。
中国最古の詩経に、「詩は志の之(ゆ)く所なり」とありますように、
詩と絵は、似ているところがあるようです。
ココロが、現われたのが詩であり、絵であるように思います。

俳句は、5・7・5でありますが、小さな世界を表現するのではなく、大きな空間を掴みます。
平面で表現する絵も、三次元だけではなく、深く描きます。
ひとのこころのなかにある時間、そして世界は果てしないのです。

斉藤典彦先生、佳代先生、それから、大久保英治先生、戸田勝久先生の四人のご出品作家の先生方、司会に徳島県立近代美術館の森芳功先生と、たいへん内容の濃い講演会に参加させていただき、
改めておもうことは、
やはり、たくさんの人に、展覧会へとお運びいただきたく思います。
ぜひぜひ宜しくお願いいたします。
f0203477_15232641.jpg

f0203477_1523533.jpg

これから、芸術の秋です。
数寄和大津も、秋の常設展示となります。
さて、どの絵をみなさまにご覧いただきましょうか。
数寄和大津へも、ぜひ遊びにいらしてください。(数寄和大津 あさだ)
f0203477_16114378.jpg

The Daffodils
              William Wordsworth

I wander'd lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils,
Beside the lake, beneath the trees
Fluttering and dancing in the breeze.

Continuous as the stars that shine
And twinkle on the milky way,
They stretched in never-ending line
Along the margin of a bay:
Ten thousand saw I at a glance
Tossing their heads in sprightly dance.

The waves beside them danced, but they
Out-did the sparkling waves in glee:
A poet could not be but gay In such a jocund company!
I gazed - and gazed - but little thought
What wealth the show to me had brought.

For oft, when on my couch I lie
In vacant or in pensive mood,
They flash upon that inward eye
Which is the bliss of solitude;
And then my heart with pleasure fills
And dances with the daffodils.



水 仙
            ウィリアム・ワーズワース(田部重治訳)

谷また丘のうえ高く漂う雲のごと、
われひとりさ迷い行けば、
折りしも見出でたる一群の
黄金(こがね)色に輝く水仙の花、
湖のほとり、木立の下に、
微風に翻りつつ、はた、踊りつつ。

天の河(あまのがわ)に輝やきまたたく
星のごとくに打ちつづき、
彼らは入江の岸に沿うて、
はてしなき一列となりてのびぬ。
一目にはいる百千(ももち)の花は、
たのしげなる踊りに頭をふる。

ほとりなる波は踊れど、
嬉しさは花こそまされ。
かくも快よき仲間の間には、
詩人(うたびと)の心も自ら浮き立つ。
われ飽かず見入りぬ──されど、
そはわれに富をもたらせしことには気付かざりし。

心うつろに、或いは物思いに沈みて、
われ長椅子に横たわるとき、
独り居(ひとりい)の喜びなる胸の内に、
水仙の花、しばしば、ひらめく。
わが心は喜びに満ちあふれ、
水仙とともに踊る。
f0203477_17161537.jpg

A Rainbow William Wordsworth


My heart leaps up when I behold
  A rainbow in the sky:
So was it when my life began,
So is it now I am a man,
So be it when I shall grow old,
  Or let me die!
The child is father of the Man:
And I could wish my days to be
Bound each to each by natural piety.

虹 ワーズワース

空に虹を眺めるとき
  わたしの心は弾む。
生まれた頃はそうであった、
大人となった今もそうである、
年をとってもそうだろう、
  さもなければわれに死を!
子どもは大人の父である。
私の人生の日々が
自然への敬愛により結ばれますよう。
[PR]
by 555sukiwa | 2016-09-26 16:12 | すきわ日和 | Comments(0)

絹と遊ぶ展、職人尽くし展開催中の数寄和大津です。

数寄和大津のあさだです。
ようやく少し涼しくなりましたが、みなさま、如何お過ごしですか。

数寄和大津では、本日も、絹と遊ぶ展、職人尽くし展へ、お越しくださった方々に、楽しく絵をご覧いただけました。
本日最後のお客様は、学校の宿題に、「ギャラリーへ行ってみよう!」というのがあるらしく、数寄和大津へと足を運んでくださいました。
そのような宿題をだされる先生は、アートなひとだと感じます。嬉しいです!!
ご在廊の作家直海かおりさん、滝村彩子さんのお二人の方といっしょに、
絵をいっしょに楽しみ、おわかいお客様と、味わい深い会話となりました。

「どの絵が好きですか」
「もし絵を飾るとしたら、どこにどの絵を飾りますか」
「どの絵が不思議ですか」
「どう不思議に感じましたか」

そのようなご質問をしながら、絵をみていただき、
日本の美意識や、家族というもの、庭のはなしをしました。

家に絵が飾られ、その絵をみながら、親の絵のみかたをお子さんに話されたり、
絵をみたお子さんの話から、お子さんのこころの中を感じ取ったりできたように思います。
絵があるから成立していた会話があったように思います。
絵を愛で、庭を愛で、其処此処に、四季を感じ、ことばを交わす。
人生は意外に短い。その短い一生のなかで、親しいひとと、言葉を交わす時間の豊かさ。
きっとその事を知りつくしていた先人が、庭をつくり、掛物をかけ、、、
このような日本の美意識が育ってきたのではないでしょうか。
そんな事に想いを馳せる、今日の夕。
f0203477_20495624.jpg

絹は、紙よりも、古くからあります。
紙という字のへんは、糸。
古代の文字の糸へん。これは、お湯の中の繭から糸を取り出している、そのカタチ。
植物からつくる紙が発明されるまで、絵は何に描かれいたと思います。仏画を思い浮かべて下さい。今でもご集印軸は、絹本ですね。
たいへん美しい絹は、いったい、いつ頃出来たのでしょうか
紀元前3000年ごろ中国の黄帝の王妃が絹糸の発見したとの説、またカイコを育てて繭をとることを養蚕といいますが、紀元前5000年ごろには始まっていたという説もあります。
中国の黄河や揚子江流域で野生のクワコを家畜化し、
織物となり、それから、シルクロードもできました。
日本への養蚕技術が伝わったのは紀元前200年、弥生時代には絹の製法は伝わっており、律令制では納税のための絹織物の生産が盛んになっていたようです。
日本画は、和紙に描くことが一般的となった今では驚かれるかもしれませんが、大正以前、日本画基底材は絵絹が主流でした。
日本画の素地に使用するための糸密度を均整で緻密に織られた絹織物を絵絹といいますが、時代によって密度や織り幅に特徴がみられます。
ヨーロッパでは支持体としての絹の用例はほとんどないようですが、逆に極東ではごくありふれたもので、その歴史も中国の唐代にまで遡るといわれており、日本では、平安時代以降ようです。
画像は、数寄和の織った絵絹です。
f0203477_20511453.jpg

「絹と遊ぶ展・職人尽くし展 」
■ 数寄和大津 9/2(金)-9/11(日) 12:00-19:00 火休

艶、透、うつくしい絵絹に魅力を感じた京都市立芸術大学院日本画専攻修了の8人による

展覧会を開催します。作品が出来るには作家の仕事だけではなく職人の力も必要です。

職人尽くし展では、人々のくらしと共にあるさまざまな職人を描きました。

ぜひご高覧ください。

出品作家
井手本貴子、魚住侑子、織田涼子、滝村彩子、直海かおり、前田恭子、森桃子、吉岡佐知
f0203477_20522694.jpg

職人尽くし展も、たいへん愉しい展示です。
大工さん、染め職人、しぼり職人、あまさん、さかなやさん、やきもの職人、
畳職人さん、舞師、などなど。
ぜひ、ご覧いただきたい展覧会です。
明日5日月曜日の在廊予定は、直海かおりさん。
7日正午過ぎより午後3時まで直海かおりさん。夕方は滝村彩子さん。
8日正午から午後2時半まで直海かおりさんがおいでです。
9日は吉岡佐知さん。
10日は前田恭子さん。夕方からは織田涼子さんもおいでです。
最終日は、6人の作家が在廊予定です!
みなさまのお越しをこころより、お待ちしております!
f0203477_2056294.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-09-04 21:04 | すきわ日和 | Comments(0)

絹と遊ぶ展・職人尽くし展2日より開催します。

いよいよ明日2日から絹と遊ぶ展・職人尽くし展を開催します。

初日は、前田恭子さんがおいでです。

3日(在廊予定)は、井手本貴子さん。吉岡佐知さん。

4日(在廊予定)は、直海かおりさん。

5日(在廊予定)は、直海かおりさん。

6日は数寄和大津火曜定休日。

7日(在廊予定)は、滝村彩子さん(夕方)

8日は作家の人はおられません。あさだがおりますので、

  この日もどうぞ宜しくお願いいたします。

9日(在廊予定)は、吉岡佐知さん。

10日(在廊予定)は、織田涼子さん(夕方)。前田恭子さん。

11日(在廊予定)魚住侑子さん。織田涼子さん。滝村彩子さん。直海かおりさん。前田恭子さん。

展覧会の時間は、正午から午後7時までです。

どうぞ、宜しくお願いいたします。
f0203477_1981583.jpg
f0203477_1982919.jpg
f0203477_199578.jpg

f0203477_21345151.jpg
f0203477_1991973.jpg
f0203477_1995930.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-09-01 19:10 | ふるさと | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧