すきわ草子


「急がば回れ」勢多の唐橋に程近い数寄和大津の物語をつづります。
by 555sukiwa
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳

うれし~幸せ~♪

f0203477_18554033.jpg
わぁーい!!だいすき!!
(音楽亀も、音楽亀をくれた人たちもです!)
私にはこれしかない!!ってお土産くれました♪
サンキュー♪嬉しいよ~♪
この間から、何か良いことあると思っていました!
これぞ  シアワセ~♪ なのです。
GOちゃん、フジキさん、ホントにありがとう♪
今日は、とっても良い日です!

f0203477_18561818.jpg


やった~!
きよちゃんから、コカリナもらったよ♪
[PR]
# by 555sukiwa | 2009-04-04 18:57 | ひと | Comments(0)

水墨画と春のランチ

水墨画は、それ以前よりも、鎌倉時代に禅とともに伝わり発展したようです。
禅と水墨画でイメージするのは「達磨図」でしょうか。
日本では雪舟が水墨画を元に山水画を大成しました。
f0203477_18484274.jpg



氏神建部大社の桜の木々も美しい姿となりました。
日本の花、桜のお陰で、山も、町も、春の色で染まっています。

彩色のある絵。墨色で表現された絵。それぞれの美しさ。

日本画の絵の具の美しさは皆さんも良くご存じだと思います。
梅雨どきや雪。水の多いぼんやりとした風景の在るこの国では、墨の濃淡で表現する水墨画も大変と魅力的だと思います。

数寄和にお越しいただいた作家さん同士の墨の話や、筆や刷毛、そして、水の話は、奥が深く面白いです。

日本画についての沢山思いつく疑問は、森山知己先生のホームページをご覧いただくと、なぜ、疑問が生じたのか、先生の丁寧な説明から、疑問が整理できると思います。
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/





新年度となり、4月がお誕生月のスタッフとランチを食しに行きました。よく存じ上げている方の水墨画が飾られています守山はCafe'Branche'さんへとドライブしながら行きました。皆様にも、ご覧頂きたい大きな水墨画作品。
流れる音楽からポルトガル語が聴き取れます。ポルトガル語の堪能なスタッフから歌い手の名前をきいたりして、此処はどこなのだろうか?と、なんだか、不思議な気分です。
日本の住環境がどんどん変化するなか、水墨画を飾るお店の心意気は、たいへん素敵だと感じます。温かなランチも美味しく、また行きたいと思います。
f0203477_18495591.jpg





変化しつづける住環境の中で、日常、絵を楽しんでいただけるように、数寄和は努力し続けたいと思います。
八日から始まる「古典織物の美 中島洋一 」展では、現在失われつつある美しい素材と巧みな技術で制作された織物の魅力をお伝えできればと考えております。この機会にぜひご高覧いただけますよう、宜しくお願い申しあげます。(あ)



One more season of exhibitions starts at Sukiwa Otsu. Nothing better than get together with the staff to have a nice and light lunch at Cafe Branche. And also talk about good things to bring good energy to one more year of work and fun.
[PR]
# by 555sukiwa | 2009-04-04 18:53 | かたち | Comments(0)

京の春光・ひらり

京都の川。
鴨川。
高瀬川。
どちらも、穏やかで優しい流れです。

f0203477_18314519.jpg

春。
穏やかな陽ざしです。
高瀬川の辺りでは、あちらこちらで、
開き始めた桜を、晴天の今日が撮り頃とばかりに、
カメラを構える人たちに出会いました。

あと数日で、桜が満開のようですね。

私は、散る桜も嫌いでは、ありません。
歌のタイトルは忘れましたが、ユーミンの♪見知らぬ町を、一人歩いたら、風は空から花びら散らす♪と、ひらりひらひらと舞散る桜の幻想的な世界に包まれるからです。
同じ場所でも、風景が変わると、一味違う世界が広がります。

知っていたはずの場所も、風の吹き方一つで、草木の揺れ方が変わったり、波も変わったりするからです。





f0203477_18343854.jpg


鴨川。
鳥たちを、いつも見かけます。

川べりの桜の木々を見ながら、桜の歌を思います。
桜の歌をうたった人にも思いを馳せます。
ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ (西行)
西行は、この歌のとおり、陰暦2月16日、釈尊涅槃の日に入寂したといわれています。





数寄の宴でも、尺八を吹いて下さったロビン先生。
ロビン・ロイドさんは、京都は平安神宮である紅しだれコンサート2009に出演されます。
穏やかな春の一日。数寄和の展覧会に足を運んでいただき、その後、夜桜とロビン先生の尺八の音色を楽しんでいただけると幸いです。(あ)
ロビン・ロイドさんのホームページ
http://www.robbin-muse.info/html/live0904.html
[PR]
# by 555sukiwa | 2009-04-01 18:29 | ひと | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
第1回三井寺句会完了!!!
from Ban'ya
瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
from Ban'ya
「鳥」 「風」
from magnoria
ライフログ
検索
うずら卵
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧