すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あきのひは

石碑はたいへん興味深いですね。
さまざまな書がありますね。
それから、その時に、気が付かなくても、後で、あっちへ行くと、どこだったのか?と考えられるキッカケもくれます。
f0203477_15502251.jpg
f0203477_15503292.jpg

それにしても、もうすっかりと秋の気配です。
この間まで、随分と暑かったのに、やはり、夏の次にはあき。そして、、、冬もやがて、やってくるでしょう。
陽も、はやく、おうちに(?)かえるようで、日暮れがはやい。あさも、また。。。
あきの、さまざまな風景が、楽しいです。
あきは、やはり、みのりのあき、なんだと、おもいます。
数寄和大津の前の植え込みも、みのりのあき♪
嬉しい風景が広がっていきます。
f0203477_15533030.jpg
f0203477_15534370.jpg
f0203477_1554046.jpg

f0203477_16235197.jpg

f0203477_16244656.jpg
f0203477_1554153.jpg

数寄和大津からのおしらせです!
現在、数寄和大津は、常設展示中です。
数寄和大津は、表具屋の経営しておりますギャラリーです。
どうぞ、お気軽に、掛軸のこと、額装のこと、お問い合わせください。
デザイン、見積もりさせていただきます。
額があるのに、額を替えるときも、あるでしょう。
①額がつぶれたので、作品の為に、新しくしたい。
②額が埃だらけになったので、作品の為にも、新調したい。
③額のデザインが気に入らなくなったので、新しくしたい。
これらは、軸装にも当てはまります。
どうぞ、お気軽にご相談ください。
電話077-547-3209 
f0203477_1634570.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-10-26 16:04 | すきわ日和 | Comments(0)

天智天皇陵と瀬田の唐橋

f0203477_1462419.jpg

ずっと行こうと思っていた天智天皇山科陵。
なぜか、お友だちが、数寄和大津に筆遊びをしにやって来てくれる!という連絡を受けながらも、
華人へお届け物をしにいき、今日だ!今日だ!と、心が騒ぎ、足を運びました。
誰かがこの世にいた、そのことの記のように、その人の心が描いた世界を含めた、いま、この時があります。
久しぶりに今は亡き人の私に教えて下さった先代の先生のお声や教えを思い出す時間。
笑っていることの大切さや、心を、花に、人に、向けることの大切さを教えて下さったことを、今も感謝しています。華道と言えば、仏様にお供えするという役割があります。
人の一生も、花の一生にも、
美しく咲く時間と、枯れおちるときが、あります。
f0203477_1422310.jpg

f0203477_1481265.jpg

天智天皇というと、近江に都をおいた天皇で、子どもの頃より、名を存じ上げている天皇です。
その弟の天武天皇とその息子の皇子が、瀬田の唐橋で、戦いました。壬申の乱です。
敗れた大友皇子は、自害します。
瀬田の唐橋を挟んで、御霊神社と建部大社がありますが、ご存知でしょうか。
唐橋東詰の建部大社のご祭神はヤマトタケル。
この方も、お父様の想いによって、西へ東へと戦いに出向きました。そして、伊吹山で、神様と闘われます。

さまざまな想いを感じながら、瀬田の唐橋を渡り、数寄和へ向かいます。
久しぶりにお出会いした人と、筆遊びのゆったりとした時間。
いま、この時に、心を傾けながら、時間が過ぎてゆきます。
天智天皇は、時計を作った天皇で、近江神宮には、様々な時計が展示されています。
時を告げる、時計の役割。
f0203477_14171153.jpg

夕暮れが、美しいとうたわれた、瀬田川、瀬田の唐橋の辺りです。
みなさまも、ぜひ、数寄和の常設展示の絵を味わいに、
また、お時間のある方は、筆遊びをしに、やってきてください!
数寄和大津(すきわおおつ) 大津市神領3-2-1 電話077-547-3209
f0203477_14233484.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-10-10 14:24 | 近江 | Comments(0)

友だちっていいな♪仲間っていいな♪

ついこの間、高校の時の同窓会がありました。
ちょうど、夏に、関西弁で、おはなしを、書いたりして、そのお話を読んでくれた、出雲や、広島の友だちが
関西弁っていいな。って言ってくれたあとで、、、
高校の頃の友だちは、いわはったぁーとか、そやんな。とか、伸びたり縮んだりしたイントネーションで、
まるで、びわこの波のようです♪
懐かしい言葉が飛び交うなかで、半世紀いきてきた私たちは、一瞬、高校生のココロそのものになって、
嬉しくて嬉しくて、2週間たった今も、その感動の延長上をぴょんぴょんスキップ♪しているのです。
そんな喜びもありますが、
大人になってから、仲間だな♪って感じるのも、嬉しいですね♪
本日は、筆遊び♪わいわい、ワイワイと、集まる仲間の方々♪が、おいでくださいました。
そのときに撮ったお写真を今日はアップいたします。
みなさん、たいへん愉しく筆遊びをしておられました。一人で書くも愉しいですが、
仲間といっしょにすると、仲間の描く世界とも接することができ、楽しそうです。
よかったら、ぜひ、お仲間と、数寄和で、筆遊びをしてください。
絵もどうぞご一緒に鑑賞してください。
f0203477_1946797.jpg
f0203477_19462659.jpg
f0203477_19464571.jpg

f0203477_19504969.jpg

数寄和大津では、現在、常設展示をしております。
絵を好きなひとも、絵を好きにというか、絵を観たいとおもうひと、ぜひお越しください。
私が留守するときもありますので、遠方よりお越しの際にはご連絡いただけますと有り難いです。
電話番号077-547-3209です。お手数をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
また、表具や額装のご相談も、お気軽にどうぞ。(数寄和大津あさだ)
f0203477_195182.jpg

瀬田川の、鷺です。
カイツブリが滋賀(近江)の県鳥で、その昔、琵琶湖は、鳰海と呼ばれました。
大津の鳥さんは、ゆりかもめさんです。
鷺は、鴨川でよく見かけるのですが、最近、瀬田川でお会いするようになり、お逢いする度にドキドキします。
昔のひとが、鳥をうたい、描いた心が解る気がいたします。
鳥もまた大切な友人とも思えます。
芸術の秋です。一句、出来るとよいなと思います。
皆さんも、心に残る風景を描いたり歌ったり、ぜひしてみてください。
そして、人だけではなく、友情を深めてください。
f0203477_19512628.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2016-10-06 20:00 | ふるさと | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧