すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

古文書をおもう。対話をおもう。

f0203477_1584334.jpg

大きな風呂敷をいただきました。
麻の葉の模様。
麻は、すくすく育ちます。
だから、この文様は、オムツにも使われてきました。
大きな風呂敷で何を包みましょうか。
千年、万年、続く・・・続くであろう、人の文化。
文化と聴くと、何をおもう浮かべますか。
ちょっと、狭めて、日本の文化とはなんでしょう?
日本ならではの、和の精神。和の心。和の意識。和の気構え。和の気力。和の理念とも言えますね。
和の精神というのだから、具体的には、書道や華道や茶道や弓道と、道にあるでしょう。
それから、和菓子のなかにもありそうです。
和菓子のなかにあるもの・・・
自然を感じるもの。四季を感じるもの。この、いま、この時を感じるもの。
f0203477_15263693.jpg

f0203477_15265064.jpg
f0203477_1527371.jpg
f0203477_15272555.jpg

それでいて、普遍的なもの。
普遍的なもの。。。いのち。
f0203477_15282350.jpg

縁起物を大切にしてきた、和の心。
縁起物を持っていることで、やはり、縁起する。
麻の葉の大きな、水の色の風呂敷。
生命力あふれています!
じっくりと、和の文化と取り組みたいと思います!
f0203477_15314375.jpg

あ!タイトルに届いていません。
古文書とは、何ぞや?とおもってきましたが、私なりに考えることができました!
古文書が教えてくれはったこと!  その壱
 いつか誰かが、読めへん!と云わはらへんように丁寧に丁寧に、筆を運んでおこう♪(と、筆をもつ、わたし。)
古文書が教えてくれはること。  その弐
読むことは、キャッチボールなんやな~読む人は受けとると腹くくっていかな。。。
江戸時代に書いた人の筆の跡を、受けとる!
人の書かはったもんやさかい、肩透かしは、あかん!ちょっと位の擦り傷には耐えよう。。。くっ。

古文書が教えてくれるはるとおもうこと。  その参
むかしから、よみかきそろばんって、いうだけあって、古文書を読みながら、ほんまに、そうかって、足し算するときが何度かある。
それと、暮らしがあると、やっぱり、お金は大事やな。

和の文化には、よみかきそろばんもある。それから、自然からの学びがある。
和の文化のなかに、手仕事がある!!
いつの時代も、アートには、手仕事がある。
頭のなかだけでは、カタチになってへん。
心のなかだけでは、カタチができてへん。
アートはな、人からひとへ、手渡すことの出来るカタチやねん♪
f0203477_15421665.jpg

数寄和大津でも、4月29日、対話型鑑賞会するし、きてやー。
展覧会は、4月に二つあります!

「日本画のこれから 」
出品作家(五十音順)

石原孟
石股昭
岩田壮平
岩永てるみ
植田一穂
大沢拓也
大竹寛子
大野俊明
岸野香
清水豊
髙島圭史
洞谷亜里佐
戸塚和郎
中神敬子
中村寿生
長谷川雅也
濱田樹里
林百合子
間島秀徳
三瀬夏之介
山本直彰
山本浩之
山本真由美
米谷清和
和田雄一


数寄和大津
2017/4/16(日) – 4/26(水) 火休

これから日本画がどのように存在するのか考えたとき
活動から目が離せない制作者にご参加いただきました。
飾りやすいサイズの新作を発表します。



「杉原伸子展 -御岳-」

数寄和大津
2017/4/29(土祝) – 5/7(日)
4月29日午後2時から対話型鑑賞会開催(申し込み・問い合わせ 077-547-3209)

公募展「ギャラリーへ行こう 2015」で数寄和賞を受賞した杉原伸子による個展を開催いたします。

弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
[PR]
by 555sukiwa | 2017-03-30 15:44 | ことば | Comments(0)

3月25日午前中は、お子様向けのイベントを開催します。


空から、
春の陽射しが、
数寄和大津に届きます。

表具額装とギャラリーの数寄和大津では、
来る25日土曜日午前10時から正午まで、
小さい方々の、、、和のワークショップを開催します。
小さい方々の年齢ですが、4歳から9つにしてます。
幼稚園や保育園など集団生活を一年以上体験している年齢位から小学校中学年としています。
ただ、私は、ぜひ参加したい!という嬉しい参加希望の方は、ぜひ、9つプラス幾つでもお待ちしてます。
内容です。
点から始まり線と丸を、筆で書きます。墨で書きます。
硯で墨をする。も、ちょっと、やります。
仕上げは桜染めの手漉きの紙で!
この春、しおりとして使ってください。
お筆で楽しく遊んだら、次は、絵を観ながら、お茶と季節の和菓子をいただきます。
お一人三千円。ご兄弟五千円。
参加申し込み〆切3月23日。
お問い合わせ、参加申し込みは、メッセージか、電話0775473209
f0203477_16304557.jpg

f0203477_16422239.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-03-15 16:42 | ふるさと | Comments(0)

朝日聡子展「光束」開催中です。10日には朝日さん♪

朝日聡子展」光束」開催中の数寄和大津です。
この展覧会は、公募展「ギャラリーへ行こう 2014」で数寄和賞を受賞した朝日聡子による個展です!
見ごたえある作品が、数寄和大津の壁面に並んでおります。
ぜひ、お運びください。
f0203477_17205534.jpg

作家の卵が創作活動を続けていくには、ギャラリーが価値の定まっていない作品に発表の機会を作ること、
そして多くの人が自分の目で見て気に入った作品を購入すること、双方が必要だと考えています。
弊社では2010年から毎年夏に公募展 「ギャラリーへ行こう」 を開催しています。
若い人たちの意欲作が集まり、入選作を楽しむお客様に加え美術関係者のご来場も増えています。
同展では優秀な作品の出品者に、当ギャラリーでの個展開催を賞として贈っています。
数寄和大津 2017/3/2 (木) – 3/12(日) 12:00 – 18:00 火休
f0203477_17223142.jpg

f0203477_17224666.jpg

会心の友って、言葉をしっていますか。
気心しれた間の友を、会心の友といいます♪
むかし、トムとジェリーという漫画がありましたが、会心の友って、きっと、あんな感じでしょうか。
さて、本日、知ったのですが、インドネシアで教科書にも載っていたという、五輪真弓さんの歌「心の友」。
みなさん、知っていますか。聴く機会があれば、ぜひ!
f0203477_1727911.jpg
f0203477_17272467.jpg

だんだん暖かくなってきましたね。
瀬田川に浮かぶ鳥たちも、のんびりとしています。
3月25日は、幼い人たち向けの、ワークショップを開催することにしております。
もうすぐ、締切りです。
お茶とお菓子と、お筆を楽しんでいただこう。和を味わってもらおうと思っております。
筆で書く線は、堂々と力強く太かったり、心細いひょろひょろだったりします。
筆で書く丸は?
幼い子供がよく描く丸。筆で書くと・・・線といっしょで、いろんな丸を楽しんで描いていただこうと思います。
3月25日午前10時から正午まで。おといあわせ、お申込みは、数寄和大津まで、077-547-3209
f0203477_17321045.jpg

f0203477_17294594.jpg

[PR]
by 555sukiwa | 2017-03-05 17:34 | すきわ日和 | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧